Shibariumがさらに高速&低コストに?5月2日に「大型アップグレード」を予定

by BITTIMES   

高速&低コストな基盤をさらに強化

シバイヌ(Shiba Inu/SHIB)は2024年4月26日に、イーサリアムのレイヤー2ブロックチェーンである「Shibarium」に一連の新機能を導入するアップグレードを2024年5月2日に実施することを発表しました。

今回のアップグレードは、ユーザー体験を向上させて、イノベーターと開発者のコミュニティに力を与えることを目的としたものであるとのことで、これによってネットワークがより高速になり、コスト効率が向上し、大規模な新規ユーザーの参加にも対応できるようになると報告されています。

Shibariumのアップグレードについては、SHIB公式ニュースサイトである「The Daily Shib」でも説明されていて、アップグレードの内容については以下のように報告されています。

🧵 SHIBARMYの皆さん、私たちはShibariumを大きく変えるアップグレードの瀬戸際にいます。

5月2日に予定されているハードフォークを通じて、ユーザー体験を向上させ、イノベーターと開発者のコミュニティに力を与えるために設計された一連の新機能を導入します。

トランザクションのさらなる高速化

今回のアップグレードによって、Shibariumのネットワークにおけるトランザクション(取引)の速度が大幅に向上する。5月2日のアップグレードから24時間以内には、トランザクション処理速度が大幅に改善したことを実感できるはず。

また、ブロック処理時間の短縮で取引手数料がより予測しやすくなる予定で、これによってShibariumの使いやすさとパフォーマンスが向上する。

取引手数料の削減&平滑化

Shibariumのネットワーク利用時に発生する取引手数料(トランザクション手数料)がさらに削減され、既存ユーザーと新規ユーザー両方にとって、コスト効率が高いものになる。

ネットワーク利用者が多い時間帯の取引手数料変動を平滑化し、取引にかかるコストを全ての人に公平で予測しやすいものにする。

これによって、Shibariumのプラットフォーム全体をより手頃な価格で利用できるようになる。

バーンシステムの透明性向上&効率化

より幅広い仮想通貨コミュニティから最先端の手法を取り入れることで、Shibariumがテクノロジーの最前線に確実にとどまれるようにし、Shibariumのバーンシステムの透明性と効率を向上させる。

これらの変更によって、Shibariumはより使いやすくなるだけでなく、より堅牢で安全なものとなり、開発者はサービス構築とイノベーションのための最高のツールを利用できるようになる。

一連のアップグレードによって、Shibariumのセキュリティと一貫性が大幅に向上し、Shibariumの利用を検討しているプロジェクトに信頼できる基盤が提供されることになる。

10億人の新規ユーザー獲得に向けた準備?

Shibariumは、仮想通貨BONEをガストークンとして採用したレイヤー2ブロックチェーンであり、アップグレードが実施されていない現時点でも高速かつ低コストな取引環境が実現されています。

トランザクションはわずか数秒で完了し、1回の取引でかかるトランザクション手数料は記事執筆時点でわずか0.00053 BONE(約0.05円)程度です。

今回発表されたアップグレードでは、この取引速度と取引コストをさらに改善することが報告されているため、アップグレード完了後には取引速度と手数料をほぼ気にすることなくネットワークを利用できるようになると期待されます。

シバイヌは10億人の新規ユーザーを巻き込むことを計画していて、最近では「Adobe・Amazon・Apple・Disney」などが取締役会に参加するコンテンツ配信&セキュリティ協会(CDSA)に参加したことなども報告されているため、今回のアップグレードはShibariumの大規模採用に向けた準備の1つであると考えられます。

