仮想通貨格付け「史上初の最高評価」価格上昇率は160%超え:Weiss Ratings

by BITTIMES

仮想通貨の格付けを早い時期から開始したことでも知られる米国の格付け機関「Weiss Ratings(ワイスレーティングス)」は、ビットコイン(Bitcoin/BTC)に対する評価が"過去最高"となる「A−」となったことを2019年7月8日に報告しました。BTC価格は再び回復し始めており、本日10日の午前10時頃には「140万円台」に突入しています。

こちらから読む:伝説の投資家も"買い"可能性を示唆「ビットコイン」関連ニュース

ビットコイン、過去最高評価「A−」を獲得

米国の格付け機関である「Weiss Ratings」は、同社の「仮想通貨格付け」においてビットコイン(BTC)の評価が過去最高となる「A−」になったことを2019年7月8日に報告しました。

当社の最高格付け資産であるビットコインは、2018年1月に「Weiss Crypto Ratings」を発表して以来初めての「A-」です。

「Weiss Ratings」は、以前までビットコインを「B」や「C+」と評価しており、主流の仮想通貨と同レベルまたはそれ以下の資産として位置付けていました。しかし今回の評価によって、ビットコインは同社の格付けで"最も高い評価を受けている仮想通貨"となっており、以前まで高評価を受けていた、
イーサリアム(Ethereum/ETH)
イオス(Eos/EOS)
ライトコイン(Litecoin/LTC)
リップル(Ripple/XRP)
カルダノエイダコイン(Cardano/ADA)
アイオータ(IOTA/MIOTA)
などの資産を上回っています。

(画像:weisscrypto.com)(画像:weisscrypto.com

「価格上昇率」や「技術の発展」などで高評価

「Weiss Ratings」が公開しているビットコイン評価の詳細情報では「リスクに対する報酬=B」「技術と普及率=A」と評価されており、ビットコインの評価が大幅に上がったのは「技術開発が進んだことによって取引速度が向上したこと」や「ビットコイン価格の上昇が続いていること」に関連していると伝えられています。

同社のデータによると、ビットコインの過去90日間の上昇率は2019年7月10日時点で「163.96%」だとされており、投資家の人々に素晴らしい利益を生み出していることが示されています。

(画像:weisscrypto.com)(画像:weisscrypto.com)

その他の情報としては、ビットコインは199社の仮想通貨取引所に上場しており、取引ペア数は8,699ペアにのぼっていることも報告されています。最も取引量が多い仮想通貨取引所は「BINANCE(バイナンス)」であり、最も取引量が多い通貨ペアは「BTC/USDT」だとされています。

ビットコイン価格は、本日10日の午前10時頃に「140万円」を突破しており、現在も上昇傾向が続いています。2019年の最高値である「150万円」も目前に迫ってきているため、このラインを越えることができれば過去最高値である「240万円」の突破も現実的な話であると言えるでしょう。

2019年7月10日|ビットコイン(Bitcoin/BTC)の価格

ビットコイン(Bitcoin/BTC)の価格は、今月2日に106万円近くまで下落しましたが、その後は少しづつ回復してきており、2019年7月10日時点では「1BTC=1,411,952円」で取引されています。

2019年6月26日〜2019年7月10日 BTCのチャート(引用:coingecko.com)2019年6月26日〜2019年7月10日 BTCのチャート(引用:coingecko.com)

