SBI×NEC:ブロックチェーンやAI用いた「システム開発の新会社」設立=日経報道

by BITTIMES

SBIホールディングスとNECが、マネーロンダリング(資金洗浄)や不正取引を防止するシステムを開発する新会社「SBIデジタルトラスト」を立ち上げたことが日本経済新聞の報道で明らかになりました。同社はブロックチェーン・生体認証・人工知能(AI)などの技術を使用して「データ改ざん」や「なりすまし」などの違法行為を防止するシステムを開発すると報じられています。

こちらから読む:EMURGO、"ドコモ5Gパートナープログラム"に参加「国内ニュース」

不正取引・マネロン防止を目指す「SBIデジタルトラスト」

SBIデジタルトラストは、SBIの子会社である「SBIセキュリティ・ソリューションズ」が66%、NECが34%を出資して立ち上げた"マネロンや不正取引を防止するためのシステムを開発する新会社"だと報じられています。

同社は"取引履歴の改ざんが難しい"という特徴を持つブロックチェーン技術を活用するほか、生体認証・人工知能(AI)などの技術を用いて解析を行うことによって、なりすましやデータ改ざんなどを監視すると伝えられています。

このシステムは金融機関だけでなく、一般の事業会社にも販売する予定となっており、仮想通貨交換業者などでも活用できる仕組みになっているとのことです。

ここ最近では特にデジタル化の動きが進んでおり、キャッシュレス仮想通貨などが注目を集めていますが、それと同時に「マネーロンダリング」や「不正アクセス」などの問題も重要になってきているため、SBIデジタルトラストが開発するシステムは今後さらに需要が高まっていくと期待されています。

>>「日本経済新聞」の報道はこちら

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

関連のある仮想通貨ニュース

ビットトレード:ドージコイン(DOGE)とシバイヌ(SHIB)取扱いへ

ビットトレード:ドージコイン(DOGE)とシバイヌ(SHIB)取扱いへ

暗号資産レンディングなど展開する「HashHub」SBIグループに参画

暗号資産レンディングなど展開する「HashHub」SBIグループに参画

ウォレット・カストディ大手「Cobo Custody」チリーズ(Chiliz/CHZ)をサポート

ウォレット・カストディ大手「Cobo Custody」チリーズ(Chiliz/CHZ)をサポート

Goldman Sachs「暗号資産トレーディングデスク再開」の可能性=ロイター報道

Goldman Sachs「暗号資産トレーディングデスク再開」の可能性=ロイター報道

仮想通貨で「再生医療の未来」を切り開く|SCC決済可能の医療機関が東京・大阪にオープン

仮想通貨で「再生医療の未来」を切り開く|SCC決済可能の医療機関が東京・大阪にオープン

仮想通貨の利益が20万円以下でも「確定申告・納税」が必要なケース【税金関連の知識】

仮想通貨の利益が20万円以下でも「確定申告・納税」が必要なケース【税金関連の知識】

注目度の高い仮想通貨ニュース

仮想通貨ニュース | 新着記事一覧

仮想通貨まとめ一覧

仮想通貨を保有するだけで増える「ステーキング対応のおすすめ取引所」税金に関する注意点も

仮想通貨を保有するだけで増える「ステーキング対応のおすすめ取引所」税金に関する注意点も

【年利最大9%】ソラナ(SOL)をステーキングで増やす方法|画像付きで解説

【年利最大9%】ソラナ(SOL)をステーキングで増やす方法|画像付きで解説

【年利40%以上】フレア(Flare/FLR)をラップ&デリゲートで増やす方法|画像付きで解説

【年利40%以上】フレア(Flare/FLR)をラップ&デリゲートで増やす方法|画像付きで解説

シバイヌDEX「ShibaSwap」の使い方|流動性提供の方法などをまとめた解説動画公開

シバイヌDEX「ShibaSwap」の使い方|流動性提供の方法などをまとめた解説動画公開

各種仮想通貨を「Shibarium基盤BONE」に簡単交換|ガス代補充機能の使い方を解説

各種仮想通貨を「Shibarium基盤BONE」に簡単交換|ガス代補充機能の使い方を解説

‌NFTマーケットプレイス「Magic Eden」とは?機能や使い方などを解説

‌NFTマーケットプレイス「Magic Eden」とは?機能や使い方などを解説