仮想通貨決済のSlash「SVLトークンのエアドロップ」実施へ|対象者なども発表

by BITTIMES

Slash Vision Labs Token(SVL)を無料配布

暗号資産決済サービス「Slash Payments」を展開している「Slash Fintech」は2024年3月25日に、Slashの独自トークンであるSlash Vision Labs Token(SVL)を複数の対象者にエアドロップ(無料配布)することを発表しました。

Slash Vision Labs Token(SVL)は、モジュラーブロックチェーンである「Mantle Network」を用いて発行されるERC20規格に基づいたトークンとなっており、近日中には大手暗号資産取引所にも上場する予定だと報告されています。

$SVLトークンは「Slash Paymentの早期ユーザー」や「Alice NFT保有者」などに無料配布される予定で、エアドロップ対象者・エアドロップ参加方法・$SVLのユーティリティなどについては以下のように報告されています。

$SVLトークンのエアドロップについて

$SVLトークンのエアドロップは、Slashエコシステムの早期ユーザーを対象として実施する。

このエアドロップはSlashエコシステムの分散化と発展を目的としたもので、Alice NFT保有者・Slash Paymentユーザー・コミュニティーに対する感謝の意を込めたものでもある。

今回のエアドロップでは、以下3つのホルダーを早期ユーザーとみなしてエアドロップの対象者とする。

  • Alice NFT ホルダー
  • Slash 発行のGalxe OAT & ポイント ホルダー
  • Slash x Bybit Genesis NFT ホルダー

エアドロップの配布日や獲得手順の詳細などは「X」や「Discord」で発表される。

ユーザーへの割り当て&スナップショット

各ユーザーにエアドロップされる$SVLトークンの総額は、将来的にSlashの独自プラットフォームで確認できるようになる予定。

また、ユーザーの暗号資産保有状況を記録するための「スナップショット」は近日中に実地される。

「Slash OAT、Slash Genesis NFT、Alice NFT」を獲得すれば、エアドロップで得られる$SVLトークンの割り当てを増やすことが可能。

スナップショットのタイミングについては今後の発表で報告予定。

シビル攻撃に対する対策

$SVLトークンのエアドロップでは、個人や団体が複数のアカウントを作成して不正行為を行おうとする「シビル攻撃」に対処するための対策が講じられる。

具体的には、参加アカウントやウォレットに対して厳正な判断基準を設けて、審査と調査を行うことによって公平性の高い方法でエアドロップを実施する。

SlashPaymentの正当ではない利用・コントラクトへの悪意のあるアクセス・その他不正と見なされる行為などを行ったアカウントやウォレットに対しては厳格な対応を行い、Slashエコシステムの健全な発展を守る。

エアドロップ対象者以外への対応予定

現時点でエアドロップを受ける資格を有していない場合でも、将来的にはエアドロップ資格を得られる可能性がある。

「コミュニティ参加者や早期ユーザーを含むSlashの貢献者」や「今後開催予定のデイリータスクキャンペーン参加者」もエアドロップ資格を得られる可能性がある。

$SVLトークンについて

Slash Vision Labs Token(SVL)は、ERC20規格に基づいてMantle Network上で発⾏される。

$SVLトークンは近日中に大手暗号資産取引所にも上場する予定である他、今回発表されたエアドロップを通じて「Slash Paymentの早期ユーザー」や「Alice NFT保有者」にも配布される。

Slashプロジェクトの中心には$SVLトークンが存在しており、$SVLトークン保有者は$SVLを一定期間ステーキングすることによって「SVL TimeLock NFT(SBT)」を保有することが可能。

SVL TimeLock NFT(SBT)保有者は、エコシステムのガバナンスに参加して報酬を得ることができる。

具体的には、Slash Paymentや今後展開予定のサービスで発生した利益でMantle NetworkのネイティブトークンであるMNTを市場から買い上げて、Slash Staking NFT保有者に還元するエコシステムを有している。

これにより、ユーザー還元型の分散型決済サービスを実現する。

(画像:Slash Web3 PaymentsのX投稿から)(画像:Slash Web3 PaymentsのX投稿から)

