シバイヌDEX「ShibaSwap」Shibariumサポートへ|ローンチパッドなども提供予定

by BITTIMES   

(2024年4月29日:追記&更新)
ShibaSwapのアップデートについて「EthereumからShibariumへの移行」ではなく「EthereumとShibariumの両方に対応するマルチチェーン化」であることが発表されましたので、記事の内容を追記・修正しました。

イーサリアムに加えて「Shibarium」にも対応

シバイヌ(Shiba Inu/SHIB)のマーケティングリーダーであるLUCIE氏は2024年4月27日に、シバイヌの分散型取引所(DEX)である「ShibaSwap」がSHIB関連のイーサリアムL2である「Shibarium」に対応することを発表しました。

ShibaSwap(シバスワップ)とは、2021年7月にリリースされたイーサリアム基盤の分散型金融(DeFi)プラットフォームであり、仮想通貨の交換(SWAP)・ステーキング(BURY)・流動性提供(DIG)などといった様々な機能が提供されています。

シバスワップ上の取引はこれまで「Ethereum」のネットワーク上で行われていましたが、今後はより高速かつ低コストな取引環境を実現している「Shibarium」のネットワークもサポートする予定だと報告されています。

1️⃣🦊エキサイティングニュース!
分散型取引所ShibaSwapが「Shibarium」に移行し、新たなイノベーションをもたらす

Shibarium対応のメリットは?

Shibarium(シバリウム)は、2023年8月にメインネットが公開された比較的新しいイーサリアムL2で、ガストークンにはSHIB関連トークンである「BONE」を採用、各オンチェーン取引で徴収された手数料の一部が「SHIBのバーン」に充てられる仕組みも導入されています。

シバリウムは高速かつ低コストな取引環境が特徴で、1回の取引でかかる手数料は記事執筆時点で0.00053 BONE(約0.05円)となっているため、Shibariumに移行することでユーザーは気軽にShibaSwapの各種機能を利用できるようになると期待されます。

また、Shibarium版ShibaSwapで取引が増加すれば、Shibariumで実施されているSHIBバーン(焼却処分)も加速するため、SHIBの供給量削減が進み、SHIB価格上昇にもつながる可能性があると期待されます。

ローンチパッドなど魅力的な機能を提供

LUCIE氏の報告によると、Shibariumを活用した新しいShibaSwapでは様々な新しいサービスが導入されるとのことで、具体的な特徴としては以下のような点が挙げられています。

  • 新しいトークンを「Shibarium上のトークン」に交換
  • 流動性プールとDeFiの特徴を強化
  • 早期採用者と長期投資家に報酬を与えるユニークなファーミング契約
  • トークンが見つかる新しいローンチパッド
  • トークン投票コンテストやインセンティブを備えたコミュニティ主導の体験

ローンチパッドとは、上場前の新しいトークンをいち早く購入できるトークン販売イベントのことであり、現在は「BINANCE」や「Bybit」などの大手暗号資産取引所でも多数のローンチパッドが開催されています。

Shibarium版のShibaSwapでもこのローンチパッドが導入されると報告されているため、ユーザーはShibaSwapを通じて「Shibarium基盤の新しいトークン」に投資できるようになると予想されます。

「ShibaSwap 1.75」として近日公開予定

ShibaSwapに関しては、最近の発表で「ShibaSwap 2.0の前にShibaSwap 1.75をリリースする」ということが報告されていました。

Shibarium版ShibaSwapの正確なローンチ日は明らかにされていませんが、LUCIE氏は28日の投稿で「Shibarium基盤のShibaSwap 1.75は近日公開予定」と報告しているため、そう遠くない将来には正式リリースされると予想されます。

Shibariumはすでに非常に高速かつ低コストな取引環境を実現していますが、2024年5月2日には「Shibariumの性能をさらに向上させる大型アップグレード」も予定されているため、今後の続報や追加発表などにも注目です。

ShibaSwapは「マルチチェーン対応DEX」に

(2024年4月29日追記)
LUCIE氏は2024年4月29日に、ShibaSwapがイーサリアムとシバリウムの両方に対応する「マルチチェーン対応の分散型取引所になること」を説明しました。

以前の発表では「EthereumからShibariumに移行する」と報告されていましたが、正確には「Ethereumに加えてShibariumにも対応する」ということになります。

マルチチェーン対応後は、イーサリアムとシバリウムのネットワークを切り替えて両方のネットワークで仮想通貨を交換・運用できるようになると予想されます。

ShibaSwapはマルチチェーン対応を進めています。シバリウムとイーサリアムの両方で動作します。

未来がどうなるかは誰にもわかりません👀
私たちは視野を広げています。

$BoneがShibariumのガストークンであることはお忘れなく😉

>>SHIB関連の最新記事はこちら

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

関連のある仮想通貨ニュース

ベネズエラ最大のデパートが「仮想通貨ATM」を導入|決済に続きBTC購入も可能に

ベネズエラ最大のデパートが「仮想通貨ATM」を導入|決済に続きBTC購入も可能に

暗号資産「オーエムジー(OMG Network/OMG)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「オーエムジー(OMG Network/OMG)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

