ビットコイン価格下落再び、44万円以下の可能性も|Weiss Ratings「買われ過ぎ」と警告

by BITTIMES

仮想通貨市場の価格上昇は現在落ち着いてきており、2019年4月13日時点ではやや下落する傾向が見られ始めています。多くの専門家たちはビットコインはすでに底打ちしていると語っていますが、米国の格付け機関である「Weiss Ratings」や資産運用会社「Lucid Investments」のTyler Jenks(タイラー・ジェンクス)氏などは、近いうちにBTC価格が大きく下落する可能性があると警告しています。

こちらから読む:数億円規模の出金報告が相次ぐ「ビットコイン」関連ニュース

Weiss Ratings:独自モデルで「44万円」と予想

ビットコイン(BTC)の価格は、今月4日に59万円近くまで上昇して以降は横ばいの状態が続いており、現在はやや下落する傾向が強まってきています。11日には一時的に60万円に達する動きも見られましたが、その後はすぐ下落しており、先日12日時点では「1BTC=55万円」まで下落しています。

2019年3月31日〜2019年4月13日 ビットコインの価格推移(画像:bitbank)2019年3月31日〜2019年4月13日 ビットコインの価格推移(画像:bitbank)

ビットコインの価格上昇が今後も継続するかどうかに関しては意見が割れていますが、米国の有名な格付け機関である「Weiss Ratings」は、ビットコインは現在「買われ過ぎ」の状態にあり、BTC価格は4,000ドル(約44.8万円)近くまで下落する可能性があると警告しています。

BTCは5,000ドルを下回りましたが、その後やや上昇しました。サポートは5,000ドルを保持しており、その他の仮想通貨も引き下げています。

市場は短期的に買われ過ぎており、我々のモデルは4,000ドルへの引き戻しを示しています。

「Weiss Ratings」は、独自のモデルに基づいてこの価格を導き出していますが、具体的なデータなどは公開していません。しかし、この予想が的中するのであれば、ビットコイン価格は大幅な価格急騰を記録した4月2日の金額よりもさらに下がることになるため、仮想通貨市場全体にも影響が出ると予想されます。

「1BTC=11万円」の可能性も|Tyler Jenks

55万円までの下落は一時的なものであったものの、複数のアナリストは「この動きは下落の始まりに過ぎない」と語っています。実際にその後の回復でも57万円までしか回復しなかったことを考えると、これからさらに下落が続くことになるとも考えられます。

「弱気相場が終わった」と語っている専門家も多く存在していますが、資産運用会社「Lucid Investments」の社長であるTyler Jenks(タイラー・ジェンクス)氏は『ビットコインは近い将来、4,200ドル(約47万円)まで下落する可能性があり、よりひどい場合には1,000ドル(約11万円)まで下がる可能性もある』と語っています。

日足チャートで見た場合、200日移動平均線はまだ下向きでもあるため、ジェンクス氏の語るように47万円近くまで下落する可能性もあると予想されます。日足チャートで200日移動平均線を下回った際に40万円台のサポートラインを維持することができなければ、そこからさらに22万円、11万円へと下落する可能性もあると考えられます。

2017年5月27日〜2019年4月13日 ビットコインの価格推移(画像:bitbank)2017年5月27日〜2019年4月13日 ビットコインの価格推移(画像:bitbank)

下落しても「22万円」は下回らない|アナリスト予測

現在のチャートの動きから考えると「さらなる底値更新」の可能性があるとも考えられますが、人気の仮想通貨アナリストである「planB」氏は最近『ビットコインは2,000ドル(約22万円)を下回ることはない』と語り、それを裏付ける複数の要因を説明しています。

また、別のアナリストである「@MoonOverlord」氏は、今年の1月に過去のデータに基づいて「ビットコインの価格上昇は5月頃に始まる可能性がある」との予想を語っています。

このような複数の予想を踏まえて総合的に考えると、ビットコイン価格は今回の下落で40万円台まで一度下落し、5月頃まで横ばいの状態が続いたのちに本格的な強気相場に突入することになるとも考えられます。このままビットコイン価格の下落が続くのであれば、今後注目すべきポイントは日足チャートでの200日移動平均線付近となるでしょう。

