イーサリアム用ASICについて|ヴィタリック・ブテリン氏

by BITTIMES

Vitalik Buterin(ヴィタリック・ブテリン)氏は、イーサリアム(ethereum/ETH)マイニング(採掘)に特化した特定用途向け集積回路(ASIC)を無効化するためのフォークに反対しています。 Bitmain社の新製品であるAntMiner E3は、すでに複数の論争のテーマとして登場しており、多くのイーサリアム開発者が、ハードウェアを効果的に無効にするフォークを好むような傾向があります。

デベロッパーミーティングで講演したイーサリアムのコア開発者であるPiper Merriam氏は、GPUカードを主要な採掘メカニズムとして維持するためにこれがどのように達成されるのかに関する技術的提案を詳述しています。

Buterin氏は、この問題は変更を行うために必要な調整の価値がないかもしれないと述べています。

「アップグレードする誰もがかなり混乱するし、より重要なものを損なう可能性が高い。この時点で、私が個人的にかなり大幅な行動を起こすことはない。」

ASICの有効性を緩和するコードを提案しようと努力しているMerriam氏は、現在の提案はASICに対する保護を無期限に提供できるわけではなく、短期的な解決策であると強調した。むしろ、現在の提案は単に「既存のハードウェアを破壊する」機能だと述べています。

これに応えてButerin氏は、こうした努力は必要ではないと主張し、ハードウェアベースのマイニングを完全に排除する計画された変更からリソースをリダイレクトする可能性があると主張しました。

その会合の他の場所では、鉱山からの逸脱が現実に近づいているという兆候がありました。コミュニティマネージャーのハドソン・ジェイムソン氏は、5月から5ヶ月間にわたって予定されている正式な検証プロセスを経ると述べています。

しかし、ジェームソン氏は、ethereumコミュニティが依然としてフォークを強く感じていたら、コア開発者に関係なくその方向への努力を続けることができると述べた。

「コミュニティが真にこれを実現し、十分な理由があるなら、間違いなくそれを行うことができるが、今のところ、現時点では、コア開発者が現時点では何もしないというコンセンサスのように思える。」

この会合では、Buterin氏は最近のイーサリアムの発行に関する上限を導入するという彼の最近の提案の話題を紹介しました。コミュニティからの承認が待たれている場合、これは次回のネットワークアップグレードに導入することも、キャスパーと並行して導入することもできます。

イーサリアムコミュニティのその他の話題はこちら

仮想通貨取引所 Zaif の画像イーサリアムの積立もできる仮想通貨取引所Zaifはこちら

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

関連のある仮想通貨ニュース

ビットコインマイニングを個人でした男性は「いくら」稼いだのか?

ビットコインマイニングを個人でした男性は「いくら」稼いだのか?

イーサリアムは数年後、VISAと同規模に「問題点はどこに?」

イーサリアムは数年後、VISAと同規模に「問題点はどこに?」

プライベートチェーンとは?ブロックチェーンの大まかな分類を説明

プライベートチェーンとは?ブロックチェーンの大まかな分類を説明

「市場の判断に委ねる」マレーシア中央銀行、規制進める各国とは対照的な意向

「市場の判断に委ねる」マレーシア中央銀行、規制進める各国とは対照的な意向

イーサリアム更に高騰、時価総額4兆円突破の理由

イーサリアム更に高騰、時価総額4兆円突破の理由

仮想通貨がネットサーフィンするだけで貰える「Brave」の導入法

仮想通貨がネットサーフィンするだけで貰える「Brave」の導入法

注目度の高い仮想通貨ニュース

フランスの財務大臣がICO規則の策定を発表

フランスの財務大臣がICO規則の策定を発表

Huawei(ファーウェイ)がブロックチェーンサービスを発表

Huawei(ファーウェイ)がブロックチェーンサービスを発表

カルダノロードマップのアップデート内容|2018年4月

カルダノロードマップのアップデート内容|2018年4月

仮想通貨の新しい保管方法|NFCチップ

仮想通貨の新しい保管方法|NFCチップ

Chromeからマイニング拡張機能を削除|Google

Chromeからマイニング拡張機能を削除|Google

韓国の首都ソウルは独自の仮想通貨を開発している

韓国の首都ソウルは独自の仮想通貨を開発している

RippleNetとは?|各ソリューションの特徴や違い

RippleNetとは?|各ソリューションの特徴や違い

AirAsia Groupで独自の仮想通貨の導入か?

AirAsia Groupで独自の仮想通貨の導入か?

ADAロケット発射|上昇率20%の仮想通貨5銘柄

ADAロケット発射|上昇率20%の仮想通貨5銘柄

金融機関の仮想通貨への関心高まる|2018年内にも急増か?

金融機関の仮想通貨への関心高まる|2018年内にも急増か?

ブロックチェーン技術専門の子会社を設立|LINE

ブロックチェーン技術専門の子会社を設立|LINE

ビットコインキャッシュが使えるカリブ海のリゾート?

ビットコインキャッシュが使えるカリブ海のリゾート?

仮想通貨ニュース | 新着記事一覧

人気のタグから探す

人気のタグから探す