シバイヌL2「Shibarium」大規模なUIアップデートを実施|ユーザー体験・スピード向上に向けて

by BITTIMES   

スピード・体験重視でUI大幅アップデート

シバイヌ(Shiba Inu/SHIB)のプロジェクトで新たにローンチされたレイヤー2ブロックチェーンである「Shibarium」は2024年4月18日に、Shibariumのユーザーインターフェイス(UI)を大幅アップデートしたことを発表しました。

今回のアップデートは、Shibarium関連サービスをより速くスムーズに利用できるようにするためのものであり、ユーザー体験とスピードを優先するためにプラットフォームを根本から作り直した他、互換性のあるウォレットの拡張を行ったとも報告されています。

ShibariumのUIアップデートで、これまでよりも速くスムーズにアクセスできるようになりました🎊

互換性のあるウォレットを「MetaMask、Coinbase Wallet、Rainbow、Trust Wallet、Wallet Connect」に拡張したので、あなたが望むウォレットで接続できるようになりました。

ユーザー体験とスピードを優先するためにプラットフォームを根本から作り直しています⚡️

ステーキング・ブリッジ・フォーセットなどの機能

Shibariumは一連の発表の中で、ShibariumのホームページURLを「https://shibarium.shib.io/」に移行したことも報告しています。

なお、旧バージョンのウェブサイトにアクセスした場合でも、新しいサイトにリダイレクトされる仕組みになっているため、古いURLからでも新しいサイトにアクセスすることができます。

新しくなったウェブサイトには自分の仮想通貨ウォレットを接続することが可能で、以下のような複数のサービスを利用することができるようになっています。

BONEステーキング(STAKE BONE)

BONEステーキングの画像BONEステーキングの画像

STAKE BONEは、Shibariumのネイティブトークンである「BONE」をステーキングすることができるサービス。

このページには、Shibariumのネットワークを支える役割を持つバリデータのリストが掲載されているため、自分の好きなバリデータを選んでBONEをステーキングすることができる。

掲載されているバリデータのリンクをクリックすると、そのバリデータの詳細情報を確認することも可能で、ステーキングした場合は各バリデータの右側に表示されている「Stake Bone」のボタンからステーキング作業を開始することが可能。

トークンブリッジ(BRIDGE TOKENS)

トークンブリッジの画像トークンブリッジの画像

BRIDGE TOKENSは「Ethereum上に存在するトークン」と「Shibarium上に存在するトークン」を相互変換できるサービス。

BONE・SHIB・LEASHなどのシバイヌ関連トークンだけでなく、ETH・WBTC・DAI・xFUND・USDC・USDTなどのトークンも変換することが可能。

EthereumメインネットからShibariumメインネットへの資金移動には20〜30分ほどかかるとのこと。

フォーセット(FAUCET)

フォーセットの画像フォーセットの画像

FAUCETは、EthereumやShibariumのテストネットを利用する際に使用できるガストークンを無料で獲得できるサービス。

フォーセットで獲得できるトークンは「テスト用のトークン」であるため、トークン自体に価値はないものの、テスト用トークンを持っていれば開発中のサービスを実際にテストしたりして、開発に貢献することができる。

テスト用トークンはボタンクリックで請求できるが、ウォレットでテスト用トークンを使用するためには各テストネットを追加する作業が必要。

シバイヌのテストネットは「PuppyNet」という名称で、ネットワーク追加画面に以下の情報を入力することによってテストネットをウォレットに追加することができる。

Network nameShib Testnet(PuppyNet)
New RPC URLhttps://puppynet.shibrpc.com
Chain ID157
Currency symbolBONE
Block explorer URL (Optional)https://puppyscan.shib.io

