リップル(XRP)世界184カ国で利用される金融アプリで「使用量No.1」を獲得:Uphold

by BITTIMES   

仮想通貨(暗号資産)や法定通貨、貴金属などといった幅広い資産を管理することができる金融アプリ「Uphold(アップホールド)」は、2018年12月27日にリップル(XRP)の使用量がビットコイン(BTC)を上回り、サービス内で最も利用される暗号通貨となったことを報告しました。

こちらから読む:基軸通貨としての採用が続く「Ripple/XRP」関連ニュース

世界184カ国、数百万人に利用される「XRP」

uphold

Uphold(アップホールド)は、世界184カ国以上に住む何百万人もの人々向けにオンラインで複数の資産を効率よく管理することができるアプリを提供しています。同社が提供しているサービスは、
ビットコイン(Bitcoin/BTC)
イーサリアム(Ethereum/ETH)
ライトコイン(Litecoin/LTC)
ダッシュ(Dash/DASH)
ビットコインキャッシュ(Bitcoin Cash/BCH)
などをはじめとする合計30種類以上の仮想通貨や、世界各国の法定通貨、金/銀/パラジウム/白金などの貴金属といった、幅広い資産を管理・取引することができるサービスを提供しています。

同社は今年の3月に「Uphold」で取り扱う仮想通貨を決定するアンケート投票を行い、約12,000票のうちの51%を占めたリップル(XRP)を追加しました。「Upholdで"XRP"を管理することができるようなった」というニュースは当時も大きな話題となり、世界各地のメディアで取り上げられていました。

その後「Uphold」のアプリでXRPを利用するユーザーは着実に増えており、2018年12月27日にはこれまで利用量が最も多いとされていたビットコイン(BTC)を上回り、リップル(XRP)が1位になったことが発表されました。

国際送金・決済手段・仮想通貨取引「XRP」の活用法は様々

XRP

リップル(Ripple/XRP)は、この一年間で急速にユーザー数を増やしており、Ripple社と提携を結ぶ企業も急増しています。また最近では「XRP」を"基軸通貨"として取り扱う仮想通貨取引所も増えてきており、世界最大級の仮想通貨取引所として知られるBINANCE(バイナンス)も最近XRPを基軸通貨とすることを発表しています。

世界各国の銀行間で利用される国際送金手段としての基盤を築いただけでなく、複数の仮想通貨取引所での基軸通貨にも採用され、さらには様々なアプリケーションやサービスの登場によって、日常生活でも利用することができるようになったXRPは、今や幅広いことに利用できる革新的な仮想通貨としての地位を確立しています。

このようなことを踏まえて考えると、世界各国の人々が利用する金融アプリケーションで「XRP」の使用量が増加するのは当然のことであると考えられます。今後もXRPのユーザーはさらに増加すると予想されるため、実際に使用する基盤が整っているXRPの使用量はさらに拡大していくと予想されます。

リップル(Ripple/XRP)の価格|2018年12月27日

リップル(Ripple/XRP)の価格は、2018年12月24日に「1XRP=49円」近くまで上昇しましたが、その後は下落しており、2018年12月27日時点では「1XRP=40.47円」で取引されています。

2018年12月13日〜12月27日 XRPのチャート(引用:coingecko.com)2018年12月13日〜12月27日 XRPのチャート(引用:coingecko.com)

