仮想通貨ATMの設置台数「24,000台」を突破|1年足らずで2倍以上に増加

by BITTIMES   

地球上に設置されている仮想通貨ATMの台数が1年未満で2倍以上に増加し「24,000台」を突破したことが明らかになりました。これらのビットコインATMは世界75カ国に点在しており、仮想通貨ATMの設置台数が最も多いのはアメリカだと報告されています。

仮想通貨ATMの設置台数「24,030台」に

ビットコインATM(仮想通貨ATM)に関する様々な情報を配信している「Coin ATM Radar」の情報によると、世界中に設置されている仮想通貨ATMの台数は2021年7月26日時点で「24,030台」に達していると報告されています。

これらの仮想通貨ATMは世界75ヵ国に設置されているとのことで、最も設置台数が多い国は「アメリカ(21,184台)」、2番目に設置台数が多い国は「カナダ(1,698台)」、3番目に設置台数が多い国は「イギリス(174台)」とされています。

(画像:Coin ATM Radar)(画像:Coin ATM Radar)

(画像:Coin ATM Radar)(画像:Coin ATM Radar)

ビットコインATMの設置台数は2020年9月に「10,000台」を突破したと報告されていたため、この1年足らずで仮想通貨ATMの設置台数は2倍以上に増加したことになります。

なお、これらの仮想通貨ATMは合計42社のメーカーによって製造されているとのことで、最も設置台数が多いメーカーは「Genesis Coin(9,828台)」、2番目に設置台数が多いメーカーは「General Bytes(5,721台)」、3番目に設置台数が多いメーカーは「BitAccess(2,766台)」とされています。

最近では、大手コンビニチェーンである「Circle K(サークルK)」が米国とカナダの30州に700台以上の仮想通貨ATMを導入したことなども報告されているため、今後も仮想通貨ATMの設置台数は増加していくことになると予想されます。

>>「Coin ATM Radar」の公式サイトはこちら

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

関連のある仮想通貨ニュース

大手仮想通貨取引所BINANCE「初の取締役会」を設置

大手仮想通貨取引所BINANCE「初の取締役会」を設置

欧州初「現物ビットコインETF」がオランダで上場|環境問題にも配慮

欧州初「現物ビットコインETF」がオランダで上場|環境問題にも配慮

ProShares「メタバース特化型のETF」を米国証券取引委員会に申請

ProShares「メタバース特化型のETF」を米国証券取引委員会に申請

Chiliz&Socios:モバイルゲーム開発で「Wave」と提携|ファントークン保有者向けに提供

Chiliz&Socios:モバイルゲーム開発で「Wave」と提携|ファントークン保有者向けに提供

ディープコイン(DEP)活用の新作P2Eゲーム「麺屋 ドラゴンラーメン」ローンチ

ディープコイン(DEP)活用の新作P2Eゲーム「麺屋 ドラゴンラーメン」ローンチ

Ultra×Atari:家庭用ゲーム機に「ブロックチェーンゲーム関連機能」標準搭載へ

Ultra×Atari:家庭用ゲーム機に「ブロックチェーンゲーム関連機能」標準搭載へ

注目度の高い仮想通貨ニュース

仮想通貨ニュース | 新着記事一覧

仮想通貨まとめ一覧

仮想通貨を保有するだけで増える「ステーキング対応のおすすめ取引所」税金に関する注意点も

仮想通貨を保有するだけで増える「ステーキング対応のおすすめ取引所」税金に関する注意点も

【年利最大9%】ソラナ(SOL)をステーキングで増やす方法|画像付きで解説

【年利最大9%】ソラナ(SOL)をステーキングで増やす方法|画像付きで解説

【年利40%以上】フレア(Flare/FLR)をラップ&デリゲートで増やす方法|画像付きで解説

【年利40%以上】フレア(Flare/FLR)をラップ&デリゲートで増やす方法|画像付きで解説

シバイヌDEX「ShibaSwap」の使い方|流動性提供の方法などをまとめた解説動画公開

シバイヌDEX「ShibaSwap」の使い方|流動性提供の方法などをまとめた解説動画公開

各種仮想通貨を「Shibarium基盤BONE」に簡単交換|ガス代補充機能の使い方を解説

各種仮想通貨を「Shibarium基盤BONE」に簡単交換|ガス代補充機能の使い方を解説

‌NFTマーケットプレイス「Magic Eden」とは?機能や使い方などを解説

‌NFTマーケットプレイス「Magic Eden」とは?機能や使い方などを解説