暗号資産取引所「OKX」日本居住者向けサービスで利用制限|出金できないとの報告も

by BITTIMES   

OKX、日本居住者は利用不可?

暗号資産取引所OKX(旧:OKEx)が、日本居住者向けのサービス提供を停止したことが明らかになりました。

OKXの公式サイトに記載されている内容によると、今回のサービス停止は日本の法律と規制によるものであるとのことで、OKXのアカウントにログインしてウォレットにアクセスすることはできるが、取引所などのサービスは日本では利用できないということが説明されています。

なお、日本に住んでいない場合には引き続きOKXのサービスを利用することができるとのことで、その場合は"政府発行の有効な身分証明書"を提出するようにと説明されています。

OKXの公式サイトで表示される注意書きOKXの公式サイトで表示される注意書き

OKX Exchangeの製品はお住まいの地域では利用できません。

現地の法律や規制上の理由から、日本ではOKXの取引所サービスを利用することができません。ただし、引き続きサインアップ/ログインして、OKXウォレットにアクセスすることはできます。日本にお住まいでない場合は、政府発行の有効な身分証明書を提示することによって、引き続きOKXの取引所サービスを利用することができます。

日本居住者向けサービス停止について詳しく説明された公式発表などは記事執筆時点で確認できておらず、SNS上では「OKXのウォレットにはアクセスできるが出金ができない」といった声も多数上がっているため、OKXからの公式発表などには注目が集まっています。

追記:詳細は公式サイト・Twitterなどで発表予定

(追記:2023年6月27日)
今回の件についてOKXからの公式発表はまだ行われていないものの、「OKX Help Desk」は仮想通貨コミュニティからの質問に答える形で『日本居住者の暗号資産出金に関する件についてはしばらく時間をいただきたい』と回答しています。

OKX Help Deskはこれに続ける形で「詳細を公式ウェブサイトや公式Twitterで発表する予定であること」を報告しているため、近日中には今後の対応についての公式発表が行われる可能性があると予想されます。

今年5月には大手暗号資産取引所である「Binance.com」も日本居住者向けサービスを終了することを発表しており、別の取引所では「運営停止・市場撤退・上場廃止」などの発表も増えてきているため、仮想通貨コミュニティでは"自己管理型ウォレットでの資産管理"を推奨する意見も増えてきています。

続報:現在判明している情報の整理

(追記:2023年6月27日)
OKXの日本向けサービスについて、現時点で判明している情報は以下の通りです。

  • 日本居住者は仮想通貨取引サービスなどを利用できない状態
  • ログイン・ウォレットへのアクセスは可能
  • 本人確認済みの場合はウォレットからの出金も可能(※出金承認が通らないとの報告あり)
  • 本人確認が完了していない場合は出金ができない
  • SNS上で一時的な出金対応措置の報告あり(※公式発表はなし)
  • OKX Help Deskは公式発表を行う予定であることを報告
  • 追加情報:サポートセンターからの問い合わせが可能

SNS上では「OKXから暗号資産を出金する方法」について複数の報告がなされていますが、今のところOKX側からの公式発表は行われていないため、そのような方法を実際に試す場合には注意が必要です。

「実際にOKXから出金できた」という報告もなされていますが、場合によっては「混乱に乗じてユーザーから資産を騙し取ろうとする詐欺」が出てくる可能性もあるため、行動を起こす前には"その情報が信頼できるものなのか"をしっかりと確認することが重要になると考えられます。

「OKX Help Desk」は一連の問題について、公式発表を行う予定であることをTwitter上で報告しているため、不安な場合は公式発表を待つ方が良いとも考えられます。

ご不便をおかけして申し訳ございません。当社チームがこの懸念点について調査していますので、公式発表までもうしばらくお待ちください。ご理解とご協力に感謝いたします。

サポートセンターから問い合わせ可能に

(追記:2023年7月1日)
OKXで出金ができない場合の対応については、OKXの「サポートセンター」のページ右下に表示されているボタンからカスタマーサポートに直接問い合わせを行うことができると報告されています。

サポートセンターページ右下のボタンから問い合わせが可能サポートセンターページ右下のボタンから問い合わせが可能

なお、このボタンをクリックするチャット形式のカスタマーサポートが立ち上げられる仕組みとなっており、日本語を指定すれば日本語でやり取りを行うことも可能となっています。

