イーサリアムの今後にハードフォークは必要か?

by BITTIMES   

イーサリアム(Ethereum/ETH)コミュニティのメンバーは、中国の大手マイニング企業であるBitmainが、イーサリアムをマイニング(採掘)する目的で設計された特定用途向け集積回路(ASIC)をすでに開発しているという報告などを受けて、ブロックチェーンをハードフォークすべきかどうかについて議論をしています。

イーサリアム用ASICがもたらす問題点

特定の用途に特化して設計されているASICは、圧倒的な速さでマイニングを行うことができるため、導入された場合にはその他のマイニングに使用されている他のプロセッサが陳腐化する可能性があります。

ASICのマイナー(採掘者)が流入すると「マイナーの集中化」が起こり、悪意のある人物が自分のトークンを二重に使うことができる、いわゆる「51%の攻撃」の基礎を築くことができます。

Ethereum Improvement Proposal(EIP)

3月29日、Ethereumの開発者であるPiper Merriam氏は、ブロックチェーンがフォークするべきかどうか、そして「改善されたASIC耐性を実現する方法」に関するコミュニティの意見を求める「Ethereum Improvement Proposal(EIP)#958」を開きました。

この提案では、Merriam氏はBitMainがすでにEthereum ASICでのマイニングを開始していることを暗示しています。

Ethereumコミュニティの多くの影響力のあるメンバーが、EIP 958のGithubページとTwitterの両方で、この話題に注目しています。

ハードフォークには十分な注意が必要

Ethereumのコア開発者であるNick Johnson氏は、次のような主張しています。

「誰もEthereum用の安定したPoWアルゴリズムは約束されていませんでした。現在のものは意図的にASICに敵対するように設計されていますが、ASICは鉱業力の集中化をもたらします。」

「現在のASIC(存在する場合)がどのように機能しているかを知るまで、新しいASIC耐性アルゴリズムを設計することは現実的ではない」

このような課題はそれほど簡単な作業ではないため、注意してアプローチすべきだ

「各PoWアルゴリズムはユニークでなければならず、暗号化の場合と同じように鍵を変更するだけでは、問題と脆弱性について十分に検証されていないため、複数の実装が必要で更新に時間がかかるフォークのために新しいアルゴリズムを実装し、各フォークに対してコミュニティーに情報を提供する必要があり、誰もタイムリーにアップグレードするのに十分な時間が必要です。」

プルーフオブステーク(PoS)という提案について

Ethereumの開発者であるLefteris Karapetsas氏は、プルーフオブステーク(PoS)がこれを時代遅れにしてしまうようなら、そのような研究に人材/リソースを割り当てる背後にある論理に疑問を呈しています。

Ethereumの開発者であるPhilip Daian氏は、PoSの最終的な採用は「ASIC購入者の長期的な野望を打ち消し、絶対に何もしない」と提案しているとも推測している。同氏は、産業化を回避するという目標は、鉱夫に支払った報酬を削減するなどの「価値がないというインセンティブ」を導入することでよりうまく達成できると提案しています。

仮想通貨の研究者であるPatrick McCorry氏は、対応フォークが保存またはASIC耐性を向上させるために使用すべきかどうかという質問に対して、単に「every time.」と述べました

この問題は、何もしないことに内在する「アルゴリズムの変更のリスクは集中リスクよりも大きい」かどうかという問題の1つになります。

BITMAINの規模は現在も加速中

今回話題となっている世界トップのマイニング企業といわれるBITMAINは、現在もその規模を拡大しており、米国やロシアへの新たな進出のニュースも話題となっていました。

マイニングに関する技術開発は加速する?

Intel(インテル)は、マイニング用ハードウェアの利用スペースや消費電力削減することができるとされる「BITCOIN MINING HARDWARE ACCELERATOR」の特許を出願していることが先週明らかになりました。

「ビットコインマイニングハードウェアアクセラレータ」といわれるこのアプリケーションは、Bitcoinの採掘用ハードウェアによって利用される空間および電力消費を削減することによって、Bitcoinマイニング動作を最適化することができるとされています。

