Amazon(アマゾン)2021年内に「仮想通貨決済」対応か?ETH・ADA・BCHなども検討

by BITTIMES   

Amazon(アマゾン)がビットコイン・イーサリアム・カルダノなどといった複数の暗号資産を支払い手段として受け入れる準備を進めていることが英大手ビジネスメディア「City A.M.」の報道で明らかになりました。ビットコイン決済は2021年末までに導入される予定となっており、2022年には独自通貨が発行される可能性もあると報告されています。

「仮想通貨決済の対応+独自通貨の発行」を計画

Amazon(アマゾン)に関しては最近「デジタル通貨・ブロックチェーンのプロダクト責任者を募集していること」が明らかになっていましたが、最新の報道では「Amazonは仮想通貨決済対応の準備を進めている」と報告されています。

英大手ビジネスメディア「City A.M.」の報道によると、アマゾンの内部関係者はAmazonは「仮想通貨決済の対応」や「独自通貨の発行」を計画していると語ったと報告されています。

対応通貨は「BTC・ETH・ADA・BCH」など8銘柄

仮想通貨決済の導入」に関する指示は、Amazonの共同創設者兼CEOであるジェフ・ベゾス氏から行われたものであるとのことで、『Amazonの将来について議論した上で必要不可欠なものだと判断された』と報告されています。

決済手段として受け入れられる可能性がある仮想通貨としては、以下の4銘柄を含めた合計8種類の仮想通貨が利用可能になる可能性があると報告されています。
ビットコイン(Bitcoin/BTC)
イーサリアム(Ethereum/ETH)
カルダノ(Cardano/ADA)
ビットコインキャッシュ(BitcoinCash/BCH)

なお、最初はビットコイン決済のみが導入される予定となっており、ビットコインで高速かつ安全な決済の仕組みが確立された後に時価総額が高いほかの仮想通貨への対応が検討されることになると報告されています。

しかし『仮想通貨決済対応の計画は2019年から進められていたため、正式導入にはそれほど時間はかからない』とも説明されており、ビットコイン決済に関しては"2021年末までに対応することを目指している"と報じられています。

アマゾン独自通貨が「2022年」に発行される可能性

アマゾン独自の仮想通貨に関しては「早ければ仮想通貨決済の導入後1年ほどで発行される可能性がある」と報じられています。ビットコイン決済は2021年末までに導入される予定だとされているため、早ければ2022年にはアマゾンの独自通貨が発行される可能性があると期待されています。

なお、独自通貨は「商品やサービス代金の支払い」や「報酬制度を通じたトークンの獲得」などといった様々な場面で使用できるようになる可能性があるとも報告されています。

現時点でこれらの報道内容についての公式発表は行われていないため、今回報じられら内容が事実であるかどうかは定かではないものの、一連の報道を受けてBTC・ETH・ADA・BCHなどをはじめとする仮想通貨全体の価格は高騰、SNS上でも「Amazon砲」がトレンド入りするなど大きな注目が集まっています。

>>「City A.M.」の報道はこちら

追記:Amazonが「仮想通貨決済対応」の報道を否定

(追記:2021年7月27日)
『Amazonが2021年内に仮想通貨決済に対応する』という一連の報道を受けて、アマゾンの広報担当者が『当社がこの分野に関心を持っていることは事実だが、仮想通貨に関する具体的な計画についての憶測は事実ではない』と否定したことが複数メディアの報道で明らかになりました。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

