カルダノ基盤の分散型取引所「SundaeSwap v3」リリース|指値注文でステーキング報酬も

by BITTIMES

「SundaeSwap v3」正式リリース

カルダノ(Cardano/ADA)分散型取引所(DEX)である「Sundae Swap」は2024年5月10日に、大幅アップグレードを実施した「SundaeSwap v3」をメインネットでローンチしたことを発表しました。

SundaeSwap(サンデースワップ)は、カルダノ基盤の様々な仮想通貨を相互交換できる分散型取引所(DEX)であり、自己管理型ウォレットを接続することによって、カルダノ関連トークンを交換したり、流動性提供で報酬を獲得したりできるようになっています。

今回リリースされた「SundaeSwap v3」は以前から告知されていた最新バージョンであり、大幅な性能向上や新機能の実装など、魅力的なアップデートが多数報告されています。

SundaeSwap v3の魅力・注目ポイント

「SundaeSwap v3」では、取引処理速度が10倍速くなる他、手数料も安くなると報告されています。

また「指値注文中の資産がステーキングされる機能」も追加されているとのことで、大きな指値注文を出している状態でエポック(*1)を跨いだ場合には、そのADA数量に応じたステーキング報酬を獲得できるとも報告されています。

(*1)エポック:カルダノブロックチェーンにおける時間の単位。1エポックは5日間で、ステーキング報酬も5日毎に発生する。

さらに、最初の3ヶ月間は手数料を「1 ADAから0.5 ADAに値下げするキャンペーン」も実施されているため、通常よりもさらに安い手数料でサービスを利用できるようになっています。

「SundaeSwap v3」の魅力的な注目ポイントとしては以下のようなものが挙げられます。

  • 取引処理速度は10倍、手数料も安くなる
  • 1ブロックあたりの取引件数は最大20倍に
  • 指値注文資産のステーキングが可能
  • プロトコル手数料を2.5ADAから1ADAに引き下げ
  • 最初の3ヶ月は手数料を50%割引
  • 交換者が多いほど手数料が安くなる
  • 場合によっては手数料の一部を返還
  • プールを探せる新フィルター機能を追加

Sundae v3を利用する際の注意点

今回の発表では「SundaeSwap v3」を利用する場合の注意点についても説明が行われています。

SundaeSwap v3を利用する場合にはブラウザのキャッシュをリフレッシュする必要がある可能性があるとのことで、取引を行う際にもエラーなどを考慮して無理ない金額で行うようにと注意喚起されています。

開発チームはテストを徹底的に実施したとのことですが、今回のアップデートは変更内容が大規模で、関連するウォレット・ブラウザ・トークンなどの数も多いため、何かが見落とされている可能性があると説明されています。

また、一部の取引ペアは依然として流動性が低い状態になっているため、実際に取引を行う際には内容をしっかりと確認するようにと説明されています。

Sundae v3が利用できるようになりました!

https://app.sundae.fi

(ブラウザのキャッシュをリフレッシュする必要があるかもしれません)

