カルダノ初:法定通貨裏付けステーブルコイン「USDM」ローンチ

by BITTIMES

法定通貨担保型の米ドルステーブルコイン「USDM」

カルダノ(Cardano/ADA)のブロックチェーン上で初となる法定通貨担保型の米ドル連動ステーブルコイン「USDM」がリリースされたことが明らかになりました。

ステーブルコイン「USDM」とは?

USDMは、米国の様々な州で送金ライセンスを取得している金融サービス企業「Mehen」が開発した法定通貨担保型の米ドル連動ステーブルコインであり、1USDMの価格が1ドルで安定して推移するように設計されています。

このステーブルコインは価値を裏付けるためにUSDMの価値と同額の米ドルが準備されているのが特徴で、公式サイトでは「全てのUSDMトークンは米国に本拠を構える銀行において、USDで1:1の割合で裏付けられている」と説明されています。

USDMはホワイトペーパー公開の約2年後にローンチされることになりましたが、ローンチが遅れた理由については「米国の銀行で発生した問題」が関係していると報告されています。

USDMの利用方法について

対象地域に住むユーザーはカルダノウォレットを「Mehen dApp」に接続して本人確認(KYC)を完了することによって、銀行口座の連携を通じてUSDMを取得することが可能で、USDMを米ドルに戻して銀行口座で米ドルを受け取ることも可能、米ドルに戻す場合には対象となるUSDMが焼却処分されることになると説明されています。

取得したUSDMはカルダノブロックチェーン上での支払いや取引などに利用することが可能で、今後USDMをサポートするサービスが増加すれば、分散型金融(DeFi)分散型取引所(DEX)など様々なサービスで活用できるようになると期待されます。

USDMを利用できる地域について

USDMを利用できる地域は記事執筆時点で「承認された米国の17州」に限られているとのことですが、Mehenは提供範囲の拡大に向けて、英国やEUを含む様々な地域でライセンス取得に取り組んでいると伝えられているため、将来的にはより多くの場所で利用できるようになると期待されます。

なお、カルダノでは過剰担保の仕組みを採用したアルゴリズム型ステーブルコインである「Djed」も発行されています。

>>カルダノ関連の最新記事はこちら

USDM・Mehen公式サイト

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

関連のある仮想通貨ニュース

暗号資産を貸して増やす「BitLending(ビットレンディング)」とは?特徴・使い方など

暗号資産を貸して増やす「BitLending(ビットレンディング)」とは?特徴・使い方など

Sociosアプリ:様々なトークンを無料で獲得できる「テーマハント」を導入

Sociosアプリ:様々なトークンを無料で獲得できる「テーマハント」を導入

Facebook主導ではない、もう1つのリブラ「Open Libra」登場

Facebook主導ではない、もう1つのリブラ「Open Libra」登場

【Chiliz&Socios】Locker Roomに「F1関連の新トークン」追加|Locker One(LOCK-1)

【Chiliz&Socios】Locker Roomに「F1関連の新トークン」追加|Locker One(LOCK-1)

チリーズ(Chiliz/CHZ)「Coinbase Custody」とカストディ契約を締結

チリーズ(Chiliz/CHZ)「Coinbase Custody」とカストディ契約を締結

トッププラットフォームがIEOを立ち上げ|Platinum Q DAO研究チームが「BTCNEXT」を選択

トッププラットフォームがIEOを立ち上げ|Platinum Q DAO研究チームが「BTCNEXT」を選択

注目度の高い仮想通貨ニュース

Symbol活用のNFTDriveEX「アトミックスワップv1」リリース|SHIBもサポート

Symbol活用のNFTDriveEX「アトミックスワップv1」リリース|SHIBもサポート

日本の上場企業メタプラネット「ビットコイン購入計画」を発表|アジア版MicroStrategyの誕生

日本の上場企業メタプラネット「ビットコイン購入計画」を発表|アジア版MicroStrategyの誕生

Apple製チップで「秘密鍵流出に繋がる修正不可能な脆弱性」報告|深刻さに関する補足説明も

Apple製チップで「秘密鍵流出に繋がる修正不可能な脆弱性」報告|深刻さに関する補足説明も

GMOコイン:ビットコインの半減期記念「手数料半減キャンペーン」開催

GMOコイン:ビットコインの半減期記念「手数料半減キャンペーン」開催

カルダノ基盤のSNS「VYRA」リリース|トークン報酬機能も追加予定

カルダノ基盤のSNS「VYRA」リリース|トークン報酬機能も追加予定

Google:Ethereum Name Service(ENS)のドメイン検索で「残高確認」が可能に

Google:Ethereum Name Service(ENS)のドメイン検索で「残高確認」が可能に

NFTDriveEX:SymbolとEVMチェーンを繋ぐ「アトミックスワップ機能」導入へ

NFTDriveEX:SymbolとEVMチェーンを繋ぐ「アトミックスワップ機能」導入へ

仮想通貨ニュース週間まとめ「BTC・SHIB・ADA・SUI」などの注目記事

仮想通貨ニュース週間まとめ「BTC・SHIB・ADA・SUI」などの注目記事

仮想通貨でプリペイド決済「Slash Vプリカ SHOP」提供へ:Slash × ライフカード

仮想通貨でプリペイド決済「Slash Vプリカ SHOP」提供へ:Slash × ライフカード

仮想通貨ニュース週間まとめ「BTC・SHIB・ADA・WLD」などの注目記事

仮想通貨ニュース週間まとめ「BTC・SHIB・ADA・WLD」などの注目記事

ドージ系最新マルチチェーン・ミームコインDogeverseのプレセールが500万ドルを突破!

ドージ系最新マルチチェーン・ミームコインDogeverseのプレセールが500万ドルを突破!

「ビットコインは詐欺かもしれないが大好き」ロバート・キヨサキ氏が様々な質問に回答

「ビットコインは詐欺かもしれないが大好き」ロバート・キヨサキ氏が様々な質問に回答

仮想通貨ニュース | 新着記事一覧

仮想通貨まとめ一覧

WoofSwapとは?Shibarium基盤トークンを売買できる分散型取引所(DEX)を紹介

WoofSwapとは?Shibarium基盤トークンを売買できる分散型取引所(DEX)を紹介

K9 Finance(KNINE)とは?Shibarium基盤のDeFiプラットフォームを紹介

K9 Finance(KNINE)とは?Shibarium基盤のDeFiプラットフォームを紹介

Bad Idea AI(BAD)とは?特徴・価格チャート・取扱う暗号資産取引所など

Bad Idea AI(BAD)とは?特徴・価格チャート・取扱う暗号資産取引所など

Astar(ASTR)の「dApp Staking」でステーキングする方法|画像付きでわかりやすく解説

Astar(ASTR)の「dApp Staking」でステーキングする方法|画像付きでわかりやすく解説

確定申告はいつからいつまで?知っておきたい「仮想通貨の税金」に関する知識

確定申告はいつからいつまで?知っておきたい「仮想通貨の税金」に関する知識

ASTRも管理できる「Polkadot{.js}」のウォレット作成方法|画像付きでわかりやすく解説

ASTRも管理できる「Polkadot{.js}」のウォレット作成方法|画像付きでわかりやすく解説

人気のタグから探す