Meta社「Meta Pay」を発表|相互運用性を持つメタバース用ウォレットを計画

by BITTIMES

Meta(旧:Facebook)の会長兼CEOであるマーク・ザッカーバーグ氏は2022年6月22日に、プラットフォーム上での支払い機能である「Facebook Pay」名称を「Meta Pay」に変更したことを報告し、従来の機能をさらに進化させたメタバース向けデジタルウォレットを展開していく計画を明らかにしました。

こちらから読む:MEXC、仮想通貨"DHP"上場廃止か「暗号資産」関連ニュース

あらゆるデジタルアイテムを保管できるウォレットを計画

Meta(旧:Facebook)の会長兼CEOであるマーク・ザッカーバーグ氏は2022年6月22日に、プラットフォーム上での支払い機能である「Facebook Pay」名称を「Meta Pay」に変更したことを報告し、従来の機能をさらに進化させたメタバース向けデジタルウォレットを展開していく計画を発表しました。

Facebook Pay(フェイスブックペイ)は「Facebook、Messenger、Instagram、WhatsApp」で使用可能な決済サービスであり、プラットフォーム上でのショッピング・投げ銭・寄付・ユーザー間送金などに利用することができる支払い機能です(日本は未対応)。

Meta Pay(メタペイ)は、このような従来の機能はそのままにしつつ、デジタルIDや所有物を安全に管理できるようにしたメタバース用ウォレットとして展開されていく予定であるとのことで、将来的にはメタバース上で所有するデジタルウェア・アート・ビデオ・音楽・体験・バーチャルイベントなど、作成・購入したあらゆる種類のデジタルアイテムの所有権を示すウォレットにすると報告されています。

また、マーク・ザッカーバーグ氏は理想的なのは『どのメタバースにサインインしても、購入したものすべてがそこにあるようにすること』であるとも述べており、『まだまだ先の話ではあるが、そのような相互運用性が実現すれば、人々にとってより良い体験となり、クリエイターにとってより大きなチャンスになる』と語っています。

理想的なのは「どのメタバースにサインインしても、購入したものすべてがそこにあるようにすること」です。まだまだ先の話ですが、そのような相互運用性が実現すれば、人々にとってより良い体験となり、クリエイターにとってはより大きなチャンスとなります。

これは「デジタルグッズを簡単に使える場所が増えれば増えるほど、その価値は高まり、クリエイターにとってより大きなマーケットが生まれること」を意味します。簡単に取引できるようになればクリエイターのチャンスも大きくなるはずです。これを構築していくのが楽しみです。

Meta社は今月22日に、Instagram(インスタグラム)の24時間限定投稿機能「ストーリーズ」で、同社のARエフェクト機能である「SparkAR」を用いたNFTのテストを実施することも明かしていたため、そのようなNFTも「Meta Pay」で一括管理できるようになると期待されています。

>>「マーク・ザッカーバーグ氏の報告」はこちら

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

関連のある仮想通貨ニュース

リップル(Ripple/XRP)が仮想通貨ウォレット「EO.Finance」で保管可能に

リップル(Ripple/XRP)が仮想通貨ウォレット「EO.Finance」で保管可能に

【重要】コインチェック:IOSTなど「仮想通貨の誤送金」について注意喚起

【重要】コインチェック:IOSTなど「仮想通貨の誤送金」について注意喚起

SBIが台湾のブロックチェーンスタートアップに新たな出資|事業拡大が進む

SBIが台湾のブロックチェーンスタートアップに新たな出資|事業拡大が進む

BINANCE:ステーブルコインBUSD市場に「合計6種類」の通貨ペア追加

BINANCE:ステーブルコインBUSD市場に「合計6種類」の通貨ペア追加

XRP価格:一時的に「50円台」まで回復|Ripple社は米SECの訴状に対する答弁書を提出

XRP価格:一時的に「50円台」まで回復|Ripple社は米SECの訴状に対する答弁書を提出

Trezor(トレザー)の使い方「初期設定〜バックアップの作成方法まで」画像付きで解説

Trezor(トレザー)の使い方「初期設定〜バックアップの作成方法まで」画像付きで解説

注目度の高い仮想通貨ニュース

ブロックチェーン・暗号資産ニュース週間まとめ|2022年7月10日〜16日

ブロックチェーン・暗号資産ニュース週間まとめ|2022年7月10日〜16日

Chiliz&Socios:ラグビーチーム「The Sharks・Stade Français」と提携

Chiliz&Socios:ラグビーチーム「The Sharks・Stade Français」と提携

国内No.1貸借料率の暗号資産貸借サービス「BitLending」正規版リリース

国内No.1貸借料率の暗号資産貸借サービス「BitLending」正規版リリース

米資産運用大手「BlackRock」暗号資産関連サービス提供へ|Coinbaseと提携

米資産運用大手「BlackRock」暗号資産関連サービス提供へ|Coinbaseと提携

Huobi Japan:年率200%「ジャスミーコインの貸暗号資産特別募集」開始

Huobi Japan:年率200%「ジャスミーコインの貸暗号資産特別募集」開始

前澤友作氏「MZDAO」の初期メンバー募集開始|数時間で登録者数1万人超え

前澤友作氏「MZDAO」の初期メンバー募集開始|数時間で登録者数1万人超え

Talk-To-Earn採用のWeb3メタバース「AZITO」ホワイトペーパー公開|NFT販売も予定

Talk-To-Earn採用のWeb3メタバース「AZITO」ホワイトペーパー公開|NFT販売も予定

暗号資産取引所OKX:ドバイ規制当局から「仮承認ライセンス」を取得

暗号資産取引所OKX:ドバイ規制当局から「仮承認ライセンス」を取得

SBI VCトレード「ADA・DOGE・XLM・XTZ・SOL」取扱いへ

SBI VCトレード「ADA・DOGE・XLM・XTZ・SOL」取扱いへ

LINEで送れる「キャットNFT」先着60,000名に無償配布:GIFMAGAZINE

LINEで送れる「キャットNFT」先着60,000名に無償配布:GIFMAGAZINE

カルダノ・エイダの大型アップグレード「Vasil」再び延期に

カルダノ・エイダの大型アップグレード「Vasil」再び延期に

XANA:AIで進化するメタバースパートナーNFT「XANA:Genesis」リリース

XANA:AIで進化するメタバースパートナーNFT「XANA:Genesis」リリース

仮想通貨ニュース | 新着記事一覧

仮想通貨まとめ一覧

FTXトークン(FTX Token/FTT)とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

FTXトークン(FTX Token/FTT)とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

元素騎士メタバース(MV)とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

元素騎士メタバース(MV)とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

アバランチ(Avalanche/AVAX)とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

アバランチ(Avalanche/AVAX)とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

ポリゴン(Polygon/MATIC)とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

ポリゴン(Polygon/MATIC)とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

エバードーム(Everdome/DOME)とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

エバードーム(Everdome/DOME)とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

Unstoppable Domainsとは?基本情報・特徴・使い方などを解説

Unstoppable Domainsとは?基本情報・特徴・使い方などを解説

人気のタグから探す