このスレッドを読んで、留意すべき点をご確認ください。

>>カルダノ関連の最新ニュースはこちら

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

関連のある仮想通貨ニュース

仮想通貨決済処理のBitfinex Pay「MetaMask(メタマスク)」との連携開始

仮想通貨決済処理のBitfinex Pay「MetaMask(メタマスク)」との連携開始

ロシアインターネット監督機関:BINANCEを「ブラックリスト」に追加

ロシアインターネット監督機関:BINANCEを「ブラックリスト」に追加

HashPalette「De:LitheΦ」のNFT購入者に返金対応|開発元enishは納期超過を否定

HashPalette「De:LitheΦ」のNFT購入者に返金対応|開発元enishは納期超過を否定

ビットコイン価格は半減期後「4倍」になる?SkyBridge創設者の価格予想

ビットコイン価格は半減期後「4倍」になる?SkyBridge創設者の価格予想

Bakkt:ビットコイン先物公開に先立ち「カストディサービス」開始へ|9月6日から

Bakkt:ビットコイン先物公開に先立ち「カストディサービス」開始へ|9月6日から

Theta Labs:Chrome拡張機能「Theta Wallet(シータ・ウォレット)」リリース

Theta Labs:Chrome拡張機能「Theta Wallet(シータ・ウォレット)」リリース

注目度の高い仮想通貨ニュース

99BTCのプレセールが100万ドル達成、成長する教育コイン分野でトップを目指す

99BTCのプレセールが100万ドル達成、成長する教育コイン分野でトップを目指す

NFTマーケットプレイスのHEXA「Googleログイン」に対応

NFTマーケットプレイスのHEXA「Googleログイン」に対応

Dogeverseのプレセールが1500万ドルを調達、終了までのカウントダウンが始まる

Dogeverseのプレセールが1500万ドルを調達、終了までのカウントダウンが始まる

シバイヌ(SHIB)プライバシー重視のL3開発に向け「1,200万ドル」の資金調達

シバイヌ(SHIB)プライバシー重視のL3開発に向け「1,200万ドル」の資金調達

無登録の仮想通貨サービス利用に「FBI」が警告|捜査の影響を受ける可能性も

無登録の仮想通貨サービス利用に「FBI」が警告|捜査の影響を受ける可能性も

BRICSの仮想通貨発行で米ドルが暴落する?ロバート・キヨサキ氏が警告

BRICSの仮想通貨発行で米ドルが暴落する?ロバート・キヨサキ氏が警告

ビットトレード:ソラナ(Solana/SOL)取扱いへ|積立・入出金も可能

ビットトレード:ソラナ(Solana/SOL)取扱いへ|積立・入出金も可能

DFINITY Foundationがインターネットコンピュータ上の分散型グローバルアクセラレーションプラットフォームであるOlympusを発表

DFINITY Foundationがインターネットコンピュータ上の分散型グローバルアクセラレーションプラットフォームであるOlympusを発表

カルダノ財団:ドバイ・ブロックチェーン・センター(DBCC)と提携

カルダノ財団:ドバイ・ブロックチェーン・センター(DBCC)と提携

Shibariumのハードフォークについて詳しく説明「The Shib:Edition 23」公開

Shibariumのハードフォークについて詳しく説明「The Shib:Edition 23」公開

仮想通貨企業の広告に「エミネム」登場|世界的セレブの起用に注目集まる

仮想通貨企業の広告に「エミネム」登場|世界的セレブの起用に注目集まる

ビットボットがICOを開催中|飛躍の可能性に投資家の注目が集まる

ビットボットがICOを開催中|飛躍の可能性に投資家の注目が集まる

仮想通貨ニュース | 新着記事一覧

仮想通貨まとめ一覧

仮想通貨ビットコインの買い方をわかりやすく解説|取引所と販売所の違いなども紹介

仮想通貨ビットコインの買い方をわかりやすく解説|取引所と販売所の違いなども紹介

DEX(分散型取引所)とは?特徴・使い方・注意点などをわかりやすく解説

DEX(分散型取引所)とは?特徴・使い方・注意点などをわかりやすく解説

Flare基盤のDeFi・DEX「BlazeSwap」とは?機能・使い方などを解説

Flare基盤のDeFi・DEX「BlazeSwap」とは?機能・使い方などを解説

ビットコイン「第4回目の半減期」完了|価格への影響や仕組みをわかりやすく解説

ビットコイン「第4回目の半減期」完了|価格への影響や仕組みをわかりやすく解説

WoofSwapとは?Shibarium基盤トークンを売買できる分散型取引所(DEX)を紹介

WoofSwapとは?Shibarium基盤トークンを売買できる分散型取引所(DEX)を紹介

K9 Finance(KNINE)とは?Shibarium基盤のDeFiプラットフォームを紹介

K9 Finance(KNINE)とは?Shibarium基盤のDeFiプラットフォームを紹介

人気のタグから探す