関連のある仮想通貨ニュース

Brave Search:検索結果ランキングをカスタムできる新機能「Goggles」ベータ版公開

Brave Search:検索結果ランキングをカスタムできる新機能「Goggles」ベータ版公開

金持ち父さん著者:ビットコイン買いは「24,000ドル」まで待機

金持ち父さん著者:ビットコイン買いは「24,000ドル」まで待機

OKEx:出金サービス再開で「大量の暗号資産が外部移動」価格下落にも影響か

OKEx:出金サービス再開で「大量の暗号資産が外部移動」価格下落にも影響か

仮想通貨の利用率上昇なるか?モバイル決済市場 ー 2023年には「517兆円」規模に

仮想通貨の利用率上昇なるか?モバイル決済市場 ー 2023年には「517兆円」規模に

Arkham「仮想通貨保有国のデータ集約ページ」公開|保有資産・取引履歴などを掲載

Arkham「仮想通貨保有国のデータ集約ページ」公開|保有資産・取引履歴などを掲載

暗号資産ウォレット利用者、右肩上がりに急増|令和元年時点で「3,600万人」突破

暗号資産ウォレット利用者、右肩上がりに急増|令和元年時点で「3,600万人」突破

注目度の高い仮想通貨ニュース

VanEck子会社「ミームコイン・インデックス」ローンチ|DOGE・SHIBなど人気6銘柄で構成

VanEck子会社「ミームコイン・インデックス」ローンチ|DOGE・SHIBなど人気6銘柄で構成

BTC・SHIB・DOGEが当たる「ラッキールーレットキャンペーン」開催へ:ビットトレード

BTC・SHIB・DOGEが当たる「ラッキールーレットキャンペーン」開催へ:ビットトレード

シバイヌの分散型取引所(DEX)ShibaSwap「Shibarium」に正式対応

シバイヌの分散型取引所(DEX)ShibaSwap「Shibarium」に正式対応

シバイヌL2「Shibarium」大規模なUIアップデートを実施|ユーザー体験・スピード向上に向けて

シバイヌL2「Shibarium」大規模なUIアップデートを実施|ユーザー体験・スピード向上に向けて

Own The Doge:ドージコインでも有名な「かぼすちゃん」画像の権利を取得

Own The Doge:ドージコインでも有名な「かぼすちゃん」画像の権利を取得

99BTCのプレセールが100万ドル達成、成長する教育コイン分野でトップを目指す

99BTCのプレセールが100万ドル達成、成長する教育コイン分野でトップを目指す

秋田犬保存会:ブロックチェーン活用した「デジタル血統書」を導入【世界初】

秋田犬保存会:ブロックチェーン活用した「デジタル血統書」を導入【世界初】

仮想通貨ニュース週間まとめ「BTC・WLD・ADA・SHIB」などの注目記事

仮想通貨ニュース週間まとめ「BTC・WLD・ADA・SHIB」などの注目記事

福岡県飯塚市「ブロックチェーン等を活用した実証実験プロジェクト」募集開始

福岡県飯塚市「ブロックチェーン等を活用した実証実験プロジェクト」募集開始

新AIミームコインWienerAIが取引ボットAIコンパニオン機能を追加、プレセールは120万ドルへ

新AIミームコインWienerAIが取引ボットAIコンパニオン機能を追加、プレセールは120万ドルへ

シバイヌDEX「ShibaSwap」Shibariumサポートへ|ローンチパッドなども提供予定

シバイヌDEX「ShibaSwap」Shibariumサポートへ|ローンチパッドなども提供予定

ビットコインが維持すべき「重要なサポートライン」著名アナリストの価格予想

ビットコインが維持すべき「重要なサポートライン」著名アナリストの価格予想

仮想通貨ニュース | 新着記事一覧

仮想通貨まとめ一覧

仮想通貨ビットコインの買い方をわかりやすく解説|取引所と販売所の違いなども紹介NEW

仮想通貨ビットコインの買い方をわかりやすく解説|取引所と販売所の違いなども紹介

DEX(分散型取引所)とは?特徴・使い方・注意点などをわかりやすく解説

DEX(分散型取引所)とは?特徴・使い方・注意点などをわかりやすく解説

Flare基盤のDeFi・DEX「BlazeSwap」とは?機能・使い方などを解説

Flare基盤のDeFi・DEX「BlazeSwap」とは?機能・使い方などを解説

ビットコイン「第4回目の半減期」完了|価格への影響や仕組みをわかりやすく解説

ビットコイン「第4回目の半減期」完了|価格への影響や仕組みをわかりやすく解説

WoofSwapとは?Shibarium基盤トークンを売買できる分散型取引所(DEX)を紹介

WoofSwapとは?Shibarium基盤トークンを売買できる分散型取引所(DEX)を紹介

K9 Finance(KNINE)とは?Shibarium基盤のDeFiプラットフォームを紹介

K9 Finance(KNINE)とは?Shibarium基盤のDeFiプラットフォームを紹介

人気のタグから探す