映画公開記念「エウレカセブン初のNFTデジタルカード」発売へ:博報堂DY×アーリーワークス

by BITTIMES

「株式会社博報堂 DY ミュージック&ピクチャーズ」は2021年11月22日に、ブロックチェーン開発などを行う「アーリーワークス」と協業してNFTの保有で拡がる新しいエンタテインメント体験の提供を目指すプロジェクトを始動したことを発表しました。プロジェクト第一弾では、先日26日に公開された映画『EUREKA/交響詩篇エウレカセブン ハイエボリューション』の公開を記念した、「エウレカセブン初のNFTデジタルカード」が数量限定・期間限定で販売されると報告されています。

こちらから読む:エルサルバドル、再び"100BTC"を追加購入「暗号資産」関連ニュース

「エウレカセブン初のNFTデジタルカード」を発売

「株式会社博報堂 DY ミュージック&ピクチャーズ」は2021年11月26日に、ブロックチェーン開発などを行う「アーリーワークス」と協業してNFTの保有で拡がる新しいエンタテインメント体験の提供を目指すプロジェクトを始動したことを発表しました。

プロジェクト第一弾では、先日26日に公開された映画『EUREKA/交響詩篇エウレカセブン ハイエボリューション』の公開を記念した「エウレカセブン初のNFTデジタルカード」が今年の冬から特設サイトで数量限定・期間限定で販売されると報告されています。

「エウレカセブンのNFTデジタルカード」は、エウレカセブンシリーズの各キービジュアルをNFT技術でデジタルカード化した"世界に1つだけのデジタルカード"となっており、第1弾商品の販売価格/入札開始価格はエウレカ"セブン"にちなんで「7,777円」と「77,777円」に設定されていると報告されています。

また、今後は第2弾『交響詩篇エウレカセブン ポケットが虹でいっぱい』、第3弾『エウレカセブン AO』、第4弾『交響詩篇エウレカセブン ハイエボリューション』デザインの商品の販売も計画しているとのことです。

「エウレカセブンNFTデジタルカード」の商品情報

第1弾で発売されるNFTデジタルカードは以下の3種類となっており、『本作のキャラクターデザインおよびメインアニメーターを務める吉田健一氏のサイン入りビジュアルは、オークション形式で販売される1点ものである』と説明されています。

タイトルロゴありキービジュアル

販売名:『交響詩篇エウレカセブン』 TITLE LOGO ver
価格:税込7,777円
販売場所:公式サイト内購入ページ
発行数:期間限定
販売時期:この冬

タイトルロゴなしキービジュアル

販売名:『交響詩篇エウレカセブン』
価格:税込7,777円
販売場所:公式サイト内購入ページ
発行数:期間限定
販売時期:この冬

吉田健一氏サイン入りキービジュアル

販売名:『交響詩篇エウレカセブン』 Autographed ver
価格:入札(税込77,777円スタート)
販売場所:公式サイト内購入ページ
発行数:1
オークション実施時期:この冬

タイトルロゴなしキービジュアル(左)とタイトルロゴありキービジュアル(右)タイトルロゴなしキービジュアル(左)とタイトルロゴありキービジュアル(右)

株式会社ボンズ:南雅彦氏のコメント

エウレカセブンシリーズのアニメーション制作を手掛ける「株式会社ボンズ」の代表取締役である南雅彦氏は「NFTグッズをどのように楽しんで欲しいか?」「NFT業界参入で期待していることは何か?」について『お客さんが唯一の又は限定された商品を、自分のデジタル機器の中に入れていつも持ち歩けるところ』と『全世界に向けて発信できるというところ』の2つが特に魅力で、楽しんで欲しいところでもあると語っており、『NFTの話を聞いた時に、全世界の熱量の高いファンたちに、商品を届けられるというところに可能性を感じた』とコメントしています。

NFTは、お客さんが唯一の又は限定された商品を、自分のデジタル機器の中に入れていつも持ち歩けるところと、全世界に向けて発信できるというところの大きく2つが特に魅力だと思いますし、楽しんで欲しいところです。

ここ数年、様々な動画配信サービスを通して、全世界に作品を見てもらえる機会が増えました。コロナ禍の前ですが、海外のイベントに参加して、現地のファンの方と交流して、世界規模で反響やファンの数がどんどん大きくなって世界中に広がっていると感じます。海外でのイベントの熱狂もそうですし、新しい作品もPVを公開すると、様々な言語のコメントが届きますね。

その一方で、そういう人たちにグッズやサービスを提供したくても、全世界になかなか流通させづらい現実もあります。なので、NFTの話を聞いた時に、全世界の熱量の高いファンたちに、商品を届けられるというところに可能性を感じました。また、世界中のファンたちに、作品の商品をリアルタイムでより多くのものを提供できるというのが魅力的だと思いますね。

