Facebook「Meta」に社名変更|NFTも取り入れたメタバース事業に注力

by BITTIMES   

Facebook(フェイスブック)は2021年10月29日に、メタバース(仮想現実空間)事業に注力する計画に合わせて、社名を「Meta(メタ)」に変更することを発表しました。同社はメタバース事業を通じて『できるだけ多くのクリエイターが仮想現実世界でビジネスを提供できる方法を提供していく』と説明しています。

こちらから読む:OKCoinJapan、販売所で"LSK・IOST"取扱いへ「暗号資産」関連ニュース

フェイスブック:社名を「Meta(メタ)」に変更

Facebook(フェイスブック)は2021年10月29日に、メタバース(仮想現実空間)事業に注力する計画に合わせて、社名を「Meta(メタ)」に変更することを発表しました。なお、社名はMetaに変更されるものの「Facebook、Instagram、Messenger、WhatsApp」などと言った既存サービスの名称はそのまま使用されることになると報告されています。

Facebook社の新社名「Meta」を発表します。Metaは、3Dで遊び、つながる場所であるメタバースの構築を支援します。ソーシャル・コネクションの次の章へようこそ。

私たちがすでに提供している「Facebook、Instagram、Messenger、WhatsApp」などのアプリの名前は変わりません。

メタバース(仮想現実空間)とは、オンライン上に構築された3DCG仮想空間のことであり、サービス利用者は自分のアバターを作成して世界に入ることによって、仮想空間にアクセスしている他のユーザーとのコミュニケーションを楽しんだり、仮想空間上に構築されたコンテンツで遊ぶことができるようになっています。

Meta公式発表で公開された画像(画像:Metaプレスアセットから)Meta公式発表で公開された画像(画像:Metaプレスアセットから)

NFTも取り入れた仮想空間プラットフォームを展開

Facebookがメタバース事業やNFT事業に参入することは以前から報じられていましたが、Facebookは先日28日に開催されたカンファレンス「Facebook Connect」の中で一連の取り組みについての説明を行っており、同社のメタバース部門製品責任者であるVishal Shah(ビシャル・シャー)氏は『当社のメタバースプラットフォームでは、NFTのような限定デジタル商品を簡単に販売したり、デジタルスペースに展示したり、安全に再販したりすることもできるようになるだろう』と語ったとも報告されています。

また、Meta社が提供するメタバースではソーシャルネットワークの広告サービスを利用して自社製品を宣伝したりすることもできるようになるとのことで、Vishal Shah氏は『Meta社の目標は"できるだけ多くのクリエイターがメタバースでビジネスを構築できる方法を提供すること"だ』と語ったと伝えられています。

メタバースの世界には「デジタルオブジェクトを作るクリエイター、サービスや体験を提供するクリエイター、ゲームクリエイターのように世界全体を構築するクリエイター」などといったように様々な種類のクリエイターが存在します。私たちの目標は「できるだけ多くのクリエイターがメタバースでビジネスを構築できる方法を提供すること」です。

なお、Facebookは子会社である「Facebook Technologies」を通じて、VRヘッドセットである「Oculus(オキュラス)」を提供していますが、仮想通貨メディア「Decrypt」の報道によると、Oculusのブランド名は『Meta Quest(メタクエスト)』という名称に変更されることになるとも報じられています。

Facebookはこれまでソーシャルメディア関連のサービスを展開する大手企業として知られていましたが、ここ最近ではステーブルコインプロジェクトである「Diem(旧:Libra)」や、仮想通貨ウォレット「Novi(ノヴィ)」などの開発に取り組んでいるため、一連のサービスが正式にリリースされると、仮想現実世界を中核としてソーシャルメディア・仮想通貨・NFTなどといった様々なサービス・コンテンツを取り扱う大規模なプラットフォームが提供されることになると期待されます。

「Facebook Connect」や「メタバース事業」の詳細

「Facebook Connect」でマーク・ザッカーバーグ氏が語った内容は以下の公式動画で確認することができ、「Meta」の公式サイトではメタバース事業の詳細などについても説明が行われています(動画は歯車マークの"キャプション"をオンにすることで日本語字幕も表示可能)。

