Slash:Bybit Web3で「SVLトークンのIDO」開始|現物取引も提供予定

by BITTIMES

Bybit Web3で「SVLトークンのIDO」開始

暗号資産決済サービスを展開している「Slash Fintech」は2024年4月22日に、暗号資産取引所Bybit(バイビット)が運営する「Bybit Web3」で、Slash Vision Labs token(SVLトークン)のIDOを開始したことを発表しました。

SVLトークンは、モジュラーブロックチェーンである「Mantle Network」を用いて発行される「Slash Vision Labs」のガバナンストークンであり、合計最大供給量は「10,000,000,000 SVL」に設定されています。

IDO(Initial DEX Offering)とは、分散型取引所(DEX)を介して仮想通貨を販売する資金調達方法のことであり、ICOIEOに続く新しい資金調達方法として普及してきています。

SVLトークンのIDOは日本時間2024年4月22日19:00から開始されていて、2024年4月29日19:00には「SVLトークンの現物取引」も可能になると報告されています。

SVLトークンのIDO参加方法

IDOへの参加を希望する場合には、Bybitウォレットで少なくとも300 USDC(Mantle Network)を保有する必要があり、登録期間が終了する前に「Web3 IDO」への参加登録を行わなければならないと説明されています。

このIDOは、USDC保有量を記録するためのスナップショットを実施して、対象者にチケットを配布する仕組みになっていて、最終的にはIDO抽選会を実施してトークン割当の当選者が発表される流れになっています。

SVLトークンのIDOの流れは以下の通りです。

IDO参加登録期間

IDO参加登録期間は2024年4月22日19:00~4月26日19:00(日本時間)

参加者は BybitウォレットのMantle Network上で少なくとも300 USDCを保有し、登録期間が終了する前にWeb3 IDOへの参加登録を行う必要がある。

スナップショット期間

スナップショット期間は2024年4月26日19:00~4月29日19:00(日本時間)

スナップショット期間中は、1日に最大3回のスナップショットが作成される。残高を300 USDC以上に維持できない場合は、IDO参加の権利を失うこととなる。

IDO抽選会

IDO抽選会は2024年4月29日19:00(日本時間)に実施

Bybit Web3 IDOは、スマートコントラクトを使用してチケットをランダムに選択し、すべてのチケットがトークンの割り当てを公平に獲得できるようにする。

抽選結果発表&購入期間

抽選結果発表&購入期間は2024年4月29日19:00~4月30日19:00(日本時間)

トークン割当抽選の当選者は、償還期間内に割当額を確認し、トークンを償還することができる。

SVL/USDT現物上場日時

SVL/USDT現物上場日時は2024年4月29日19:00(日本時間)

この時から「SVL/USDT」の取引ペアでSVLトークンの現物取引を行うことが可能となる。

>>「SVLトークンのIDOページ」はこちら
>>仮想通貨決済関連の最新記事はこちら

Slash Fintech発表

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

関連のある仮想通貨ニュース

ビットバンク「暗号資産を貸して増やす」サービスの対応銘柄を拡大

ビットバンク「暗号資産を貸して増やす」サービスの対応銘柄を拡大

LINE:エンタメNFT「AVA」提供開始|TREASURE・ATEEZの会員NFTも販売

LINE:エンタメNFT「AVA」提供開始|TREASURE・ATEEZの会員NFTも販売

SUIを預けて増やす「20日間・年率88.88%」のFlash Deal開催:OKCoinJapan

SUIを預けて増やす「20日間・年率88.88%」のFlash Deal開催:OKCoinJapan

楽天ポイント運用サービス「ポイントビットコインby楽天PointClub」提供開始

楽天ポイント運用サービス「ポイントビットコインby楽天PointClub」提供開始

ビットコイン価格「300万円」まで下落|著名投資家が予想する今後の動きは?

ビットコイン価格「300万円」まで下落|著名投資家が予想する今後の動きは?

