ネット副業・仮想通貨投資など「モノなしマルチ商法」が増加|国民生活センターが警告

by BITTIMES

日本の独立行政法人「国民生活センター」は2019年7月25日、仮想通貨やネット副業などに関連する"形のないマルチ商法"である「モノなしマルチ商法」が増加しており、20代前後の若者を中心に相談件数が増加していると警告する資料を公開しました。

こちらから読む:公式サイト装った"偽サイト"に要注意「詐欺」関連ニュース

「副業・ファンド型投資商品」関連の相談が増加

国民生活センターの報告によると、全国の消費生活センターなどに寄せられる「マルチ商法」に関する相談は、化粧品や健康食品といった"商品"に関するものが多かったものの、2017年度・2018年度は「ファンド型投資商品」や「副業」などといった"役務"に関する相談が増加していると報告されています。

(画像:国民生活センター)(画像:国民生活センター)

これらの"形のないマルチ商法"は「モノなしマルチ商法」と呼ばれており、特に20歳代や20歳未満の若者を中心に相談を受ける数が増加していると報告されています。

特に多く見られるケースは、友人やSNSで知り合った人物から「仮想通貨投資・海外事業投資・アフェリエイト」などの儲け話を受け、「他の人に紹介すれば報酬を受け取ることができる」と勧誘されて契約したものの、事業者の実態がわからず、儲かる仕組みも不明であり、事業者に解約・返金を求めても交渉することが難しいといったケースだと報告されています。

仮想通貨に関連する「モノなしマルチ商法」としては、外国の会社が運営する仮想通貨ウォレットに関する事例が紹介されており、日本円や仮想通貨でウォレットに入金すると1ヶ月間は出金することができないものの、その後は「7万円コースは儲けの40%」「21万円コースは 80%」の配当がつき、アフィリエイターを紹介すると「紹介した人が支払ったコース費用の10%が自分の収入になる」といった内容の勧誘話があったことが報告されています。

この相談を行なっているのは「19代の男性」とされており、勧誘者とはSNSで連絡を取っていたものの『返金してほしい』とメッセージを送っても『自分は社員ではないのでできない』との返信を受けたとされています。

「モノなしマルチ商法」の特徴やアドバイス

「相談事例から見られる特徴と問題点」としては、
・契約のきっかけは友人・知人からの紹介
・紹介報酬ばかり強調されるが、儲け話の実態はわからない
・友人・知人との関係もあり、断りきれない事例も多い
・解約・返金を求めても連絡先が不明確で交渉が困難
などが挙げられています。

このような事例に関する「消費者へのアドバイス」としては、
・実態や仕組みが分からない場合は契約しない
・友だち・知り合いに勧誘されてもきっぱり断る
・安易にクレジットカードでの高額決済や借金をしない
などが挙げられています。

また、実際に「不安に感じた場合」や「トラブルに遭った場合」などには消費生活センターなどに相談するようにと説明されています。消費者ホットラインである「188(いやや!)」番に電話をかけると、自分が住む地域の市区町村や都道府県の消費生活センターなどの案内を受けることができるとされています。

>>「国民生活センター」が公開した資料はこちら

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

関連のある仮想通貨ニュース

Kraken:暗号資産関連の教育促進に向け「ワイオミング大学」に30万ドルの支援金

Kraken:暗号資産関連の教育促進に向け「ワイオミング大学」に30万ドルの支援金

ブロックチェーンでAI開発を効率化「GeneFlow」β版提供開始:クーガー株式会社

ブロックチェーンでAI開発を効率化「GeneFlow」β版提供開始:クーガー株式会社

NFTガチャ「賭博該当」の可能性|ブロックチェーンコンテンツ協会がガイドライン公開

NFTガチャ「賭博該当」の可能性|ブロックチェーンコンテンツ協会がガイドライン公開

1万豪ドル以上「現金払い禁止」のオーストラリア、仮想通貨を除外した理由とは?

1万豪ドル以上「現金払い禁止」のオーストラリア、仮想通貨を除外した理由とは?

