注目されるボンク、ドッグウィズハット、ミームネーター|2024年ミームコイン市場で王座を狙う

by BITTIMES

※この記事は寄稿されたPR記事であり、BITTIMESが執筆したものではありません。

2024年も後半に差し掛かる中、ミームコイン市場を先導するリーダーとして3つのプロジェクトが浮上している。ボンク(BONK)、ドッグウィズハット(WIF)、そしてミームネーター(MMTR)だ。ミームネーターは、プレセールで770万ドルの調達に成功し、5月29日午後3時(UTC)にMEXCユニスワップ(Uniswap)で上場を果たした。

ミームネーターは、荒れ果てたミームコイン市場を救うため、ターミネーターの如く過去にタイムスリップしてきた。戦闘ゲーム、NFTコレクション、デフレトークノミクスを特徴とするこの銘柄は、競合他社と一線を画している。今回は、BONKやWIFの将来性についても掘り下げていく。

ボンク、ドッグウィズハット、ミームネーターの将来性

ミームコイン市場は大きな賑わいを見せており、その時価総額は本稿執筆時点で約600億ドルに達している。トップ争いは、ドッグウィズハット(WIF)とボンク(BONK)がそれぞれ時価総額約34億ドルと約24億ドルでリードしている状況だ。

ボンクは、ソラナブロックチェーン上の柴犬をテーマにした仮想通貨で、2022年12月に登場した。ソラナの低迷期に立ち上げられたボンクは、瞬く間に希望の光となり、コミュニティを盛り上げた。「Web3における真のコミュニティコイン」と呼ばれており、わずか1年で約8,000%の急騰を見せ、初期投資家に多大な利益をもたらした。

一方でドッグウィズハットには実質的な実用性が一切ない。しかし、この通貨の広告効果は凄まじく、過去1年間で約2,000%の上昇を見せた。ただし、この人気に基づく価値にはマイナス面もある。一度WIFの熱が冷めれば、価格が下落する可能性があるという点だ。

短期間での莫大な利益が期待できるミームコイン市場は、初期投資家にとって無限の可能性を秘めた宝庫だ。そんなマーケットで、ミームネーターは興味深いポジションに位置している。

成長が目まぐるしい市場に参入したばかりのこのプロジェクトは、ゲームとNFTコレクションの提供により実用性の面で競合他社に差をつけている。ユーティリティの豊富さにより、ドッグウィズハットやボンクの成功に匹敵、もしくはそれを上回ることができるのかもしれない。

このような成長が難しくとも、他の低品質ミームコインと比較すれば飛躍を遂げる可能性はあると考えられる。

ミームコイン市場の覇権を争う

ドッグウィズハットとボンクは成長を遂げたとはいえ、今後の動きに注目が集まっている。一方、ミームネーターは始動したばかりのため、今後の飛躍に期待が寄せられている。

他のミームコインにはないユニークな特徴を持つミームネーター。熱狂的な人気と、スリリングな戦闘ゲーム「ミーム戦争」で一際輝いている。このゲームには、近未来的なバトルや白兵戦など、多様なプレイオプションが用意されているのも魅力的だ。

更に、ミームネーターは2024年に再び盛り上がりを見せると予想されるNFT市場への参入も控えている。デフレ型トークノミクスと最大60%の報酬が貰える新たなステーキングプールは、10億ドル達成のミッションに向けたロケットの燃料となる。

ミームネーターロケット、月へ向かって突き進む

並はずれた高い需要、トークン供給の制限、デフレトークノミクスにより、ミームネーターは目標である時価総額10億ドルを目指す。投資家のMMTRへの関心は日々高まっており、プレセールを逃した人は、今MMTRに注目してみてはどうだろうか。コインが上場した今、公開市場でMMTRを購入することができる。

