Amazon(アマゾン)2021年内に「仮想通貨決済」対応か?ETH・ADA・BCHなども検討

by BITTIMES   

Amazon(アマゾン)がビットコイン・イーサリアム・カルダノなどといった複数の暗号資産を支払い手段として受け入れる準備を進めていることが英大手ビジネスメディア「City A.M.」の報道で明らかになりました。ビットコイン決済は2021年末までに導入される予定となっており、2022年には独自通貨が発行される可能性もあると報告されています。

こちらから読む:Twitter CEO、ビットコインの活用を計画「暗号資産」関連ニュース

「仮想通貨決済の対応+独自通貨の発行」を計画

Amazon(アマゾン)に関しては最近「デジタル通貨・ブロックチェーンのプロダクト責任者を募集していること」が明らかになっていましたが、最新の報道では「Amazonは仮想通貨決済対応の準備を進めている」と報告されています。

英大手ビジネスメディア「City A.M.」の報道によると、アマゾンの内部関係者はAmazonは「仮想通貨決済の対応」や「独自通貨の発行」を計画していると語ったと報告されています。

対応通貨は「BTC・ETH・ADA・BCH」など8銘柄

仮想通貨決済の導入」に関する指示は、Amazonの共同創設者兼CEOであるジェフ・ベゾス氏から行われたものであるとのことで、『Amazonの将来について議論した上で必要不可欠なものだと判断された』と報告されています。

決済手段として受け入れられる可能性がある仮想通貨としては、以下の4銘柄を含めた合計8種類の仮想通貨が利用可能になる可能性があると報告されています。
ビットコイン(Bitcoin/BTC)
イーサリアム(Ethereum/ETH)
カルダノ(Cardano/ADA)
ビットコインキャッシュ(BitcoinCash/BCH)

なお、最初はビットコイン決済のみが導入される予定となっており、ビットコインで高速かつ安全な決済の仕組みが確立された後に時価総額が高いほかの仮想通貨への対応が検討されることになると報告されています。

しかし『仮想通貨決済対応の計画は2019年から進められていたため、正式導入にはそれほど時間はかからない』とも説明されており、ビットコイン決済に関しては"2021年末までに対応することを目指している"と報じられています。

アマゾン独自通貨が「2022年」に発行される可能性

アマゾン独自の仮想通貨に関しては「早ければ仮想通貨決済の導入後1年ほどで発行される可能性がある」と報じられています。ビットコイン決済は2021年末までに導入される予定だとされているため、早ければ2022年にはアマゾンの独自通貨が発行される可能性があると期待されています。

なお、独自通貨は「商品やサービス代金の支払い」や「報酬制度を通じたトークンの獲得」などといった様々な場面で使用できるようになる可能性があるとも報告されています。

現時点でこれらの報道内容についての公式発表は行われていないため、今回報じられら内容が事実であるかどうかは定かではないものの、一連の報道を受けてBTC・ETH・ADA・BCHなどをはじめとする仮想通貨全体の価格は高騰、SNS上でも「Amazon砲」がトレンド入りするなど大きな注目が集まっています。

>>「City A.M.」の報道はこちら

追記:Amazonが「仮想通貨決済対応」の報道を否定

(追記:2021年7月27日)
『Amazonが2021年内に仮想通貨決済に対応する』という一連の報道を受けて、アマゾンの広報担当者が『当社がこの分野に関心を持っていることは事実だが、仮想通貨に関する具体的な計画についての憶測は事実ではない』と否定したことが複数メディアの報道で明らかになりました。

