ブロックチェーン・仮想通貨ニュース週間まとめ|2019年7月14日〜20日

by BITTIMES

2019年7月14日〜20日にかけて紹介した仮想通貨・ブロックチェーン関連のニュースをまとめて掲載しています。この1週間で特に注目の話題をBITTIMES編集部がピックアップしてお届けします。

こちらから読む:2019年7月の「仮想通貨・ブロックチェーン」ニュース

BITPointの流出事件に関する記者会見まとめ

Bitpoint-Press-conference

仮想通貨取引所BITPoint(ビットポイント)は、2019年7月16日に先週発生した仮想通貨の流出事件に関する記者会見を開きました。

以下の記事では「記者会見で説明が行われた事柄の概要」や「質疑応答の要点」を実際の動画とともにまとめています。

国内取引所の「セキュリティ対策」まとめ

Security

仮想通貨取引所からの不正流出事件が相次いでいることを受けて、国内仮想通貨取引所の「セキュリティ対策・資産管理状況」に関するまとめ記事を作成しました。

日本国内でサービスを提供している仮想通貨取引所11社が行なっている対策や要点を取引所別にまとめているので、利用する仮想通貨取引所の参考にされてみてください。

「短期的な下落は気にするな」John McAfee

McAfee-BTC

ビットコイン(BTC)の価格は、今週17日に100万円を下回るラインにまで下落しましたが「2020年末までにビットコイン価格が1億円に達する」と予想しているJohn McAfee(ジョン・マカフィー)氏は、依然として強気な姿勢を維持しています。

同氏は現在の動きに不安を感じている人々に対して「短期的な下落は気にする必要がない」とアドバイスしており、一部のアルトコイン価格は現在の10倍ほどにまで上昇すると語っています。

BTC価格「急上昇」を予想:Tom Lee

Tom-Lee-Bitcoin

ビットコインの今後に関しては、米国の調査会社「Fundstrat Global Advisors(ファンドストラット・グローバル・アドバイザーズ)」の共同創業者であるThomas Lee(トーマス・リー)氏も強気予想を維持しており、ビットコイン価格は今後4ヶ月ほどで「2万ドル〜4万ドル(約216万円〜約432万円)」に達する可能性があると予想しています。

同氏は「現在の価格下落は市場が健全な証である」として今後の値動きに関しても楽観的な意見を語っており、その他複数のニュースもポジティブに捉えています。

日本主導の「仮想通貨版SWIFT」創設か

FSA

金融庁と財務省が主導しているという「仮想通貨版SWIFTを創設する計画」が国際的な機関である「金融活動作業部会(FATF)」によって承認されたことが明らかになりました。

この「仮想通貨版SWIFT」は、仮想通貨を国内外の取引所に送金する際に"個人情報"を素早くやりとりできるようにするためのものだと報告されています。

「ビットコインは誰にも止められない」米国会議員

Patrick-McHenry-BTC

世界各国の政府は仮想通貨規制を強化する取り組みを進めていますが、米国のPatrick McHenry(パトリック・マクヘンリー)議員は、ビットコインのような完全に分散化された仮想通貨は「止めることができるものではなく、止めるべきでもない」と語っています。

同氏は完全に分散化された仮想通貨は止めることはできないものの、特定の企業などに管理されている"完全に分散化されていない仮想通貨"は止めることが可能だと説明しています。

3Dブロックチェーンエクスプローラー公開

Symphony-2.0

カルダノエイダコイン(Cardano/ADA)を開発していることでも知られる「IOHK」は、ビットコインの取引履歴を3Dで確認することができるブロックチェーンエクスプローラー「Symphony 2.0」をリリースしました。

「Symphony 2.0」は利用者がより楽しみながら履歴を確認できるように、視覚的にも聴覚的にも新しい細工が施されています。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