ジャスミー株式会社:アジア太平洋地域でのビジネス展開に向け「NEXSTGO」と提携

ジャスミー株式会社:アジア太平洋地域でのビジネス展開に向け「NEXSTGO」と提携

注目度の高い仮想通貨ニュース

裁判所が「米SECの職権濫用」を指摘|仮想通貨関連訴訟で180万ドルの支払い命令

裁判所が「米SECの職権濫用」を指摘|仮想通貨関連訴訟で180万ドルの支払い命令

AI取引の可能性を見出した投資家がビットボット仮想通貨プレセールに注目

AI取引の可能性を見出した投資家がビットボット仮想通貨プレセールに注目

「仮想通貨支持派ならドナルド・トランプに投票すべき」選挙演説で様々な支持発言

「仮想通貨支持派ならドナルド・トランプに投票すべき」選挙演説で様々な支持発言

PEPEの上昇が緩やかになる一方でBOMEは価格抵抗に挑む:Rebel Satoshiは新世代のミームコインか?

PEPEの上昇が緩やかになる一方でBOMEは価格抵抗に挑む:Rebel Satoshiは新世代のミームコインか?

バイナンスジャパン:日本円入金における「振込依頼人名の記載ミス」で注意喚起

バイナンスジャパン:日本円入金における「振込依頼人名の記載ミス」で注意喚起

コインチェック:ブリリアンクリプトトークン(BRIL)のIEO詳細を発表

コインチェック:ブリリアンクリプトトークン(BRIL)のIEO詳細を発表

ビットコイン・イーサリアムの現物ETP「イギリス」で上場承認を獲得

ビットコイン・イーサリアムの現物ETP「イギリス」で上場承認を獲得

ソラナ(SOL)のFiredancer「2025年」に完全版リリースへ

ソラナ(SOL)のFiredancer「2025年」に完全版リリースへ

NTTドコモ:Web3サービスをグローバル展開「新会社設立」を正式発表

NTTドコモ:Web3サービスをグローバル展開「新会社設立」を正式発表

MoonPay:PayPalで仮想通貨購入可能に「ADA・SHIB・DOGEなど110銘柄以上」に対応

MoonPay:PayPalで仮想通貨購入可能に「ADA・SHIB・DOGEなど110銘柄以上」に対応

GMOコイン:暗号資産FXで「ADA・DOGE・SOLなど新規6銘柄」サポートへ|キャンペーンも開催

GMOコイン:暗号資産FXで「ADA・DOGE・SOLなど新規6銘柄」サポートへ|キャンペーンも開催

ナスダック上場企業「Tiger Brokers」香港で仮想通貨取引サービス開始|18銘柄を取扱い

ナスダック上場企業「Tiger Brokers」香港で仮想通貨取引サービス開始|18銘柄を取扱い

仮想通貨ニュース | 新着記事一覧

仮想通貨まとめ一覧

仮想通貨ビットコインの買い方をわかりやすく解説|取引所と販売所の違いなども紹介

仮想通貨ビットコインの買い方をわかりやすく解説|取引所と販売所の違いなども紹介

DEX(分散型取引所)とは?特徴・使い方・注意点などをわかりやすく解説

DEX(分散型取引所)とは?特徴・使い方・注意点などをわかりやすく解説

Flare基盤のDeFi・DEX「BlazeSwap」とは?機能・使い方などを解説

Flare基盤のDeFi・DEX「BlazeSwap」とは?機能・使い方などを解説

ビットコイン「第4回目の半減期」完了|価格への影響や仕組みをわかりやすく解説

ビットコイン「第4回目の半減期」完了|価格への影響や仕組みをわかりやすく解説

WoofSwapとは?Shibarium基盤トークンを売買できる分散型取引所(DEX)を紹介

WoofSwapとは?Shibarium基盤トークンを売買できる分散型取引所(DEX)を紹介

K9 Finance(KNINE)とは?Shibarium基盤のDeFiプラットフォームを紹介

K9 Finance(KNINE)とは?Shibarium基盤のDeFiプラットフォームを紹介

人気のタグから探す