>>SHIB関連の最新記事はこちら

The Daily Shib

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

関連のある仮想通貨ニュース

Oasys L2チェーンのHOME Verseにハック&スラッシュRPG「ダークスローン」が参加

Oasys L2チェーンのHOME Verseにハック&スラッシュRPG「ダークスローン」が参加

Huobi Japan「日本セキュリティトークン協会(JSTA)」に賛助会員として入会

Huobi Japan「日本セキュリティトークン協会(JSTA)」に賛助会員として入会

EV車やブロックチェーンで過疎地の「交通・エネルギー問題」解決:TIS×INDETAIL

EV車やブロックチェーンで過疎地の「交通・エネルギー問題」解決:TIS×INDETAIL

コインベース「日本向けサービス」開始|5銘柄対応でiOS・Androidアプリも提供

コインベース「日本向けサービス」開始|5銘柄対応でiOS・Androidアプリも提供

JPYC株式会社「一般社団法人Fintech協会」にベンチャー会員として入会

JPYC株式会社「一般社団法人Fintech協会」にベンチャー会員として入会

SBI VCトレード:ODL用いたXRP国際送金サービス向けシステムをリニューアル

SBI VCトレード:ODL用いたXRP国際送金サービス向けシステムをリニューアル

注目度の高い仮想通貨ニュース

カルダノ基盤の分散型取引所「SundaeSwap v3」リリース|指値注文でステーキング報酬も

カルダノ基盤の分散型取引所「SundaeSwap v3」リリース|指値注文でステーキング報酬も

シバイヌの分散型取引所(DEX)ShibaSwap「Shibarium」に正式対応

シバイヌの分散型取引所(DEX)ShibaSwap「Shibarium」に正式対応

ルナクラシックのラリーとディップ:注目が集まるビットボット仮想通貨プレセール

ルナクラシックのラリーとディップ:注目が集まるビットボット仮想通貨プレセール

ツイッター共同創業者のジャック・ドーシー氏「ビットコイン100万ドル超え」を予想

ツイッター共同創業者のジャック・ドーシー氏「ビットコイン100万ドル超え」を予想

Bitcoin MinetrixがUniswapでローンチ!チームはBTCMTXの10%トークン焼却を発表

Bitcoin MinetrixがUniswapでローンチ!チームはBTCMTXの10%トークン焼却を発表

英デジタル銀行Revolut「仮想通貨取引所」を開設|100銘柄以上を取扱い

英デジタル銀行Revolut「仮想通貨取引所」を開設|100銘柄以上を取扱い

カルダノ(ADA)のエコシステムをさらに強化|EMURGOが「GSR」と提携

カルダノ(ADA)のエコシステムをさらに強化|EMURGOが「GSR」と提携

仮想通貨ニュース週間まとめ「エアドロップ情報・アナリストの価格予想」など

仮想通貨ニュース週間まとめ「エアドロップ情報・アナリストの価格予想」など

シバイヌに対する愛を証明|仮想通貨決済のCoinGate、複数チェーンで「SHIB」をサポート

シバイヌに対する愛を証明|仮想通貨決済のCoinGate、複数チェーンで「SHIB」をサポート

ビットボットがICOを開催中|飛躍の可能性に投資家の注目が集まる

ビットボットがICOを開催中|飛躍の可能性に投資家の注目が集まる

コンビニ決済で「JPYC」が利用可能に?電算システムと業務提携

コンビニ決済で「JPYC」が利用可能に?電算システムと業務提携

「トランプ前大統領の再選は仮想通貨にとってプラス」スタンダードチャータード銀行

「トランプ前大統領の再選は仮想通貨にとってプラス」スタンダードチャータード銀行

仮想通貨ニュース | 新着記事一覧

仮想通貨まとめ一覧

仮想通貨ビットコインの買い方をわかりやすく解説|取引所と販売所の違いなども紹介

仮想通貨ビットコインの買い方をわかりやすく解説|取引所と販売所の違いなども紹介

DEX(分散型取引所)とは?特徴・使い方・注意点などをわかりやすく解説

DEX(分散型取引所)とは?特徴・使い方・注意点などをわかりやすく解説

Flare基盤のDeFi・DEX「BlazeSwap」とは?機能・使い方などを解説

Flare基盤のDeFi・DEX「BlazeSwap」とは?機能・使い方などを解説

ビットコイン「第4回目の半減期」完了|価格への影響や仕組みをわかりやすく解説

ビットコイン「第4回目の半減期」完了|価格への影響や仕組みをわかりやすく解説

WoofSwapとは?Shibarium基盤トークンを売買できる分散型取引所(DEX)を紹介

WoofSwapとは?Shibarium基盤トークンを売買できる分散型取引所(DEX)を紹介

K9 Finance(KNINE)とは?Shibarium基盤のDeFiプラットフォームを紹介

K9 Finance(KNINE)とは?Shibarium基盤のDeFiプラットフォームを紹介

人気のタグから探す