リップル(XRP)の購入は取引量で世界一にもなった仮想通貨取引所bitbank(ビットバンク)からどうぞ。

仮想通貨取引所 bitbank の画像 仮想通貨取引所bitbankの登録ページはこちら

bitbankの登録方法はこちらで詳しく解説しています

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

関連のある仮想通貨ニュース

世界経済フォーラム:ブロックチェーン導入に役立つ「ツールキット」公開【サプライチェーン向け】

世界経済フォーラム:ブロックチェーン導入に役立つ「ツールキット」公開【サプライチェーン向け】

リップルとビットコインの価格相関性について|Ripple社CEOのコメント

リップルとビットコインの価格相関性について|Ripple社CEOのコメント

ビットコイン決済で「プライベートジェット」が購入可能に:Aviatrade

ビットコイン決済で「プライベートジェット」が購入可能に:Aviatrade

コインベース:仮想通貨4種類の上場を発表|XRP・ADAなどの取り扱いも検討

コインベース:仮想通貨4種類の上場を発表|XRP・ADAなどの取り扱いも検討

Telegramの独自仮想通貨「Gram」今後2ヶ月以内に公開か=New York Times報道

Telegramの独自仮想通貨「Gram」今後2ヶ月以内に公開か=New York Times報道

Hyundai:ブロックチェーン活用した電気自動車(EV)の「性能コントロール技術」を開発

Hyundai:ブロックチェーン活用した電気自動車(EV)の「性能コントロール技術」を開発

注目度の高い仮想通貨ニュース

TAOTAO「XRPの現物取引サービス」提供へ|レバレッジ取引の証拠金としても利用可能

TAOTAO「XRPの現物取引サービス」提供へ|レバレッジ取引の証拠金としても利用可能

Socios.com:スペイン・プロサッカーリーグ「LaLiga(ラ・リーガ)」と提携

Socios.com:スペイン・プロサッカーリーグ「LaLiga(ラ・リーガ)」と提携

中国人民銀行「仮想通貨は違法」として取締強化|ビットコイン価格は再び急落

中国人民銀行「仮想通貨は違法」として取締強化|ビットコイン価格は再び急落

Chiliz:大手仮想通貨取引所「FTX」と提携|各種ファントークン取扱いへ

Chiliz:大手仮想通貨取引所「FTX」と提携|各種ファントークン取扱いへ

カルダノ「待望の大型アップグレードを完了」DeFi・DAppsなどの開発が可能に

カルダノ「待望の大型アップグレードを完了」DeFi・DAppsなどの開発が可能に

Square・TwitterのCEO「ビットコインの分散型取引所(DEX)構築」を計画

Square・TwitterのCEO「ビットコインの分散型取引所(DEX)構築」を計画

ハッキングで「約295種類のERC20トークン」が流出:暗号資産取引所Bilaxy

ハッキングで「約295種類のERC20トークン」が流出:暗号資産取引所Bilaxy

Huobi Japan:新たに「QTUM・TRX」取扱いへ|3つの上場記念キャンペーンも開催

Huobi Japan:新たに「QTUM・TRX」取扱いへ|3つの上場記念キャンペーンも開催

Bakkt:NYSEへのSPAC上場に向けた申請で「米SEC」から承認獲得

Bakkt:NYSEへのSPAC上場に向けた申請で「米SEC」から承認獲得

SEBC「シンボル(XYM)」取扱い開始|フォロー&リツイートキャンペーンも開催

SEBC「シンボル(XYM)」取扱い開始|フォロー&リツイートキャンペーンも開催

ビットポイント「カルダノ・エイダ(ADA)がもらえる口座開設キャンペーン」開始

ビットポイント「カルダノ・エイダ(ADA)がもらえる口座開設キャンペーン」開始

Shopping.io「エンジンコイン」をサポート|ENJ決済でAmazon商品などが購入可能に

Shopping.io「エンジンコイン」をサポート|ENJ決済でAmazon商品などが購入可能に

仮想通貨ニュース | 新着記事一覧

仮想通貨まとめ一覧

暗号資産取引所「Bitgate(ビットゲート)」とは?基本情報・特徴・メリットなどを解説

暗号資産取引所「Bitgate(ビットゲート)」とは?基本情報・特徴・メリットなどを解説

暗号資産「オントロジー(Ontology/ONT)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「オントロジー(Ontology/ONT)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「コスモス(Cosmos/ATOM)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「コスモス(Cosmos/ATOM)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「パレットトークン(PLT)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「パレットトークン(PLT)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「オーケービー(OKB)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「オーケービー(OKB)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「クアンタム(QTUM)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「クアンタム(QTUM)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

人気のタグから探す