カルダノ基盤ステーブルコインUSDM開発企業「Moneta」に名称変更

by BITTIMES

Mehenから「Moneta」に名称変更

カルダノ(Cardano/ADA)を基盤とした米ドル連動ステーブルコイン「USDM」を展開している「Mehen」は2024年6月17日に、Mehenの名称を「Moneta」に変更したことを発表しました。

Mehenは米国の様々な州で送金ライセンスを取得している金融サービス企業であり、今年3月にはカルダノ初の法定通貨担保型米ドル連動ステーブルコインとなる「USDM」をローンチしています。

今回の名称変更はよりクリーンでプロフェッショナルな外観の必要性を認識したことによるものであるとのことで、新しいロゴ画像もあわせて公開されています。

新しい視点が必要な時だと考えています!🦋

MehenからMonetaへ!

USDMがこれまで以上に素晴らしく見えるようになりました!

コミュニティとの数々の議論を通じて、よりクリーンでプロフェッショナルな外観の必要性を認識しました。私たちと同じように、新しいブランドを楽しみ、受け入れていただけることを願っています。

MehenからMonetaへの移行は、私たちの旅の新たな章を意味します。これは、より大きな自由、成長、そして機会を約束するものです。Monetaへようこそ。私たちはあなたの財政的未来を力強くサポートすることに専念しています。

公式発表によると、Monetaのロゴ画像は自由とイノベーションを象徴する「蝶」をモチーフにしたものであるとのことで、この新しいシンボルは「金融の自立と成長を促進する」という同社の目標を示すものだと説明されています。

なお、名称変更後もサービスの中核となるのは「USDM」であるとも説明されていて、USDMのティッカーが変更されることもないと報告されています。

ただし、SNSなどのアカウント名は「Moneta」に変更されているため、偽物のサイト・アカウント・トークンなどには注意が必要です。

>>カルダノ関連の最新ニュースはこちら

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

関連のある仮想通貨ニュース

BINANCE「株式トークン取引サービス」終了へ|売却・精算は10月15日まで

BINANCE「株式トークン取引サービス」終了へ|売却・精算は10月15日まで

消費税増税に伴い「各種手数料」を引き上げ:仮想通貨取引所コインチェック

消費税増税に伴い「各種手数料」を引き上げ:仮想通貨取引所コインチェック

Decentraland「スマホアプリ公開」は近い?モバイル版のデモ映像公開

Decentraland「スマホアプリ公開」は近い?モバイル版のデモ映像公開

Kraken:14種類の暗号資産で「豪ドル・英ポンドの取引ペア」追加|ADA・XTZ・FILなど

Kraken:14種類の暗号資産で「豪ドル・英ポンドの取引ペア」追加|ADA・XTZ・FILなど

BINANCE「オーストラリア居住者向けサービスの一部停止」を発表

BINANCE「オーストラリア居住者向けサービスの一部停止」を発表

StockTwits「カルダノNFTの出来高ランキングTOP10」公開|ADAはトレンド1位に浮上

StockTwits「カルダノNFTの出来高ランキングTOP10」公開|ADAはトレンド1位に浮上

注目度の高い仮想通貨ニュース

仮想通貨ニュース | 新着記事一覧

仮想通貨まとめ一覧

仮想通貨を保有するだけで増える「ステーキング対応のおすすめ取引所」税金に関する注意点も

仮想通貨を保有するだけで増える「ステーキング対応のおすすめ取引所」税金に関する注意点も

【年利最大9%】ソラナ(SOL)をステーキングで増やす方法|画像付きで解説

【年利最大9%】ソラナ(SOL)をステーキングで増やす方法|画像付きで解説

【年利40%以上】フレア(Flare/FLR)をラップ&デリゲートで増やす方法|画像付きで解説

【年利40%以上】フレア(Flare/FLR)をラップ&デリゲートで増やす方法|画像付きで解説

シバイヌDEX「ShibaSwap」の使い方|流動性提供の方法などをまとめた解説動画公開

シバイヌDEX「ShibaSwap」の使い方|流動性提供の方法などをまとめた解説動画公開

各種仮想通貨を「Shibarium基盤BONE」に簡単交換|ガス代補充機能の使い方を解説

各種仮想通貨を「Shibarium基盤BONE」に簡単交換|ガス代補充機能の使い方を解説

‌NFTマーケットプレイス「Magic Eden」とは?機能や使い方などを解説

‌NFTマーケットプレイス「Magic Eden」とは?機能や使い方などを解説