3Dでビットコイン・ブロックチェーンが確認できる「Symphony 2.0」公開:IOHK

by BITTIMES

カルダノエイダコイン(Cardano/ADA)の開発を行なっていることでも知られる「IOHK」は、ビットコイン(Bitcoin/BTC)の取引履歴を3Dで確認することができるブロックチェーンエクスプローラー「Symphony 2.0」をリリースしました。このツールは美しい映像や音と共に仮想通貨の取引履歴を確認できるものとなっています。

こちらから読む:ジョージア政府とMoU締結「IOHK」関連ニュース

「Symphony 2.0」とは

「Symphony 2.0」は、ビットコインブロックチェーンに記録されている取引履歴を"美しい3Dグラフィック"で確認することができるブロックチェーン・エクスプローラーです。

一般的なブロックチェーン・エクスプローラーは、サイト上で取引履歴を検索して確認することができる単純なものとなっていましたが、「Symphony 2.0」は利用者がより楽しみながら履歴を確認できるように、視覚的にも聴覚的にも新しい細工が施されています。

このブロックチェーン・エクスプローラーでは、検証済みのトランザクションが同心円で表示されており、各取引は六角形の"クリスタル"として表現されています。また、それぞれのブロックには「独自の音」がつけられており、クリスタルの高さは値、明るさは消費率、そしてそれらの取引データに基づいた音が作り出されていると説明されています。

「Symphony」で確認することができるブロックチェーンは、今のところ"ビットコイン(BTC)のみ"となっていますが、今後は同じコードを用いてイーサリアム(ETH)のバージョンを作成し、その後はカルダノ(ADA)のバージョンも作成される予定となっています。

ブロックチェーンを学びたい人々のために

(画像:IOHK)(画像:IOHK

IOHKは、楽しくブロックチェーンに触れることができる「Symphony」を提供することによって、「ブロックチェーン技術についてもっと知りたいと思ってはいるものの、それに関する知識を有していない」という人々に新しい機会を提供することができると考えています。

「Symphony」はブラウザを通じて公式サイトで利用することができるようになっており「Google Chrome」での利用が推奨されています。

サイトに接続すれば「デスクトップPC・ノートパソコン・モバイル端末」のどれでも利用することができますが、端末によっては動作が重くなってしまう可能性があるため注意が必要です。

公式発表では、ラップトップやモバイル端末を利用しているユーザーは「中品質のオプション(MEDIUM)」を利用し、高性能なデバイスを利用しているユーザーは「高品質のオプション(HIGH)」を利用することが推奨されています。これらのオプションは「Symphony」を利用する前に表示される画面で選択することができるようになっています。

>>「Symphony 2.0」はこちらから利用することができます。

ビットコイン(BTC)などの購入は豊富な仮想通貨を取り扱っている仮想通貨取引所Coincheckからどうぞ。

仮想通貨取引所Coincheckの画像 仮想通貨取引所Coincheckの登録ページはこちら

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

関連のある仮想通貨ニュース

ブロックチェーン業界における「教育・ロビー活動」の重要性を主張:NY州議員

ブロックチェーン業界における「教育・ロビー活動」の重要性を主張:NY州議員

歴史上最大!仮想通貨のイベント「Blockchain World Conference」

歴史上最大!仮想通貨のイベント「Blockchain World Conference」

Mercari(メルカリ)「暗号資産関連サービス提供」に向け複数の求人募集

Mercari(メルカリ)「暗号資産関連サービス提供」に向け複数の求人募集

エルサルバドル「ビットコインシティの模型画像」を公開|市街地・空港・展望台なども

エルサルバドル「ビットコインシティの模型画像」を公開|市街地・空港・展望台なども

米国議会「ブロックチェーン投票システム」の導入を検討|新型コロナの影響受け

米国議会「ブロックチェーン投票システム」の導入を検討|新型コロナの影響受け

Operaブラウザが「ビットコイン・トロン」に対応|Android向けベータ版アプリ公開

Operaブラウザが「ビットコイン・トロン」に対応|Android向けベータ版アプリ公開

注目度の高い仮想通貨ニュース

ビットバンク:Solana基盤のオラクル「Pyth Network」と提携

ビットバンク:Solana基盤のオラクル「Pyth Network」と提携

Huobi Japan:販売所・取引所で「OMG」取扱いへ

Huobi Japan:販売所・取引所で「OMG」取扱いへ

NFTプロジェクト「Tokyo Mongz Hills Club」1次販売の詳細を発表:HashLink

NFTプロジェクト「Tokyo Mongz Hills Club」1次販売の詳細を発表:HashLink

Chiliz&Socios:ラ・リーガの強豪「レアル・ソシエダ」と提携|$RSOファントークン発行へ

Chiliz&Socios:ラ・リーガの強豪「レアル・ソシエダ」と提携|$RSOファントークン発行へ

Tesla(テスラ)保有するビットコインの「約75%」を売却

Tesla(テスラ)保有するビットコインの「約75%」を売却

米Grayscale:投資信託への追加検討リストに「暗号資産3銘柄」を追加

米Grayscale:投資信託への追加検討リストに「暗号資産3銘柄」を追加

Epic Games CEO:MinecraftのようなNFT禁止「絶対にしない」とコメント

Epic Games CEO:MinecraftのようなNFT禁止「絶対にしない」とコメント

ブロックチェーン・暗号資産ニュース週間まとめ|2022年7月10日〜16日

ブロックチェーン・暗号資産ニュース週間まとめ|2022年7月10日〜16日

FIFA:2026年W杯に向け暗号資産・メタバース関連の商標出願

FIFA:2026年W杯に向け暗号資産・メタバース関連の商標出願

ビットポイント「DEPがもらえる!STEP UP口座開設キャンペーン」開始

ビットポイント「DEPがもらえる!STEP UP口座開設キャンペーン」開始

日本初の「位置情報付地図アイコンNFT」提供開始:ジオテクノロジーズ

日本初の「位置情報付地図アイコンNFT」提供開始:ジオテクノロジーズ

GMOコイン:取引所サービスで「ADA・MKR・DAI・LINK」取扱いへ

GMOコイン:取引所サービスで「ADA・MKR・DAI・LINK」取扱いへ

仮想通貨ニュース | 新着記事一覧

仮想通貨まとめ一覧

FTXトークン(FTX Token/FTT)とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

FTXトークン(FTX Token/FTT)とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

元素騎士メタバース(MV)とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

元素騎士メタバース(MV)とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

アバランチ(Avalanche/AVAX)とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

アバランチ(Avalanche/AVAX)とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

ポリゴン(Polygon/MATIC)とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

ポリゴン(Polygon/MATIC)とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

エバードーム(Everdome/DOME)とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

エバードーム(Everdome/DOME)とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

Unstoppable Domainsとは?基本情報・特徴・使い方などを解説

Unstoppable Domainsとは?基本情報・特徴・使い方などを解説

人気のタグから探す