ビットコイン価格「60万円」を突破!今後の展開、専門家たちはどう見るのか?

by BITTIMES

ビットコイン(Bitcoin/BTC)の価格は本日昼頃に60万円台を突破し、2019年の過去最高値を更新しました。今月初めに価格急騰が見られて以降は複数の専門家が「下落の可能性」を指摘していましたが、その後も上昇が続いているため仮想通貨市場に詳しい専門家の間でも「強気派」へと立場を変える人と「弱気派」を維持する人で意見が分かれ始めてきています。

こちらから読む:業界著名人たちの見解は?「ビットコイン価格」関連ニュース

BTC価格:一時的に「63万円」まで上昇

ビットコイン(BTC)の価格は、本日23日の午前2時頃に2019年の過去最高値であった60万円を突破し、一時的に63万円近くまで上昇しました。しかしその後はやや下落しており、午後6時時点では62万円前後で取引されています。

2019年4月23日 ビットコインのチャート(画像:bitbank)2019年4月23日 ビットコインのチャート(画像:bitbank)

仮想通貨に詳しい専門家の多くは「ビットコイン価格は今後もさらなる高値を更新する」と予想していますが、ここ最近では複数のアナリストや調査会社がビットコイン価格の下落を予想していたため、今回の価格上昇はやや予想に反するものであったとも考えられます。

Weiss Ratingsは依然として「価格下落」を警告

米国の格付け機関である「Weiss Ratings」は、今月12日に"ビットコインは買われ過ぎている"と警告し、独自モデルに基づいて『ビットコインは44万円近くまで下落する可能性がある』と語っていました。

Weiss Ratingsはその後のツイートでも「ビットコインの強気相場は人々が思っているほど長くは続かない」との考えを示しており、次の強気相場は前回の強気相場よりも小さいものになると述べています。

また、中国のビットコイン億万長者として知られるZhao Dong(ジャオ・ドン)氏も、今月はじめの価格急騰時に『これは強気相場ではない』と強調しており、ビットコイン価格は67万円近くまで上昇する可能性はあるものの、その後は再び44万円台まで下落する可能性があると語っています。

「強気派」と「弱気派」で揺れる仮想通貨市場

価格下落を警告する意見はこの他にも複数報告されているものの、反対に「弱気派」から「強気派」へ意見を変える専門家も増えてきています。

Twitterで47,000人以上のフォロワーを持つ人気のアナリスト「Murad Mahmudov(@MustStopMurad)」氏は、今年2月に投稿したツイートで「ビットコインの底値は2019年第2四半期に記録することになり、強気相場は2020年第2四半期までこない」と語っていましたが、ここ最近で「今後ビットコイン価格は高騰する」との考えに切り替えたと報告されています。

また「ビットコインの底値は1,000ドル(約11万円)」だと予想していたアナリストのTone Vays氏は、この予想が的中する可能性を40%に減らしたと伝えられています。昨年の時点では、多くの人々がビットコイン価格20万円台まで下落すると予想していたため、弱気派から強気派へと移行している投資家はこの他にも多く存在すると予想されます。

ビットコインが「強気相場に突入した」というにはまだ時期尚早ですが、市場や投資家の意見に変化が見られ始めているのは確かです。実際にBTC価格が上昇を続けていることを考えると今後はさらに多くの投資家が強気派に移行していくと予想されますが、今もなお「価格下落」に関する警告が複数出ていることを踏まえると、今後の価格の動きには注意を払う必要があると予想されます。

2019年4月23日|ビットコイン(Bitcoin/BTC)の価格

ビットコイン(Bitcoin/BTC)の価格は、本日24日の14時頃に62万円台まで上昇して以降は横ばいの状態が続いており、20時時点では「1BTC=623,924円」で取引されています。

2019年4月23日 BTCのチャート(引用:coingecko.com)2019年4月23日 BTCのチャート(引用:coingecko.com)

