ビットコインATM設置台数、ついに「10,000台」を突破|世界71ヵ国に展開

by BITTIMES

ビットコインATM(仮想通貨ATM)の設置台数がついに10,000台を突破したことが明らかになりました。「1日あたりの仮想通貨ATM設置台数」は順調に増加し続けており『ビットコインATMは最初の3年半で1,000台が設置された後、残りの3年半で9,000台が設置された』と報告されています。

こちらから読む:ビットバンク、新たに"XLM"取り扱い開始「暗号資産」関連ニュース

ビットコインATMの設置台数「10,016台」に

ビットコインATMの設置台数・設置場所・各種ランキングなどといった様々なデータを公開している「Coin ATM Radar」の情報によると、2020年9月17日時点におけるビットコインATMの設置台数は「10,016台」に達していると報告されています。なお、これらのビットコインATMは世界71ヵ国に設置されているとのことです。

(画像:Coin ATM Radar)(画像:Coin ATM Radar)

「Coin ATM Radar」によると、最初のビットコインATMが設置されたのは2013年末であり『ビットコインATM設置台数10,000台到達までには約7年がかかった』と報告されています。しかし「銀行ATM」の設置台数が10,000台に到達するまでには約9年がかかっているため、ビットコインATMの設置速度は1970年代の銀行ATM設置速度よりも速くなっているとのことです。

実際に「1日あたりのビットコインATM設置台数」は徐々に増えてきていることが以前から報告されており、今回の発表でも『ビットコインATMは最初の3年半で1,000台設置され、残りの3年半で9,000台が設置された』と強調されています。

設置台数最多は「依然として米国」

国別に見た場合の設置台数では、米国が最も多い7901台とされており、2位はカナダの877台、3位はイギリスの283台となっています。米国は以前から「ビットコインATMの設置台数」で常に1位をキープしていましたが、現在も依然として1位を維持し続けています。

なお「Coin ATM Radar」に掲載されているデータはすべてのATM設置台数を完璧に示しているものではないため地域によって登録されているビットコインATMの数に違いがある可能性があるものの、2020年9月17日時点における「日本の仮想通貨ATM設置台数」は"0"となっています。

数年前までは日本国内のビットコインATM情報も掲載されていましたが、現在はそれらの情報も削除されているため「取り扱いが停止されている」もしくは「撤去されている」と考えられます。

(画像:Coin ATM Radar)(画像:Coin ATM Radar)

暗号資産取引所を日頃から利用している人々からすると、暗号資産はスマートフォンだけで気軽に購入することができるため、実際に設置場所まで足を運ぶ必要がある「ビットコインATM」は不便であるように感じられるかもしれませんが、海外では『ビットコインATMがショッピングセンター内や空港に設置されていることによって、買い物ついでに仮想通貨を購入したり、旅行先で残った法定通貨を仮想通貨に交換したりできる』として高い評価を受けています。

仮想通貨ATMによっては"本人確認手続き無し"で仮想通貨を購入することができるため、マネーロンダリング(資金洗浄)などでの悪用を懸念する意見も出ていますが、現在はそのような仮想通貨ATMの取り締りや規制強化なども行われているため、環境が整えば今後も仮想通貨ATMの設置台数はさらに増えていくことになると予想されます。

「Coin ATM Radar」の公式サイトでは、各国に設置されたビットコインATMの「設置場所・地図・搭載されている機能」などといった様々な情報を詳しく確認することができるため、旅行先でビットコインATMを使用する予定がある方などは参考にしてみると良いでしょう。

