2023年8月:注目したい話題の仮想通貨銘柄9選

by BITTIMES   

※この記事は寄稿されたPR記事であり、BITTIMESが執筆したものではありません。実際に登録・投資・商品の購入などを行う際は、当ウェブサイトの情報に全面的に依拠して投資判断を下すことはお控えいただき、登録・投資・購入などに関するご決定はお住まいの国や地域の法律に従って皆様ご自身のご判断で行っていただきますようお願いいたします。

急速なスピードで動き続ける仮想通貨の世界において、投資家は常に最先端をいく必要があります。2023年も半分を過ぎた8月、多くの投資家は今年後期に投資すべき絶好の機会を掘り当てるため市場の分析を続けています。

そこで注目したいのが、単なるデジタルコインとは一線を画す、本格的な実用性を備えた銘柄であり投資初心者から経験者まで幅広いユーザー層におすすめ出来るものです。しかし、市場には数多くの選択肢が転がっておりそこから宝石の原石を掘り当てるのは、決して容易ではありません。

しかしその中にも、AI技術の波に乗って最先端技術を生み出すものや、世界の産業を変革することを目指すものなど、派手さだけでなく強固な基盤を持つデジタル通貨があることがわかります。市場には、スリリングで有望な投資に飛び込むチャンスがたくさんあります。慎重で確かなリサーチ、そして大胆な行動で、投資家は宇宙へ飛び立つための黄金のチケットを手入れるのです。

今注目の仮想通貨銘柄は?

仮想通貨の世界で明るい星を予測する場合、考慮すべきことが数多くあります。有望なプレセールを選び出すことは、大量のピースを持つ複雑なパズルを解くようなもので忍耐と細部への鋭い眼差しが要求されます。

この記事では、2023年に注目したい仮想通貨の銘柄9つをピックアップしました。既に確立しているものから、生まれたばかりの期待のプロジェクトまで幅広くご紹介します。

  • チャンサー(Chancer/CHANCER)
  • 柴ミーム(Shiba Memu/SHIBA MEMU)
  • アルトシグナル(AltSignals/ASI)
  • メタケード(Metacade/MCADE)
  • インターネットコンピュータ(Internet Computer/ICP)
  • エコテラ(Ecoterra/ECOTERRA)
  • チェーンリンク(Chainlink/LINK)
  • イーサリアム(Ethereum/ETH)
  • ソラナ(Solana/SOL)

チャンサー(CHANCER)予測市場で注目の銘柄

チャンサーは、仮想通貨分野に臨む新たな挑戦者です。革新的なピアツーピア(P2P)プラットフォームを通じて、ベッティングの世界に革命を起こそうと立ち上げられました。

今一番アツい仮想通貨のプレセールとして波紋を呼んでいるチャンサーは、ベッティング界に揺さぶりをかけようとしています。目的として、従来の中間業者や"ハウス"を排除することで、ベッティングをより魅力的で合理的な体験に作り替えるとしています。

このようにチャンサーでは、これまで近づき難かった賭け事を気軽に友人、あるいは世界中の人々と楽しむ事ができます。

チャンサーでは、ユーザーが暗号資産を預けて、デジタルトークン「CHANCER」を通じてベッティングを開始することができます。これらのトークンは単なる見せ物ではなく、プラットフォームの生命線であり、チャンサーでのベッティングをシームレスに体験できるようにするものです。より多くの人々が参加するようになれば、トークンは金のような価値を持つようになるかもしれません。

ベッティング市場の規模は600億ドルと言われており、チャンサーはこの膨大な収益源の利用を狙っています。ユニークなP2Pモデルは新鮮で、仮想通貨の精神である分散化・透明性・ピアツーピアに忠実であることによって、スムーズでユーザー中心のベッティング体験を提供します。

現在開催されているプレセールの第2ステージでは、0.011ドルでトークンを購入できます。これまでに約166万ドルという驚くべき金額を調達しています。これを受けて、近い将来CHANCERが取引所に上場した時に起こるであろう大きな飛躍を確信した多くの投資家が、プレセールに詰め掛けています。

チャンサーをより際立たせる特徴は先駆的なP2Pベッティングスタイルであり、この新しい試みは、数十億ドル規模で急成長するベッティング業界を一変させる可能性を持ち得ています。

