仮想通貨XRPは「BTC・ETH」以上に分散化されている|Ripple CEO:Brad Garlinghouse

by BITTIMES

Ripple(リップル)社のCEOであるBrad Garlinghouse(ブラッド・ガーリングハウス)氏は、2018年最後の「Ask Me Anything(*1)」で、今年1年を振り返り『仮想通貨XRPは分散化されたオープンソースのデジタル資産である』という意見を改めて強調しました。"中央集権的である"といった批判を浴びつつも、常に同社の国際送金ネットワークを拡大し続けてきたガーリングハウス氏は、来年もそれらの活動を積極的に続けていく意思を語りました。
(*1)Ask Me Anything:著名人や有名人が一般の人々からの質問に答える企画

こちらから読む:世界中で知られる急成長中の新興企業「Ripple」関連ニュース

XRPは独立したオープンソースのデジタル資産

仮想通貨業界では、各仮想通貨に対して「本当に分散化されているか」ということが特に重要視されますが、ガーリングハウス氏は、ビットコイン(BTC)イーサリアム(ETH)のような仮想通貨は、一部のマイナー(採掘者)がネットワークの50%以上をコントロールしていると指摘した上で、リップル(XRP)の方がBTCやETHよりも分散化されていると語っています。

リップル(Ripple/XRP)が"中央集権型"か"分散型"かという議論は、2018年に特に多く取り上げられて話題の一つです。Ripple社はXRPを大量に保有しているため、生態系の大半がRipple社によって集中的に管理されているという指摘が数多く出ていますが、これに対してRippleは、スマートコントラクトを使用したエスクロー(*2)口座で預金が保管されていることを明確にすることによって、それらの主張を否定しています。
(*2)エスクロー:売り手と買い手の間に第三者である金融機関を介して、条件付で譲渡金額を決済する仕組み

ガーリングハウス氏は、XRPが分散化されていることを証明する最良の方法は"FUD(*3)"を無視してXRPが「分散化されたデジタル資産」であることを伝えていくことだと説明し、Ripple社は今後もこれまで通りの活動を続けていくという意思を伝えました。
(*3)FUD:一般の人々が信じていることに反するような情報を広めることで、大衆の認識に影響を与えようとする戦略的試み

同氏は『"XRPが証券ではない"ということは明白である』と語っており、『たとえRipple社がなくなったとしてもXRPは世界中に何百と存在する取引所を通じて取引され続ける』と説明し、今後も規制当局に「XRPは独立したオープンソースのデジタル資産であり、Ripple社とは別の存在である」ということを伝えていくと語りました。

2019年:金融機関で「デジタル資産」が一般化

xrp-net

米国証券取引委員会(SEC)は今年5月に『ビットコインとイーサリアムは証券に該当しない』という見解を示しましたが、その後大きな発表は行われておらず、その他の仮想通貨プロジェクトなどに対する取り締まりは強化されてきています。

ガーリングハウス氏は、このようなことによって仮想通貨規制に対する不透明感が高まったと指摘した上で、これからより多くのことが発表される予定となっているSECの見解を楽しみにしていると語り、2019年には『伝統的な金融機関が実際にデジタル資産を持つようになるだろう』との予想を語りました。

Ripple社は今年1年間で非常に多くの提携を結んでおり、XRPを取り扱う仮想通貨取引所も世界中に点在しています。また1年前に比べると「XRP」の利用幅も格段に広がっており、最近では一般ユーザーが気軽にXRPの取引を行ったり、決済手段として利用できるアプリなどもリリースされています。

今年11月にXRPは、時価総額ランキングで長い間「2位」の座を維持してきたイーサリアムを抜き、現在はその地位を確立しつつあります。最近公開された報告書では「RippleNet」の規模は現在40カ国にまで拡大しており、参加する企業は100社以上であるとされています。2018年に特に大きな成長を成し遂げたXRPやRipple社は、2019年もさらなる成長を遂げることになると予想されます。

リップル(Ripple/XRP)の価格|2018年12月21日

リップル(Ripple/XRP)の価格は、2018年12月17日から上昇を続けており、12月19日には「1XRP=43円」まで回復しています。2018年12月20日時点のXRP価格は「1XRP=41.81円」となっています。

2018年12月14日〜12月21日 XRPのチャート(引用:coingecko.com)2018年12月14日〜12月21日 XRPのチャート(引用:coingecko.com)