半減期直後の仮想通貨市場は完全な強気モードにあり、イーサリアムETF承認などの心躍る展開により、この先更なる市場の上昇が見込まれる。

Memeinator(ミームネーター)の詳細は公式サイトをチェック。


免責事項:この記事は寄稿されたPR記事であり、ニュースやアドバイスではありません。暗号資産ニュースメディアBITTIMESは、このページに掲載されている内容や製品について保証いたしません。当ウェブサイトに掲載されている投資情報・戦略・内容に関しましては、投資勧誘・商品の推奨を目的にしたものではありません。記事内に記載されている専門家や人工知能(AI)の価格予想は、あくまでも一部の専門家や学習内容が明確ではないAIによる予測であり、確約されたものではありませんので、独自の調査を行うことが重要です。実際に登録・投資・商品の購入などを行う際は、当ウェブサイトの情報に全面的に依拠して投資判断を下すことはお控えいただき、登録・投資・購入などに関するご決定はお住まいの国や地域の法律に従って皆様ご自身のご判断で行っていただきますようお願いいたします。また、当リリース・PR記事における外部リンクには出稿社・代理店による計測リンクを含むことがありますが、弊社による収益化を目的としたアフィリエイトリンクではありません。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

関連のある仮想通貨ニュース

Cake DeFi「1億ドル規模のベンチャーキャピタル」を創設|グローバルWeb3・ゲーミング・フィンテックなどに投資

Cake DeFi「1億ドル規模のベンチャーキャピタル」を創設|グローバルWeb3・ゲーミング・フィンテックなどに投資

Mantle(MNT)とVeChain(VET)に買いシグナル、Pullix(PLX)も投資家の注目を集める

Mantle(MNT)とVeChain(VET)に買いシグナル、Pullix(PLX)も投資家の注目を集める

ビットコインがポンジ・スキームであろうとなかろうと、誰もが参加すべきである

ビットコインがポンジ・スキームであろうとなかろうと、誰もが参加すべきである

ミームネーターのプレセールがトークンの96%以上を販売|最終段階に突入

ミームネーターのプレセールがトークンの96%以上を販売|最終段階に突入

柴犬ニュース:クジラが「Crypto.com」で2億7000万ドルものSHIBを移動|メタケードのMCADEでは4月上場後の大幅な価格高騰予想

柴犬ニュース:クジラが「Crypto.com」で2億7000万ドルものSHIBを移動|メタケードのMCADEでは4月上場後の大幅な価格高騰予想

Chimpzee(CHMPZ)とは?動物・環境保護+受動的収入の仮想通貨プロジェクトを紹介

Chimpzee(CHMPZ)とは?動物・環境保護+受動的収入の仮想通貨プロジェクトを紹介

注目度の高い仮想通貨ニュース

仮想通貨ニュース | 新着記事一覧

仮想通貨まとめ一覧

仮想通貨を保有するだけで増える「ステーキング対応のおすすめ取引所」税金に関する注意点も

仮想通貨を保有するだけで増える「ステーキング対応のおすすめ取引所」税金に関する注意点も

【年利最大9%】ソラナ(SOL)をステーキングで増やす方法|画像付きで解説

【年利最大9%】ソラナ(SOL)をステーキングで増やす方法|画像付きで解説

【年利40%以上】フレア(Flare/FLR)をラップ&デリゲートで増やす方法|画像付きで解説

【年利40%以上】フレア(Flare/FLR)をラップ&デリゲートで増やす方法|画像付きで解説

シバイヌDEX「ShibaSwap」の使い方|流動性提供の方法などをまとめた解説動画公開

シバイヌDEX「ShibaSwap」の使い方|流動性提供の方法などをまとめた解説動画公開

各種仮想通貨を「Shibarium基盤BONE」に簡単交換|ガス代補充機能の使い方を解説

各種仮想通貨を「Shibarium基盤BONE」に簡単交換|ガス代補充機能の使い方を解説

‌NFTマーケットプレイス「Magic Eden」とは?機能や使い方などを解説

‌NFTマーケットプレイス「Magic Eden」とは?機能や使い方などを解説