リップル(XRP)世界184カ国で利用される金融アプリで「使用量No.1」を獲得:Uphold

by BITTIMES   

仮想通貨(暗号資産)や法定通貨、貴金属などといった幅広い資産を管理することができる金融アプリ「Uphold(アップホールド)」は、2018年12月27日にリップル(XRP)の使用量がビットコイン(BTC)を上回り、サービス内で最も利用される暗号通貨となったことを報告しました。

こちらから読む:基軸通貨としての採用が続く「Ripple/XRP」関連ニュース

世界184カ国、数百万人に利用される「XRP」

uphold

Uphold(アップホールド)は、世界184カ国以上に住む何百万人もの人々向けにオンラインで複数の資産を効率よく管理することができるアプリを提供しています。同社が提供しているサービスは、
ビットコイン(Bitcoin/BTC)
イーサリアム(Ethereum/ETH)
ライトコイン(Litecoin/LTC)
ダッシュ(Dash/DASH)
ビットコインキャッシュ(Bitcoin Cash/BCH)
などをはじめとする合計30種類以上の仮想通貨や、世界各国の法定通貨、金/銀/パラジウム/白金などの貴金属といった、幅広い資産を管理・取引することができるサービスを提供しています。

同社は今年の3月に「Uphold」で取り扱う仮想通貨を決定するアンケート投票を行い、約12,000票のうちの51%を占めたリップル(XRP)を追加しました。「Upholdで"XRP"を管理することができるようなった」というニュースは当時も大きな話題となり、世界各地のメディアで取り上げられていました。

その後「Uphold」のアプリでXRPを利用するユーザーは着実に増えており、2018年12月27日にはこれまで利用量が最も多いとされていたビットコイン(BTC)を上回り、リップル(XRP)が1位になったことが発表されました。

国際送金・決済手段・仮想通貨取引「XRP」の活用法は様々

XRP

リップル(Ripple/XRP)は、この一年間で急速にユーザー数を増やしており、Ripple社と提携を結ぶ企業も急増しています。また最近では「XRP」を"基軸通貨"として取り扱う仮想通貨取引所も増えてきており、世界最大級の仮想通貨取引所として知られるBINANCE(バイナンス)も最近XRPを基軸通貨とすることを発表しています。

世界各国の銀行間で利用される国際送金手段としての基盤を築いただけでなく、複数の仮想通貨取引所での基軸通貨にも採用され、さらには様々なアプリケーションやサービスの登場によって、日常生活でも利用することができるようになったXRPは、今や幅広いことに利用できる革新的な仮想通貨としての地位を確立しています。

このようなことを踏まえて考えると、世界各国の人々が利用する金融アプリケーションで「XRP」の使用量が増加するのは当然のことであると考えられます。今後もXRPのユーザーはさらに増加すると予想されるため、実際に使用する基盤が整っているXRPの使用量はさらに拡大していくと予想されます。

リップル(Ripple/XRP)の価格|2018年12月27日

リップル(Ripple/XRP)の価格は、2018年12月24日に「1XRP=49円」近くまで上昇しましたが、その後は下落しており、2018年12月27日時点では「1XRP=40.47円」で取引されています。

2018年12月13日〜12月27日 XRPのチャート(引用:coingecko.com)2018年12月13日〜12月27日 XRPのチャート(引用:coingecko.com)

