Meta社「Meta Pay」を発表|相互運用性を持つメタバース用ウォレットを計画

by BITTIMES

Meta(旧:Facebook)の会長兼CEOであるマーク・ザッカーバーグ氏は2022年6月22日に、プラットフォーム上での支払い機能である「Facebook Pay」名称を「Meta Pay」に変更したことを報告し、従来の機能をさらに進化させたメタバース向けデジタルウォレットを展開していく計画を明らかにしました。

こちらから読む:MEXC、仮想通貨"DHP"上場廃止か「暗号資産」関連ニュース

あらゆるデジタルアイテムを保管できるウォレットを計画

Meta(旧:Facebook)の会長兼CEOであるマーク・ザッカーバーグ氏は2022年6月22日に、プラットフォーム上での支払い機能である「Facebook Pay」名称を「Meta Pay」に変更したことを報告し、従来の機能をさらに進化させたメタバース向けデジタルウォレットを展開していく計画を発表しました。

Facebook Pay(フェイスブックペイ)は「Facebook、Messenger、Instagram、WhatsApp」で使用可能な決済サービスであり、プラットフォーム上でのショッピング・投げ銭・寄付・ユーザー間送金などに利用することができる支払い機能です(日本は未対応)。

Meta Pay(メタペイ)は、このような従来の機能はそのままにしつつ、デジタルIDや所有物を安全に管理できるようにしたメタバース用ウォレットとして展開されていく予定であるとのことで、将来的にはメタバース上で所有するデジタルウェア・アート・ビデオ・音楽・体験・バーチャルイベントなど、作成・購入したあらゆる種類のデジタルアイテムの所有権を示すウォレットにすると報告されています。

また、マーク・ザッカーバーグ氏は理想的なのは『どのメタバースにサインインしても、購入したものすべてがそこにあるようにすること』であるとも述べており、『まだまだ先の話ではあるが、そのような相互運用性が実現すれば、人々にとってより良い体験となり、クリエイターにとってより大きなチャンスになる』と語っています。

理想的なのは「どのメタバースにサインインしても、購入したものすべてがそこにあるようにすること」です。まだまだ先の話ですが、そのような相互運用性が実現すれば、人々にとってより良い体験となり、クリエイターにとってはより大きなチャンスとなります。

これは「デジタルグッズを簡単に使える場所が増えれば増えるほど、その価値は高まり、クリエイターにとってより大きなマーケットが生まれること」を意味します。簡単に取引できるようになればクリエイターのチャンスも大きくなるはずです。これを構築していくのが楽しみです。

Meta社は今月22日に、Instagram(インスタグラム)の24時間限定投稿機能「ストーリーズ」で、同社のARエフェクト機能である「SparkAR」を用いたNFTのテストを実施することも明かしていたため、そのようなNFTも「Meta Pay」で一括管理できるようになると期待されています。

>>「マーク・ザッカーバーグ氏の報告」はこちら

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

関連のある仮想通貨ニュース

ORBS(オーブス)仮想通貨取引所「Liquid」に上場|日本向けサービスは未対応

ORBS(オーブス)仮想通貨取引所「Liquid」に上場|日本向けサービスは未対応

中国が規制した仮想通貨取引所を数ヶ月以内に運営再開か?

中国が規制した仮想通貨取引所を数ヶ月以内に運営再開か?

