Facebook仮想通貨広告の一部を許可|ブロックチェーン研究チーム本格始動か

by BITTIMES

Facebook(フェイスブック)は仮想通貨広告の出稿を一部許可する方針を発表しました。イニシャル・コイン・オファリング(ICO)の広告は依然として禁止されているものの、仮想通貨や関連するコンテンツなどの広告は許可されることとなりました。

ICOなどの広告は依然禁止

Facebookは、ビットコイン(BTC)など仮想通貨を宣伝する広告の禁止を緩和することを発表しました。このような内容の広告は、安全性や合法性を審査するための申請プロセスに合格したら許可されるとのことです。同社は「安全と確認できた仮想通貨関連の広告掲載を許可するために、過去数ヶ月間に渡って最善の方法を検討してきた」と説明しています。

改訂された『禁止されている製品とサービスポリシー』の項目には、仮想通貨などの関連コンテンツに関しては許可するものの、バイナリーオプションやICOなどのような、リスクの高い金融商品の広告は引き続き禁止されることが記載されています。

「6月26日より、事前承認された広告主から仮想通貨や関連コンテンツに関する広告を許可します。しかし、バイナリオプションやICOの広告は引き続き禁止します」

更新された新しいポリシーでは、出稿者に対して『フェイスブックが適性を評価できるように申請書を提出すること』が求められています。
出稿を希望する人は、
・取得しているライセンス
・公的な証券取引所で取引されているかどうか
・その他ビジネス上関連する公的なバックグラウンド
などの情報を提供する必要があります。

またフェイスブックは、このような制限下で『誰もが広告を掲載できるわけではない』と説明しています。同社はフィードバックを聞き、必要であれば時間をかけてポリシーを改訂するとも説明しており、仮想通貨の基盤となるテクノロジーを引き続き研究し続けるとしています。

ブロックチェーンの研究に取り組むFacebook

mark-coin

Facebook(フェイスブック)のCEO兼会長、共同設立者であるMark Zuckerberg(マーク・ザッカーバーグ)氏は、自身のフェイスブックで投稿した2018年の抱負の中で「中央集権化してしまったテクノロジー産業を修復するために、仮想通貨等の新技術を研究しフェイスブックのサービスにどう活用できるか検討する」と語っていました。

この時投稿された文章の中でザッカーバーグ氏は「僕らがテクノロジーの世界に入ったのは、それが人々の手に大きな権力を与える非集権的な力となることを信じていたからだ」と語っています。

マーク・ザッカーバーグが語ったテクノロジーへの想いとは

Facebookは仮想通貨やブロックチェーンの研究を以前から続けており、独自の仮想通貨を発行するのではないか?とも言われていました。今後はFacebookが取り組んでいる具体的なプロジェクトの詳細についても徐々に明かされていくことになるでしょう。

