Ripple社の国際送金技術「商業銀行に使用を推奨」サウジアラビア通貨庁(SAMA)

by BITTIMES   

サウジアラビアの中央銀行Saudi Arabian Monetary Authority(SAMA)でイノベーション責任者を務めているMohsen Al Zahrani(モフセン・アル・ザフラニ)氏は、SAMAが同国の商業銀行に対してRipple(リップル)社の技術を使用するように推奨し、そのための教育などのサポートを積極的に行なっていることを語っています。

こちらから読む:XRPレジャーのアカウント数"150万"を突破「Ripple」関連ニュース

中央銀行が教育を支援「技術導入を推進」

サウジアラビアの中央銀行であるSaudi Arabian Monetary Authority(SAMA)は、ブロックチェーン技術を用いたトークンの発行や仮想通貨の取り扱いに対して慎重な姿勢を見せていますが、Ripple社のテクノロジーに関しては前向きな姿勢を見せています。

Ripple社とSAMAが契約を結んだことによって、サウジアラビアでは徐々にRipple社の技術を導入する動きが進んできており、これまでに2つの銀行がRipple社のソリューション「xCurrent」を導入することを発表しています。

SAMAのイノベーション責任者であるMohsen Al Zahrani(モフセン・アル・ザフラニ)氏は、ブロックチェーンフォーラムの中で、Ripple社の技術導入を推進するために同国の商業銀行に教育を行い、技術の使用を推奨していることを語っています。

ー 私たち(中央銀行)はRipple社の技術を導入していませんが、Ripple社と協力して商業銀行にその技術に関する教育を行い、使用することを推奨しています。

ー この四半期(2019年第1四半期)に2つの銀行がRipple社の技術を稼働します。

Mohsen Alzahrani ー SAMA

SAMAが現地の銀行に使用することを推奨している「xCurrent」は、安い手数料で大量の取引を瞬時に処理できることが特徴です。このソリューションはRipple社が提供している3つのソリューションの中の1つであり、クロスボーダー取引をエンドツーエンドで追跡することを可能にします。

「xCurrent」は仮想通貨XRPを使用したものではありませんが、Ripple社が提供する「xRapid」を採用すれば、仮想通貨XRPを介すことでより効率的に国際的な送金を処理することができるようになります。

SAMAは、入出金、国内のATM、銀行、POSなどといった幅広いネットワークを統括している中央機関であるため、SAMAがRipple社の技術導入を推奨しているということは大きな意味を持ちます。2018年10月にザフラニ氏は、テクノロジーの発展に伴う取り組みについて次のように語っていました。

私たちには効率化よりも大事なものがあります。私たちは"反デジタル"ではないため、独自のデジタル通貨の発行に向けた実験を進めていますが、何が課題であり、誰がそれをコントロールし、誰がそれを保証するのか、という問題があります。

サウジアラビアで進められるブロックチェーン技術活用に向けた大規模な取り組みの一環としてRipple社の技術が採用されていることは「RippleNet」の拡大にも重要な影響を与えると言えるでしょう。今年1月には、同国の大手銀行であるSaudi British Bank(サウジ・ブリティッシュ・バンク/SABB)が「RippleNet」に参加したことが明らかになっています。

現時点は分かっている情報では、SAMAからRipple社の技術をテストする許可を受けた銀行は3行あることが分かっていますが、これらの技術が実際に使用され始めれば、同国でもさらに多くの銀行が「RippleNet」に参加する可能性があります。

2019年2月14日|リップル(Ripple/XRP)の価格

リップル(Ripple/XRP)の価格は今月9日に35円近くまで上昇して以降、横ばい状態が続いており、2019年2月14日時点では「1XRP=33.66円」で取引されています。

2019年2月7日〜2019年2月14日 XRPのチャート(引用:coingecko.com)2019年2月7日〜2019年2月14日 XRPのチャート(引用:coingecko.com)

