IoT関連企業「7割以上」がブロックチェーン活用を計画=IT調査大手Gartner社報告

by BITTIMES   

IT分野を中心とした調査・助言を行っている米国の大手企業「Gartner(ガートナー)」が行なった調査によると、IoT(モノのインターネット)関連の事業を手掛ける米国企業のうち「75%」はすでにブロックチェーン技術を採用しているか、2020年末までには採用する予定だと伝えられています。

こちらから読む:医療保険大手、データ管理に技術活用「ブロックチェーン」関連ニュース

ブロックチェーン活用を計画するIoT企業は「75%」

IoT(モノのインターネット)の分野ではブロックチェーン技術を活用した事例が多数報告されていますが、Gartner(ガートナー)が行なった最新の調査では、IoT関連のサービスを手掛ける米国企業500社以上のうちの75%は「すでにブロックチェーン技術を採用している」また「2020年末までには採用する予定だ」と回答したと報告されています。

また「すでにブロックチェーン技術を採用している」と回答した企業の中の86%は"様々なプロジェクトで2つのテクノロジーを一緒に実装している"とも報告されています。

実際に、これまでに報告されてきたIoT関連のプロジェクトでは「5G人工知能(AI)仮想通貨」などといったその他の最先端技術と共にブロックチェーン技術を活用していると説明されていたため、このような技術を用いたサービスのデータ管理手段としてブロックチェーン技術を採用している企業が多いのだと予想されます。

「ブロックチェーン×IoT」のメリット

ブロックチェーン技術は主に複数のデバイスや企業間などで安全にデータを保管・共有するための手段として活用されており、共有されたデータの整合性を簡単に確認することができるだけでなく、データ改ざんなどのリスクを最小限に抑えながらスムーズに必要なデータを共有できるとして注目を集めています。

実際に今回の調査報告でも、回答者の63%が"IoTとブロックチェーンを組み合わせるメリット"として「第三者との取引を行う際のデータセキュリティ・信頼性向上」を挙げていると報告されています。また、56%の回答者は「ビジネス効率の向上とコスト削減」と挙げているとのことです。

しかし「収益とビジネスチャンスの増加」をメリットとして挙げたのは43%だけであり、「ユーザーエクスペリエンスの向上」を挙げたのはわずか37%だったとされています。

「ブロックチェーン×IoT」に残された課題

今回のレポートでは「IoTとエンタープライズブロックチェーンの組み合わせは非常に未熟であり、技術面・ビジネス面ともに多くの課題が残されている」とも指摘されています。

具体的な課題としては「プロトコルの変更などを伴うブロックチェーン実装の変動性」が挙げられており、頻繁にアップデートなどが行われている現在のブロックチェーン技術を"寿命が長いIoTデバイス"に搭載するのは困難である可能性があると警告されています。

長期的な視点で見ると、IoTとブロックチェーンの組み合わせは「革新的なデバイス」や「新たなビジネスモデル」を生む可能性を秘めていますが、ブロックチェーンとIoTの融合がしっかりと成熟するまでには5〜10年ほどの期間がかかるだろうと見積もられています。

(参照元:Gartner.com

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

関連のある仮想通貨ニュース

BINANCE:大手仮想通貨情報サイト「CoinMarketCap」買収を完了

BINANCE:大手仮想通貨情報サイト「CoinMarketCap」買収を完了

仮想通貨ニュース週間まとめ|6月17日〜23日

仮想通貨ニュース週間まとめ|6月17日〜23日

金融庁「デジタル・分散型金融への対応のあり方等に関する研究会」設置

金融庁「デジタル・分散型金融への対応のあり方等に関する研究会」設置

Sorare「2021シーズンのJリーグ選手NFTカード」販売開始

Sorare「2021シーズンのJリーグ選手NFTカード」販売開始

Asics(アシックス)アバターにも利用できる「NFTシューズ」オークション販売へ

Asics(アシックス)アバターにも利用できる「NFTシューズ」オークション販売へ

コカ・コーラはブロックチェーン技術で強制労働問題に取り組む

コカ・コーラはブロックチェーン技術で強制労働問題に取り組む

注目度の高い仮想通貨ニュース

USDC発行企業「Circle」SPAC合併でニューヨーク証券取引所(NYSE)上場へ

USDC発行企業「Circle」SPAC合併でニューヨーク証券取引所(NYSE)上場へ

Bybit(バイビット)「KYCルール」導入へ|2BTC以上の出金で本人確認が必須に

Bybit(バイビット)「KYCルール」導入へ|2BTC以上の出金で本人確認が必須に

YELLtum:スポーツチームが発行主体の「ファントークン」販売開始|新機能も追加予定

YELLtum:スポーツチームが発行主体の「ファントークン」販売開始|新機能も追加予定

グレースケール:暗号資産投資信託に「カルダノ(Cardano/ADA)」追加

グレースケール:暗号資産投資信託に「カルダノ(Cardano/ADA)」追加

DeFiのための独自デフレメカニズムを持つ「EverRise(エバーライズ)」とは

DeFiのための独自デフレメカニズムを持つ「EverRise(エバーライズ)」とは

Cardano(ADA)米eToroユーザー間で「最も人気の暗号資産」に=調査報告

Cardano(ADA)米eToroユーザー間で「最も人気の暗号資産」に=調査報告

ビットポイント:口座開設や暗号資産購入でTRXがもらえる「2つのキャンペーン」開始

ビットポイント:口座開設や暗号資産購入でTRXがもらえる「2つのキャンペーン」開始

ベトナム首相:中央銀行に「暗号資産の研究・試験プログラム実施」を要請

ベトナム首相:中央銀行に「暗号資産の研究・試験プログラム実施」を要請

Chiliz Exchange:eスポーツチーム「Team Vitality」の$VITファントークン本日取扱い開始

Chiliz Exchange:eスポーツチーム「Team Vitality」の$VITファントークン本日取扱い開始

ビットフライヤー「ポルカドット(DOT)」取扱い開始|上場記念キャンペーンも開催

ビットフライヤー「ポルカドット(DOT)」取扱い開始|上場記念キャンペーンも開催

Chiliz Exchange:F1チーム「Aston Martin」の$AMファントークン本日取扱い開始

Chiliz Exchange:F1チーム「Aston Martin」の$AMファントークン本日取扱い開始

英リアルタイム決済処理の「Faster Payments」BINANCEとの契約を終了

英リアルタイム決済処理の「Faster Payments」BINANCEとの契約を終了

仮想通貨ニュース | 新着記事一覧

仮想通貨まとめ一覧

暗号資産「オントロジー(Ontology/ONT)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「オントロジー(Ontology/ONT)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「コスモス(Cosmos/ATOM)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「コスモス(Cosmos/ATOM)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「パレットトークン(PLT)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「パレットトークン(PLT)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「オーケービー(OKB)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「オーケービー(OKB)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「クアンタム(QTUM)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「クアンタム(QTUM)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「オーエムジー(OMG Network/OMG)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「オーエムジー(OMG Network/OMG)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

人気のタグから探す