金融庁・財務省主導の「仮想通貨版SWIFT」FATFの承認獲得|数年以内の稼働目指す

by BITTIMES

暗号資産(仮想通貨)を国内外の取引所を通じて送金する場合に"個人情報"を素早くやり取りできるようにするために「仮想通貨版SWIFTを創設する」という計画が国際的な機関である「金融活動作業部会(FATF)」によって承認されたことがロイターの報道で明らかになりました。このプロジェクトは日本の財務省と金融庁が主導していると報告されています。

こちらから読む:G7財務相会議、Libra規制で一致「仮想通貨」関連ニュース

財務省・金融庁が主導する「仮想通貨版SWIFT」とは

財務省と金融庁が主導する「仮想通貨版SWIFT」は、これまで国際的な金融機関で一般的に使用されていた通信システムである「SWIFT(スウィフト)」の役割を担うものであり、国内外の業界団体や専門家が連携して開発を行っていると伝えられています。

ベルギーに本部を置く「国際銀行間通信協会(SWIFT)」は、銀行を経由して国際送金を行う際に個人情報をやり取りするためのシステムとして長い間使用されてきていましたが、近年では仮想通貨が誕生したことによって、その立場が奪われる可能性があるとも言われていました。

SWIFTを介さずに特定の仮想通貨で国際送金が処理されるようになれば、銀行や政府機関が国際的なお金のやり取りを管理することができなくなる可能性があるため、マネーロンダリング(資金洗浄)などの問題が深刻化する可能性がありました。

新しい「仮想通貨版SWIFT」が正式に機能することによって、マネーロンダリング防止のための対策になるだけでなく、仮想通貨が決済手段の一つとして国際的に存在感を高める可能性があると期待されています。

仮想通貨取引所間で「個人情報」を共有

報道によると、「仮想通貨版SWIFT」の計画はマネーロンダリング対策(AML)やテロ資金供与防止(CFT)に向けた取り組みを行なっている国際組織「金融活動作業部会(FATF)」が6月に開いた総会で承認されたと伝えられており、今後はFATF内に設置された監視チームが開発状況などを定期的に確認し、数年以内に稼働することを目指して開発を進めていく予定だと伝えられています。

6月に開催され「FATF総会」では、仮想通貨交換業者に対して「仮想通貨を送金する際に交換業者間でユーザー情報を即時に共有し、必要に応じて当局とも情報を共有できる体制を整備すること」が義務付けられましたが、膨大な数の仮想通貨取引において交換業者が"送金先の個人情報"までも入手することは技術的に難しいため、関係者の間で波紋を呼んでいました。

日本の当局は「このような問題点がある中でFATFからの勧告を受けた世界各国が直ちに国内法を整備するのは困難だ」と主張し、その代案として「仮想通貨版SWIFT」の創設を提唱したとされています。「仮想通貨版SWIFT」は世界各国の交換業者が参加するだけで情報共有を行うことができるように構築される予定となっているため、よりスムーズに現在求められている取引環境に移行することができると期待されます。