>>> チャンサーの詳細はこちらから <<<

柴ミーム(SHIBA MEMU)AI技術を活用したミームコイン

ミームコインの海に旗を高く掲げて出航する柴ミーム。ミームコイン全体の規模は、今や時価総額140億ドルという規模に達しています。そんな中、柴ミームは、人工知能(AI)とブロックチェーンを融合させるという独創的な発想で道を切り開きます。この相乗効果が、ミームコインを新たな領域へと飛躍させる契機となるかもしれません。

柴ミームのAIベースのエンジンは、眠らないマーケティングチームを持っているようなものです。加えて分析するだけでなく、常に学習し、適応し、進化を続けると考えてください。マーケティング戦略を考え、コンテンツを作り、フォーラムやソーシャルネットワークで会話に参加する、それら全てを疲れ知らずの超敏腕チームが、人間の手を煩わせることなく存在しているのです。

仮想通貨市場で利益を得ようとする人にとって、柴ミームは金のなる木となるかもしれません。AI 技術を中核機能に統合することで柴ミームは、変革をもたらす洞察と効率性を発見する器用さと鋭さを手に入れました。これは他のプロジェクトと一線を画す事になり、絶好の投資機会として多くの人を惹きつけるでしょう。

>>> 柴ミームの詳細はこちらから <<<

アルトシグナル(ASI)取引シグナル分野で注目の銘柄

アルトシグナルは、取引シグナルの分野でスポットライトを浴び、そのスター製品である「AltAlgo™」は話題を呼んでいます。仮想通貨コミュニティの間で注目されているのは、ASI のプレセールを受けて取引シグナルの進化が次のステップへと進んだことです。

アルトシグナルが業界のリーダーとして名を連ねるようになった理由として、AltAlgo™が展開するパフォーマンスにあります。50,000人以上からなるコミュニティに1,500以上のシグナルを提供し、60%以上の圧倒的な成功率を誇っています。

さらに精通した投資家が大きな期待を寄せている画期的なAI製品「ActualizeAI」を発表して次世代の取引シグナルを計画することにあります。最先端の機械学習に基づいて構築されており、トレーディングシグナルの状況を再定義し、トレーダーに次世代シグナルを提供する予定です。

ASIトークンを保有することは「ActualizeAI」への早期アクセスを意味します。つまりASIトークンの認知度が高まると、需要が急増し、早期に購入した場合大きなリターンがもたらされる可能性があるということです。

>>> アルトシグナルの詳細はこちらから <<<

メタケード(MCADE)GemeFi分野の注目株

ゲームと仮想通貨が交錯する活気ある世界で、新人ながら頭角を現しつつあるのがメタケードです。.世界最大のP2E(遊んで稼ぐ)アーケードの建設という壮大なビジョンを持って登場した、話題の新分野GameFiの次世代リーダーです。

メタケードは、豊富なリワードシステムを誇ります。これは一律のものではなく、あらゆるゲームプレイヤーに対応し、ゲームのスキルやアクティビティを反映して報酬を獲得できるようになっています。ゲームのスキル、強さに関係なくゲームのレビューを書投稿したり、有益なヒントを共有することで、全てのプレイヤーをプラットフォームに惹きつけます。

メタケードに集まる期待は並はずれたものであり、プレセールでは大きな盛り上がりが見られました。そして戦略的パートナーシップを武器に、複数の取引所にデビューした今、その熱はさらに高まっています。投資家は、このトークンが持つポテンシャルの高さからこれからの成長に期待をしています。

プレセールは終了したものの、メタケードは GameFi の波に乗りつつあります。メタケードは、この盛んな分野で大成功を収める準備ができており、内部関係者は、最近の記憶で最もホットな仮想通貨投資の1つであると話しています。

>>> メタケードの詳細はこちらから <<<

インターネットコンピュータ(ICP)Web3インフラでの活躍が期待される銘柄

インターネットコンピューターとは、ブロックチェーン技術の最前線で巨人として存在しています。Dfinity Foundationによって開発され、ウェブアプリケーションをパブリックブロックチェーン上で直接実行を可能にします。

インターネットの構造そのものを改革することを目指しており、そのビジョンは、従来のボトルネックや制約を取り除き、分散型で無限の環境を作り出すという、広範なものです。

コンセンサス駆動型構造を持つインターネットコンピュータでは、開発者が中央集権的なインフラに依存することなく、アプリケーション、ウェブサイト、デジタルサービスを作成することができます。