なお、公式発表では「$SVLトークンはまだローンチされていないため、詐欺的なリンクやメッセージには注意するように」との注意喚起もなされています。

エアドロップの詳細などについては、Slashの公式XやDiscordで発表される予定となっているため、今後の新たな発表にも注目です。

>>エアドロップ関連の最新記事はこちら

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

関連のある仮想通貨ニュース

【TRON 4.0 vs Ethereum 2.0】トロンCEO、Twitter上でアンケート調査を実施

【TRON 4.0 vs Ethereum 2.0】トロンCEO、Twitter上でアンケート調査を実施

ブロックチェーン基盤のホームシェアリングサービス「Dtravel」公開|TRVL配布も予定

ブロックチェーン基盤のホームシェアリングサービス「Dtravel」公開|TRVL配布も予定

LINE BITMAX:全ての暗号資産「1円」から取引可能に|BTC・ETHなど6銘柄

LINE BITMAX:全ての暗号資産「1円」から取引可能に|BTC・ETHなど6銘柄

コインブック:カルダノ(ADA)の現物取引サービス開始|NIDTがもらえるキャンペーンも

コインブック:カルダノ(ADA)の現物取引サービス開始|NIDTがもらえるキャンペーンも

Liquid(リキッド)クイック入金サービス「2021年7月30日」に提供終了へ

Liquid(リキッド)クイック入金サービス「2021年7月30日」に提供終了へ

グレースケールの現物ビットコインETF転換に関する訴訟、米SECは上訴せず

グレースケールの現物ビットコインETF転換に関する訴訟、米SECは上訴せず

注目度の高い仮想通貨ニュース

ジャスミー(JMY)「2024年のロードマップ」公開

ジャスミー(JMY)「2024年のロードマップ」公開

Symbol活用のNFTDriveEX「アトミックスワップv1」リリース|SHIBもサポート

Symbol活用のNFTDriveEX「アトミックスワップv1」リリース|SHIBもサポート

仮想通貨ニュース週間まとめ「Cardano・Symbol・Shiba Inu」などの注目記事

仮想通貨ニュース週間まとめ「Cardano・Symbol・Shiba Inu」などの注目記事

アバランチ財団が保有する「5種類のミームコイン」が判明|コミュニティコインを支援

アバランチ財団が保有する「5種類のミームコイン」が判明|コミュニティコインを支援

Flare Network:分散型のCEXスタイル取引アプリ「Raindex」リリース

Flare Network:分散型のCEXスタイル取引アプリ「Raindex」リリース

シバイヌ(SHIB)「TOKEN2049 DUBAI」のゴールドスポンサーに|多数の著名人が参加

シバイヌ(SHIB)「TOKEN2049 DUBAI」のゴールドスポンサーに|多数の著名人が参加

Shib:The Metaverseのコンテンツ制作映像公開「シバイヌ関連の注目ニュース」も続々

Shib:The Metaverseのコンテンツ制作映像公開「シバイヌ関連の注目ニュース」も続々

世界初のブロックチェーンを旅するドージ「Dogeverse」がプレセール開始!数分で25万ドル調達

世界初のブロックチェーンを旅するドージ「Dogeverse」がプレセール開始!数分で25万ドル調達

Web3ベースレイヤー『Mystiko.Network』がシード資金調達ラウンド終了|1,800万ドルを調達

Web3ベースレイヤー『Mystiko.Network』がシード資金調達ラウンド終了|1,800万ドルを調達

Solana系で注目のミームコインSLOTH、エアドロップ型プレセールで1000万ドルを突破

Solana系で注目のミームコインSLOTH、エアドロップ型プレセールで1000万ドルを突破

STEPNとadidasが初提携、限定NFTスニーカーを発売

STEPNとadidasが初提携、限定NFTスニーカーを発売

話題のSOLが一時10%以上の下落、Ethereumを基盤としたGreen Bitcoinに投資家が集まる

話題のSOLが一時10%以上の下落、Ethereumを基盤としたGreen Bitcoinに投資家が集まる

仮想通貨ニュース | 新着記事一覧

仮想通貨まとめ一覧

WoofSwapとは?Shibarium基盤トークンを売買できる分散型取引所(DEX)を紹介

WoofSwapとは?Shibarium基盤トークンを売買できる分散型取引所(DEX)を紹介

K9 Finance(KNINE)とは?Shibarium基盤のDeFiプラットフォームを紹介

K9 Finance(KNINE)とは?Shibarium基盤のDeFiプラットフォームを紹介

Bad Idea AI(BAD)とは?特徴・価格チャート・取扱う暗号資産取引所など

Bad Idea AI(BAD)とは?特徴・価格チャート・取扱う暗号資産取引所など

Astar(ASTR)の「dApp Staking」でステーキングする方法|画像付きでわかりやすく解説

Astar(ASTR)の「dApp Staking」でステーキングする方法|画像付きでわかりやすく解説

確定申告はいつからいつまで?知っておきたい「仮想通貨の税金」に関する知識

確定申告はいつからいつまで?知っておきたい「仮想通貨の税金」に関する知識

ASTRも管理できる「Polkadot{.js}」のウォレット作成方法|画像付きでわかりやすく解説

ASTRも管理できる「Polkadot{.js}」のウォレット作成方法|画像付きでわかりやすく解説

人気のタグから探す