ビットコイン(BTC)などの購入は豊富な仮想通貨を取り扱っている仮想通貨取引所Coincheckからどうぞ。

仮想通貨取引所Coincheckの画像 仮想通貨取引所Coincheckの登録ページはこちら

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

関連のある仮想通貨ニュース

【国内初】暗号資産を対象とする「個人向け証券化商品」提供へ:eワラント証券株式会社

【国内初】暗号資産を対象とする「個人向け証券化商品」提供へ:eワラント証券株式会社

金融庁:コインチェックを仮想通貨交換業者として「正式登録」か

金融庁:コインチェックを仮想通貨交換業者として「正式登録」か

BINANCE(バイナンス)「本人確認手続き」の完了方法|手順を画像付きで解説

BINANCE(バイナンス)「本人確認手続き」の完了方法|手順を画像付きで解説

BITMAX「推し暗号資産」に関するTwitterアンケートの集計結果を公開

BITMAX「推し暗号資産」に関するTwitterアンケートの集計結果を公開

マスターカード:中央銀行デジタル通貨(CBDC)の「テスト環境」提供へ

マスターカード:中央銀行デジタル通貨(CBDC)の「テスト環境」提供へ

CryptoGames「Astar Network(ASTR)」と提携|2022年春にDapps公開へ

CryptoGames「Astar Network(ASTR)」と提携|2022年春にDapps公開へ

注目度の高い仮想通貨ニュース

保守派・革新派による「ビットコイン分裂」を予測:Bitcoin.org運営者Cobra氏

保守派・革新派による「ビットコイン分裂」を予測:Bitcoin.org運営者Cobra氏

ミームネータープレセール|ブルラン勃発で注目される投資機会

ミームネータープレセール|ブルラン勃発で注目される投資機会

2023年の仮想通貨投資利益「国別ランキング」日本の順位は?=Chainalysisレポート

2023年の仮想通貨投資利益「国別ランキング」日本の順位は?=Chainalysisレポート

ビットコイン「第4回目の半減期」完了|価格への影響や仕組みをわかりやすく解説

ビットコイン「第4回目の半減期」完了|価格への影響や仕組みをわかりやすく解説

FET・OCEAN・AGIXをASIトークンに集約「人工超知能アライアンス」設立へ

FET・OCEAN・AGIXをASIトークンに集約「人工超知能アライアンス」設立へ

2024年4月に成長が期待される仮想通貨

2024年4月に成長が期待される仮想通貨

Web3対応の携帯ゲーム機「SuiPlay0X1」登場|パソコン・スマホ両方のゲームに対応

Web3対応の携帯ゲーム機「SuiPlay0X1」登場|パソコン・スマホ両方のゲームに対応

ビットボット:飛躍の可能性を秘めた注目の次世代仮想通貨?

ビットボット:飛躍の可能性を秘めた注目の次世代仮想通貨?

米政府「200億円相当のビットコイン」売却か|シルクロード関連のBTCを移動

米政府「200億円相当のビットコイン」売却か|シルクロード関連のBTCを移動

99BTCのプレセールがスタート! 大口投資家たちが注目している革新的なLearn-To-Earnトークンとは?

99BTCのプレセールがスタート! 大口投資家たちが注目している革新的なLearn-To-Earnトークンとは?

カルダノウォレット「Lace」取引内容確認で嬉しいアップデートを実施

カルダノウォレット「Lace」取引内容確認で嬉しいアップデートを実施

Solana系で注目のミームコインSLOTH、エアドロップ型プレセールで1000万ドルを突破

Solana系で注目のミームコインSLOTH、エアドロップ型プレセールで1000万ドルを突破

仮想通貨ニュース | 新着記事一覧

仮想通貨まとめ一覧

WoofSwapとは?Shibarium基盤トークンを売買できる分散型取引所(DEX)を紹介

WoofSwapとは?Shibarium基盤トークンを売買できる分散型取引所(DEX)を紹介

K9 Finance(KNINE)とは?Shibarium基盤のDeFiプラットフォームを紹介

K9 Finance(KNINE)とは?Shibarium基盤のDeFiプラットフォームを紹介

Bad Idea AI(BAD)とは?特徴・価格チャート・取扱う暗号資産取引所など

Bad Idea AI(BAD)とは?特徴・価格チャート・取扱う暗号資産取引所など

Astar(ASTR)の「dApp Staking」でステーキングする方法|画像付きでわかりやすく解説

Astar(ASTR)の「dApp Staking」でステーキングする方法|画像付きでわかりやすく解説

確定申告はいつからいつまで?知っておきたい「仮想通貨の税金」に関する知識

確定申告はいつからいつまで?知っておきたい「仮想通貨の税金」に関する知識

ASTRも管理できる「Polkadot{.js}」のウォレット作成方法|画像付きでわかりやすく解説

ASTRも管理できる「Polkadot{.js}」のウォレット作成方法|画像付きでわかりやすく解説

人気のタグから探す