ビットコイン(BTC)などの購入は豊富な仮想通貨を取り扱っている仮想通貨取引所Coincheckからどうぞ。

仮想通貨取引所Coincheckの画像 仮想通貨取引所Coincheckの登録ページはこちら

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

関連のある仮想通貨ニュース

ビットコインATM設置台数、ついに「10,000台」を突破|世界71ヵ国に展開

ビットコインATM設置台数、ついに「10,000台」を突破|世界71ヵ国に展開

「ビットコイン送金時間かかりすぎ!」その問題解決しますよライトニングネットワーク

「ビットコイン送金時間かかりすぎ!」その問題解決しますよライトニングネットワーク

ビットコイン価格下落で「弱気派」増加|アナリストが注目する次の重要ポイント

ビットコイン価格下落で「弱気派」増加|アナリストが注目する次の重要ポイント

全面経済制裁でビットコイン取引量「過去最高」に|ベネズエラへの米国圧力続く

全面経済制裁でビットコイン取引量「過去最高」に|ベネズエラへの米国圧力続く

ビットコイン価格:一時的に「3万ドル」まで急落|仮想通貨全体で10〜50%の大幅下落

ビットコイン価格:一時的に「3万ドル」まで急落|仮想通貨全体で10〜50%の大幅下落

"順調"に下落するビットコイン|バイナンスCEOの見解は?

注目度の高い仮想通貨ニュース

カルダノ「待望の大型アップグレードを完了」DeFi・DAppsなどの開発が可能に

カルダノ「待望の大型アップグレードを完了」DeFi・DAppsなどの開発が可能に

エルサルバドル:抗議デモ参加者が「ビットコインATM」を破壊

エルサルバドル:抗議デモ参加者が「ビットコインATM」を破壊

Socios.com:NBAチーム「ゴールデンステート・ウォリアーズ」と提携

Socios.com:NBAチーム「ゴールデンステート・ウォリアーズ」と提携

総合格闘技RIZIN:IOST活用のNFTマーケット「RIZIN FIGHTING COLLECTION」公開へ

総合格闘技RIZIN:IOST活用のNFTマーケット「RIZIN FIGHTING COLLECTION」公開へ

ディーカレットの暗号資産自動積立「毎日500円」から積立可能に|ETH・XRPにも対応

ディーカレットの暗号資産自動積立「毎日500円」から積立可能に|ETH・XRPにも対応

暗号資産取引所FTX「NFTを発行・販売できる新機能」を追加

暗号資産取引所FTX「NFTを発行・販売できる新機能」を追加

Animoca Brands:NFTプラットフォーム「Bondly」の株式の過半数を取得

Animoca Brands:NFTプラットフォーム「Bondly」の株式の過半数を取得

Bakkt:NYSEへのSPAC上場に向けた申請で「米SEC」から承認獲得

Bakkt:NYSEへのSPAC上場に向けた申請で「米SEC」から承認獲得

DMMビットコイン:XLM・BCH・LTCの「現物取引サービス」提供へ

DMMビットコイン:XLM・BCH・LTCの「現物取引サービス」提供へ

カルダノ(ADA)スマートコントラクト機能の「メインネット実装日」が確定

カルダノ(ADA)スマートコントラクト機能の「メインネット実装日」が確定

英郵便局のデジタルIDで「暗号資産との交換券」が購入可能に:Swarm Markets

英郵便局のデジタルIDで「暗号資産との交換券」が購入可能に:Swarm Markets

LINE BITMAX Wallet:NFTマーケットβ版に「二次流通機能」を実装

LINE BITMAX Wallet:NFTマーケットβ版に「二次流通機能」を実装

仮想通貨ニュース | 新着記事一覧

仮想通貨まとめ一覧

暗号資産取引所「Bitgate(ビットゲート)」とは?基本情報・特徴・メリットなどを解説

暗号資産取引所「Bitgate(ビットゲート)」とは?基本情報・特徴・メリットなどを解説

暗号資産「オントロジー(Ontology/ONT)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「オントロジー(Ontology/ONT)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「コスモス(Cosmos/ATOM)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「コスモス(Cosmos/ATOM)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「パレットトークン(PLT)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「パレットトークン(PLT)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「オーケービー(OKB)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「オーケービー(OKB)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「クアンタム(QTUM)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「クアンタム(QTUM)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

人気のタグから探す