インターネットコンピュータプロトコル(ICP)は、ネイティブユーティリティトークンとして機能、計算を促進し、ガバナンスを促進します。革新的なアプローチは、インターネット上でのデータの保存、アクセス、管理の方法を大きく変えることを目的としています。

ICPへの投資の動機は様々ですが、特にブロックチェーン技術の長期的な展望に着目しています。集中型サーバーやデータセンターが拡張性やセキュリティの問題に取り組む中、インターネットコンピュータは強力なソリューションとして浮上しています。

エコテラ(ECOTERRA)環境に配慮したプレセール中の銘柄

エコテラは、環境スチュワードシップへのコミットメントに根ざした、先駆的な仮想通貨プロジェクトです。その中核となるのが、持続可能な生活を促進し、報酬を与えるデジタルエコシステムであるエコテラアプリです。アプリを通じて、ユーザーはリサイクルなどのエコ活動に参加することで、ECOTERRAトークンを獲得することができます。

さらにアプリは、カーボンオフセットマーケットプレイスも備えており、ユーザーはECOTERRAトークンを活用してカーボンオフセットに貢献することができます。ブロックチェーン技術を取り入れることで、透明性と安全性を確保しつつ、ユーザーが積極的に気候変動対策に取り組むことができるようになります。

エコテラは、ブロックチェーンの革新と環境の持続可能性の結節点に立っており、この収束は、投資すべきいくつかの説得力のある理由を提示します。気候変動に対する世界的な意識の高まりから、個人、企業ともにサステナビリティへの取り組みが大きく進展しています。エコテラは、このような変化に対応し、ESG(環境・社会・ガバナンス)基準の重要性を高めています。

チェーンリンク(LINK)オラクル分野の注目銘柄

チェーンリンクは、ブロックチェーンエコシステムの重要なコンポーネントとして位置づけられる分散型オラクルネットワークです。ブロックチェーン上のスマートコントラクトと現実世界のデータとの橋渡しの役目を果たします。

スマートコントラクトが有意義に実行されるために不可欠であり、ブロックチェーンはネットワーク外のデータにアクセスできないことから、チェーンリンクのオラクルは、スマートコントラクトで使用する外部データの取得と検証を行うことで、これを促進します。

チェーンリンクのLINKトークンは、ネットワーク内のサービスの対価を支払いで使用されます。この画期的なインフラは、様々な業界におけるスマートコントラクトの適用性と有用性を拡大する上で重要であるとして、大きな注目を集めています。

チェーンリンクへの投資は、様々な観点から考えることができます。技術的には、スマートコントラクトの決定的な限界である、外部データとの相互作用ができないことに対応しています。

スマートコントラクトは、金融、サプライチェーン、保険などの業界に革命をもたらす可能性を秘めており、これは広い意味を持っています。ポテンシャルを実現するには、チェーンリンクのオラクルが不可欠である事から、既に確立されたプロジェクトであるにもかかわらず、今後さらに大きな成長を遂げる可能性があると期待されています。

イーサリアム(ETH)レイヤー1分野で活躍する巨人

イーサリアムは分散型のオープンソースブロックチェーンプラットフォームです。スマートコントラクトや分散型アプリケーション(dApps)の作成と実行を可能にします。

2015年に登場したイーサリアムは、仮想通貨分野で最も重要なブロックチェーンプラットフォームの1つに成長しました。ネイティブトークンであるイーサ(ETH)は、ネットワーク上の取引を促進し、計算を実行したユーザーを補償するために使用されます。

イーサリアムのスマートコントラクトは、仲介者を介さずに契約を自動実行できる仕組みになっています。これによりDeFi(分散型金融)、NFT(非代替トークン)など、幅広い用途で利用されているのが特徴です。

イーサリアムへの投資は、最も確立され広く使われているブロックチェーンプラットフォームであり、そのスマートコントラクト機能は画期的で、ブロックチェーンイノベーションの最前線にあり続けるという点で魅力的と言えます。イーサリアム上で構築された膨大な数のdAppsは、その汎用性と開発者のプラットフォームに対する信頼の証です。

ソラナ(SOL)トランザクションスループットにおいて最もアツい銘柄

ソラナは、高速な取引スピードと低い手数料で知られる高機能のブロックチェーンプラットフォームです。分散型のアプリケーションと仮想通貨のサポートするために設計され、イーサリアムの効率的な代替手段として注目を集めています。

