POS端末展開のClover「ビットコインのLightning決済」を試験導入|StrikeとFiservが提携

by BITTIMES   

ビットコイン(BTC)の決済アプリなどを展開している「Strike」がPOS端末を展開している「Clover」の親会社「Fiserv」と提携し、CloverのPOS端末でLightning Network(ライトニングネットワーク)を活用したビットコイン決済を試験導入していることが明らかになりました。

こちらから読む:FTXの債権者リスト公開「暗号資産」関連ニュース

CloverのPOS端末で「Lightning決済」が可能に

仮想通貨決済サービスなどを提供している「Strike(ストライク)」の創業者兼CEOであるJack Mallers(ジャック・マラーズ)氏は2023年1月27日に、StrikeがPOS端末を展開している「Clover(クローバー)」の親会社「Fiserv(ファイサーブ)」のパートナーになったことを発表しました。

Strike(ストライク)はビットコインの少額送金・売買・ビットコイン決済などに使用したりすることができる決済アプリであり、少額のBTCを安い手数料で迅速に支払うことができる技術「Lightning Network(ライトニングネットワーク)」を採用している他、エルサルバドルのビットコイン採用を支援していることでも知られています。

今回の提携を通じてCloverは同社のPOS端末で試験的にライトニングネットワークを統合しているとのことで、これによってCloverのPOS端末を導入している店舗ではライトニングネットワークを経由した迅速かつ安い手数料でのビットコイン決済が可能になったと報告されています。

なお、今回の統合は「Strike」に限定されたものではなく「Lightning決済」を統合するものであるため、「Cash App」などといったライトニングネットワーク対応のサービスであれば、それらのサービスでLightning決済を行うことができるとされています。

また、今回のLightning決済導入は試験的なものであるため、今後90日間の試験導入でLightning決済導入の成果を確認し、Lightning決済が加盟店にもたらす利点を調査した上で最終的な統合が検討されることになると説明されています。

現時点でビットコインのLightning決済は正式導入されていないものの、今後の正式採用が決まればVisaやMastercardなどのクレジットカード決済と並んで「ビットコインのLightning決済」が各店舗で受け入れられることになるため、ビットコインがより多くの店舗で気軽に利用できるようになり、ビットコイン決済の利用者増加にもつながると期待されています。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

関連のある仮想通貨ニュース

ビットトレード:ドージコイン(DOGE)とシバイヌ(SHIB)取扱いへ

ビットトレード:ドージコイン(DOGE)とシバイヌ(SHIB)取扱いへ

Morgan Stanley:仮想通貨の専門家をCredit Suisseから獲得|デジタル資産部門のトップに任命

Morgan Stanley:仮想通貨の専門家をCredit Suisseから獲得|デジタル資産部門のトップに任命

BitPay「SHIB対応」を正式発表|Cardano(ADA)のサポートを求める声も

BitPay「SHIB対応」を正式発表|Cardano(ADA)のサポートを求める声も

PLT Place「WOVN.io」用いた英語版ページ公開|多言語対応も視野

PLT Place「WOVN.io」用いた英語版ページ公開|多言語対応も視野

国内暗号資産取引所の「FLRトークン付与・取扱い方針」まとめ【随時更新】

国内暗号資産取引所の「FLRトークン付与・取扱い方針」まとめ【随時更新】

ビットコインは「世界で9番目に価値ある通貨」マネタリーベースは韓国・ロシアと同等に

ビットコインは「世界で9番目に価値ある通貨」マネタリーベースは韓国・ロシアと同等に

注目度の高い仮想通貨ニュース

2024年4月に成長が期待される仮想通貨

2024年4月に成長が期待される仮想通貨

Binance FZE:ドバイで仮想通貨サービスプロバイダー(VASP)のライセンス取得

Binance FZE:ドバイで仮想通貨サービスプロバイダー(VASP)のライセンス取得

ヴィタリック・ブテリン氏が求めるのは「より高品質で楽しいミームコイン」

ヴィタリック・ブテリン氏が求めるのは「より高品質で楽しいミームコイン」

複数の仮想通貨交換を「1回の取引」に集約|ADA Marketsが新機能をテスト

複数の仮想通貨交換を「1回の取引」に集約|ADA Marketsが新機能をテスト

ワールドコイン(WLD)独自のL2ブロックチェーン「World Chain」発表

ワールドコイン(WLD)独自のL2ブロックチェーン「World Chain」発表

2032年に500万ドル「S2Fモデルに基づくビットコイン価格予想」PlanB氏

2032年に500万ドル「S2Fモデルに基づくビットコイン価格予想」PlanB氏

ワールドコイン:虹彩認証装置Orbで「個人情報の自己管理機能」導入へ

ワールドコイン:虹彩認証装置Orbで「個人情報の自己管理機能」導入へ

カルダノ財団「アルゼンチンのエントレ・リオス州政府」と提携

カルダノ財団「アルゼンチンのエントレ・リオス州政府」と提携

カルダノ(ADA)GitHubの開発活動ランキングで「圧倒的1位」を記録

カルダノ(ADA)GitHubの開発活動ランキングで「圧倒的1位」を記録

エルサルバドル「ビットコイン教育資料の最新版」を公開|公立学校などでBTC教育

エルサルバドル「ビットコイン教育資料の最新版」を公開|公立学校などでBTC教育

国内取引所間の送金環境が改善|SBI VCトレード・ビットポイントが「Sygna・TRUST」両方に対応

国内取引所間の送金環境が改善|SBI VCトレード・ビットポイントが「Sygna・TRUST」両方に対応

【重要】OKCoinJapan「三菱UFJ銀行からの日本円入金」で一時的な制限措置

【重要】OKCoinJapan「三菱UFJ銀行からの日本円入金」で一時的な制限措置

仮想通貨ニュース | 新着記事一覧

仮想通貨まとめ一覧

WoofSwapとは?Shibarium基盤トークンを売買できる分散型取引所(DEX)を紹介

WoofSwapとは?Shibarium基盤トークンを売買できる分散型取引所(DEX)を紹介

K9 Finance(KNINE)とは?Shibarium基盤のDeFiプラットフォームを紹介

K9 Finance(KNINE)とは?Shibarium基盤のDeFiプラットフォームを紹介

Bad Idea AI(BAD)とは?特徴・価格チャート・取扱う暗号資産取引所など

Bad Idea AI(BAD)とは?特徴・価格チャート・取扱う暗号資産取引所など

Astar(ASTR)の「dApp Staking」でステーキングする方法|画像付きでわかりやすく解説

Astar(ASTR)の「dApp Staking」でステーキングする方法|画像付きでわかりやすく解説

確定申告はいつからいつまで?知っておきたい「仮想通貨の税金」に関する知識

確定申告はいつからいつまで?知っておきたい「仮想通貨の税金」に関する知識

ASTRも管理できる「Polkadot{.js}」のウォレット作成方法|画像付きでわかりやすく解説

ASTRも管理できる「Polkadot{.js}」のウォレット作成方法|画像付きでわかりやすく解説

人気のタグから探す