ビットコイン(BTC)などの購入は豊富な暗号資産を取り扱っている暗号資産取引所Coincheckからどうぞ。

暗号資産取引所Coincheckの画像 暗号資産取引所Coincheckの登録ページはこちら

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

関連のある仮想通貨ニュース

【重要】Chiliz「BINANCE関連のファントークン入出金方法」について注意喚起

【重要】Chiliz「BINANCE関連のファントークン入出金方法」について注意喚起

仮想通貨取引所Bithumb:モネロ(XMR)の「取扱い終了」を発表|犯罪利用などを懸念

仮想通貨取引所Bithumb:モネロ(XMR)の「取扱い終了」を発表|犯罪利用などを懸念

ビットコインATMを1ヶ月で250台設置「アルゼンチンが仮装通貨先進国へ」

ビットコインATMを1ヶ月で250台設置「アルゼンチンが仮装通貨先進国へ」

仮想通貨積立の始め方まとめ「おすすめの方法・取引所」も紹介

仮想通貨積立の始め方まとめ「おすすめの方法・取引所」も紹介

ブロックチェーンで輸入品の検証作業を効率化|米国税関・国境警備局(CBP)

ブロックチェーンで輸入品の検証作業を効率化|米国税関・国境警備局(CBP)

ゲーム動画配信者に「仮想通貨報酬」提供へ|DLiveとRefereumが提携

ゲーム動画配信者に「仮想通貨報酬」提供へ|DLiveとRefereumが提携

注目度の高い仮想通貨ニュース

【重要】Liquid by Quoine「ビットコインの入出金」を再開|入庫アドレスは変更に

【重要】Liquid by Quoine「ビットコインの入出金」を再開|入庫アドレスは変更に

ビットバンク:資金洗浄対策で「Chainalysisの取引モニタリングシステム」を導入

ビットバンク:資金洗浄対策で「Chainalysisの取引モニタリングシステム」を導入

ディーカレットの暗号資産自動積立「毎日500円」から積立可能に|ETH・XRPにも対応

ディーカレットの暗号資産自動積立「毎日500円」から積立可能に|ETH・XRPにも対応

Chiliz Exchange「インテル・バレンシアCFの公式ファントークン」本日取扱い開始

Chiliz Exchange「インテル・バレンシアCFの公式ファントークン」本日取扱い開始

Ripple社「ブータン王国の中央銀行」と提携|デジタル通貨(CBDC)試験運用へ

Ripple社「ブータン王国の中央銀行」と提携|デジタル通貨(CBDC)試験運用へ

SBI:国内初の仮想通貨ファンド「2021年11月」に立ち上げか=ブルームバーグ報道

SBI:国内初の仮想通貨ファンド「2021年11月」に立ち上げか=ブルームバーグ報道

SEBC「シンボル(XYM)」取扱い開始|フォロー&リツイートキャンペーンも開催

SEBC「シンボル(XYM)」取扱い開始|フォロー&リツイートキャンペーンも開催

カルダノ開発企業:シンガポールの「グローバルCBDCチャレンジ」ファイナリストに選出

カルダノ開発企業:シンガポールの「グローバルCBDCチャレンジ」ファイナリストに選出

TAOTAO「XRPの現物取引サービス」提供へ|レバレッジ取引の証拠金としても利用可能

TAOTAO「XRPの現物取引サービス」提供へ|レバレッジ取引の証拠金としても利用可能

中米ホンジュラス「初の仮想通貨ATM」を導入|BTC・ETHに対応

中米ホンジュラス「初の仮想通貨ATM」を導入|BTC・ETHに対応

NFTを取り入れた、稼げる無料MMOゲーム「Continuum World」

NFTを取り入れた、稼げる無料MMOゲーム「Continuum World」

メルコイン:日本暗号資産取引業協会(JVCEA)に「第二種会員」として入会

メルコイン:日本暗号資産取引業協会(JVCEA)に「第二種会員」として入会

仮想通貨ニュース | 新着記事一覧

仮想通貨まとめ一覧

暗号資産取引所「Bitgate(ビットゲート)」とは?基本情報・特徴・メリットなどを解説

暗号資産取引所「Bitgate(ビットゲート)」とは?基本情報・特徴・メリットなどを解説

暗号資産「オントロジー(Ontology/ONT)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「オントロジー(Ontology/ONT)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「コスモス(Cosmos/ATOM)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「コスモス(Cosmos/ATOM)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「パレットトークン(PLT)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「パレットトークン(PLT)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「オーケービー(OKB)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「オーケービー(OKB)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「クアンタム(QTUM)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「クアンタム(QTUM)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

人気のタグから探す