ネイティブトークンであるSOLは、取引手数料やProof of History(PoH)およびProof of Stake(PoS)の合意メカニズムの一部としてのステークに利用されます。

ソラナがレイヤー2ソリューションを必要とせずに毎秒数千のトランザクションを処理できるのは、その革新的な PoH コンセンサスの結果として現れています。そのため、スケーラビリティと手頃な価格を求める開発者やユーザーからの人気が高まっており、イーサリアム投資のヘッジとして一般的になっています。

注目の仮想通貨銘柄を見極める方法

この記事では、通貨の利用可能性・時価総額・長期的な有用性・過小評価された価格の可能性など、いくつかの重要な要素を総合的に評価した上で、今後特に注目のプロジェクトを決定しました。

仮想通貨の利用可能性とは、投資において極めて重要な要素であり、流動性と取引所からのサポートに大きく左右されます。取引所のサポートが充実し、流動性が高いトークンは、投資家にとって身近でより魅力的な存在です。

時価総額、現在の1トークンあたりの価格、そしてトークンの総発行数は仮想通貨プロジェクトの規模や関連性を測る上で、極めて重要です。時価総額が大きい場合、安定しておりリスクが低いことを意味し、時価総額が小さいと成長性が高いと同時に伴うリスクも高いことを意味する場合があります。

トークンの長期的な有用性を評価するには、目的、ユースケース、ビジョンを理解することが必要です。エコシステム内でわかりやすい機能と関連性を持つトークンは、時間の経過とともに重要性を増し、市場の変動に耐えられる可能性が高い傾向にあります。

過小評価価格とは、ファンダメンタルズや実用性に基づいて実際の価値よりも低く価格設定されたトークンを指します。過小評価されたバリュエーションを特定するには、トークンの実用性を分析し、類似の暗号通貨と比較する必要があります。低価格は、価値ある成長を求める投資家にとって魅力的な機会となり得ます。

投資する際に注目したい要素とは?

期待が高まる銘柄に投資する場合、上記で紹介した要素の他にも考慮することが極めて重要です。

予算を設定することは、投資を成功させるための基本です。仮想通貨のボラティリティの高さから、損失してもよい金額を決めてください。固定予算は、衝動的な決断を避け、ポートフォリオの分散を可能にします。

変動が激しい仮想通貨市場では、高い利益あるいは損失をもたらす可能性があるため、リスク許容度を受け入れることが重要になります。リスク許容度が高ければ新しい銘柄に投資し、低ければ既存の銘柄を選ぶと良いでしょう。

取引、スマートコントラクト、その他の機能など、仮想通貨のユースケースを理解することは、その銘柄の長期的な価値と需要を知る上で極めて重要です。

最後の大きな必須事項として、注目の仮想通貨のセキュリティ対策と規制遵守を評価することが挙げられます。サイバー脅威から身を守る強固なセキュリティプロトコルと、明確な規制の枠組みの中で運営されていることから、より信頼性が高く安定した投資先であることがわかります。

結論

仮想通貨界の多くのビッグプレーヤーが、大きなリターンを得るために検討される可能性があることは容易に理解できます。しかし、今回ここで紹介した仮想通貨プロジェクトのどれもが、次に大きく飛躍する可能性もあるのです。


免責事項:この記事は寄稿されたPR記事であり、ニュースやアドバイスではありません。暗号資産ニュースメディアBITTIMESは、このページに掲載されている内容や製品について保証いたしません。当ウェブサイトに掲載されている投資情報・戦略・内容に関しましては、投資勧誘・商品の推奨を目的にしたものではありません。実際に登録・投資・商品の購入などを行う際は、当ウェブサイトの情報に全面的に依拠して投資判断を下すことはお控えいただき、登録・投資・購入などに関するご決定はお住まいの国や地域の法律に従って皆様ご自身のご判断で行っていただきますようお願いいたします。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

関連のある仮想通貨ニュース

コロナパンデミックで仮想通貨へ資金流入した要因

コロナパンデミックで仮想通貨へ資金流入した要因

RSTAKINGのセキュリティ部門責任者Lee Kohn氏が語る、WEB3・ステーキング・暗号通貨

RSTAKINGのセキュリティ部門責任者Lee Kohn氏が語る、WEB3・ステーキング・暗号通貨

貴金属からビットコインETFにシフトする投資家が増加|ミームネーターのプレセールは好調

貴金属からビットコインETFにシフトする投資家が増加|ミームネーターのプレセールは好調

ユニボット保有者の撤退相次ぐ、日本の投資家がビットボットプレセールに注目?

