ビットコインはここから回復できるのか?著名アナリストの価格予想

by BITTIMES   

【PR】本サイトはアフィリエイトプログラム・プロモーションによる収益を得ています。

現在のBTCは2015年〜2016年の動きに似ている?

仮想通貨アナリストのミカエル・ヴァン・デ・ポッペ氏は2023年9月15日に公開したYouTube動画の中で「現在のビットコイン(BTC)は2016年の半減期前に見られた2015年のパターンを繰り返している可能性がある」との見解を示しました。

ビットコインの次の半減期は2023年4月頃に訪れると推定されていますが、BTC価格は今年7月に32,000ドル(約473万円)付近まで上昇した後に下落しており、記事執筆時点では25,000ドル(約370万円)付近で推移しています。

2020年9月7日〜2023年9月16日 BTC/USDの週足チャート(画像:TradingView)2020年9月7日〜2023年9月16日 BTC/USDの週足チャート(画像:TradingView)

2016年7月の半減期前にはビットコイン価格が400ドル付近で数ヶ月間停滞する動きが見られていましたが、ミカエル・ヴァン・デ・ポッペ氏は「現在のBTCは2015年末〜2016年5月頃に見られたパターンに似ている」ということを指摘しています。

現在のBTCは美しいレンジを構築していることがわかります。これは2015年に見られた値動きと非常によく似ています。2015年のチャートを見てみましょう。この時も長い間横ばいのレンジが形成されていましたが、半減期前の上昇が起きるまでそれを突破することができませんでした。

2013年5月20日〜2016年12月26日 BTC/USDの週足チャート(画像:TradingView)2013年5月20日〜2016年12月26日(画像:TradingView)

なお、2016年の半減期では「2016年7月の半減期前にBTC価格が大幅に上昇して半減期後に急落する」という動きが見られています。

2016年7月の半減期のタイミングでは当時の過去最高値を超える上昇は見られませんでしたが、その後は数ヶ月間をかけて価格が上昇、2017年12月には20,000ドル付近まで価格が高騰しています(2016年半減期時点の価格は650ドル程度)。

2016年2月29日〜2018年2月5日 BTC/USDの週足チャート(画像:TradingView)2016年2月29日〜2018年2月5日 BTC/USDの週足チャート(画像:TradingView)

半減期前に45,000ドルまで回復する可能性

ミカエル・ヴァン・デ・ポッペ氏は今回の動画の中で「ビットコインにとって重要なのは200週EMAのサポートを維持することである」と述べており、現在のBTCがその重要ラインを上回っていることも説明しています。

このように語る同氏は、ビットコインが今後レンジの高値を再テストして上昇する可能性を指摘しており、「ビットコイン価格が半減期前に45,000ドル(約665万円)まで上昇しても驚かない」と語っています。

一方、ビットコインが200週EMAを再テストする可能性は低いと考えられるため、重要なレベルを上回ることができれば、今後も価格上昇の勢いが続く可能性があると考えられています。

なお、具体的なエントリーポイントや重要なレジスタンスラインとしては以下のような価格帯が挙げられています。

【ロングエントリーポイント】
・26,300ドル(約388万円)
・25,900ドル(約382万円)
・25,600ドル(約378万円)

【重要なレジスタンスライン】
・27,800ドル(約411万円)

同氏は2023年6月28日に公開したYouTube動画の中で「ビットコイン価格は2024年の半減期に向けて最大15倍にまで上昇する可能性がある」との予想も語っています。

