日本暗号資産市場社「イチバ(ICHIBA/ICB)」の販売開始|オンライン勉強会も開催へ

by BITTIMES   

暗号資産(仮想通貨)で取引可能な古物市場などを展開している「日本暗号資産市場株式会社」は、2020年8月11日に日本円・ビットコイン・イーサリアムで購入可能な1ポイント=1円のだいたい安定通貨(ステーブルコイン)「イチバ(ICHIBA/ICB)」の発行・販売を開始することを発表しました。

こちらから読む:BITMAX、LINEの独自通貨"LINK"取り扱い開始「国内ニュース」

日本円連動型のだいたい安定通貨「ICHIBA」販売開始

日本暗号資産市場株式会社は、2020年2月に古物商許可を、2020年3月に古物市場主許可を取得して"暗号資産で取引可能な古物市場"などを展開している会社であり、今年6月には無担保型のだいたい安定通貨(ステーブルコイン)である「ICHIBAコイン(ICB)」を発行予定であることを明らかにしていましたが、今回の発表ではこの「イチバ(ICHIBA/ICB)」が2020年8月11から販売開始されることが報告されています。

イチバ(ICHIBA/ICB)は「1ICB=1円」の価値を持つ前払式支払手段ERC20トークンとなっており、最初は1,000万円のICBが発行・販売されると説明されています。ICHIBAは事業者であれば誰でも購入可能で、購入したICHIBAは物・金券・オフィスチェアなどといった古物の購入に利用することができます。

ICHIBAは「ICB公式サイト」から購入することができ、購入時に使用できる通貨は以下の3種類だと説明されています。
・日本円(JPY)
ビットコイン(Bitcoin/BTC)
イーサリアム(Ethereum/ETH)

事業者のキャッシュレス活動を推進

ビットコインやイーサリアムが普及し始めた当初は"新しい決済手段"としても注目を集めていたものの、これらの暗号資産は価格変動の幅が非常に大きかったため、決済手段としての利用はそれほど広まっていない現状があります。また、このような問題を解決するために開発された「法定通貨連動型のステーブルコイン」も海外では広く利用されているものの、日本国内ではあまり利用されていないのが現状です。

イチバ(ICHIBA/ICB)は日本円に価値が連動した無担保型のだいたい安定通貨となっているため、物との売買を円滑にし、古物市場に参加する古物商が現金を持ち運ぶリスク低減に努め、事業者のキャッシュレス活動を推進できると期待されています。

日本暗号資産市場株式会社は『ICBの発行・販売により、日本における古物市場での取引およびブロックチェーンを活用した決済手段と物の取引の活性化を目指す』と語っています。

「ICBのオンライン勉強会」も開催

日本暗号資産市場株式会社は、今回の発表の中で「ERC20トークン発行体を対象としたICBのオンライン勉強会」を2020年8月14日から順次開催することも発表しています。

2020年8月14日、2020年8月21日に開催されるオンライン勉強会の内容としては以下のような項目が挙げられています。

  • 現在のブロックチェーンを活用した決済手段の問題点
  • ICBが提供する解決策
  • 価格維持のメカニズム
  • 発行体・暗号資産保有者から見た時のメリット
  • ICBの法的整理
  • 金融庁の見解
  • ICBのリスク
  • ICBの今後
  • 質疑応答