ビットコイン(BTC)などの購入は、セキュリティ面でも安心できる仮想通貨取引所bitbank(ビットバンク)からどうぞ。

仮想通貨取引所 bitbank の画像 仮想通貨取引所bitbankの登録ページはこちら

bitbankの登録方法はこちらで詳しく解説しています

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

関連のある仮想通貨ニュース

おつりをビットコイン投資へ「少しずつ貯めたい方にオススメのアプリが誕生」

おつりをビットコイン投資へ「少しずつ貯めたい方にオススメのアプリが誕生」

ブロックチェーンを活用して「ゴールド取引」の合理化へ|JPモルガン・チェース

ブロックチェーンを活用して「ゴールド取引」の合理化へ|JPモルガン・チェース

ビットコイン決済可能なオークション開催「イタリアが世界初」

ビットコイン決済可能なオークション開催「イタリアが世界初」

大手企業「8割以上」がブロックチェーン活用方法を模索|世界一の会計事務所が調査報告

大手企業「8割以上」がブロックチェーン活用方法を模索|世界一の会計事務所が調査報告

スイス食品メーカー:ブロックチェーンで「魚缶詰」を追跡|消費者に透明性ある情報を

スイス食品メーカー:ブロックチェーンで「魚缶詰」を追跡|消費者に透明性ある情報を

バックト:仮想通貨ウォレットアプリ「Bakkt Pay」開発で元Googleの重役を雇用

バックト:仮想通貨ウォレットアプリ「Bakkt Pay」開発で元Googleの重役を雇用

注目度の高い仮想通貨ニュース

Tポイントで「仮想通貨ビットコイン」が購入可能に|bitFlyerが新サービスを開始

Tポイントで「仮想通貨ビットコイン」が購入可能に|bitFlyerが新サービスを開始

仮想通貨の「奨学金」で学生支援|豪有名大学がセントラリティ(CENNZ)らと協力

仮想通貨の「奨学金」で学生支援|豪有名大学がセントラリティ(CENNZ)らと協力

たとえ銀行が結束しても「ビットコインには敵わない」億万長者ティム・ドレイパー

たとえ銀行が結束しても「ビットコインには敵わない」億万長者ティム・ドレイパー

仮想通貨情報データベース「LOOKBLOCK」事前登録の受付開始:マネックスクリプトバンク

仮想通貨情報データベース「LOOKBLOCK」事前登録の受付開始:マネックスクリプトバンク

トラックでブロックチェーンベースの「M2M決済システム」をテスト:コメルツ銀行

トラックでブロックチェーンベースの「M2M決済システム」をテスト:コメルツ銀行

世界最大の仮想通貨カストディアンは「コインベース」に|大手Xapoを約58億円で買収

世界最大の仮想通貨カストディアンは「コインベース」に|大手Xapoを約58億円で買収

「独自デジタル通貨、準備はできている」中国人民銀行の高官が発表

「独自デジタル通貨、準備はできている」中国人民銀行の高官が発表

1万豪ドル以上「現金払い禁止」のオーストラリア、仮想通貨を除外した理由とは?

1万豪ドル以上「現金払い禁止」のオーストラリア、仮想通貨を除外した理由とは?

米国証券取引委員会(SEC)VanEckなど3社のビットコインETF「承認判断を延期」

米国証券取引委員会(SEC)VanEckなど3社のビットコインETF「承認判断を延期」

韓国Kakao:仮想通貨ウォレット「Klip」を発表|カカオトークに搭載予定

韓国Kakao:仮想通貨ウォレット「Klip」を発表|カカオトークに搭載予定

英大手銀行「Barclays」仮想通貨取引所コインベースとの提携解消か

英大手銀行「Barclays」仮想通貨取引所コインベースとの提携解消か

ビットコイン、止まらぬ下落で「90万円台」目前に|もはや安全資産とは呼べない?

ビットコイン、止まらぬ下落で「90万円台」目前に|もはや安全資産とは呼べない?

仮想通貨ニュース | 新着記事一覧

仮想通貨まとめ一覧

【2019年】国内仮想通貨取引所の「セキュリティ対策・資産管理状況」まとめ

【2019年】国内仮想通貨取引所の「セキュリティ対策・資産管理状況」まとめ

「医療分野」におけるブロックチェーン活用事例|情報共有がもたらす数々のメリット

「医療分野」におけるブロックチェーン活用事例|情報共有がもたらす数々のメリット

ブロックチェーン×ドローンという「ビジネスの可能性」技術融合で未来の生活が変わる

ブロックチェーン×ドローンという「ビジネスの可能性」技術融合で未来の生活が変わる

貿易産業を変革するブロックチェーン技術「分散型管理」で輸入・輸出の問題改善へ

貿易産業を変革するブロックチェーン技術「分散型管理」で輸入・輸出の問題改善へ

ポルシェ:ブロックチェーンを活用した「次世代スマートカー」計画

ポルシェ:ブロックチェーンを活用した「次世代スマートカー」計画

トヨタ(TOYOTA):ブロックチェーンや最新技術で「モビリティ社会」の新時代へ

トヨタ(TOYOTA):ブロックチェーンや最新技術で「モビリティ社会」の新時代へ

人気のタグから探す