リップル(XRP)の購入は取引量で世界一にもなった仮想通貨取引所bitbank(ビットバンク)からどうぞ。

仮想通貨取引所 bitbank の画像 仮想通貨取引所bitbankの登録ページはこちら

bitbankの登録方法はこちらで詳しく解説しています

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

関連のある仮想通貨ニュース

仮想通貨の利用者は「今後5年間で10億人」に達する|Brian Armstrong

仮想通貨の利用者は「今後5年間で10億人」に達する|Brian Armstrong

世界最大の仮想通貨カストディアンは「コインベース」に|大手Xapoを約58億円で買収

世界最大の仮想通貨カストディアンは「コインベース」に|大手Xapoを約58億円で買収

BINANCE:イーサリアムクラシック(ETC)の「先物取引」を追加

BINANCE:イーサリアムクラシック(ETC)の「先物取引」を追加

イーサリアム(ETH)価格予想「2019年には約21万円」Thomas Lee

イーサリアム(ETH)価格予想「2019年には約21万円」Thomas Lee

bitFlyer Europe:仮想通貨販売所で「イーサリアム」の取扱いを開始

bitFlyer Europe:仮想通貨販売所で「イーサリアム」の取扱いを開始

ビットコイン先物「個人投資家」向けのサービス提供も視野|Bakkt COOが発言

ビットコイン先物「個人投資家」向けのサービス提供も視野|Bakkt COOが発言

注目度の高い仮想通貨ニュース

Coinbase Pro「ドージコイン(DOGE)」取り扱いへ|発表受け価格高騰

Coinbase Pro「ドージコイン(DOGE)」取り扱いへ|発表受け価格高騰

BINANCE(バイナンス)の「入金・出金方法」注意点もまとめて画像付きで解説

BINANCE(バイナンス)の「入金・出金方法」注意点もまとめて画像付きで解説

ディーカレット:暗号資産取引所サービスで「Post-Only機能」提供開始

ディーカレット:暗号資産取引所サービスで「Post-Only機能」提供開始

MicroStrategy:ビットコイン追加購入に向け「4億ドル相当の社債発行」を計画

MicroStrategy:ビットコイン追加購入に向け「4億ドル相当の社債発行」を計画

オリンピック公式認定された「NFTピンバッジ」発売へ:IOC × nWay

オリンピック公式認定された「NFTピンバッジ」発売へ:IOC × nWay

BTCのエネルギー消費量に透明性を「ビットコインマイニング協議会」設立へ

BTCのエネルギー消費量に透明性を「ビットコインマイニング協議会」設立へ

仮想通貨決済対応の鮨店、NFT「SUSHI TOP SHOT」をリリース【銀座渡利】

仮想通貨決済対応の鮨店、NFT「SUSHI TOP SHOT」をリリース【銀座渡利】

ブロックチェーン・暗号資産ニュース週間まとめ|2021年5月30日〜6月5日

ブロックチェーン・暗号資産ニュース週間まとめ|2021年5月30日〜6月5日

ロバート・キヨサキ氏:ビットコイン暴落について「買いのチャンス」だと強調

ロバート・キヨサキ氏:ビットコイン暴落について「買いのチャンス」だと強調

NFTカンファレンス「Non Fungible Tokyo」オンライン会場の一般受付開始【参加費無料】

NFTカンファレンス「Non Fungible Tokyo」オンライン会場の一般受付開始【参加費無料】

Chiliz:フランスの強豪eスポーツチーム「Team Vitality」と提携|$VITトークン発行へ

Chiliz:フランスの強豪eスポーツチーム「Team Vitality」と提携|$VITトークン発行へ

Zofuku:仮想通貨決済対応の「不動産売買仲介サービス」開始|BTC・ETH・DOTなど

Zofuku:仮想通貨決済対応の「不動産売買仲介サービス」開始|BTC・ETH・DOTなど

仮想通貨ニュース | 新着記事一覧

仮想通貨まとめ一覧

暗号資産「クアンタム(QTUM)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「クアンタム(QTUM)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「オーエムジー(OMG Network/OMG)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「オーエムジー(OMG Network/OMG)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「ベーシック・アテンション・トークン(BAT)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「ベーシック・アテンション・トークン(BAT)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「シータ(Theta Network/THETA)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「シータ(Theta Network/THETA)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「トロン(Tron/TRX)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「トロン(Tron/TRX)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産取引所「CoinTrade(コイントレード)」とは?基本情報・特徴・メリットなどを解説

暗号資産取引所「CoinTrade(コイントレード)」とは?基本情報・特徴・メリットなどを解説

人気のタグから探す