ディーカレット「暗号資産事業を売却」Amber Groupの日本法人に全株式を譲渡

ディーカレット「暗号資産事業を売却」Amber Groupの日本法人に全株式を譲渡

これからはビットコインの時代?「金からの移行が進行中」ARK CEO キャシー・ウッド氏

これからはビットコインの時代?「金からの移行が進行中」ARK CEO キャシー・ウッド氏

注目度の高い仮想通貨ニュース

トレーダーたちが最新ミームコインSlothanaに270万ドル相当のSOLを送る

トレーダーたちが最新ミームコインSlothanaに270万ドル相当のSOLを送る

MarketAcross、Republic Cryptoと提携|マーケティングと成長戦略のアドバイザリーを強化

MarketAcross、Republic Cryptoと提携|マーケティングと成長戦略のアドバイザリーを強化

稲垣組・もぐら組が誕生?コインチェック「新テレビCM」全国放映へ|記念キャンペーンも

稲垣組・もぐら組が誕生?コインチェック「新テレビCM」全国放映へ|記念キャンペーンも

ワールドコイン「虹彩情報の削除機能・18歳未満の利用防止措置」を導入

ワールドコイン「虹彩情報の削除機能・18歳未満の利用防止措置」を導入

シバイヌ(SHIB)提携のZAMA:新たな通信プロトコル「HTTPZ」を推進|暗号化時代の到来

シバイヌ(SHIB)提携のZAMA:新たな通信プロトコル「HTTPZ」を推進|暗号化時代の到来

TikTok関連企業が「Suiブロックチェーン」を採用|BytePlus・Mysten Labsが提携

TikTok関連企業が「Suiブロックチェーン」を採用|BytePlus・Mysten Labsが提携

Only1「ソラナ版OnlyFans」構築へ|合計480万ドルの資金調達

Only1「ソラナ版OnlyFans」構築へ|合計480万ドルの資金調達

EU自己管理型ウォレット禁止のニュースは「誤報」Circle政策担当者が説明

EU自己管理型ウォレット禁止のニュースは「誤報」Circle政策担当者が説明

Apple製チップで「秘密鍵流出に繋がる修正不可能な脆弱性」報告|深刻さに関する補足説明も

Apple製チップで「秘密鍵流出に繋がる修正不可能な脆弱性」報告|深刻さに関する補足説明も

2024年4月に成長が期待される仮想通貨

2024年4月に成長が期待される仮想通貨

ビットトレード:ソーラー(Solar/SXP)取扱いへ【国内初上場】

ビットトレード:ソーラー(Solar/SXP)取扱いへ【国内初上場】

ビットコイン「半減期まで残り1ヶ月」過去データを比較するレポートも公開

ビットコイン「半減期まで残り1ヶ月」過去データを比較するレポートも公開

仮想通貨ニュース | 新着記事一覧

仮想通貨まとめ一覧

WoofSwapとは?Shibarium基盤トークンを売買できる分散型取引所(DEX)を紹介

WoofSwapとは?Shibarium基盤トークンを売買できる分散型取引所(DEX)を紹介

K9 Finance(KNINE)とは?Shibarium基盤のDeFiプラットフォームを紹介

K9 Finance(KNINE)とは?Shibarium基盤のDeFiプラットフォームを紹介

Bad Idea AI(BAD)とは?特徴・価格チャート・取扱う暗号資産取引所など

Bad Idea AI(BAD)とは?特徴・価格チャート・取扱う暗号資産取引所など

Astar(ASTR)の「dApp Staking」でステーキングする方法|画像付きでわかりやすく解説

Astar(ASTR)の「dApp Staking」でステーキングする方法|画像付きでわかりやすく解説

確定申告はいつからいつまで?知っておきたい「仮想通貨の税金」に関する知識

確定申告はいつからいつまで?知っておきたい「仮想通貨の税金」に関する知識

ASTRも管理できる「Polkadot{.js}」のウォレット作成方法|画像付きでわかりやすく解説

ASTRも管理できる「Polkadot{.js}」のウォレット作成方法|画像付きでわかりやすく解説

人気のタグから探す