韓国の新韓銀行「ヘデラ・ハッシュグラフの運営審議会」に参加

by BITTIMES

へデラ・ハッシュグラフ(Hedera Hashgraph/HBAR)は2021年4月14日に、韓国の大手銀行である「新韓銀行」がヘデラ・ハッシュグラフの運営審議会に参加したことを発表しました。新韓銀行は運営審議会に参加する20番目の組織であり、韓国からは大手電子機器メーカーである「LGエレクトロニクス」も既に参加しています。

こちらから読む:ビットコイン価格、5万ドル付近まで急落「暗号資産」関連ニュース

ヘデラネットワークで内部プロセスを効率化

へデラ・ハッシュグラフ(Hedera Hashgraph/HBAR)は2021年4月14日に、韓国の大手銀行である「新韓銀行」がヘデラ・ハッシュグラフの運営審議会「Hedera Governing Council」に参加したことを発表しました。

「Hedera Governing Council(へデラ運営審議会)」は分散型台帳プラットフォームのガバナンスを監督する機関であり、この運営審議会には「Google・BOEING・IBM・LG・野村ホールディングス」などといった世界的に有名な大手企業が数多く参加しています。

新韓銀行は分散型台帳技術(DLT)を活用して金融イノベーションを推進するリーダー的存在であり、2021年1月にはデジタル資産カストディサービスを提供する企業の業界コンソーシアム「韓国デジタルアセット・トラスト(KDAC)」に投資、2021年3月には「LG CNS」と共同で中央銀行デジタル通貨(CBDC)の実証プラットフォームを完成させています。

同銀行は2017年以降「Hyperledger Fabric」のプライベートブロックチェーン上に、約款貸付・年金基金・金利スワップ取引などといった様々なサービスを構築してきており、『新韓銀行はヘデラネットワークを基盤とすることによる内部プロセスの効率化を目標としている』と説明されています。

現在は、多くのフィンテックサービスが公開型分散台帳上で運用され始めているため、新韓銀行がヘデラの公開型分散台帳上でより多くのサービスを構築することによって、銀行サービスのイノベーションが継続・加速されると期待されています。

新韓銀行の職員とへデラ・ハッシュグラフのCEO兼共同設立者であるMance Harmon(マンス・ハーモン)氏は、公式発表の中で次のようにコメントしています。

【新韓銀行の職員】
弊社のお客様やパートナーは、デジタルトランスフォーメーションが金融システムの効率性および安全性の向上にもたらすメリットに一層の関心を寄せています。特に、ヘデラの公開型分散台帳は広く利用されているフィンテックサービスのニーズを満たすためには最適なプラットフォームです。そして、ヘデラは高速・公平・安全性および事業者が必要とする管理機能と透明性の提供が可能です。

私たちはヘデラ運営審議会に参加し、多様な業界の主要なグローバル組織と、次世代の金融を支えるソリューションに引き続き取り組んでいきたいと考えています。

【へデラ・ハッシュグラフ:マンス・ハーモン氏】
卸売および小売の決済システムの安全性と効率性の向上、24時間体制のグローバルな決済の促進、キャッシュレス社会の実現、民間の電子マネーよりも信頼性の高いシステムの提供、銀行を持たない人々の金融へのアクセス性などの理由から、世界中の金融機関や政府から分散型台帳ベースの金融サービスへの関心が高まっていると考えています。

新韓銀行のヘデラ運営審議会への参加にに感激しています。金融の未来を先導するために、新韓銀行と協力していくことを楽しみにしています。

ヘデラ運営審議会メンバーは「合計20社」に

新韓銀行が「Hedera Governing Council(へデラ運営審議会)」に参加したことによって、運営審議会のメンバーは以下の合計20社となりました。

  • Avery Dennison
  • Boeing
  • Dentons
  • Deutsche Telekom
  • DLA Piper
  • EDF
  • eftpos
  • FIS(WorldPay)
  • Google
  • IBM
  • LG Electronics
  • Magalu
  • 野村證券
  • 新韓銀行
  • Standard Bank Group
  • Swirlds
  • Tata Communications
  • University College London(UCL)
  • Wipro
  • Zain Group