ビットコイン(BTC)などの購入は豊富な仮想通貨を取り扱っている仮想通貨取引所Coincheckからどうぞ。

仮想通貨取引所Coincheckの画像 仮想通貨取引所Coincheckの登録ページはこちら

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

関連のある仮想通貨ニュース

イスラム圏の主要銀行が続々とRippleNetに参加

イスラム圏の主要銀行が続々とRippleNetに参加

イーロンマスク氏が仮想通貨との関与を否定

イーロンマスク氏が仮想通貨との関与を否定

フェイスブック独自通貨の衝撃|XRP含むアルトコインは「ほぼ不要」に:Max Keiser

フェイスブック独自通貨の衝撃|XRP含むアルトコインは「ほぼ不要」に:Max Keiser

CARDANO創設者「30億人に新たな金融システムを」ADAは次世代の暗号資産に

CARDANO創設者「30億人に新たな金融システムを」ADAは次世代の暗号資産に

香港の仮想通貨取引所「biger」リップル(Ripple/XRP)の取り扱い開始

香港の仮想通貨取引所「biger」リップル(Ripple/XRP)の取り扱い開始

マーシャル諸島が独自の仮想通貨ソブリン(SOV)の発行を予定

マーシャル諸島が独自の仮想通貨ソブリン(SOV)の発行を予定

注目度の高い仮想通貨ニュース

ブロックチェーン活用した「中古車情報マーケットプレイス」設立:シンガポール

ブロックチェーン活用した「中古車情報マーケットプレイス」設立:シンガポール

【速報】BITPoint:仮想通貨「約35億円相当」が流出|ホットウォレットの資産が被害に

【速報】BITPoint:仮想通貨「約35億円相当」が流出|ホットウォレットの資産が被害に

LINE:日本向け仮想通貨取引所「BITMAX」に関する報道にコメント

LINE:日本向け仮想通貨取引所「BITMAX」に関する報道にコメント

ビットコインの上昇トレンド「900日間」続く見込み|人気トレーダーが強気予想

ビットコインの上昇トレンド「900日間」続く見込み|人気トレーダーが強気予想

迫る「90万台円」下落続くビットコイン市場、人気アナリストはどう見るのか?

迫る「90万台円」下落続くビットコイン市場、人気アナリストはどう見るのか?

ブロックチェーンで「オンライン取引の信用性」を事前確認|富士通が新技術開発

ブロックチェーンで「オンライン取引の信用性」を事前確認|富士通が新技術開発

Libra(リブラ)への規制強化で「ビットコイン需要」さらに増加へ:eToro CEO

Libra(リブラ)への規制強化で「ビットコイン需要」さらに増加へ:eToro CEO

ライトコイン財団:アメフトチーム「Miami Dolphins」と提携|LTCが公式仮想通貨に

ライトコイン財団:アメフトチーム「Miami Dolphins」と提携|LTCが公式仮想通貨に

暗号資産ニュース週間まとめ|2019年6月16日〜22日

暗号資産ニュース週間まとめ|2019年6月16日〜22日

Libra(リブラ)は「暗号資産に該当しない」可能性|金融庁の見解傾く

Libra(リブラ)は「暗号資産に該当しない」可能性|金融庁の見解傾く

カルダノ(ADA)はDApps開発の「信頼できる基盤」となる|Weiss Ratingsが賞賛

カルダノ(ADA)はDApps開発の「信頼できる基盤」となる|Weiss Ratingsが賞賛

ビットコイン、本当の重要ラインは「108万円」一部専門家は大幅下落を警告

ビットコイン、本当の重要ラインは「108万円」一部専門家は大幅下落を警告

仮想通貨ニュース | 新着記事一覧

仮想通貨まとめ一覧

【2019年】国内仮想通貨取引所の「セキュリティ対策・資産管理状況」まとめ

【2019年】国内仮想通貨取引所の「セキュリティ対策・資産管理状況」まとめ

「医療分野」におけるブロックチェーン活用事例|情報共有がもたらす数々のメリット

「医療分野」におけるブロックチェーン活用事例|情報共有がもたらす数々のメリット

ブロックチェーン×ドローンという「ビジネスの可能性」技術融合で未来の生活が変わる

ブロックチェーン×ドローンという「ビジネスの可能性」技術融合で未来の生活が変わる

貿易産業を変革するブロックチェーン技術「分散型管理」で輸入・輸出の問題改善へ

貿易産業を変革するブロックチェーン技術「分散型管理」で輸入・輸出の問題改善へ

ポルシェ:ブロックチェーンを活用した「次世代スマートカー」計画

ポルシェ:ブロックチェーンを活用した「次世代スマートカー」計画

トヨタ(TOYOTA):ブロックチェーンや最新技術で「モビリティ社会」の新時代へ

トヨタ(TOYOTA):ブロックチェーンや最新技術で「モビリティ社会」の新時代へ

人気のタグから探す