>>「Meta」の公式サイトはこちら

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

関連のある仮想通貨ニュース

次の標的は

次の標的は"仮想通貨取引禁止"のインド中央銀行|John McAfee

Braveブラウザ:月間アクティブユーザー数「1年間で2倍以上」に増加

Braveブラウザ:月間アクティブユーザー数「1年間で2倍以上」に増加

DeCurret:国内初「ビットコイン・マイニングマシンの小口販売・運用サービス」提供へ

DeCurret:国内初「ビットコイン・マイニングマシンの小口販売・運用サービス」提供へ

Brave Search:検索結果ランキングをカスタムできる新機能「Goggles」ベータ版公開

Brave Search:検索結果ランキングをカスタムできる新機能「Goggles」ベータ版公開

BINANCE「USD建て仮想通貨取引所」の新設を示唆|ついにアメリカ進出か?

BINANCE「USD建て仮想通貨取引所」の新設を示唆|ついにアメリカ進出か?

Huobiが10億ドルのブロックチェーン基金を開始

Huobiが10億ドルのブロックチェーン基金を開始

注目度の高い仮想通貨ニュース

Oasys:ブロックチェーンゲームギルド「YGG Japan」と戦略的パートナーシップ締結

Oasys:ブロックチェーンゲームギルド「YGG Japan」と戦略的パートナーシップ締結

BINANCE:FTX関連で影響を受けたプロジェクトを支援「業界復興基金」設立へ

BINANCE:FTX関連で影響を受けたプロジェクトを支援「業界復興基金」設立へ

Jasmy「サガン鳥栖ファントークンアプリローンチキャンペーン」開催|利用者全員にDDポイント付与

Jasmy「サガン鳥栖ファントークンアプリローンチキャンペーン」開催|利用者全員にDDポイント付与

OpenSea「NFT関連の詐欺・盗難防止システム」を導入|不正URLの検知機能など

OpenSea「NFT関連の詐欺・盗難防止システム」を導入|不正URLの検知機能など

【重要】FTX:公式テレグラムで「ハッキング被害」を報告|サイト・アプリにも要注意

【重要】FTX:公式テレグラムで「ハッキング被害」を報告|サイト・アプリにも要注意

簡単にNFTガチャサービスを構築「NFTガチャシステム」提供へ:株式会社コネクト

簡単にNFTガチャサービスを構築「NFTガチャシステム」提供へ:株式会社コネクト

日本円ステーブルコインJPYWが「Polygon・BSC」に対応

日本円ステーブルコインJPYWが「Polygon・BSC」に対応

OpenSea「クリエイター手数料のオンチェーン執行ツール」を発表|ロイヤリティ還元制度を見直し

OpenSea「クリエイター手数料のオンチェーン執行ツール」を発表|ロイヤリティ還元制度を見直し

BINANCE「FTXの買収は行わない」と発表|支援できる範囲を超えていると説明

BINANCE「FTXの買収は行わない」と発表|支援できる範囲を超えていると説明

イーサリアム・ブロックチェーン上のビッグアイズコイン、プレセールで勢いを増す

イーサリアム・ブロックチェーン上のビッグアイズコイン、プレセールで勢いを増す

ブロックチェーン・暗号資産ニュース週間まとめ|2022年11月13日〜19日

ブロックチェーン・暗号資産ニュース週間まとめ|2022年11月13日〜19日

グリー新設子会社BLRD:Avalanche開発の「Ava Labs」と戦略的パートナーシップ

グリー新設子会社BLRD:Avalanche開発の「Ava Labs」と戦略的パートナーシップ

仮想通貨ニュース | 新着記事一覧

仮想通貨まとめ一覧

仮想通貨関連の情報収集に役立つ「便利ツール・サイト」まとめ

仮想通貨関連の情報収集に役立つ「便利ツール・サイト」まとめ

ジリカ(Zilliqa/ZIL)とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

ジリカ(Zilliqa/ZIL)とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

アプトス(Aptos/APT)とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

アプトス(Aptos/APT)とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

ステップアップ(Step App/FITFI)とは?基本情報・特徴・メリットなどを解説

ステップアップ(Step App/FITFI)とは?基本情報・特徴・メリットなどを解説

アスター(Astar/ASTR)とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

アスター(Astar/ASTR)とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

アルゴランド(Algorand/ALGO)とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

アルゴランド(Algorand/ALGO)とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

人気のタグから探す