ビットコイン、大幅反発で「80万円」まで回復|長期的な上昇トレンドを維持

by BITTIMES

ビットコイン(Bitcoin/BTC)は2019年12月18日の22時頃に70万円付近まで下落した後に大きく反発し、本日19日の午前7時頃には一時的に80万円台まで回復しました。記事執筆時点ではやや下落しているものの、長期的な上昇トレンドは維持されているため、今後もさらに回復する可能性が期待されます。

こちらから読む:米億万長者、数百万円相当のBTCを購入「ビットコイン」関連ニュース

BTC、重要サポートで反発|次に注目のラインは?

ビットコイン価格は先月末に85万円付近まで回復した後は下落傾向が続いていましたが、先日18日の午後10時頃には70万円付近で再び反発し、本日19日の午前7時頃には81万円付近まで回復しました。その後はやや下落しており、記事執筆時点では1BTCあたり78万円付近で取引されています。

2018年のビットコイン暴落を予想したことでも知られるベテラントレーダーのPeter Brandt(ピーター・ブラント)氏は、ビットコインの長期的なチャート画像を用いて今回の反発に関するツイートを投稿し、「ビットコインは重要なサポートライン維持している」と説明しました。

ビットコインはどうやら重要なサポートを持っているようです。

このラインはその他の著名アナリストにも注目されていたラインであり、仮想通貨ファンド「Adamant Capital」の投資アナリストであるTuur Demeester氏も11月末にこのラインを注視していることを明かしていました。

2015年1月に始まったビットコインの放物線状の上昇傾向はまだ無傷です。 2019年3月以来、初めてサポートラインに触れるようになりました。

ブラント氏は以前からこの画像を用いてビットコインの今後に関する説明を行っており、先週公開した動画解説でもビットコインが底値に近づいてきていることを説明していました。

同氏は現在のトレンドラインが崩されてしまった場合には「ビットコインが2020年7月に5,324ドル(約57万8,000円)まで下がる可能性がある」と語っていましたが、その一方では「長期的には上昇を続ける」との考えを維持しており、最終的には10万ドル(約1,085万円)に向かうことになると予想していたため、今後の回復にも注目が集まります。

今後は前回の抵抗線となった85万円のラインを超えることができるかが重要となりますが、このラインを超えることができれば再び100万円付近まで回復することになると予想されます。

今回のサポートラインに関しては、その他多くの著名アナリストたちが"重要なライン"だと語っているため、このラインが維持されたことはポジティブな兆候として捉えることができるでしょう。しかしながら依然として「ビットコインはまだ底打ちしていない」という意見も多く見られているため、価格急騰時にBTCを購入する場合などには注意する必要があります。

2019年12月19日|ビットコイン(Bitcoin/BTC)の価格

ビットコイン(Bitcoin/BTC)の価格は、本日19日の午前8時頃に80万円付近まで回復した後はやや下落しており、記事執筆時点では「1BTC=795,410円」で取引されています。

2019年12月12日〜2019年12月19日 BTCのチャート(引用:coingecko.com)2019年12月12日〜2019年12月19日 BTCのチャート(引用:coingecko.com)

ビットコイン(BTC)などの購入は豊富な仮想通貨を取り扱っている仮想通貨取引所Coincheckからどうぞ。

仮想通貨取引所Coincheckの画像 仮想通貨取引所Coincheckの登録ページはこちら

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

関連のある仮想通貨ニュース

富裕層の73%が「暗号資産投資」に関心|2022年末までの購入を検討【DeVere Group調査】

富裕層の73%が「暗号資産投資」に関心|2022年末までの購入を検討【DeVere Group調査】

米テネシー州ジャクソン市長「ビットコインは唯一のインフレ解決策」BTC活用も計画

米テネシー州ジャクソン市長「ビットコインは唯一のインフレ解決策」BTC活用も計画

コインチェックの仮想通貨交換事業社登録が遅れている理由

コインチェックの仮想通貨交換事業社登録が遅れている理由

イーサリアム、今後5年で「仮想通貨の王」に ー 格付け機関Weiss Ratings予想

イーサリアム、今後5年で「仮想通貨の王」に ー 格付け機関Weiss Ratings予想

コイントレード:ビットコイン(BTC)がもらえる「新規口座開設キャンペーン」開始

コイントレード:ビットコイン(BTC)がもらえる「新規口座開設キャンペーン」開始

Libra(リブラ)は「ビットコインの脅威」となるのか?市場に与える影響を考察

Libra(リブラ)は「ビットコインの脅威」となるのか?市場に与える影響を考察

注目度の高い仮想通貨ニュース

ブロックチェーン・暗号資産ニュース週間まとめ|2021年10月17日〜23日

ブロックチェーン・暗号資産ニュース週間まとめ|2021年10月17日〜23日

中央銀行に「準備資産としてのビットコイン保有」提案へ:スイスのシンクタンク2B4CH

中央銀行に「準備資産としてのビットコイン保有」提案へ:スイスのシンクタンク2B4CH

Chiliz Exchange:アーセナルFCの「$AFCファントークン」本日取引開始

Chiliz Exchange:アーセナルFCの「$AFCファントークン」本日取引開始

カルダノのカタリスト提案を日本語で確認できる「Project Catalyst Voter tool」公開

カルダノのカタリスト提案を日本語で確認できる「Project Catalyst Voter tool」公開

NFTアイコン販売サービス「iconee」キャラクター権利元企業からの事前申込受付開始

NFTアイコン販売サービス「iconee」キャラクター権利元企業からの事前申込受付開始

COTI:カルダノ基盤のアルゴリズム型ステーブルコイン「Djed」発行へ

COTI:カルダノ基盤のアルゴリズム型ステーブルコイン「Djed」発行へ

ポルカドット(DOT)「パラチェーンオークションの日程」を提案|投票受付開始

ポルカドット(DOT)「パラチェーンオークションの日程」を提案|投票受付開始

Huobi Japan「独自通貨HTの実需決済」を開始|六本木焼肉MASUでHT決済が可能に

Huobi Japan「独自通貨HTの実需決済」を開始|六本木焼肉MASUでHT決済が可能に

韓国大手暗号資産取引所「Upbit」本人確認未完了ユーザーに利用制限

韓国大手暗号資産取引所「Upbit」本人確認未完了ユーザーに利用制限

Moonstakeウォレット「トロン(Tron/TRX)のステーキング」に対応

Moonstakeウォレット「トロン(Tron/TRX)のステーキング」に対応

Adobe Photoshop作品「仮想通貨ウォレットアドレス」と紐付け可能に|NFTマーケットとも提携

Adobe Photoshop作品「仮想通貨ウォレットアドレス」と紐付け可能に|NFTマーケットとも提携

ビットバンク:取引所マッチングエンジンで「大幅な性能向上」を実現

ビットバンク:取引所マッチングエンジンで「大幅な性能向上」を実現

仮想通貨ニュース | 新着記事一覧

仮想通貨まとめ一覧

暗号資産「リスク(Lisk/LSK)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「リスク(Lisk/LSK)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「シンボル(Symbol/XYM)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「シンボル(Symbol/XYM)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産取引所「Bitgate(ビットゲート)」とは?基本情報・特徴・メリットなどを解説

暗号資産取引所「Bitgate(ビットゲート)」とは?基本情報・特徴・メリットなどを解説

暗号資産「オントロジー(Ontology/ONT)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「オントロジー(Ontology/ONT)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「コスモス(Cosmos/ATOM)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「コスモス(Cosmos/ATOM)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「パレットトークン(PLT)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「パレットトークン(PLT)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

人気のタグから探す