サッカークラブが仮想通貨による株式買収に合意|イタリア「リミニFC」

by BITTIMES   

イタリアのフットボールクラブである「Rimini F.C. 1912(リミニFC)」は、Heritage Sports Holdings(ヘリテージ・スポーツ・ホールディングス/HSH)に株式の25%を売却すると共に、その支払いを仮想通貨「Quantocoin(QTCT)」で受けることに合意しました。同社は暗号通貨(Cryptocurrency)やブロックチェーン(Blockchain)を活用して、不正行為のない健全なサッカー業界を創ることを目指しています。

こちらから読む:サッカー関連の仮想通貨ニュースをまとめて

仮想通貨でのサッカークラブ買収は世界初

Rimini-F.C

イタリア・リミニに本拠地を構える「セリエC」所属のサッカークラブ「Rimini F.C. 1912(リミニFC)」は、仮想通貨での買収に合意した歴史上初めてのクラブチームとなりました。

リミニFCは、スポーツ関連の投資事業を行なっているHeritage Sports Holdings(HSH)に株式の25%を売却するにあたり、その支払いを仮想通貨「Quantocoin(QTCT)」で受け取ることに合意しました。

「Quantocoin」は、ジブラルタルに拠点を置くブロックチェーン企業であり、Wavesブロックチェーンの上に構築された資金調達プラットフォームを提供しています。

リミニFCのチーム内で「Quantocoin」のプラットフォームを使用することによって、選手や代理店などのクラブ関係者の間で行われる支払いを厳しく監視することができるようになるため、不正取引などの汚職行為を減らし、サッカー業界での金融取引に透明性をもたらすことができると期待されています。

Heritage Sports Holdings(HSH)とは

HSH

Heritage Sports Holdings(ヘリテージ・スポーツ・ホールディングス/HSH)は、2013年にアラブ首長国連邦(UAE)で設立されたスポーツ投資会社です。

HSHは、チームに所属する選手に支払う給料の一部を仮想通貨で支払っていることで話題となった「Gibraltar United(ジブラルタル・ユナイテッド)」や、スペインのサッカークラブである「UD Los Barrios(UDロス・バリオス)」の株式も所有しており、現在もその規模を拡大しています。

同社のグローバル大使には、元ブラジル代表のRoberto Carlos(ロベルト・カルロス)氏や、元オランダ代表のPatrick Kluivert(パトリック・クライファート)氏なども含まれています。

Quantocoinの創設者でありながら、HSHのオーナーでもあるPablo Dana(パブロ・ダナ)氏は、「Quantocoin(QTCT)」で支払いを行うことによって、チームの資金を節約し、支払い履歴の追跡も簡単にすることができると説明しています。

さらに同氏は「リミニFCの株式の購入は、HSHが望んでいるサッカー業界での取引のほんの1つにすぎない」とも述べています。

ブロックチェーンでサッカー業界を健全に

soccer

ダナ氏は仮想通貨を利用することによって、サッカー業界に潜む汚職行為などの問題を解決することができると考えており、賄賂のような不正取引の防止に「Quantocoin」の決済システムを役立てることを望んでいます。

同氏は、ブロックチェーンや仮想通貨は取引の透明性を高めることができるため、欧州サッカー連盟(UEFA)が発表した新しい『マネーロンダリング防止ルール』に沿った活動を行うための最適な方法だと説明しています。

UEFAの新しいルールの一部では、ヨーロッパのサッカークラブに対して『選手の給与や代理店の手数料に費やしている金額の公表』を要求する条項などが含まれているため、仮想通貨を利用することでUEFAの要求にも素早く対応することができます。

ダナ氏は、仮想通貨に関わりを持つ団体は『長期的視野を持つ革新者』だと考えているとのことで、これらの活動に関わりのあるサッカークラブにも大きな可能性を感じていることを語っています。

サッカー業界では、仮想通貨プロジェクトに積極的に参加する選手やチームも多く、これまでにも数々の選手が仮想通貨プロジェクトとの関わりを公表しています。当メディアではこれまでにも数多くのサッカー選手を紹介していますので、そちらも合わせて読んでみてください。

