IOTA技術で「プラスチックごみのリサイクル」を推進:ドイツバイオテック協会BIOTA

by BITTIMES   

ドイツのバイオテクノロジー協会である「BIOTA」は、プラスチックごみのリサイクルを促進するために仮想通貨アイオータ(IOTA/MIOTA)の分散型台帳技術を活用した「Deposy」と呼ばれるプロジェクトを立ち上げました。このプロジェクトはブロックチェーンモノのインターネット(IoT)を使用してプラスチック廃棄物を効率的に収集しています。

こちらから読む:IOTA財団、多機能コンセプトカーを紹介「IOTA/MIOTA」関連ニュース

リサイクル貢献者に「仮想通貨」を還元

アイオータ(IOTA/MIOTA)の分散型台帳技術を活用したプロジェクト「Deposy」は、"ゴミのリサイクル"に貢献した人々に仮想通貨を与えることによって消費者から直接プラスチックごみを収集することを目指しています。このプロジェクトが進むことによって、リサイクルコストを削減し、ゴミの分別を促進することができると期待されています。

このプロジェクトは「IOTAの分散型台帳技術」や「仮想通貨」を使用して、リサイクル時の支払いを処理しています。これにより、事実上誰もがプラスチック廃棄物を引き渡すことによって、それに対する支払いを受けることができるようになります。

このプロジェクトは、会社側が報酬金を支払うわけでなく、プラスチックを扱う製品に"プラスチック包装代としての追加費用"を上乗せすることによってプロジェクトを成り立たせています。これらのプラスチック製品のパッケージにはQRコードが付属しているため、リサイクル時にこのQRコードをスキャンすることによって仮想通貨で払い戻しを受けることができます。この仮想通貨はIOTAのデジタルウォレットに送金されるとのことです。

また「Deposyは、プラスチック包装代として上乗せされる追加費用よりも多い金額を返金できるようになることも期待している」とも伝えられています。IOTAを使用する利点の1つとしては「トランザクションコストがないため、少額の支払いに適しているからだ」と説明されています。

しかし、誰もが仮想通貨ウォレットを持っている訳ではないため、Deposyはスイスの企業「Omoku」と提携してIOTAの支払いをユーロ(EUR)やその他の法定通貨に変換するソフトウェアレイヤーを提供しています。これによって、より多くの人々がリサイクルに参加できるようになると期待されます。

(画像:Deposy)(画像:Deposy)

ゴミの回収プロセスも「IoT」で合理化

「Deposy」のプロジェクトが進むことによって、プラスチックゴミの問題が大幅に改善すると期待されますが、実際にはまだ問題点も残されていると報告されています。プラスチックには8つの種類が存在し、リサイクルの複雑さ増しているため、ゴミ箱はそれらの種類を分別するための仕組みが必要となります。そのため開発チームは現在この問題を解決するための取り組みを行っているとのことです。

また「Deposy」は、ゴミ箱の回収作業を効率化するために「Lidbot(リッドボット)」とも協力しています。「Lidbot」のソリューションはゴミ箱に取り付けることによって、ゴミが満杯になると会社に通知を行うIoTセンサーを搭載しているため、無駄な回収作業を減らし、必要な時だけゴミの回収を行うことができます。

このセンサーは区画ごとにエリアを分割し、そこに基地局を配置して無線通信を行うセルラー方式が採用されており、ブロックチェーンにデータをアップロードする仕組みとなっているため、信頼できるデータでリサイクルプロセスを合理化することができます。

Deposyプロジェクトは現在初期段階にあり、開発チームはプロトタイプの開発に取り組んでいるとのことです。プロジェクトの詳細は以下の公式サイトをご覧ください。
>>「Deposy」の公式サイトはこちら
>>「Lidbot」の公式サイトはこちら

2019年12月6日|アイオータ(IOTA/MIOTA)の価格

アイオータ(IOTA/MIOTA)の価格は、先月25日に21円近くまで下落して以降は横ばいの状態が続いており、2019年12月6日時点では「1MIOTA=22.36円」で取引されています。