関連のある仮想通貨ニュース

Google Payが「コインベースカード」に対応|仮想通貨決済が利用可能に

Google Payが「コインベースカード」に対応|仮想通貨決済が利用可能に

大手マーケットメーカーB2C2「米国企業とのXRP取引」を停止|リップル訴訟問題で

大手マーケットメーカーB2C2「米国企業とのXRP取引」を停止|リップル訴訟問題で

コインチェック:Amazonギフト券が当たる「テレビCM放送記念キャンペーン」開催

コインチェック:Amazonギフト券が当たる「テレビCM放送記念キャンペーン」開催

Amazon「デジタル通貨・ブロックチェーンのプロダクト責任者」を募集

Amazon「デジタル通貨・ブロックチェーンのプロダクト責任者」を募集

IOTA財団:ネットワークノードの「再起動」を完了

IOTA財団:ネットワークノードの「再起動」を完了

仮想通貨の極端なボラティリティが安全な取引を妨げる|マーク・カーニー氏

仮想通貨の極端なボラティリティが安全な取引を妨げる|マーク・カーニー氏

注目度の高い仮想通貨ニュース

Huobi Japan:新たに「QTUM・TRX」取扱いへ|3つの上場記念キャンペーンも開催

Huobi Japan:新たに「QTUM・TRX」取扱いへ|3つの上場記念キャンペーンも開催

カルダノ・エイダ(Cardano/ADA)「ビットポイントへの上場予定日」が判明

カルダノ・エイダ(Cardano/ADA)「ビットポイントへの上場予定日」が判明

BINANCE:カルダノ大型アップグレードに伴い「ADAの入出金」一時停止へ

BINANCE:カルダノ大型アップグレードに伴い「ADAの入出金」一時停止へ

イーサリアムの主要ノード運用ソフト「Geth」でバグ|利用者にアップデート求める

イーサリアムの主要ノード運用ソフト「Geth」でバグ|利用者にアップデート求める

全世界のNFTクリエイターを発掘・支援「XANALIA NFTART AWARD 2021」開催へ

全世界のNFTクリエイターを発掘・支援「XANALIA NFTART AWARD 2021」開催へ

SEBC「1,000円相当のADAが全員もらえる」お祝いメッセージキャンペーン開始

SEBC「1,000円相当のADAが全員もらえる」お祝いメッセージキャンペーン開始

Enjin:ソーシャルネットワーク「Blockster」と協力|NFTを最大40万人に無料配布

Enjin:ソーシャルネットワーク「Blockster」と協力|NFTを最大40万人に無料配布

チリーズ(Chiliz)2021年第2四半期に「合計8,888,888CHZ」をバーン

チリーズ(Chiliz)2021年第2四半期に「合計8,888,888CHZ」をバーン

ハッキングで「約295種類のERC20トークン」が流出:暗号資産取引所Bilaxy

ハッキングで「約295種類のERC20トークン」が流出:暗号資産取引所Bilaxy

Huobi Japan:新規口座開設でHTが必ず当たる「クーポンキャンペーン」開催

Huobi Japan:新規口座開設でHTが必ず当たる「クーポンキャンペーン」開催

Chiliz&Socios:NBA所属チーム「Los Angeles Clippers」と提携

Chiliz&Socios:NBA所属チーム「Los Angeles Clippers」と提携

SBI:国内初の仮想通貨ファンド「2021年11月」に立ち上げか=ブルームバーグ報道

SBI:国内初の仮想通貨ファンド「2021年11月」に立ち上げか=ブルームバーグ報道

仮想通貨ニュース | 新着記事一覧

仮想通貨まとめ一覧

暗号資産取引所「Bitgate(ビットゲート)」とは?基本情報・特徴・メリットなどを解説

暗号資産取引所「Bitgate(ビットゲート)」とは?基本情報・特徴・メリットなどを解説

暗号資産「オントロジー(Ontology/ONT)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「オントロジー(Ontology/ONT)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「コスモス(Cosmos/ATOM)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「コスモス(Cosmos/ATOM)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「パレットトークン(PLT)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「パレットトークン(PLT)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「オーケービー(OKB)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「オーケービー(OKB)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「クアンタム(QTUM)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「クアンタム(QTUM)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

人気のタグから探す