Shibariumのハードフォークについて詳しく説明「The Shib:Edition 23」公開

by BITTIMES   

2段階に分けて「Shibariumのアップグレード」を実施

シバイヌ(Shiba Inu/SHIB)チームは2024年5月2日に公開された「The Shib:Edition 23」の中で、5月2日〜4日にかけて実施される「Shibariumのハードフォーク」について詳しく説明を行いました。

今回のハードフォークは新しいトークンが誕生するようなものではなく、Shibariumの取引速度・コスト・効率・拡張性などを向上させる大型アップグレードのようなものとなっています。

このアップグレードは「Bor」と「Heimdall」と呼ばれる2段階のハードフォークを通じて行われるとのことで、Shibariumハードフォークの概要については以下のように説明されています(※以下は原文をベースに要点を独自にまとめたものです)。

Shibariumのハードフォークとは?

Shibariumのハードフォークは、Shibariumのパフォーマンスを強化して、トランザクション(取引)処理を最適化し、将来的な成長と技術採用に備えるための重要なアップグレード

ハードフォークとは、基盤技術を根本的に変更して既存のブロックチェーンプロトコルを大幅かつ永続的にアップグレードする行為のことであり、機能改善・新機能導入・修正などが行われる他、新しいブロックチェーンや仮想通貨が誕生する場合もある。

Shibariumで実施される今回のアップグレードは新しいトークンが誕生するものではなく、具体的には「Bor」と「Heimdall」と呼ばれる2つのアップグレードが実施される予定となっている。

これらのアップグレードは「ネットワーク効率の向上・コンセンサスメカニズムの最適化・拡張性を高める新機能導入」などを目的としている。

今回のアップグレードによって、取引処理時間を大幅に短縮し、トランザクションコストを削減し、取引量の増加にも対応できるようネットワークの能力を高めることができると期待されている。

ハードフォークのスケジュール

Shibariumで実施される今回のハードフォークは「Bor」と「Heimdall」の2段階に分類される。各種ハードフォークのスケジュールと内容は以下の通り。

Borハードフォーク(完了)

Borハードフォークは日本時間2024年5月2日16:30頃に実施。

このハードフォークは、ブロックチェーンの全ノードが同じデータを持つために行われる「状態同期」と呼ばれるプロセスで生じるバグに対処するための変更。

具体的には、状態同期の確認に必要な計算量を増やしたり、状態同期の確認プロセスに128秒の遅延を導入することによって、ネットワーク全体でのデータの整合性を向上させることを目指している。

これによって、ネットワーク内のノードがより信頼性の高いデータを持ち、同じブロックチェーン上で正確な情報を共有できるようになり、ブロックチェーンのセキュリティと安定性を向上させることができる。

Shibariumはブロック高4504576でハードフォークに成功しました!

準備はいいですか?
- 超高速トランザクション⚡
- 予測可能なガス料金⛽️

Heimdallハードフォーク

Heimdallハードフォークは日本時間2024年5月4日2:30頃に実施。

このハードフォークによって、Shibariumのネットワーク上におけるトランザクション確認がより信頼性の高いものとなり、ネットワーク全体の安定性が向上する。

ハードフォークのメリット

  • 取引コストの削減
    ネットワーク利用者が多い時間帯の取引手数料変動が平滑化されることによって、取引コストがより予測可能になり、すべての人にとって公平なものになる。これによって、Shibarium基盤のプラットフォームに手頃な価格でアクセスできるようになり、誰でも気軽に利用できる包括的なプラットフォームが実現する。
  • ユーザー体験と利便性の向上
    ユーザー体験とブロックチェーンの利便性を向上させる。運用を合理化して、パフォーマンスを最適化し、参入障壁を減らすことによって、Shibariumのネットワークがよりユーザーフレンドリーなものになり、既存ユーザーと新規ユーザーの両方にとって魅力的なものになる。
  • ネットワークの問題と状態同期の課題に対処
    状態同期のバグや同期エラーなどといったネットワークの問題に対処する。これらの課題に対処することによって、ネットワークの回復力と信頼性が強化され、すべてのユーザーがよりスムーズにネットワークを利用できるようになる。
  • 上海アップグレードの機能有効化
    イーサリアムで実施された上海アップデートをShibariumに組み込むことで、イーサリアムのエコシステムから派生した新機能と特徴が導入される。これによってShibariumが業界標準に準拠し、イーサリアム基盤アプリやプロトコルとの相互運用性・互換性が強化される。

なお、今回公開された「The Shib:Edition 23」では、先日発表された「ShibaSwapのShibarium統合」などについても詳しく説明がなされています。