イーサリアムをかしこく保有する方法

イーサリアムは、ほぼ全ての取引所で購入することができます。

その中でもイーサリアムの購入方法としておすすめできる方法の一つが『Zaifコイン積立』です。

Zaifではイーサリアムなどの仮想通貨の定期購入サービスを提供しているため、月々一定額の通貨を自動的に積み立てることができます。

Zaifの登録はこちらからどうぞ
仮想通貨取引所 Zaif の画像イーサリアムの積み立てができる仮想通貨取引所Zaifはこちら

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

関連のある仮想通貨ニュース

Coinbaseが新しく仮想通貨決済サービスを発表

Coinbaseが新しく仮想通貨決済サービスを発表

仮想通貨ニュース週間まとめ|9月16日〜22日

仮想通貨ニュース週間まとめ|9月16日〜22日

LINE子会社LVC「仮想通貨交換業者」登録を完了|BTCなど5銘柄取り扱いへ

LINE子会社LVC「仮想通貨交換業者」登録を完了|BTCなど5銘柄取り扱いへ

イーサリアム(ETH)の現状と解決すべき6つの課題とは

イーサリアム(ETH)の現状と解決すべき6つの課題とは

カルダノエイダコインの概要と価格予想

カルダノエイダコインの概要と価格予想

中国が仮想通貨格付けの最新版を発表!6月はイオス(EOS)が1位に

中国が仮想通貨格付けの最新版を発表!6月はイオス(EOS)が1位に

注目度の高い仮想通貨ニュース

bitFlyer「最大5万円相当のビットコインが当たる」キャンペーン開催

bitFlyer「最大5万円相当のビットコインが当たる」キャンペーン開催

マンガアプリ「GANMA!」人気ブロックチェーンゲームとコラボ企画を開催

マンガアプリ「GANMA!」人気ブロックチェーンゲームとコラボ企画を開催

Craig Wright氏の弁護士:ビットコインの秘密鍵「まだ入手していない」と説明

Craig Wright氏の弁護士:ビットコインの秘密鍵「まだ入手していない」と説明

仮想通貨取引所の法人口座「凍結」か:ブラジル4大銀行バンコ・ブラデスコ

仮想通貨取引所の法人口座「凍結」か:ブラジル4大銀行バンコ・ブラデスコ

Ripple社:SBI Holdingsなどから「200億円以上」の資金調達|2020年もさらに事業拡大へ

Ripple社:SBI Holdingsなどから「200億円以上」の資金調達|2020年もさらに事業拡大へ

バハマ:中央銀行デジタル通貨(CBDC)の「試験導入」を開始

バハマ:中央銀行デジタル通貨(CBDC)の「試験導入」を開始

ロシア連邦中央銀行「ステーブルコイン」のテスト開始|独自通貨発行の可能性も調査

ロシア連邦中央銀行「ステーブルコイン」のテスト開始|独自通貨発行の可能性も調査

楽天ウォレット:仮想通貨と「楽天ポイント」の交換サービスを開始

楽天ウォレット:仮想通貨と「楽天ポイント」の交換サービスを開始

脱税・サイバー犯罪特定に向け「仮想通貨取引の分析ツール」導入へ:英国歳入関税庁

脱税・サイバー犯罪特定に向け「仮想通貨取引の分析ツール」導入へ:英国歳入関税庁

三菱UFJ銀行:ブロックチェーン貿易金融基盤で「信用状発行」を効率化

三菱UFJ銀行:ブロックチェーン貿易金融基盤で「信用状発行」を効率化

ビットコイン価格「100万円台」突入|抵抗線突破でロスカット報告も

ビットコイン価格「100万円台」突入|抵抗線突破でロスカット報告も

企業向けブロックチェーンサービス「Blockset」を公開:仮想通貨ウォレットBRD

企業向けブロックチェーンサービス「Blockset」を公開:仮想通貨ウォレットBRD

仮想通貨ニュース | 新着記事一覧

仮想通貨まとめ一覧

国内仮想通貨取引所:消費税増税後の「各種手数料」まとめ

国内仮想通貨取引所:消費税増税後の「各種手数料」まとめ

【2019年】国内仮想通貨取引所の「セキュリティ対策・資産管理状況」まとめ

【2019年】国内仮想通貨取引所の「セキュリティ対策・資産管理状況」まとめ

「医療分野」におけるブロックチェーン活用事例|情報共有がもたらす数々のメリット

「医療分野」におけるブロックチェーン活用事例|情報共有がもたらす数々のメリット

ブロックチェーン×ドローンという「ビジネスの可能性」技術融合で未来の生活が変わる

ブロックチェーン×ドローンという「ビジネスの可能性」技術融合で未来の生活が変わる

貿易産業を変革するブロックチェーン技術「分散型管理」で輸入・輸出の問題改善へ

貿易産業を変革するブロックチェーン技術「分散型管理」で輸入・輸出の問題改善へ

ポルシェ:ブロックチェーンを活用した「次世代スマートカー」計画

ポルシェ:ブロックチェーンを活用した「次世代スマートカー」計画

人気のタグから探す