仮想通貨と関わりのあるサッカー選手一覧はこちら

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

関連のある仮想通貨ニュース

ブロックチェーンの「学習環境」を共同で構築|日本マイクロソフト×株式会社digglue

ブロックチェーンの「学習環境」を共同で構築|日本マイクロソフト×株式会社digglue

BitGo:トロン(Tron/TRX)の「ウォレット・カストディ」サービス提供へ

BitGo:トロン(Tron/TRX)の「ウォレット・カストディ」サービス提供へ

トロン(TRX)初のブロックチェーンサミット「niTROn SUMMIT 2019」開催

トロン(TRX)初のブロックチェーンサミット「niTROn SUMMIT 2019」開催

RippleNetに総資産49兆円の米大手銀行「PNC Bank」が参加

RippleNetに総資産49兆円の米大手銀行「PNC Bank」が参加

「ブロックチェーンとは?」ヨーロッパ医療機関の「44%」が初耳=IDC調査

「ブロックチェーンとは?」ヨーロッパ医療機関の「44%」が初耳=IDC調査

ブロックチェーンは「チャリティー」をどのように変えるのか?

ブロックチェーンは「チャリティー」をどのように変えるのか?

注目度の高い仮想通貨ニュース

イーサリアム2.0「セレニティ・フェーズ0」実装予定日が判明|新たな時代の幕開け

イーサリアム2.0「セレニティ・フェーズ0」実装予定日が判明|新たな時代の幕開け

ブロックチェーンで「地下水管理」を効率化|IBMリサーチが干ばつ問題に対処

ブロックチェーンで「地下水管理」を効率化|IBMリサーチが干ばつ問題に対処

ビットコイン、本当の重要ラインは「108万円」一部専門家は大幅下落を警告

ビットコイン、本当の重要ラインは「108万円」一部専門家は大幅下落を警告

ブロックチェーンサービスの「開発効率化パッケージ」を共同販売:電緑×Ginco

ブロックチェーンサービスの「開発効率化パッケージ」を共同販売:電緑×Ginco

Libraブロックチェーン活用した「トークン化資産」のテスト発行に成功:eToroX

Libraブロックチェーン活用した「トークン化資産」のテスト発行に成功:eToroX

仮想通貨プロジェクトLibraに「大手銀行関係者」を採用|規制の懸念に対処:Facebook

仮想通貨プロジェクトLibraに「大手銀行関係者」を採用|規制の懸念に対処:Facebook

ネム(NEM)ブロックチェーンで「歯髄細胞」の流通管理|岐阜県が研究助成金を提供

ネム(NEM)ブロックチェーンで「歯髄細胞」の流通管理|岐阜県が研究助成金を提供

Cardano・Atalaの技術活用で「ジョージア政府」とMoU締結:IOHK

Cardano・Atalaの技術活用で「ジョージア政府」とMoU締結:IOHK

楽天ペイ対象加盟店で「au PAY」が利用可能に|2019年6月26日から

楽天ペイ対象加盟店で「au PAY」が利用可能に|2019年6月26日から

日本仮想通貨交換業協会「一般の意見求む」新規通貨販売に関する規則・ガイドラインについて

日本仮想通貨交換業協会「一般の意見求む」新規通貨販売に関する規則・ガイドラインについて

【重要】BINANCE DEX:ブロック対象国に「日本」を追加|7月1日から利用不可に

【重要】BINANCE DEX:ブロック対象国に「日本」を追加|7月1日から利用不可に

カルダノエイダ(Cardano/ADA)インドの仮想通貨取引所「WazirX」に上場

カルダノエイダ(Cardano/ADA)インドの仮想通貨取引所「WazirX」に上場

仮想通貨ニュース | 新着記事一覧

仮想通貨まとめ一覧

「医療分野」におけるブロックチェーン活用事例|情報共有がもたらす数々のメリット

「医療分野」におけるブロックチェーン活用事例|情報共有がもたらす数々のメリット

ブロックチェーン×ドローンという「ビジネスの可能性」技術融合で未来の生活が変わる

ブロックチェーン×ドローンという「ビジネスの可能性」技術融合で未来の生活が変わる

貿易産業を変革するブロックチェーン技術「分散型管理」で輸入・輸出の問題改善へ

貿易産業を変革するブロックチェーン技術「分散型管理」で輸入・輸出の問題改善へ

ポルシェ:ブロックチェーンを活用した「次世代スマートカー」計画

ポルシェ:ブロックチェーンを活用した「次世代スマートカー」計画

トヨタ(TOYOTA):ブロックチェーンや最新技術で「モビリティ社会」の新時代へ

トヨタ(TOYOTA):ブロックチェーンや最新技術で「モビリティ社会」の新時代へ

航空業界×ブロックチェーン「安全・安心・低価格」を実現する分散型の業務改革

航空業界×ブロックチェーン「安全・安心・低価格」を実現する分散型の業務改革

人気のタグから探す