>>「Coin ATM Radar」の公式サイトはこちら
>>「Coin ATM Radar」の発表はこちら

ビットコイン(BTC)などの購入は豊富な暗号資産を取り扱っている暗号資産取引所Coincheckからどうぞ。

暗号資産取引所Coincheckの画像 暗号資産取引所Coincheckの登録ページはこちら

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

関連のある仮想通貨ニュース

迫る「半減期」がビットコイン価格上昇をもたらす|転換期は5月:アナリスト予想

迫る「半減期」がビットコイン価格上昇をもたらす|転換期は5月:アナリスト予想

VeChain財団「中国国家動物健康・食品安全創新連盟」に参加|130社以上を技術支援

VeChain財団「中国国家動物健康・食品安全創新連盟」に参加|130社以上を技術支援

Bitget「8種類のクリスマスプレゼントが獲得できるイベント」を開催

Bitget「8種類のクリスマスプレゼントが獲得できるイベント」を開催

暗号資産「ライトコイン(Litecoin/LTC)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「ライトコイン(Litecoin/LTC)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産取引所FTX「NFTを発行・販売できる新機能」を追加

暗号資産取引所FTX「NFTを発行・販売できる新機能」を追加

ブロックチェーンで輸入品の検証作業を効率化|米国税関・国境警備局(CBP)

ブロックチェーンで輸入品の検証作業を効率化|米国税関・国境警備局(CBP)

注目度の高い仮想通貨ニュース

Bitget:新機能「ストラテジープラザ」でソーシャルトレーディングに革新をもたらす

Bitget:新機能「ストラテジープラザ」でソーシャルトレーディングに革新をもたらす

MetaMask「NFTコレクションの価格情報」提供へ|NFTBankと提携

MetaMask「NFTコレクションの価格情報」提供へ|NFTBankと提携

Trezor Suite「ビットコインのP2P取引」が可能に|Hodl Hodlと連携

Trezor Suite「ビットコインのP2P取引」が可能に|Hodl Hodlと連携

FUELHASH:最大年利10%「クリプトレンディング」提供へ|暗号資産5銘柄に対応

FUELHASH:最大年利10%「クリプトレンディング」提供へ|暗号資産5銘柄に対応

BINANCE:FTX関連で影響を受けたプロジェクトを支援「業界復興基金」設立へ

BINANCE:FTX関連で影響を受けたプロジェクトを支援「業界復興基金」設立へ

XANAメタバース「CryptoNinja」のNFTゲームリリースへ|NFTDuel第三弾IPコラボ

XANAメタバース「CryptoNinja」のNFTゲームリリースへ|NFTDuel第三弾IPコラボ

エイプコインとドージコインがミームコイン採用を先行。ビッグアイズコインは同じ道を辿ることができるか?

エイプコインとドージコインがミームコイン採用を先行。ビッグアイズコインは同じ道を辿ることができるか?

暗号資産業界大手「FTXグループ」が破産法適用を申請|FTX Japanは出金対応中

暗号資産業界大手「FTXグループ」が破産法適用を申請|FTX Japanは出金対応中

ゲーム専門NFTローンチパッド「Zaif INO」公開|第1回販売は2022年11月21日から

ゲーム専門NFTローンチパッド「Zaif INO」公開|第1回販売は2022年11月21日から

エルサルバドル大統領「毎日1ビットコイン購入する」と宣言

エルサルバドル大統領「毎日1ビットコイン購入する」と宣言

Circleの決済ソリューションが「Apple Pay」で利用可能に

Circleの決済ソリューションが「Apple Pay」で利用可能に

ブロックチェーン・暗号資産ニュース週間まとめ|2022年10月30日〜11月5日

ブロックチェーン・暗号資産ニュース週間まとめ|2022年10月30日〜11月5日

仮想通貨ニュース | 新着記事一覧

仮想通貨まとめ一覧

シバイヌ(Shiba Inu/SHIB)とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

シバイヌ(Shiba Inu/SHIB)とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

仮想通貨関連の情報収集に役立つ「便利ツール・サイト」まとめ

仮想通貨関連の情報収集に役立つ「便利ツール・サイト」まとめ

ジリカ(Zilliqa/ZIL)とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

ジリカ(Zilliqa/ZIL)とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

アプトス(Aptos/APT)とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

アプトス(Aptos/APT)とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

ステップアップ(Step App/FITFI)とは?基本情報・特徴・メリットなどを解説

ステップアップ(Step App/FITFI)とは?基本情報・特徴・メリットなどを解説

アスター(Astar/ASTR)とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

アスター(Astar/ASTR)とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

人気のタグから探す