>>その他の価格予想はこちら

BTCを取扱う暗号資産取引所Coincheckはこちら BTCを取扱う暗号資産取引所Coincheckはこちら

YouTube動画

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

関連のある仮想通貨ニュース

Bitget保護基金、暗号資産の冬の時期に立ち上げ、トレーダーの信頼回復を目指す

Bitget保護基金、暗号資産の冬の時期に立ち上げ、トレーダーの信頼回復を目指す

PLMトークン発行予定の「株式会社Light」総額5億円の資金調達

PLMトークン発行予定の「株式会社Light」総額5億円の資金調達

ロバート・キヨサキ氏:ビットコイン暴落について「買いのチャンス」だと強調

ロバート・キヨサキ氏:ビットコイン暴落について「買いのチャンス」だと強調

HashHubレンディング:ステーブルコイン「USDコイン(USDC)」取扱い開始

HashHubレンディング:ステーブルコイン「USDコイン(USDC)」取扱い開始

「ビットコインは詐欺ではない。しかし心配だ」グリフィン氏

「ビットコインは詐欺ではない。しかし心配だ」グリフィン氏

シバイヌ(SHIB)新たなL2ネットワーク「Shibarium」の概要を発表

シバイヌ(SHIB)新たなL2ネットワーク「Shibarium」の概要を発表

注目度の高い仮想通貨ニュース

SMOGが第1回目のエアドロップを実施、シーズン1では8回に渡ってトークンを配布予定

SMOGが第1回目のエアドロップを実施、シーズン1では8回に渡ってトークンを配布予定

Shibariumのハードフォークについて詳しく説明「The Shib:Edition 23」公開

Shibariumのハードフォークについて詳しく説明「The Shib:Edition 23」公開

TikTok関連企業が「Suiブロックチェーン」を採用|BytePlus・Mysten Labsが提携

TikTok関連企業が「Suiブロックチェーン」を採用|BytePlus・Mysten Labsが提携

SBI VCトレード「APT・HBAR・ZPG」取扱いへ|ステーキング銘柄も拡充

SBI VCトレード「APT・HBAR・ZPG」取扱いへ|ステーキング銘柄も拡充

コンビニ決済で「JPYC」が利用可能に?電算システムと業務提携

コンビニ決済で「JPYC」が利用可能に?電算システムと業務提携

Trezor「イーサリアム(ETH)のステーキング機能」提供開始|少額からでも利用可能

Trezor「イーサリアム(ETH)のステーキング機能」提供開始|少額からでも利用可能

GMEの価格が3684%高騰してミームコインへの期待が高まる、Ethereumの最新プロジェクトWienerAIは180万ドルを調達

GMEの価格が3684%高騰してミームコインへの期待が高まる、Ethereumの最新プロジェクトWienerAIは180万ドルを調達

「トランプ前大統領の再選は仮想通貨にとってプラス」スタンダードチャータード銀行

「トランプ前大統領の再選は仮想通貨にとってプラス」スタンダードチャータード銀行

仮想通貨ニュース週間まとめ「バイナンスジャパンに新取引ペア・Shibarium大型アップグレード」など

仮想通貨ニュース週間まとめ「バイナンスジャパンに新取引ペア・Shibarium大型アップグレード」など

SLOTHが161%高騰して史上最高値を更新、同様にエアドロップ型プレセールを行うSealanaも好調な流れ

SLOTHが161%高騰して史上最高値を更新、同様にエアドロップ型プレセールを行うSealanaも好調な流れ

マイクロストラテジー:ビットコインの分散型IDプラットフォーム「MicroStrategy Orange」を発表

マイクロストラテジー:ビットコインの分散型IDプラットフォーム「MicroStrategy Orange」を発表

スポンジ・ボブをテーマにしたSPONGE、ステーキング報酬の分配方法に関するアンケート調査を開始

スポンジ・ボブをテーマにしたSPONGE、ステーキング報酬の分配方法に関するアンケート調査を開始

仮想通貨ニュース | 新着記事一覧

仮想通貨まとめ一覧

仮想通貨ビットコインの買い方をわかりやすく解説|取引所と販売所の違いなども紹介NEW

仮想通貨ビットコインの買い方をわかりやすく解説|取引所と販売所の違いなども紹介

DEX(分散型取引所)とは?特徴・使い方・注意点などをわかりやすく解説

DEX(分散型取引所)とは?特徴・使い方・注意点などをわかりやすく解説

Flare基盤のDeFi・DEX「BlazeSwap」とは?機能・使い方などを解説

Flare基盤のDeFi・DEX「BlazeSwap」とは?機能・使い方などを解説

ビットコイン「第4回目の半減期」完了|価格への影響や仕組みをわかりやすく解説

ビットコイン「第4回目の半減期」完了|価格への影響や仕組みをわかりやすく解説

WoofSwapとは?Shibarium基盤トークンを売買できる分散型取引所(DEX)を紹介

WoofSwapとは?Shibarium基盤トークンを売買できる分散型取引所(DEX)を紹介

K9 Finance(KNINE)とは?Shibarium基盤のDeFiプラットフォームを紹介

K9 Finance(KNINE)とは?Shibarium基盤のDeFiプラットフォームを紹介

人気のタグから探す