Google(グーグル)などは依然として広告を禁止している中で、率先して仮想通貨の広告を再開したFecebookの新しいプロジェクトにも注目が集まります。

ビットコイン(BTC)などの購入はbitbank(ビットバンク)で、日本では購入できないその他の通貨の購入はHuobi.pro(フォビ)などがおすすめです。

仮想通貨取引所 bitbank の画像仮想通貨取引所bitbankの登録はこちら

仮想通貨取引所Huobi.proの登録はこちら仮想通貨取引所Huobi.proの登録はこちら

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

関連のある仮想通貨ニュース

中国人民銀行「ビットコインを止めることは不可能だ!」

中国人民銀行「ビットコインを止めることは不可能だ!」

日立:イーサリアム関連のDApps開発基盤「PegaSys Plus」販売へ

日立:イーサリアム関連のDApps開発基盤「PegaSys Plus」販売へ

財務省・金融庁・日銀 :仮想通貨「Libra(リブラ)」に関する連絡会を設置

財務省・金融庁・日銀 :仮想通貨「Libra(リブラ)」に関する連絡会を設置

ブロックチェーン活用した「中古車情報マーケットプレイス」設立:シンガポール

ブロックチェーン活用した「中古車情報マーケットプレイス」設立:シンガポール

Nexus:ビットコイン派生プロジェクトに応用できる「スマートコントラクト機能」を開発

Nexus:ビットコイン派生プロジェクトに応用できる「スマートコントラクト機能」を開発

米通貨監督庁:国立銀行の「暗号資産カストディ提供」を許可

米通貨監督庁:国立銀行の「暗号資産カストディ提供」を許可

注目度の高い仮想通貨ニュース

Twitter:暗号資産のウォレットアドレス「再び投稿可能」に

Twitter:暗号資産のウォレットアドレス「再び投稿可能」に

Mastercard:暗号資産対応カードの「パートナープログラム」を強化

Mastercard:暗号資産対応カードの「パートナープログラム」を強化

暗号資産取引所BITMAX「指定価格通知・ショートカット機能」を追加

暗号資産取引所BITMAX「指定価格通知・ショートカット機能」を追加

G20:デジタル通貨「容認」へ|資金洗浄対策などの規制論議を本格化

G20:デジタル通貨「容認」へ|資金洗浄対策などの規制論議を本格化

日本暗号資産ビジネス協会「ステーブルコイン部会」発足|合計39社が参加

日本暗号資産ビジネス協会「ステーブルコイン部会」発足|合計39社が参加

コインチェック:Androidアプリに「価格通知機能」を追加

コインチェック:Androidアプリに「価格通知機能」を追加

ビットコイン「3.3億円相当」がハッキング被害に:英暗号資産取引所Cashaa

ビットコイン「3.3億円相当」がハッキング被害に:英暗号資産取引所Cashaa

【ロシア】プーチン大統領「暗号資産関連法案」に署名|仮想通貨の決済利用は禁止に

【ロシア】プーチン大統領「暗号資産関連法案」に署名|仮想通貨の決済利用は禁止に

BINANCE:バンドプロトコル(Band Protocol/BAND)の「永久先物取引」提供へ

BINANCE:バンドプロトコル(Band Protocol/BAND)の「永久先物取引」提供へ

Liquid Global:Zcashなど「暗号資産28銘柄」上場廃止の可能性

Liquid Global:Zcashなど「暗号資産28銘柄」上場廃止の可能性

BINANCE:アーヴェ(Aave/LEND)の「永久先物取引」提供へ

BINANCE:アーヴェ(Aave/LEND)の「永久先物取引」提供へ

BINANCE:スワイプ(Swipe/SXP)の「永久先物取引」提供へ

BINANCE:スワイプ(Swipe/SXP)の「永久先物取引」提供へ

仮想通貨ニュース | 新着記事一覧

仮想通貨まとめ一覧

ビットフライヤー編:2段階認証(2FA)の「解除・設定」方法|スマホ機種変更前には必ず確認を

ビットフライヤー編:2段階認証(2FA)の「解除・設定」方法|スマホ機種変更前には必ず確認を

ビットバンク編:2段階認証(2FA)の「解除・設定」方法|スマホ機種変更前には必ず確認を

ビットバンク編:2段階認証(2FA)の「解除・設定」方法|スマホ機種変更前には必ず確認を

ファイルコイン(Filecoin/FIL)とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

ファイルコイン(Filecoin/FIL)とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

ビットコインボルト(Bitcoin Vault/BTCV)とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

ビットコインボルト(Bitcoin Vault/BTCV)とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

Cardano(ADA)決済「対応店舗」一覧【仮想通貨が使えるお店】

Cardano(ADA)決済「対応店舗」一覧【仮想通貨が使えるお店】

【2020年】ビットコイン、仮想通貨関連の「注目イベント」一覧

【2020年】ビットコイン、仮想通貨関連の「注目イベント」一覧

人気のタグから探す