コインチェックの日本円出金再開に向けての前準備

by BITTIMES

明日、13日に仮想通貨取引所 コインチェックは業務改善報告書を金融庁に提出します。注目すべき報告書の内容としては、システムの安全対策や経営管理体制の改善策に加え、仮想通貨ネム(NEM/XEM)の流出の被害を受けた顧客約26万人に対して補償している日本円約460億円の原資や、その支払い時期などが挙げられます。

また同日13日は、日本円の出金も再開される事になっており、現在 出金申請されている日本円の総額は「約300億円」にも及ぶとも報道されているため、コインチェックのサイトへのアクセスがかなり集中する事かと思われます。しかし、現時点では具体的な時間帯などは公表されていません。また仮想通貨の入出金に関しては現在も再開のめどはたっていないため、コインチェックユーザーの方は、焦らず対応して頂ければと思います。

仮想通貨の取り扱い時期などに関しては、明日以降に発表されてくる事と思われますので、今後BITTIMESでもできるだけ早く、情報を提供していく予定です。

今後、別の取引所への移行を検討されている方は、今のうちに各取引所の情報を調べておく事をお勧めします。過去の記事にも各取引所に関する情報が多く取り上げられておりますので、そちらも参考にされてみて下さい。

各取引所への登録は以下のリンクからどうぞ

ビットコイン取引量高 No.1 の仮想通貨取引所 bitFlyer(ビットフライヤー)の画像世界進出の進む安心の大手仮想通貨取引所 bitFlyer はこちら 仮想通貨取引所 Zaif の画像様々な仮想通貨を取り扱う、大手仮想通貨取引所 Zaif はこちら GMO FX 取引の画像最近注目の高まってきている仮想通貨取引所 GMO はこちら 仮想通貨取引所 bitbank の画像アルトコインがお得に買える仮想通貨取引所 bitbank はこちら

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

関連のある仮想通貨ニュース

仮想通貨取引所の「顧客資産保護体制」まとめ

仮想通貨取引所の「顧客資産保護体制」まとめ

【速報】コインチェックの仮想通貨出金完了の報告が相次ぐ

【速報】コインチェックの仮想通貨出金完了の報告が相次ぐ

ビットコインの買い方【初心者向けガイド・画像あり】

ビットコインの買い方【初心者向けガイド・画像あり】

仮想通貨NEM / ネムの取扱説明書【 XEM / ゼムとは?】

仮想通貨NEM / ネムの取扱説明書【 XEM / ゼムとは?】

仮想通貨取引所Binanceで利用者のAPIハッキングか?

仮想通貨取引所Binanceで利用者のAPIハッキングか?

ビットアルゴ取引所は日本経済新聞の報道内容を否定

ビットアルゴ取引所は日本経済新聞の報道内容を否定

注目度の高い仮想通貨ニュース

bitbank(ビットバンク)がリップル(Ripple/XRP)の取引量世界一に

bitbank(ビットバンク)がリップル(Ripple/XRP)の取引量世界一に

ドイツ国民観光局はビットコイン決済を受け入れる

ドイツ国民観光局はビットコイン決済を受け入れる

ユーザー数200万人を超えたbitFlyerの今後に注目

ユーザー数200万人を超えたbitFlyerの今後に注目

ブロックチェーン技術専門の子会社を設立|LINE

ブロックチェーン技術専門の子会社を設立|LINE

Huobi韓国に子会社を設立|100種類の仮想通貨を扱う

Huobi韓国に子会社を設立|100種類の仮想通貨を扱う

カカオ社がブロックチェーンの子会社を設立することを発表

カカオ社がブロックチェーンの子会社を設立することを発表

カルダノエイダコイン(Cardano/ADA)がHuobi(フオビ)に上場

カルダノエイダコイン(Cardano/ADA)がHuobi(フオビ)に上場

仮想通貨ニュース週間まとめ|4月15日〜21日

仮想通貨ニュース週間まとめ|4月15日〜21日

アトランタに広がるランサムウェアはビットコインの支払いを要求

アトランタに広がるランサムウェアはビットコインの支払いを要求

コインチェックをマネックスグループが買収?

コインチェックをマネックスグループが買収?

ブロックチェーン導入を進めるマスターカードが描くビジョンは?

ブロックチェーン導入を進めるマスターカードが描くビジョンは?

コインチェックがマネックスの出資を受け入れる

コインチェックがマネックスの出資を受け入れる

仮想通貨ニュース | 新着記事一覧

人気のタグから探す

人気のタグから探す