仮想通貨格付け「史上初の最高評価」価格上昇率は160%超え:Weiss Ratings

by BITTIMES

仮想通貨の格付けを早い時期から開始したことでも知られる米国の格付け機関「Weiss Ratings(ワイスレーティングス)」は、ビットコイン(Bitcoin/BTC)に対する評価が"過去最高"となる「A−」となったことを2019年7月8日に報告しました。BTC価格は再び回復し始めており、本日10日の午前10時頃には「140万円台」に突入しています。

こちらから読む:伝説の投資家も"買い"可能性を示唆「ビットコイン」関連ニュース

ビットコイン、過去最高評価「A−」を獲得

米国の格付け機関である「Weiss Ratings」は、同社の「仮想通貨格付け」においてビットコイン(BTC)の評価が過去最高となる「A−」になったことを2019年7月8日に報告しました。

当社の最高格付け資産であるビットコインは、2018年1月に「Weiss Crypto Ratings」を発表して以来初めての「A-」です。

「Weiss Ratings」は、以前までビットコインを「B」や「C+」と評価しており、主流の仮想通貨と同レベルまたはそれ以下の資産として位置付けていました。しかし今回の評価によって、ビットコインは同社の格付けで"最も高い評価を受けている仮想通貨"となっており、以前まで高評価を受けていた、
イーサリアム(Ethereum/ETH)
イオス(Eos/EOS)
ライトコイン(Litecoin/LTC)
リップル(Ripple/XRP)
カルダノエイダコイン(Cardano/ADA)
アイオータ(IOTA/MIOTA)
などの資産を上回っています。

(画像:weisscrypto.com)(画像:weisscrypto.com

「価格上昇率」や「技術の発展」などで高評価

「Weiss Ratings」が公開しているビットコイン評価の詳細情報では「リスクに対する報酬=B」「技術と普及率=A」と評価されており、ビットコインの評価が大幅に上がったのは「技術開発が進んだことによって取引速度が向上したこと」や「ビットコイン価格の上昇が続いていること」に関連していると伝えられています。

同社のデータによると、ビットコインの過去90日間の上昇率は2019年7月10日時点で「163.96%」だとされており、投資家の人々に素晴らしい利益を生み出していることが示されています。

(画像:weisscrypto.com)(画像:weisscrypto.com)

その他の情報としては、ビットコインは199社の仮想通貨取引所に上場しており、取引ペア数は8,699ペアにのぼっていることも報告されています。最も取引量が多い仮想通貨取引所は「BINANCE(バイナンス)」であり、最も取引量が多い通貨ペアは「BTC/USDT」だとされています。

ビットコイン価格は、本日10日の午前10時頃に「140万円」を突破しており、現在も上昇傾向が続いています。2019年の最高値である「150万円」も目前に迫ってきているため、このラインを越えることができれば過去最高値である「240万円」の突破も現実的な話であると言えるでしょう。

2019年7月10日|ビットコイン(Bitcoin/BTC)の価格

ビットコイン(Bitcoin/BTC)の価格は、今月2日に106万円近くまで下落しましたが、その後は少しづつ回復してきており、2019年7月10日時点では「1BTC=1,411,952円」で取引されています。

2019年6月26日〜2019年7月10日 BTCのチャート(引用:coingecko.com)2019年6月26日〜2019年7月10日 BTCのチャート(引用:coingecko.com)