>>SHIB関連の最新記事はこちら

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

関連のある仮想通貨ニュース

HuobiがDAO(自律分散型組織)に向け本格始動

HuobiがDAO(自律分散型組織)に向け本格始動

Zaif・フィスコ仮想通貨取引所「サービス統合」を完了

Zaif・フィスコ仮想通貨取引所「サービス統合」を完了

ゲンスラー氏は役立たずの無能「米SECから仮想通貨業界を守る法案」が可決

ゲンスラー氏は役立たずの無能「米SECから仮想通貨業界を守る法案」が可決

仮想通貨報酬も取り入れたeスポーツ関連サービス「eSportStars」リリース:TimeTicket

仮想通貨報酬も取り入れたeスポーツ関連サービス「eSportStars」リリース:TimeTicket

身体活動データで「仮想通貨マイニング」Microsoftが特許申請

身体活動データで「仮想通貨マイニング」Microsoftが特許申請

国際的な業界団体「世界ステーブルコイン協会(WSA)」発足|多数の関連企業が参加予定

国際的な業界団体「世界ステーブルコイン協会(WSA)」発足|多数の関連企業が参加予定

注目度の高い仮想通貨ニュース

シバイヌ新L3のユーティリティ&ガバナンストークン「TREAT」の獲得方法|LUCIE氏が説明

シバイヌ新L3のユーティリティ&ガバナンストークン「TREAT」の獲得方法|LUCIE氏が説明

Trezor「イーサリアム(ETH)のステーキング機能」提供開始|少額からでも利用可能

Trezor「イーサリアム(ETH)のステーキング機能」提供開始|少額からでも利用可能

Slash:Bybit Web3で「SVLトークンのIDO」開始|現物取引も提供予定

Slash:Bybit Web3で「SVLトークンのIDO」開始|現物取引も提供予定

NTTドコモ:Web3サービスをグローバル展開「新会社設立」を正式発表

NTTドコモ:Web3サービスをグローバル展開「新会社設立」を正式発表

仮想通貨決済のCoinGate「対応ブロックチェーン」拡充か|Xでアンケート調査を実施

仮想通貨決済のCoinGate「対応ブロックチェーン」拡充か|Xでアンケート調査を実施

ジャック・ドーシー率いるBlock社「ビットコイン毎月購入計画」を発表

ジャック・ドーシー率いるBlock社「ビットコイン毎月購入計画」を発表

PayPal:日本ユーザーに「買い手・売り手保護制度からのNFT除外」を告知

PayPal:日本ユーザーに「買い手・売り手保護制度からのNFT除外」を告知

ビットポイント:ワンチャンつかめ「柴犬コイン(SHIB)購入キャンペーン」開始

ビットポイント:ワンチャンつかめ「柴犬コイン(SHIB)購入キャンペーン」開始

シバイヌ(SHIB)プライバシー重視のL3開発に向け「1,200万ドル」の資金調達

シバイヌ(SHIB)プライバシー重視のL3開発に向け「1,200万ドル」の資金調達

無登録の仮想通貨サービス利用に「FBI」が警告|捜査の影響を受ける可能性も

無登録の仮想通貨サービス利用に「FBI」が警告|捜査の影響を受ける可能性も

新AIミームコインWienerAIが取引ボットAIコンパニオン機能を追加、プレセールは120万ドルへ

新AIミームコインWienerAIが取引ボットAIコンパニオン機能を追加、プレセールは120万ドルへ

シバイヌに対する愛を証明|仮想通貨決済のCoinGate、複数チェーンで「SHIB」をサポート

シバイヌに対する愛を証明|仮想通貨決済のCoinGate、複数チェーンで「SHIB」をサポート

仮想通貨ニュース | 新着記事一覧

仮想通貨まとめ一覧

仮想通貨ビットコインの買い方をわかりやすく解説|取引所と販売所の違いなども紹介

仮想通貨ビットコインの買い方をわかりやすく解説|取引所と販売所の違いなども紹介

DEX(分散型取引所)とは?特徴・使い方・注意点などをわかりやすく解説

DEX(分散型取引所)とは?特徴・使い方・注意点などをわかりやすく解説

Flare基盤のDeFi・DEX「BlazeSwap」とは?機能・使い方などを解説

Flare基盤のDeFi・DEX「BlazeSwap」とは?機能・使い方などを解説

ビットコイン「第4回目の半減期」完了|価格への影響や仕組みをわかりやすく解説

ビットコイン「第4回目の半減期」完了|価格への影響や仕組みをわかりやすく解説

WoofSwapとは?Shibarium基盤トークンを売買できる分散型取引所(DEX)を紹介

WoofSwapとは?Shibarium基盤トークンを売買できる分散型取引所(DEX)を紹介

K9 Finance(KNINE)とは?Shibarium基盤のDeFiプラットフォームを紹介

K9 Finance(KNINE)とは?Shibarium基盤のDeFiプラットフォームを紹介

人気のタグから探す