Northern Trustがブロックチェーンを拡張|資産1,000兆円の金融機関が仮想通貨市場に参入

by BITTIMES   

仮想通貨市場に新たな大手金融機関が参入することが明らかになりました。世界最大級のグループとも言われている「Northern Trust(ノーザン・トラスト)」は、暗号通貨関連のサービスを提供するとともに、ブロックチェーン技術を自社の業務に統合していくことを計画しています。

こちらから読む:ブロックチェーンとは?具体的な利点までわかりやすく解説

米国・シカゴに本社を構える大手金融機関「Northern Trust(ノーザン・トラスト)」は、全米の総収入ランキングであるFortune500の486位にランキングされている世界最大規模の金融グループとして知られています。同グループの拠点は世界中の84地域に点在しており、保管・管理している資産の額は1,000兆円以上にも昇ると言われています。

1889年に設立された「Northern Trust」は、129年もの間で築き上げてきた信頼と歴史を持っており、機関投資家や高額個人投資家などの世界でも特に多くの資産を保有している富裕層の人々を顧客として抱えています。

Forbesの報道によると、Northern Trustは仮想通貨ヘッジファンドに対してサービスを提供しながら、自社業務にブロックチェーン技術を統合するとされています。またこの他にも、同社が以前から主要な3つの仮想通貨ヘッジファンドとも提携し、仮想通貨投資をポートフォリオに追加していたことも明らかになっています。

今のところ同社は、仮想通貨を直接保有しているわけではないとのことですが、それらの投資商品に興味を持っているヘッジファンドや機関投資家に対して、アンチ・マネーロンダリングに関するアドバイスや、投資価値の割り当て、第三者からのカストディの認証といった資産管理サービスを提供すると説明されています。

Forbesとのインタビューの中で、Northern Trustの最高責任者であるPete Cherecwich(ピーター・チェリウィッチ)氏は、「米国政府はブロックチェーン技術に慎重な姿勢で取り組んではいるものの、法定仮想通貨を発行することも視野に入れて準備を始めている」と語っています。

私はアメリカ政府は最終的に米ドルをトークン化して、仮想通貨と同じような取引が行えるようにすることを検討していると考えています。もちろん米ドルはどこかの金庫に保管されることになるか、政府が金融政策でトークンの価値を調整することになるでしょう。

同社が昨年から使用していたHyperledger Fabricの企業向けブロックチェーンには複数の改良が加えられており、いくつかの新機能が追加されています。アップグレードされたこのブロックチェーンは、同社が新たに組織した新たな専門チームによってさらなる機能改善が進められています。

Northern Trustの関係者は昨年、仮想通貨関連の規制やルール作りが適切になされていないことなどを理由に「それらの技術には慎重に取り組んでいくべき」との考えを語っていましたが、2018年に入りGoldman Sachs(ゴールドマン・サックス)などの大手金融機関が続々と仮想通貨市場への参入を発表したことなどもあったため、Northern Trustも参入に踏み切ることになったと考えられています。

Northern Trustの参入は、その他の金融機関が新たに参入するのを後押しすることになるでしょう。多くの仮想通貨投資家たちが述べているように仮想通貨の世界にはこれから莫大な資金が流れ込んでくる可能性は、高まってきていると考えられます。

ビットコイン(BTC)などの購入は、セキュリティ面も安心できる仮想通貨取引所bitbank(ビットバンク)からどうぞ。

仮想通貨取引所 bitbank の画像 仮想通貨取引所bitbankの登録ページはこちら

bitbankの登録方法はこちらで詳しく解説しています

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

関連のある仮想通貨ニュース

【ビットコインorアルトコイン】投資するならどっち?アンケート結果にアナリストが警告

【ビットコインorアルトコイン】投資するならどっち?アンケート結果にアナリストが警告

EOS関連の分散型ソーシャルメディア「Voice」公開予定日を早め7月リリースへ

EOS関連の分散型ソーシャルメディア「Voice」公開予定日を早め7月リリースへ

David Schwartz「リップル(XRP)は完全に分権化されたデジタル通貨だ」

David Schwartz「リップル(XRP)は完全に分権化されたデジタル通貨だ」

ブロックチェーンスマホ「Blok on Blok/BOB」日本先行発売を開始:PundiX(NPXS)