>>「ICBの購入ページ」はこちら
>>「事業者向けICBの勉強会」申し込みはこちら
>>「日本暗号資産市場株式会社」の公式発表はこちら

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

関連のある仮想通貨ニュース

Block:マイニング開発キット(MDK)の計画を発表|BTC採掘のイノベーションを加速

Block:マイニング開発キット(MDK)の計画を発表|BTC採掘のイノベーションを加速

Chiliz&Socios「NFLの13チーム」と提携|アメフト関連の提携を大幅強化

Chiliz&Socios「NFLの13チーム」と提携|アメフト関連の提携を大幅強化

MetaMask × Banxa「Apple Pay」を用いた1クリックでの仮想通貨購入が可能に

MetaMask × Banxa「Apple Pay」を用いた1クリックでの仮想通貨購入が可能に

ブロックチェーンゲーム『トレサカ Jリーグ』オープンβ版リリース日が決定

ブロックチェーンゲーム『トレサカ Jリーグ』オープンβ版リリース日が決定

ビットコイン:半減期後初の難易度調整「マイナス6%」で完了

ビットコイン:半減期後初の難易度調整「マイナス6%」で完了

ディーカレット「デジタル通貨の連携」など視野に勉強会開催へ|3メガバンクなども参加

ディーカレット「デジタル通貨の連携」など視野に勉強会開催へ|3メガバンクなども参加

注目度の高い仮想通貨ニュース

Shibariumエアドロップは第4四半期に予定?K9 Finance(KNINE)共同創設者から続報

Shibariumエアドロップは第4四半期に予定?K9 Finance(KNINE)共同創設者から続報

BINANCE CEOのビットコイン価格予想|2024年末までに「80,000ドル」を超える?

BINANCE CEOのビットコイン価格予想|2024年末までに「80,000ドル」を超える?

バイナンスジャパン「Simple Earnの追加銘柄に関するアンケート第1弾」開始

バイナンスジャパン「Simple Earnの追加銘柄に関するアンケート第1弾」開始

バイデン政権「ビットコインとブロックチェーンに関する円卓会議」開催か

バイデン政権「ビットコインとブロックチェーンに関する円卓会議」開催か

BlackRockがソラナETF申請を開始?今トレーダーが狙う仮想通貨プレセールとは

BlackRockがソラナETF申請を開始?今トレーダーが狙う仮想通貨プレセールとは

ブラジル最大手銀行:仮想通貨取引サービスを「全ユーザー」に開放

ブラジル最大手銀行:仮想通貨取引サービスを「全ユーザー」に開放

AIコインとミームコインが高騰、WienerAIはこれらのトレンドに後押しされるか

AIコインとミームコインが高騰、WienerAIはこれらのトレンドに後押しされるか

タイ証券取引委員会(SEC)「初のビットコイン現物ETF」承認

タイ証券取引委員会(SEC)「初のビットコイン現物ETF」承認

‌NFTマーケットプレイス「Magic Eden」とは?機能や使い方などを解説

‌NFTマーケットプレイス「Magic Eden」とは?機能や使い方などを解説

ビットコイン採用の動きは「アルゼンチン」でも?エルサルバドルと意見交換

ビットコイン採用の動きは「アルゼンチン」でも?エルサルバドルと意見交換

Flare基盤DEXのBlazeSwap:Sceptreの「sFLRトークン」をサポート

Flare基盤DEXのBlazeSwap:Sceptreの「sFLRトークン」をサポート

仮想通貨保有者は要注意「Google Chrome拡張機能を用いたハッキング被害」の報告

仮想通貨保有者は要注意「Google Chrome拡張機能を用いたハッキング被害」の報告

仮想通貨ニュース | 新着記事一覧

仮想通貨まとめ一覧

【年利40%以上】フレア(Flare/FLR)をラップ&デリゲートで増やす方法|画像付きで解説

【年利40%以上】フレア(Flare/FLR)をラップ&デリゲートで増やす方法|画像付きで解説

シバイヌDEX「ShibaSwap」の使い方|流動性提供の方法などをまとめた解説動画公開

シバイヌDEX「ShibaSwap」の使い方|流動性提供の方法などをまとめた解説動画公開

各種仮想通貨を「Shibarium基盤BONE」に簡単交換|ガス代補充機能の使い方を解説

各種仮想通貨を「Shibarium基盤BONE」に簡単交換|ガス代補充機能の使い方を解説

‌NFTマーケットプレイス「Magic Eden」とは?機能や使い方などを解説

‌NFTマーケットプレイス「Magic Eden」とは?機能や使い方などを解説

仮想通貨ビットコインの買い方をわかりやすく解説|取引所と販売所の違いなども紹介

仮想通貨ビットコインの買い方をわかりやすく解説|取引所と販売所の違いなども紹介

DEX(分散型取引所)とは?特徴・使い方・注意点などをわかりやすく解説

DEX(分散型取引所)とは?特徴・使い方・注意点などをわかりやすく解説

人気のタグから探す