>>SHIB関連の最新記事はこちら

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

関連のある仮想通貨ニュース

メタバース3Dアバターの「Ready Player Me」a16z主導で約76億円の資金調達

メタバース3Dアバターの「Ready Player Me」a16z主導で約76億円の資金調達

BLOKTOPIA:テナント販売「Genesis NFT Land Sale」2022年5月23日に開始

BLOKTOPIA:テナント販売「Genesis NFT Land Sale」2022年5月23日に開始

アマゾン(AWS):ブロックチェーン企業との提携拡大 ー「QTUM」が新たに参加

アマゾン(AWS):ブロックチェーン企業との提携拡大 ー「QTUM」が新たに参加

LINE BITMAX Wallet:NFTアイテムを取引できる「NFTマーケットβ」提供開始

LINE BITMAX Wallet:NFTアイテムを取引できる「NFTマーケットβ」提供開始

Ripple社「今後2年間で大きく成長」プロダクト責任者が自信示す

Ripple社「今後2年間で大きく成長」プロダクト責任者が自信示す

暗号資産発行支援のGCOX「日本人向け無料オンラインセミナー」開催へ

暗号資産発行支援のGCOX「日本人向け無料オンラインセミナー」開催へ

注目度の高い仮想通貨ニュース

TransBoden:新たなSolanaミームコイン、100%公正な方法で「$BODENX」のローンチに成功

TransBoden:新たなSolanaミームコイン、100%公正な方法で「$BODENX」のローンチに成功

英デジタル銀行Revolut「仮想通貨取引所」を開設|100銘柄以上を取扱い

英デジタル銀行Revolut「仮想通貨取引所」を開設|100銘柄以上を取扱い

米オクラホマ州「仮想通貨の基本的権利を保護する法案」を可決

米オクラホマ州「仮想通貨の基本的権利を保護する法案」を可決

シバイヌは強気フラッグ形成中?著名アナリストが語る「SHIBの買いライン」と「価格上昇予想」

シバイヌは強気フラッグ形成中?著名アナリストが語る「SHIBの買いライン」と「価格上昇予想」

DEX(分散型取引所)とは?特徴・使い方・注意点などをわかりやすく解説

DEX(分散型取引所)とは?特徴・使い方・注意点などをわかりやすく解説

Solana携帯チャプター2:MEW・MANEKIのエアドロップが「スマホ本体代」をカバー

Solana携帯チャプター2:MEW・MANEKIのエアドロップが「スマホ本体代」をカバー

SHIB提携のD3社「ネームトークンのマーケットプレイスβ版」公開|売買・オファーが可能に

SHIB提携のD3社「ネームトークンのマーケットプレイスβ版」公開|売買・オファーが可能に

コインチェック:LSK保有者に対するKLYトークン(Klayr)エアドロップの対応方針を発表

コインチェック:LSK保有者に対するKLYトークン(Klayr)エアドロップの対応方針を発表

ビットボットへの早期投資が成功につながる可能性

ビットボットへの早期投資が成功につながる可能性

ビットコインが維持すべき「重要なサポートライン」著名アナリストの価格予想

ビットコインが維持すべき「重要なサポートライン」著名アナリストの価格予想

コインチェック:ブリリアンクリプトトークン(BRIL)のIEO詳細を発表

コインチェック:ブリリアンクリプトトークン(BRIL)のIEO詳細を発表

米金融大手も「現物ビットコインETF」を保有|JPモルガン、ウェルズ・ファーゴの保有銘柄

米金融大手も「現物ビットコインETF」を保有|JPモルガン、ウェルズ・ファーゴの保有銘柄

仮想通貨ニュース | 新着記事一覧

仮想通貨まとめ一覧

仮想通貨ビットコインの買い方をわかりやすく解説|取引所と販売所の違いなども紹介

仮想通貨ビットコインの買い方をわかりやすく解説|取引所と販売所の違いなども紹介

DEX(分散型取引所)とは?特徴・使い方・注意点などをわかりやすく解説

DEX(分散型取引所)とは?特徴・使い方・注意点などをわかりやすく解説

Flare基盤のDeFi・DEX「BlazeSwap」とは?機能・使い方などを解説

Flare基盤のDeFi・DEX「BlazeSwap」とは?機能・使い方などを解説

ビットコイン「第4回目の半減期」完了|価格への影響や仕組みをわかりやすく解説

ビットコイン「第4回目の半減期」完了|価格への影響や仕組みをわかりやすく解説

WoofSwapとは?Shibarium基盤トークンを売買できる分散型取引所(DEX)を紹介

WoofSwapとは?Shibarium基盤トークンを売買できる分散型取引所(DEX)を紹介

K9 Finance(KNINE)とは?Shibarium基盤のDeFiプラットフォームを紹介

K9 Finance(KNINE)とは?Shibarium基盤のDeFiプラットフォームを紹介

人気のタグから探す