>>取引所関連の最新記事はこちら

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

関連のある仮想通貨ニュース

The Sandboxに「キャプテン翼Land」構築へ|日本発の漫画作品IPブランドが初提携

The Sandboxに「キャプテン翼Land」構築へ|日本発の漫画作品IPブランドが初提携

認証されたカルダノ関連アプリが探せる「Plutus dAppStore」近日発表へ

認証されたカルダノ関連アプリが探せる「Plutus dAppStore」近日発表へ

Cardano(ADA)基盤のNFTマーケットプレイス「Fiborite」事前登録受付開始:EMURGO

Cardano(ADA)基盤のNFTマーケットプレイス「Fiborite」事前登録受付開始:EMURGO

【Cardano/ADA】新機能を追加した「Daedalus 3.3.0」公開|残高の日本円表示も可能に

【Cardano/ADA】新機能を追加した「Daedalus 3.3.0」公開|残高の日本円表示も可能に

Kraken:ジェシー・パウエルCEOが退任|新CEOはデイブ・リプリー氏

Kraken:ジェシー・パウエルCEOが退任|新CEOはデイブ・リプリー氏

Huobi Japan「シンボル(Symbol/XYM)」取扱いへ|上場記念キャンペーンも開催

Huobi Japan「シンボル(Symbol/XYM)」取扱いへ|上場記念キャンペーンも開催

注目度の高い仮想通貨ニュース

ビットボットとCrypto.ComのCRO:2024年の成長に注目が集まる銘柄?

ビットボットとCrypto.ComのCRO:2024年の成長に注目が集まる銘柄?

フィンテックの未来が見える「Wiki Finance Expo 香港 2024」香港が再び世界の脚光を浴びる

フィンテックの未来が見える「Wiki Finance Expo 香港 2024」香港が再び世界の脚光を浴びる

シバイヌL2「Shibarium」大規模なUIアップデートを実施|ユーザー体験・スピード向上に向けて

シバイヌL2「Shibarium」大規模なUIアップデートを実施|ユーザー体験・スピード向上に向けて

コインチェック:スマホアプリで「ビットコイン相場予想」提供開始

コインチェック:スマホアプリで「ビットコイン相場予想」提供開始

Binance FZE:ドバイで仮想通貨サービスプロバイダー(VASP)のライセンス取得

Binance FZE:ドバイで仮想通貨サービスプロバイダー(VASP)のライセンス取得

コインチェック「Nine Chronicles M」のNFTコレクション取扱いへ【国内初】

コインチェック「Nine Chronicles M」のNFTコレクション取扱いへ【国内初】

米政府「200億円相当のビットコイン」売却か|シルクロード関連のBTCを移動

米政府「200億円相当のビットコイン」売却か|シルクロード関連のBTCを移動

SHIB提携のD3:BTC半減期記念で「半額クーポンコード」発行|新ドメインも提供予定

SHIB提携のD3:BTC半減期記念で「半額クーポンコード」発行|新ドメインも提供予定

シバイヌ:有名企業が数多く参加するコンテンツデリバリー&セキュリティ協会(CDSA)に参加

シバイヌ:有名企業が数多く参加するコンテンツデリバリー&セキュリティ協会(CDSA)に参加

MARSWAP「Shibarium初のDEXアグリゲーター」公開|マルチ&クロスチェーン対応も予定

MARSWAP「Shibarium初のDEXアグリゲーター」公開|マルチ&クロスチェーン対応も予定

ビットコイン「半減期まで残り1ヶ月」過去データを比較するレポートも公開

ビットコイン「半減期まで残り1ヶ月」過去データを比較するレポートも公開

ソニー銀行「ステーブルコイン発行に向けた実証実験」を正式発表|Polygon・SettleMintと協力

ソニー銀行「ステーブルコイン発行に向けた実証実験」を正式発表|Polygon・SettleMintと協力

仮想通貨ニュース | 新着記事一覧

仮想通貨まとめ一覧

WoofSwapとは?Shibarium基盤トークンを売買できる分散型取引所(DEX)を紹介

WoofSwapとは?Shibarium基盤トークンを売買できる分散型取引所(DEX)を紹介

K9 Finance(KNINE)とは?Shibarium基盤のDeFiプラットフォームを紹介

K9 Finance(KNINE)とは?Shibarium基盤のDeFiプラットフォームを紹介

Bad Idea AI(BAD)とは?特徴・価格チャート・取扱う暗号資産取引所など

Bad Idea AI(BAD)とは?特徴・価格チャート・取扱う暗号資産取引所など

Astar(ASTR)の「dApp Staking」でステーキングする方法|画像付きでわかりやすく解説

Astar(ASTR)の「dApp Staking」でステーキングする方法|画像付きでわかりやすく解説

確定申告はいつからいつまで?知っておきたい「仮想通貨の税金」に関する知識

確定申告はいつからいつまで?知っておきたい「仮想通貨の税金」に関する知識

ASTRも管理できる「Polkadot{.js}」のウォレット作成方法|画像付きでわかりやすく解説

ASTRも管理できる「Polkadot{.js}」のウォレット作成方法|画像付きでわかりやすく解説

人気のタグから探す