Bakkt:仮想通貨決済アプリ2020年公開へ「スタバでBTC決済」が現実的に

Bakkt:仮想通貨決済アプリ2020年公開へ「スタバでBTC決済」が現実的に

米Kraken(クラーケン)Android・iOS対応の「スマホ向けアプリ」リリース

米Kraken(クラーケン)Android・iOS対応の「スマホ向けアプリ」リリース

コインチェック:IEOに向けコロプラグループの「Brilliantcrypto」と契約締結

コインチェック:IEOに向けコロプラグループの「Brilliantcrypto」と契約締結

米著名投資家:ビットコイン否定派から「肯定派」に|BTC保有していることが判明

米著名投資家:ビットコイン否定派から「肯定派」に|BTC保有していることが判明

注目度の高い仮想通貨ニュース

OKCoinJapan:オプティミズム(Optimism/OP)取扱いへ|複数のサービスでサポート

OKCoinJapan:オプティミズム(Optimism/OP)取扱いへ|複数のサービスでサポート

イーサリアム共同創設者の仮想通貨管理方法「マルチシグ」で自己管理リスクに対処

イーサリアム共同創設者の仮想通貨管理方法「マルチシグ」で自己管理リスクに対処

仮想通貨の投資家たちが集まるVRプロジェクト5thScape、プレセールで順調に資金を調達

仮想通貨の投資家たちが集まるVRプロジェクト5thScape、プレセールで順調に資金を調達

米SEC、仮想通貨投資アプリ「ロビンフッド」に証券法違反の警告

米SEC、仮想通貨投資アプリ「ロビンフッド」に証券法違反の警告

VanEck子会社「ミームコイン・インデックス」ローンチ|DOGE・SHIBなど人気6銘柄で構成

VanEck子会社「ミームコイン・インデックス」ローンチ|DOGE・SHIBなど人気6銘柄で構成

シバイヌ(SHIB)「CDSA参加の重要性と影響」主任開発者Shytoshi Kusama氏が説明

シバイヌ(SHIB)「CDSA参加の重要性と影響」主任開発者Shytoshi Kusama氏が説明

TransBoden:新たなSolanaミームコイン、100%公正な方法で「$BODENX」のローンチに成功

TransBoden:新たなSolanaミームコイン、100%公正な方法で「$BODENX」のローンチに成功

フィンテックの未来が見える「Wiki Finance Expo 香港 2024」香港が再び世界の脚光を浴びる

フィンテックの未来が見える「Wiki Finance Expo 香港 2024」香港が再び世界の脚光を浴びる

SMOGが第1回目のエアドロップを実施、シーズン1では8回に渡ってトークンを配布予定

SMOGが第1回目のエアドロップを実施、シーズン1では8回に渡ってトークンを配布予定

フレアネットワーク:合計バーン枚数が「10億FLR」の大台に到達

フレアネットワーク:合計バーン枚数が「10億FLR」の大台に到達

SHIBの人気に便乗するエアドロップ詐欺などに要注意「The Daily Shib」が注意喚起

SHIBの人気に便乗するエアドロップ詐欺などに要注意「The Daily Shib」が注意喚起

ツイッター共同創業者のジャック・ドーシー氏「ビットコイン100万ドル超え」を予想

ツイッター共同創業者のジャック・ドーシー氏「ビットコイン100万ドル超え」を予想

仮想通貨ニュース | 新着記事一覧

仮想通貨まとめ一覧

仮想通貨ビットコインの買い方をわかりやすく解説|取引所と販売所の違いなども紹介NEW

仮想通貨ビットコインの買い方をわかりやすく解説|取引所と販売所の違いなども紹介

DEX(分散型取引所)とは?特徴・使い方・注意点などをわかりやすく解説

DEX(分散型取引所)とは?特徴・使い方・注意点などをわかりやすく解説

Flare基盤のDeFi・DEX「BlazeSwap」とは?機能・使い方などを解説

Flare基盤のDeFi・DEX「BlazeSwap」とは?機能・使い方などを解説

ビットコイン「第4回目の半減期」完了|価格への影響や仕組みをわかりやすく解説

ビットコイン「第4回目の半減期」完了|価格への影響や仕組みをわかりやすく解説

WoofSwapとは?Shibarium基盤トークンを売買できる分散型取引所(DEX)を紹介

WoofSwapとは?Shibarium基盤トークンを売買できる分散型取引所(DEX)を紹介

K9 Finance(KNINE)とは?Shibarium基盤のDeFiプラットフォームを紹介

K9 Finance(KNINE)とは?Shibarium基盤のDeFiプラットフォームを紹介

人気のタグから探す