仮想通貨格付け「史上初の最高評価」価格上昇率は160%超え:Weiss Ratings

by BITTIMES

仮想通貨の格付けを早い時期から開始したことでも知られる米国の格付け機関「Weiss Ratings(ワイスレーティングス)」は、ビットコイン(Bitcoin/BTC)に対する評価が"過去最高"となる「A−」となったことを2019年7月8日に報告しました。BTC価格は再び回復し始めており、本日10日の午前10時頃には「140万円台」に突入しています。

こちらから読む:伝説の投資家も"買い"可能性を示唆「ビットコイン」関連ニュース

ビットコイン、過去最高評価「A−」を獲得

米国の格付け機関である「Weiss Ratings」は、同社の「仮想通貨格付け」においてビットコイン(BTC)の評価が過去最高となる「A−」になったことを2019年7月8日に報告しました。

当社の最高格付け資産であるビットコインは、2018年1月に「Weiss Crypto Ratings」を発表して以来初めての「A-」です。

「Weiss Ratings」は、以前までビットコインを「B」や「C+」と評価しており、主流の仮想通貨と同レベルまたはそれ以下の資産として位置付けていました。しかし今回の評価によって、ビットコインは同社の格付けで"最も高い評価を受けている仮想通貨"となっており、以前まで高評価を受けていた、
イーサリアム(Ethereum/ETH)
イオス(Eos/EOS)
ライトコイン(Litecoin/LTC)
リップル(Ripple/XRP)
カルダノエイダコイン(Cardano/ADA)
アイオータ(IOTA/MIOTA)
などの資産を上回っています。

(画像:weisscrypto.com)(画像:weisscrypto.com

「価格上昇率」や「技術の発展」などで高評価

「Weiss Ratings」が公開しているビットコイン評価の詳細情報では「リスクに対する報酬=B」「技術と普及率=A」と評価されており、ビットコインの評価が大幅に上がったのは「技術開発が進んだことによって取引速度が向上したこと」や「ビットコイン価格の上昇が続いていること」に関連していると伝えられています。

同社のデータによると、ビットコインの過去90日間の上昇率は2019年7月10日時点で「163.96%」だとされており、投資家の人々に素晴らしい利益を生み出していることが示されています。

(画像:weisscrypto.com)(画像:weisscrypto.com)

その他の情報としては、ビットコインは199社の仮想通貨取引所に上場しており、取引ペア数は8,699ペアにのぼっていることも報告されています。最も取引量が多い仮想通貨取引所は「BINANCE(バイナンス)」であり、最も取引量が多い通貨ペアは「BTC/USDT」だとされています。

ビットコイン価格は、本日10日の午前10時頃に「140万円」を突破しており、現在も上昇傾向が続いています。2019年の最高値である「150万円」も目前に迫ってきているため、このラインを越えることができれば過去最高値である「240万円」の突破も現実的な話であると言えるでしょう。

2019年7月10日|ビットコイン(Bitcoin/BTC)の価格

ビットコイン(Bitcoin/BTC)の価格は、今月2日に106万円近くまで下落しましたが、その後は少しづつ回復してきており、2019年7月10日時点では「1BTC=1,411,952円」で取引されています。

2019年6月26日〜2019年7月10日 BTCのチャート(引用:coingecko.com)2019年6月26日〜2019年7月10日 BTCのチャート(引用:coingecko.com)

ビットコイン(BTC)などの購入は豊富な仮想通貨を取り扱っている仮想通貨取引所Coincheckからどうぞ。

仮想通貨取引所Coincheckの画像 仮想通貨取引所Coincheckの登録ページはこちら

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

関連のある仮想通貨ニュース

Cardano軽量版ウォレット「Lace」Braveブラウザに対応

Cardano軽量版ウォレット「Lace」Braveブラウザに対応

テレビでNFTの閲覧・取引「LG Art Lab」を発表:LG Electronics

テレビでNFTの閲覧・取引「LG Art Lab」を発表:LG Electronics

仮想通貨市場全体で「価格急落」エルサルバドル政府はビットコイン押し目買い

仮想通貨市場全体で「価格急落」エルサルバドル政府はビットコイン押し目買い

米ニューヨーク州上院「PoWマイニング禁止法案」を可決

米ニューヨーク州上院「PoWマイニング禁止法案」を可決

仮想通貨市場への参入「2019年内に」米国のマネックス子会社が発表

仮想通貨市場への参入「2019年内に」米国のマネックス子会社が発表

アメリカ空軍(USAF)ブロックチェーン企業「Constellation Network」と提携

アメリカ空軍(USAF)ブロックチェーン企業「Constellation Network」と提携

注目度の高い仮想通貨ニュース

ビットボットが売り切れ間近|日本の仮想通貨トレーダーが可能性に期待?