「エウレカセブン」という作品をコアに愛してくれるファンが世界中にいるので、こうした人たちに「“EUREKA”やるよ!」というアピールにも繋がるなと感じています。

>>「EUREKA/交響詩篇エウレカセブン ハイエボリューション」の公式サイトはこちら

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

関連のある仮想通貨ニュース

使いやすさを重視した新ウォレット「BEAM」登場|Twitterログインで簡単に利用可能

使いやすさを重視した新ウォレット「BEAM」登場|Twitterログインで簡単に利用可能

ブロックチェーンゲーム内通貨の累積購入金額「1,364%」増加=スマートアプリ報告

ブロックチェーンゲーム内通貨の累積購入金額「1,364%」増加=スマートアプリ報告

PayPal:仮想通貨関連企業の買収に向け「BitGo」などと交渉か=Bloomberg報道

PayPal:仮想通貨関連企業の買収に向け「BitGo」などと交渉か=Bloomberg報道

韓国の裁判所「Terraform Labs」共同創設者ダニエル・シン氏の逮捕状を却下

韓国の裁判所「Terraform Labs」共同創設者ダニエル・シン氏の逮捕状を却下

三菱UFJ銀行:ブロックチェーン貿易金融基盤で「信用状発行」を効率化

三菱UFJ銀行:ブロックチェーン貿易金融基盤で「信用状発行」を効率化

SBI VCトレード「AVAX・DOT・XTZのステーキングサービス」提供へ

SBI VCトレード「AVAX・DOT・XTZのステーキングサービス」提供へ

注目度の高い仮想通貨ニュース

Symbol活用のNFTDriveEX「アトミックスワップv1」リリース|SHIBもサポート

Symbol活用のNFTDriveEX「アトミックスワップv1」リリース|SHIBもサポート

ビットコイン「半減期まで残り1ヶ月」過去データを比較するレポートも公開

ビットコイン「半減期まで残り1ヶ月」過去データを比較するレポートも公開

Solanaの新しいミームコインSlothanaが革新的なプレセールを開始、数時間で50万ドルを調達

Solanaの新しいミームコインSlothanaが革新的なプレセールを開始、数時間で50万ドルを調達

ソニー銀行「ステーブルコイン発行に向けた実証実験」を正式発表|Polygon・SettleMintと協力

ソニー銀行「ステーブルコイン発行に向けた実証実験」を正式発表|Polygon・SettleMintと協力

Dogwifhat(WIF)ミームコイン時価総額ランキング3位に|価格上昇率は2,560%

Dogwifhat(WIF)ミームコイン時価総額ランキング3位に|価格上昇率は2,560%

UEFA欧州選手権の開催迫る、スポーツ業界は大きな盛り上がりを見せるのか?

UEFA欧州選手権の開催迫る、スポーツ業界は大きな盛り上がりを見せるのか?

ビットトレード:投票で稼ぐアプリ「CRATOS(CRTS)」の運営企業と覚書締結

ビットトレード:投票で稼ぐアプリ「CRATOS(CRTS)」の運営企業と覚書締結

SHIB関連のDeFiサービス「K9 Finance」のプレビュー画像公開

SHIB関連のDeFiサービス「K9 Finance」のプレビュー画像公開

OKCoinJapan「MKR・APE」取扱いへ|お得なキャンペーンも開催中

OKCoinJapan「MKR・APE」取扱いへ|お得なキャンペーンも開催中

世界初のブロックチェーンを旅するドージ「Dogeverse」がプレセール開始!数分で25万ドル調達

世界初のブロックチェーンを旅するドージ「Dogeverse」がプレセール開始!数分で25万ドル調達

Solana系で注目のミームコインSLOTH、エアドロップ型プレセールで1000万ドルを突破

Solana系で注目のミームコインSLOTH、エアドロップ型プレセールで1000万ドルを突破

Google:Ethereum Name Service(ENS)のドメイン検索で「残高確認」が可能に

Google:Ethereum Name Service(ENS)のドメイン検索で「残高確認」が可能に

仮想通貨ニュース | 新着記事一覧

仮想通貨まとめ一覧

WoofSwapとは?Shibarium基盤トークンを売買できる分散型取引所(DEX)を紹介

WoofSwapとは?Shibarium基盤トークンを売買できる分散型取引所(DEX)を紹介

K9 Finance(KNINE)とは?Shibarium基盤のDeFiプラットフォームを紹介

K9 Finance(KNINE)とは?Shibarium基盤のDeFiプラットフォームを紹介

Bad Idea AI(BAD)とは?特徴・価格チャート・取扱う暗号資産取引所など

Bad Idea AI(BAD)とは?特徴・価格チャート・取扱う暗号資産取引所など

Astar(ASTR)の「dApp Staking」でステーキングする方法|画像付きでわかりやすく解説

Astar(ASTR)の「dApp Staking」でステーキングする方法|画像付きでわかりやすく解説

確定申告はいつからいつまで?知っておきたい「仮想通貨の税金」に関する知識

確定申告はいつからいつまで?知っておきたい「仮想通貨の税金」に関する知識

ASTRも管理できる「Polkadot{.js}」のウォレット作成方法|画像付きでわかりやすく解説

ASTRも管理できる「Polkadot{.js}」のウォレット作成方法|画像付きでわかりやすく解説

人気のタグから探す