>>「Hedera Hashgraph」の公式発表はこちら
>>「Hedera Hashgraph」の公式発表(日本語)はこちら

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

関連のある仮想通貨ニュース

Decentraland:ゲーム開発老舗「Atari(アタリ)」と提携か|MANA価格は大幅上昇

Decentraland:ゲーム開発老舗「Atari(アタリ)」と提携か|MANA価格は大幅上昇

Cardano:ネットワーク拡大に向けた「調整プログラム」実施へ|ブロックサイズは12.5%増に

Cardano:ネットワーク拡大に向けた「調整プログラム」実施へ|ブロックサイズは12.5%増に

eスポーツプラットフォーム「Luckbox」ビットコインなど仮想通貨4銘柄に対応

eスポーツプラットフォーム「Luckbox」ビットコインなど仮想通貨4銘柄に対応

BMW:ブロックチェーン企業「Bloom」と提携|顧客への融資を合理化

BMW:ブロックチェーン企業「Bloom」と提携|顧客への融資を合理化

リップル(XRP)先物取引「近日公開」の可能性|機関投資家の参入を促進:Huobi Global

リップル(XRP)先物取引「近日公開」の可能性|機関投資家の参入を促進:Huobi Global

ロシア中銀:中央銀行デジタル通貨「デジタルルーブル」の発行可能性を調査

ロシア中銀:中央銀行デジタル通貨「デジタルルーブル」の発行可能性を調査

注目度の高い仮想通貨ニュース

Shibarium基盤NFTを格安販売「イースターエッグイベント」開催:Mantra Protocol

Shibarium基盤NFTを格安販売「イースターエッグイベント」開催:Mantra Protocol

ビットトレード:積立暗号資産で「DOGE・SHIB・ADAなど7銘柄」サポートへ

ビットトレード:積立暗号資産で「DOGE・SHIB・ADAなど7銘柄」サポートへ

ビットトレード:投票で稼ぐアプリ「CRATOS(CRTS)」の運営企業と覚書締結

ビットトレード:投票で稼ぐアプリ「CRATOS(CRTS)」の運営企業と覚書締結

マイクロストラテジーのBTC保有量「総供給量の1%」を突破|新たな買い増し報告

マイクロストラテジーのBTC保有量「総供給量の1%」を突破|新たな買い増し報告

Web3ドメイン提供するD3社「Shibarium上でのSHIB・BONE決済」に対応

Web3ドメイン提供するD3社「Shibarium上でのSHIB・BONE決済」に対応

ビットコイン「半減期まで残り1ヶ月」過去データを比較するレポートも公開

ビットコイン「半減期まで残り1ヶ月」過去データを比較するレポートも公開

カルダノ財団「アルゼンチンのエントレ・リオス州政府」と提携

カルダノ財団「アルゼンチンのエントレ・リオス州政府」と提携

STEPN:GMTにも交換できる「FSLポイント」をエアドロップ|対象者と注意点

STEPN:GMTにも交換できる「FSLポイント」をエアドロップ|対象者と注意点

Shibariumの新ミームコイン「DAMN」6倍以上の価格高騰を記録

Shibariumの新ミームコイン「DAMN」6倍以上の価格高騰を記録

「ビットコインは詐欺かもしれないが大好き」ロバート・キヨサキ氏が様々な質問に回答

「ビットコインは詐欺かもしれないが大好き」ロバート・キヨサキ氏が様々な質問に回答

Solana系で注目のミームコインSLOTH、エアドロップ型プレセールで1000万ドルを突破

Solana系で注目のミームコインSLOTH、エアドロップ型プレセールで1000万ドルを突破

【重要】OKCoinJapan「三菱UFJ銀行からの日本円入金」で一時的な制限措置

【重要】OKCoinJapan「三菱UFJ銀行からの日本円入金」で一時的な制限措置

仮想通貨ニュース | 新着記事一覧

仮想通貨まとめ一覧

WoofSwapとは?Shibarium基盤トークンを売買できる分散型取引所(DEX)を紹介NEW

WoofSwapとは?Shibarium基盤トークンを売買できる分散型取引所(DEX)を紹介

K9 Finance(KNINE)とは?Shibarium基盤のDeFiプラットフォームを紹介

K9 Finance(KNINE)とは?Shibarium基盤のDeFiプラットフォームを紹介

Bad Idea AI(BAD)とは?特徴・価格チャート・取扱う暗号資産取引所など

Bad Idea AI(BAD)とは?特徴・価格チャート・取扱う暗号資産取引所など

Astar(ASTR)の「dApp Staking」でステーキングする方法|画像付きでわかりやすく解説

Astar(ASTR)の「dApp Staking」でステーキングする方法|画像付きでわかりやすく解説

確定申告はいつからいつまで?知っておきたい「仮想通貨の税金」に関する知識

確定申告はいつからいつまで?知っておきたい「仮想通貨の税金」に関する知識

ASTRも管理できる「Polkadot{.js}」のウォレット作成方法|画像付きでわかりやすく解説

ASTRも管理できる「Polkadot{.js}」のウォレット作成方法|画像付きでわかりやすく解説

人気のタグから探す