ブロックチェーンスマホ「Blok on Blok/BOB」日本先行発売を開始:PundiX(NPXS)

ICOは必要ない?スタンフォード大学の学生が16種類のDAppsを開発

ICOは必要ない?スタンフォード大学の学生が16種類のDAppsを開発

ブロックチェーン研究で「東京大学・京都大学」がRipple社と提携|奨学金なども計画

ブロックチェーン研究で「東京大学・京都大学」がRipple社と提携|奨学金なども計画

注目度の高い仮想通貨ニュース

ビットバンク「シンボル(Symbol/XYM)」取扱いへ|記念キャンペーンも開催

ビットバンク「シンボル(Symbol/XYM)」取扱いへ|記念キャンペーンも開催

MetaMaskの機関投資家向け部門「仮想通貨カストディ企業3社」と提携

MetaMaskの機関投資家向け部門「仮想通貨カストディ企業3社」と提携

ビットポイント:ジャスミー上場記念「JMYがもらえる3つのキャンペーン」開始

ビットポイント:ジャスミー上場記念「JMYがもらえる3つのキャンペーン」開始

GMOコイン「シンボル(Symbol/XYM)」取扱いへ|取引所・貸暗号資産サービスでサポート

GMOコイン「シンボル(Symbol/XYM)」取扱いへ|取引所・貸暗号資産サービスでサポート

ビットバンク:Symbol(XYM)取引高で「世界1位」を記録

ビットバンク:Symbol(XYM)取引高で「世界1位」を記録

ビットポイント:国内初「ジャスミー(JMY)」と「ポルカドット(DOT)」取扱い開始

ビットポイント:国内初「ジャスミー(JMY)」と「ポルカドット(DOT)」取扱い開始

エルサルバドル政府「ビットコイン」を追加購入|過去最多の420BTC

エルサルバドル政府「ビットコイン」を追加購入|過去最多の420BTC

エルサルバドル:Chivo Wallet利用者に「ガソリン代の割引」を適用

エルサルバドル:Chivo Wallet利用者に「ガソリン代の割引」を適用

ビットバンク「シンボル(Symbol/XYM)」取扱い開始|入金時にはメッセージ入力を

ビットバンク「シンボル(Symbol/XYM)」取扱い開始|入金時にはメッセージ入力を

Sociosアプリ「ファン報酬機能」公開|ファントークンがVIPチケット等と交換可能に

Sociosアプリ「ファン報酬機能」公開|ファントークンがVIPチケット等と交換可能に

Huobi Japan「レバレッジ取引の申し込み受付」再開へ|第一種金融商品取引業の登録を完了

Huobi Japan「レバレッジ取引の申し込み受付」再開へ|第一種金融商品取引業の登録を完了

カード型コールドウォレット「Cool Wallet」とは?特徴・メリット・対応通貨などを解説

カード型コールドウォレット「Cool Wallet」とは?特徴・メリット・対応通貨などを解説

仮想通貨ニュース | 新着記事一覧

仮想通貨まとめ一覧

暗号資産「リスク(Lisk/LSK)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「リスク(Lisk/LSK)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「シンボル(Symbol/XYM)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「シンボル(Symbol/XYM)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産取引所「Bitgate(ビットゲート)」とは?基本情報・特徴・メリットなどを解説

暗号資産取引所「Bitgate(ビットゲート)」とは?基本情報・特徴・メリットなどを解説

暗号資産「オントロジー(Ontology/ONT)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「オントロジー(Ontology/ONT)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「コスモス(Cosmos/ATOM)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「コスモス(Cosmos/ATOM)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「パレットトークン(PLT)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「パレットトークン(PLT)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

人気のタグから探す