リップル(XRP)の購入は取引量で世界一にもなった仮想通貨取引所bitbank(ビットバンク)からどうぞ。

仮想通貨取引所 bitbank の画像 仮想通貨取引所bitbankの登録ページはこちら

bitbankの登録方法はこちらで詳しく解説しています

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

関連のある仮想通貨ニュース

タイの仮想通貨取引所「TOK Exchange」リップル(Ripple/XRP)取扱いへ|11月14日から

タイの仮想通貨取引所「TOK Exchange」リップル(Ripple/XRP)取扱いへ|11月14日から

仮想通貨ニュース週間まとめ|2月18日〜24日

仮想通貨ニュース週間まとめ|2月18日〜24日

仮想通貨ニュース週間まとめ|6月3日〜9日

仮想通貨ニュース週間まとめ|6月3日〜9日

米国人気スタートアップ50社「ブロックチェーン企業」が多数ランクイン|LinkedIn調査

米国人気スタートアップ50社「ブロックチェーン企業」が多数ランクイン|LinkedIn調査

仮想通貨ニュース週間まとめ|9月30日〜10月6日

仮想通貨ニュース週間まとめ|9月30日〜10月6日

VISA:リップル社と提携する金融サービス会社「Earthport」を買収

VISA:リップル社と提携する金融サービス会社「Earthport」を買収

注目度の高い仮想通貨ニュース

【速報】コインチェックを「仮想通貨交換業者」として正式登録:金融庁

【速報】コインチェックを「仮想通貨交換業者」として正式登録:金融庁

SQUARE ENIX:ブロックチェーン技術応用に関心示す「新サービス開発」の可能性も

SQUARE ENIX:ブロックチェーン技術応用に関心示す「新サービス開発」の可能性も

DX.Exchange:登録方法・口座開設を分かりやすく解説【画像あり/日本語対応】

DX.Exchange:登録方法・口座開設を分かりやすく解説【画像あり/日本語対応】

仮想通貨で「トランプ大統領失脚」の資金調達|麻薬王の兄:ロベルト・エスコバル

仮想通貨で「トランプ大統領失脚」の資金調達|麻薬王の兄:ロベルト・エスコバル

【鹿児島県】仮想通貨が使えるキャッシュレス対応店舗一覧

【鹿児島県】仮想通貨が使えるキャッシュレス対応店舗一覧

ビットコイン価格は今後どうなるのか?市場回復の目処は?専門家の予想をまとめ読み

ビットコイン価格は今後どうなるのか?市場回復の目処は?専門家の予想をまとめ読み

Bakkt:ビットコイン先物はさらに延期?開始日「2019年初頭に明かす」と発表

Bakkt:ビットコイン先物はさらに延期?開始日「2019年初頭に明かす」と発表

BINANCE CEO:リップル(XRP)を「基軸通貨」として取り扱うことを発表

BINANCE CEO:リップル(XRP)を「基軸通貨」として取り扱うことを発表

中国調査:仮想通貨への投資を検討している人は「40%」知識理解は未だ不十分

中国調査:仮想通貨への投資を検討している人は「40%」知識理解は未だ不十分

ブラジルのスーパーマーケットチェーンが「仮想通貨決済」の受け入れを開始

ブラジルのスーパーマーケットチェーンが「仮想通貨決済」の受け入れを開始

仮想通貨企業がスペインのサッカークラブ「エルチェCF」を買収|運営にトークン活用

仮想通貨企業がスペインのサッカークラブ「エルチェCF」を買収|運営にトークン活用

仮想通貨市場「低迷」の原因を指摘|イーサリアム共同設立者:Joseph Lubin

仮想通貨市場「低迷」の原因を指摘|イーサリアム共同設立者:Joseph Lubin

仮想通貨ニュース | 新着記事一覧

仮想通貨まとめ一覧

貿易産業を変革するブロックチェーン技術「分散型管理」で輸入・輸出の問題改善へ

貿易産業を変革するブロックチェーン技術「分散型管理」で輸入・輸出の問題改善へ

ポルシェ:ブロックチェーンを活用した「次世代スマートカー」計画

ポルシェ:ブロックチェーンを活用した「次世代スマートカー」計画

トヨタ(TOYOTA):ブロックチェーンや最新技術で「モビリティ社会」の新時代へ

トヨタ(TOYOTA):ブロックチェーンや最新技術で「モビリティ社会」の新時代へ

航空業界×ブロックチェーン「安全・安心・低価格」を実現する分散型の業務改革

航空業界×ブロックチェーン「安全・安心・低価格」を実現する分散型の業務改革

【保存版】ブロックチェーン総合まとめ:各業界や企業・世界各国の活用事例

【保存版】ブロックチェーン総合まとめ:各業界や企業・世界各国の活用事例

ブロックチェーンが「農業」の未来を変革 ー トレーサビリティで食品管理をスマートに

ブロックチェーンが「農業」の未来を変革 ー トレーサビリティで食品管理をスマートに

人気のタグから探す