ビットコイン(BTC)などの購入は豊富な仮想通貨を取り扱っている仮想通貨取引所Coincheckからどうぞ。

仮想通貨取引所Coincheckの画像 仮想通貨取引所Coincheckの登録ページはこちら

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

関連のある仮想通貨ニュース

エチオピア国立銀行「暗号資産・デジタル通貨の違法な取引」について警告

エチオピア国立銀行「暗号資産・デジタル通貨の違法な取引」について警告

Mastercard:暗号資産対応カードの「パートナープログラム」を強化

Mastercard:暗号資産対応カードの「パートナープログラム」を強化

RippleNetに総資産49兆円の米大手銀行「PNC Bank」が参加

RippleNetに総資産49兆円の米大手銀行「PNC Bank」が参加

Binance US:ADA・BATなど「仮想通貨5銘柄」の入金受付を開始

Binance US:ADA・BATなど「仮想通貨5銘柄」の入金受付を開始

投資家は未だ「強気姿勢」ビットコイン=60万円は価格モデルの範囲内

投資家は未だ「強気姿勢」ビットコイン=60万円は価格モデルの範囲内

Huobi Japan「Japan Open Chain」のIEO実施に向けて覚書締結

Huobi Japan「Japan Open Chain」のIEO実施に向けて覚書締結

注目度の高い仮想通貨ニュース

OpenSea Pro:ミームコイン「PEPE」を決済手段として採用

OpenSea Pro:ミームコイン「PEPE」を決済手段として採用

米証券取引委員会(SEC)BINANCEとCZ氏を提訴|バイナンス側からの反論も

米証券取引委員会(SEC)BINANCEとCZ氏を提訴|バイナンス側からの反論も

Symbol基盤のNFTをもっと簡単に「ONEPLATE」提供へ:NFTDrive×フードNFTコンソーシアム

Symbol基盤のNFTをもっと簡単に「ONEPLATE」提供へ:NFTDrive×フードNFTコンソーシアム

謎のウォレット「BlackRock Fund」に注目集まる|PEPE取引で3億円以上の利益

謎のウォレット「BlackRock Fund」に注目集まる|PEPE取引で3億円以上の利益

アルトシグナル、プレセール第1ステージ終了目前に943,000ドルを調達

アルトシグナル、プレセール第1ステージ終了目前に943,000ドルを調達

NIDT保有数量に応じてスペシャルNFT付与「第2弾企画」開催へ:IDOL3.0 PROJECT

NIDT保有数量に応じてスペシャルNFT付与「第2弾企画」開催へ:IDOL3.0 PROJECT

2023年のクリプト投資:アルトシグナルのプレセールは注目すべき?

2023年のクリプト投資:アルトシグナルのプレセールは注目すべき?

ADAで中小企業を支援|スイスのフィンテック企業「Acredius」がカルダノの技術採用

ADAで中小企業を支援|スイスのフィンテック企業「Acredius」がカルダノの技術採用

SBI VCトレード:OAS・XDC上場記念「3つのキャンペーン」を同時開催

SBI VCトレード:OAS・XDC上場記念「3つのキャンペーン」を同時開催

Symbol活用のJUGGLE:施設運営のDX推進ソリューション「AIR-Plate」で技術採用

Symbol活用のJUGGLE:施設運営のDX推進ソリューション「AIR-Plate」で技術採用

カルダノ創設者:ディープフェイク問題における「ブロックチェーンの有用性」語る

カルダノ創設者:ディープフェイク問題における「ブロックチェーンの有用性」語る

Symbol活用のファイルセキュリティシステム「JUGGLE」リニューアル版の販売開始

Symbol活用のファイルセキュリティシステム「JUGGLE」リニューアル版の販売開始

仮想通貨ニュース | 新着記事一覧

仮想通貨まとめ一覧

XDC Network(XDC)とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

XDC Network(XDC)とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

PancakeSwap(パンケーキスワップ)とは?特徴や機能をわかりやすく解説

PancakeSwap(パンケーキスワップ)とは?特徴や機能をわかりやすく解説

PROJECT XENO・GXEとは?基本情報・特徴・取扱う暗号資産取引所などを解説

PROJECT XENO・GXEとは?基本情報・特徴・取扱う暗号資産取引所などを解説

Uniswap(ユニスワップ)とは?特徴や機能をわかりやすく解説

Uniswap(ユニスワップ)とは?特徴や機能をわかりやすく解説

価格上昇で注目が集まるミームコイン「PEPE」とは?基本情報・特徴など

価格上昇で注目が集まるミームコイン「PEPE」とは?基本情報・特徴など

クリプトGPT(CryptoGPT/GPT)とは?基本情報・特徴などを解説

クリプトGPT(CryptoGPT/GPT)とは?基本情報・特徴などを解説

人気のタグから探す