ビットボットが売り切れ間近|日本の仮想通貨トレーダーが可能性に期待?

$SHEB(SHEboshis)Web3求人サービス「LaborX」が決済手段として採用

$SHEB(SHEboshis)Web3求人サービス「LaborX」が決済手段として採用

ロンドン証券取引所「ビットコイン・イーサリアムの仮想通貨ETN」5月から取扱開始

ロンドン証券取引所「ビットコイン・イーサリアムの仮想通貨ETN」5月から取扱開始

Magic Eden:イーサリアムNFT利用者に「ダイヤモンドリワード」を配布

Magic Eden:イーサリアムNFT利用者に「ダイヤモンドリワード」を配布

毎日更新のSHIB公式ニュースサイト「The Daily Shib」登場

毎日更新のSHIB公式ニュースサイト「The Daily Shib」登場

トレーダーたちが最新ミームコインSlothanaに270万ドル相当のSOLを送る

トレーダーたちが最新ミームコインSlothanaに270万ドル相当のSOLを送る

K9 Finance(KNINE)とは?Shibarium基盤のDeFiプラットフォームを紹介

K9 Finance(KNINE)とは?Shibarium基盤のDeFiプラットフォームを紹介

K9 Finance DAO「ガバナンスプロセス」を発表|分散型運営の仕組みについて解説

K9 Finance DAO「ガバナンスプロセス」を発表|分散型運営の仕組みについて解説

エルサルバドル「毎日1ビットコイン購入戦略」を継続|法定通貨で買えなくなるまで

エルサルバドル「毎日1ビットコイン購入戦略」を継続|法定通貨で買えなくなるまで

シバイヌ(SHIB)「TOKEN2049 DUBAI」のゴールドスポンサーに|多数の著名人が参加

シバイヌ(SHIB)「TOKEN2049 DUBAI」のゴールドスポンサーに|多数の著名人が参加

ユニボット保有者の撤退相次ぐ、日本の投資家がビットボットプレセールに注目?

ユニボット保有者の撤退相次ぐ、日本の投資家がビットボットプレセールに注目?

仮想通貨の時価総額「2024年末までに5兆ドルまで倍増する」リップル社CEO

仮想通貨の時価総額「2024年末までに5兆ドルまで倍増する」リップル社CEO

仮想通貨ニュース | 新着記事一覧

仮想通貨まとめ一覧

K9 Finance(KNINE)とは?Shibarium基盤のDeFiプラットフォームを紹介

K9 Finance(KNINE)とは?Shibarium基盤のDeFiプラットフォームを紹介

Bad Idea AI(BAD)とは?特徴・価格チャート・取扱う暗号資産取引所など

Bad Idea AI(BAD)とは?特徴・価格チャート・取扱う暗号資産取引所など

Astar(ASTR)の「dApp Staking」でステーキングする方法|画像付きでわかりやすく解説

Astar(ASTR)の「dApp Staking」でステーキングする方法|画像付きでわかりやすく解説

確定申告はいつからいつまで?知っておきたい「仮想通貨の税金」に関する知識

確定申告はいつからいつまで?知っておきたい「仮想通貨の税金」に関する知識

ASTRも管理できる「Polkadot{.js}」のウォレット作成方法|画像付きでわかりやすく解説

ASTRも管理できる「Polkadot{.js}」のウォレット作成方法|画像付きでわかりやすく解説

仮想通貨の確定申告で必要な「年間取引報告書」のダウンロード方法【取引所別まとめ】

仮想通貨の確定申告で必要な「年間取引報告書」のダウンロード方法【取引所別まとめ】

人気のタグから探す