ユニボット保有者の撤退相次ぐ、日本の投資家がビットボットプレセールに注目?

ビットコインがポンジ・スキームであろうとなかろうと、誰もが参加すべきである

ビットコインがポンジ・スキームであろうとなかろうと、誰もが参加すべきである

TransBoden:新たなSolanaミームコイン、100%公正な方法で「$BODENX」のローンチに成功

TransBoden:新たなSolanaミームコイン、100%公正な方法で「$BODENX」のローンチに成功

注目度の高い仮想通貨ニュース

ビットボットプレセールが320万ドルを調達|イーサリアムETF承認への可能性が影響?

ビットボットプレセールが320万ドルを調達|イーサリアムETF承認への可能性が影響?

Pepeの高騰でミームコインの復活が期待、マルチチェーンのDOGEVERSEはプレセール最終段階へ

Pepeの高騰でミームコインの復活が期待、マルチチェーンのDOGEVERSEはプレセール最終段階へ

シバイヌ新L3のユーティリティ&ガバナンストークン「TREAT」の獲得方法|LUCIE氏が説明

シバイヌ新L3のユーティリティ&ガバナンストークン「TREAT」の獲得方法|LUCIE氏が説明

ビットボットがICOを開催中|飛躍の可能性に投資家の注目が集まる

ビットボットがICOを開催中|飛躍の可能性に投資家の注目が集まる

OKCoinJapan:年率88.8%「ディープコイン(DEP)のFlash Deal」開催へ

OKCoinJapan:年率88.8%「ディープコイン(DEP)のFlash Deal」開催へ

Own The Doge:ドージコインでも有名な「かぼすちゃん」画像の権利を取得

Own The Doge:ドージコインでも有名な「かぼすちゃん」画像の権利を取得

ルナクラシックのラリーとディップ:注目が集まるビットボット仮想通貨プレセール

ルナクラシックのラリーとディップ:注目が集まるビットボット仮想通貨プレセール

カルダノ大型イベント「Cardano Summit 2024」チケット販売開始|数量限定の早期割引も

カルダノ大型イベント「Cardano Summit 2024」チケット販売開始|数量限定の早期割引も

FINSCHIA・Klaytnの統合ブロックチェーン「Kaia」6月末にメインネット公開へ

FINSCHIA・Klaytnの統合ブロックチェーン「Kaia」6月末にメインネット公開へ

SBI VCトレード「APT・HBAR・ZPG」取扱いへ|ステーキング銘柄も拡充

SBI VCトレード「APT・HBAR・ZPG」取扱いへ|ステーキング銘柄も拡充

カルダノ財団:ドバイ・ブロックチェーン・センター(DBCC)と提携

カルダノ財団:ドバイ・ブロックチェーン・センター(DBCC)と提携

Trezor「イーサリアム(ETH)のステーキング機能」提供開始|少額からでも利用可能

Trezor「イーサリアム(ETH)のステーキング機能」提供開始|少額からでも利用可能

仮想通貨ニュース | 新着記事一覧

仮想通貨まとめ一覧

仮想通貨ビットコインの買い方をわかりやすく解説|取引所と販売所の違いなども紹介NEW

仮想通貨ビットコインの買い方をわかりやすく解説|取引所と販売所の違いなども紹介

DEX(分散型取引所)とは?特徴・使い方・注意点などをわかりやすく解説

DEX(分散型取引所)とは?特徴・使い方・注意点などをわかりやすく解説

Flare基盤のDeFi・DEX「BlazeSwap」とは?機能・使い方などを解説

Flare基盤のDeFi・DEX「BlazeSwap」とは?機能・使い方などを解説

ビットコイン「第4回目の半減期」完了|価格への影響や仕組みをわかりやすく解説

ビットコイン「第4回目の半減期」完了|価格への影響や仕組みをわかりやすく解説

WoofSwapとは?Shibarium基盤トークンを売買できる分散型取引所(DEX)を紹介

WoofSwapとは?Shibarium基盤トークンを売買できる分散型取引所(DEX)を紹介

K9 Finance(KNINE)とは?Shibarium基盤のDeFiプラットフォームを紹介

K9 Finance(KNINE)とは?Shibarium基盤のDeFiプラットフォームを紹介

人気のタグから探す