リップル(XRP)は仮想通貨取引所bitbank(ビットバンク)などで購入することができます。ビットバンクは以前、XRPの取引量で世界一を達成しています。

仮想通貨取引所 bitbank の画像 仮想通貨取引所bitbankの登録ページはこちら

bitbankの登録方法はこちらで詳しく解説しています

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

関連のある仮想通貨ニュース

JCB:ブロックチェーン企業「keychain」とパートナーシップ締結|決済分野で技術活用

JCB:ブロックチェーン企業「keychain」とパートナーシップ締結|決済分野で技術活用

時価総額ランキング、イーサリアムが一時「1位」に浮上:CoinMarketCap

時価総額ランキング、イーサリアムが一時「1位」に浮上:CoinMarketCap

仮想通貨取引所「LiteBit」にネム(NEM/XEM)が上場 ー オランダ

仮想通貨取引所「LiteBit」にネム(NEM/XEM)が上場 ー オランダ

トロン(TRX)初のブロックチェーンサミット「niTROn SUMMIT 2019」開催

トロン(TRX)初のブロックチェーンサミット「niTROn SUMMIT 2019」開催

Opel・BMWの正規販売代理店が「ビットコイン決済」導入:ルーマニア

Opel・BMWの正規販売代理店が「ビットコイン決済」導入:ルーマニア

南米初!3種類の仮想通貨で決済できるブラジル大手旅客バス会社

南米初!3種類の仮想通貨で決済できるブラジル大手旅客バス会社

注目度の高い仮想通貨ニュース

米地方裁判所:仮想通貨Gramの「仮差止命令」認める|トークン配布の延期求める

米地方裁判所:仮想通貨Gramの「仮差止命令」認める|トークン配布の延期求める

コインチェック「Symbol/XYM」への対応方針を発表

コインチェック「Symbol/XYM」への対応方針を発表

Cardano財団:元研究パートナーとの「訴訟問題」に直面

Cardano財団:元研究パートナーとの「訴訟問題」に直面

人気歌手AKON:ステラブロックチェーン上で仮想通貨「Akoin」発行へ

人気歌手AKON:ステラブロックチェーン上で仮想通貨「Akoin」発行へ

中央銀行の仮想通貨禁止命令は「憲法違反」インド最高裁判所

中央銀行の仮想通貨禁止命令は「憲法違反」インド最高裁判所

お菓子グッズ製造大手「Topps」ブロックチェーントレーディングカード発行へ

お菓子グッズ製造大手「Topps」ブロックチェーントレーディングカード発行へ

XRP Ledger上で「トークン発行」が可能に?Ripple社が新機能開発

XRP Ledger上で「トークン発行」が可能に?Ripple社が新機能開発

日本暗号資産市場社:世界初となる「仮想通貨対応古物市場」の開設許可を取得

日本暗号資産市場社:世界初となる「仮想通貨対応古物市場」の開設許可を取得

人権財団:仮想通貨「ビットコイン」による寄付を受け入れ|BTCPay Serverを採用

人権財団:仮想通貨「ビットコイン」による寄付を受け入れ|BTCPay Serverを採用

CoinMarketCap:仮想通貨「デリバティブ市場」のデータ配信開始

CoinMarketCap:仮想通貨「デリバティブ市場」のデータ配信開始

コインチェック:法律改正に伴い「本人確認書類の提出方法」変更へ

コインチェック:法律改正に伴い「本人確認書類の提出方法」変更へ

暗号資産・デジタル資産の「明確な分類」求める:国際取引所連合(WFE)

暗号資産・デジタル資産の「明確な分類」求める:国際取引所連合(WFE)

仮想通貨ニュース | 新着記事一覧

仮想通貨まとめ一覧

【2020年】ビットコイン、仮想通貨関連の「注目イベント」一覧

【2020年】ビットコイン、仮想通貨関連の「注目イベント」一覧

仮想通貨に関する「詐欺の種類・手法」まとめ|被害防止のための対策・注意点も

仮想通貨に関する「詐欺の種類・手法」まとめ|被害防止のための対策・注意点も

国内仮想通貨取引所:消費税増税後の「各種手数料」まとめ

国内仮想通貨取引所:消費税増税後の「各種手数料」まとめ

【2019年】国内仮想通貨取引所の「セキュリティ対策・資産管理状況」まとめ

【2019年】国内仮想通貨取引所の「セキュリティ対策・資産管理状況」まとめ

「医療分野」におけるブロックチェーン活用事例|情報共有がもたらす数々のメリット

「医療分野」におけるブロックチェーン活用事例|情報共有がもたらす数々のメリット

ブロックチェーン×ドローンという「ビジネスの可能性」技術融合で未来の生活が変わる

ブロックチェーン×ドローンという「ビジネスの可能性」技術融合で未来の生活が変わる

人気のタグから探す