MIOTAを購入することができる仮想通貨取引所BINANCE(バイナンス)の登録方法はこちら

2019年11月6日〜2019年12月6日 MIOTAのチャート(引用:coingecko.com)2019年11月6日〜2019年12月6日 MIOTAのチャート(引用:coingecko.com)

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

関連のある仮想通貨ニュース

韓国向け暗号資産取引所「Binance KR」2021年1月でサービス終了へ

韓国向け暗号資産取引所「Binance KR」2021年1月でサービス終了へ

MicroStrategy:ビットコインの「Lightning Network」活用したサービスを計画

MicroStrategy:ビットコインの「Lightning Network」活用したサービスを計画

専門知識なしでブロックチェーンゲーム開発「Enjin Platform」公開

専門知識なしでブロックチェーンゲーム開発「Enjin Platform」公開

不動産売買サイト「Viila」公開|仮想通貨決済対応・所有権のトークン化なども予定

不動産売買サイト「Viila」公開|仮想通貨決済対応・所有権のトークン化なども予定

BINANCE:カルダノ大型アップグレードに伴い「ADAの入出金」一時停止へ

BINANCE:カルダノ大型アップグレードに伴い「ADAの入出金」一時停止へ

ビットコイン価格「60,000ドル」突破|BTC関連の注目ニュースもまとめて

ビットコイン価格「60,000ドル」突破|BTC関連の注目ニュースもまとめて

注目度の高い仮想通貨ニュース

LaLiga:人気のメタバース「Decentraland」でコンテンツ展開へ

LaLiga:人気のメタバース「Decentraland」でコンテンツ展開へ

Warner Music Group:NFTマーケット大手「OpenSea」と提携

Warner Music Group:NFTマーケット大手「OpenSea」と提携

Bitget「200XRPの新規ユーザー限定特典」を開始

Bitget「200XRPの新規ユーザー限定特典」を開始

Socios.com:ボクシングプロモーターの「Matchroom」と提携

Socios.com:ボクシングプロモーターの「Matchroom」と提携

XRP保有者に対する「FLRトークン配布時期」について続報:Flare Networks

XRP保有者に対する「FLRトークン配布時期」について続報:Flare Networks

ビットバンク:カルダノ・エイダ(Cardano/ADA)取扱いへ|上場記念キャンペーンも

ビットバンク:カルダノ・エイダ(Cardano/ADA)取扱いへ|上場記念キャンペーンも

デジタル庁「Web3.0研究会」立ち上げ|Web3推進に向け環境整備

デジタル庁「Web3.0研究会」立ち上げ|Web3推進に向け環境整備

The Sandbox:自動車大手Renault(ルノー)と提携|メタバース体験提供へ

The Sandbox:自動車大手Renault(ルノー)と提携|メタバース体験提供へ

Apple社「ゲーム・アプリ内でのNFT販売」を許可|手数料設定などで批判の声も

Apple社「ゲーム・アプリ内でのNFT販売」を許可|手数料設定などで批判の声も

ビットバンク:アスター(Astar/ASTR)取扱いへ|日本国内初上場

ビットバンク:アスター(Astar/ASTR)取扱いへ|日本国内初上場

ドバイの高級ホテル「Palazzo Versace Dubai」仮想通貨決済に対応

ドバイの高級ホテル「Palazzo Versace Dubai」仮想通貨決済に対応

GMOコイン「ETHW相当額の日本円交付」実施へ|The Merge関連で続報

GMOコイン「ETHW相当額の日本円交付」実施へ|The Merge関連で続報

仮想通貨ニュース | 新着記事一覧

仮想通貨まとめ一覧

アスター(Astar/ASTR)とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

アスター(Astar/ASTR)とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

アルゴランド(Algorand/ALGO)とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

アルゴランド(Algorand/ALGO)とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

フレア(Flare/FLR)とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

フレア(Flare/FLR)とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

クレイトン(Klaytn/KLAY)とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

クレイトン(Klaytn/KLAY)とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

FTXトークン(FTX Token/FTT)とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

FTXトークン(FTX Token/FTT)とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

元素騎士メタバース(MV)とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

元素騎士メタバース(MV)とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

人気のタグから探す