XRPL Labs創設者:XRP Ledger用いた「NFT(Non-Fungible Token)」を提案

XRPL Labs創設者:XRP Ledger用いた「NFT(Non-Fungible Token)」を提案

SBI証券、仮想通貨取引所「SBI VCトレード」を子会社化|板取引は31日開始予定

SBI証券、仮想通貨取引所「SBI VCトレード」を子会社化|板取引は31日開始予定

カザフスタン:暗号資産マイニング関連で「約790億円」の投資誘致を計画

カザフスタン:暗号資産マイニング関連で「約790億円」の投資誘致を計画

下落相場で「ADA・XLM」に100万〜170万ドルの資金流入:CoinSharesレポート

下落相場で「ADA・XLM」に100万〜170万ドルの資金流入:CoinSharesレポート

注目度の高い仮想通貨ニュース

Only1「ソラナ版OnlyFans」構築へ|合計480万ドルの資金調達

Only1「ソラナ版OnlyFans」構築へ|合計480万ドルの資金調達

Flare Network初の米ドルステーブルコイン「USDX」登場|保有者には利回りも

Flare Network初の米ドルステーブルコイン「USDX」登場|保有者には利回りも

米オクラホマ州「仮想通貨の基本的権利を保護する法案」を可決

米オクラホマ州「仮想通貨の基本的権利を保護する法案」を可決

仮想通貨の投資家たちが集まるVRプロジェクト5thScape、プレセールで順調に資金を調達

仮想通貨の投資家たちが集まるVRプロジェクト5thScape、プレセールで順調に資金を調達

FINSCHIA・Klaytnの統合ブロックチェーン「Kaia」6月末にメインネット公開へ

FINSCHIA・Klaytnの統合ブロックチェーン「Kaia」6月末にメインネット公開へ

SLOTHが161%高騰して史上最高値を更新、同様にエアドロップ型プレセールを行うSealanaも好調な流れ

SLOTHが161%高騰して史上最高値を更新、同様にエアドロップ型プレセールを行うSealanaも好調な流れ

クラウドマイニングとは?MAR Miningで1日1,000ドルを稼ぐ方法

クラウドマイニングとは?MAR Miningで1日1,000ドルを稼ぐ方法

秋田犬保存会:ブロックチェーン活用した「デジタル血統書」を導入【世界初】

秋田犬保存会:ブロックチェーン活用した「デジタル血統書」を導入【世界初】

Google Cloud「Web3ポータル」公開|仮想通貨・ブロックチェーン関連情報を集約

Google Cloud「Web3ポータル」公開|仮想通貨・ブロックチェーン関連情報を集約

ワールドコイン(WLD)新SMPCシステムへの移行で「古い虹彩コード」を削除

ワールドコイン(WLD)新SMPCシステムへの移行で「古い虹彩コード」を削除

カルダノ(ADA)のエコシステムをさらに強化|EMURGOが「GSR」と提携

カルダノ(ADA)のエコシステムをさらに強化|EMURGOが「GSR」と提携

ToncoinとPEPEは上昇トレンドを維持し、Rebel Satoshi($RECQ)のプレセールは注目プロジェクトとして急上昇

ToncoinとPEPEは上昇トレンドを維持し、Rebel Satoshi($RECQ)のプレセールは注目プロジェクトとして急上昇

仮想通貨ニュース | 新着記事一覧

仮想通貨まとめ一覧

仮想通貨ビットコインの買い方をわかりやすく解説|取引所と販売所の違いなども紹介

仮想通貨ビットコインの買い方をわかりやすく解説|取引所と販売所の違いなども紹介

DEX(分散型取引所)とは?特徴・使い方・注意点などをわかりやすく解説

DEX(分散型取引所)とは?特徴・使い方・注意点などをわかりやすく解説

Flare基盤のDeFi・DEX「BlazeSwap」とは?機能・使い方などを解説

Flare基盤のDeFi・DEX「BlazeSwap」とは?機能・使い方などを解説

ビットコイン「第4回目の半減期」完了|価格への影響や仕組みをわかりやすく解説

ビットコイン「第4回目の半減期」完了|価格への影響や仕組みをわかりやすく解説

WoofSwapとは?Shibarium基盤トークンを売買できる分散型取引所(DEX)を紹介

WoofSwapとは?Shibarium基盤トークンを売買できる分散型取引所(DEX)を紹介

K9 Finance(KNINE)とは?Shibarium基盤のDeFiプラットフォームを紹介

K9 Finance(KNINE)とは?Shibarium基盤のDeFiプラットフォームを紹介

人気のタグから探す