ブロックチェーン×AIで不動産をトークン化する「CM2」と提携:リマールエステート

by BITTIMES

不動産売買プラットフォーム「キマール」などを手掛けている不動産テック企業「リマールエステート株式会社」は2020年8月6日に、人工知能(AI)とブロックチェーン技術を用いて不動産のトークン化を行なっている香港の企業「CM2」とパートナーシップを締結したことを発表しました。両社は今回のパートナーシップを通じて、アジアの不動産業界でDX(デジタルトランスフォーメーション)を加速させていくと説明しています。

こちらから読む:ビットフライヤー、NEM・Stellarの取扱い開始「国内ニュース」

アジアの不動産業界で「DX」を加速

リマールエステート株式会社は、不動産とテクノロジーを組み合わせることによって新しい不動産事業価値を生み出している東京都の不動産テック企業であり、日本で初めて不動産テックカオスマップ」を共同発表して「不動産テック案内所」を運営している他、物件管理・顧客管理・情報配信・営業管理・成約増加を1つのシステムで完結できる不動産売買プラットフォーム「キマール」を自社開発しています。

同社がパートナーシップを結んだ「CM2」は不動産サービスに人工知能(AI)ブロックチェーンなどのテクノロジーを組み合わせた新しいサービスを展開している香港の企業であり、スマートコントラクトを活用した不動産取引を実現する「CM2 Property Platform(CM2プロパティプラットフォーム)」などを提供しています。CM2は不動産案件の検索や不動産投資効率の向上のためのAIシステムを提供するとともに、不動産事業者や顧客との強力なネットワークを北アジアの複数都市に持っています。

リマールエステートは『今回のパートナーシップによって、このパートナーシップにより、オンラインからオフラインへの優れた体験を顧客に提供することができ、アジア不動産市場をさらに成長させるための強固な基盤を築くことができる』の述べており、『現物の不動産市場と国境を越えたオンライン取引との深い連携を構築し、信頼性の高いデジタル取引の促進、透明性の向上、海外不動産取引とその継続的な管理コストの削減を目指す』と説明しています。

今回のパートナーシップによって、両社は情報と技術を相互に活用することができるようになるため、両社にとって新たな収益源が即座に創出されるだけでなく、グローバルな競争環境の中で市場シェアを獲得するために最も重要な要素である「新たな地域での新サービスの市場投入までの時間」を短縮することができると説明されています。また、高品質かつ非公開の物件が海外投資家に瞬時に提供されるようになり、国内外の顧客双方にメリットが生まれるとされています。

海外における不動産投資では「複雑な法律や規制のプロセス、購入後の物件管理、キャッシュフローの透明性、テナントとのコミュニケーション」などが投資の妨げとなることが頻繁にあるものの、CM2の「プロパティプラットフォーム」では購入プロセスをスマートコントラクトと統合し、購入から継続的なメンテナンスや税務までのキャッシュフローをオンラインで追跡できるため、そのような問題を解決することができるとのことです。

CM2のCEOであるKen Yim氏は『世界的なコロナパンデミックはデジタルの進化を加速させており、特に変化を受け入れることに消極的だった人たちは、今すぐにでも変化を受け止めなければならないことに気づいている。今後数年間は指数関数的な成長市場になるだろう』と語っています。

>>「リマールエステート株式会社」の公式発表はこちら

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

関連のある仮想通貨ニュース

仮想通貨税務サービスの「コインタックス」日本暗号資産ビジネス協会(JCBA)に参加

仮想通貨税務サービスの「コインタックス」日本暗号資産ビジネス協会(JCBA)に参加

ジャスミー株式会社「2022年に海外展開」JasmyCoin(JMY)の活用も推進

ジャスミー株式会社「2022年に海外展開」JasmyCoin(JMY)の活用も推進

日本発の暗号資産「Dev」Monex Venturesなどから資金調達|開発者の収益化を支援

日本発の暗号資産「Dev」Monex Venturesなどから資金調達|開発者の収益化を支援

Chiliz&Socios:世界初「サッカーアルゼンチン代表」のファントークン($ARG)発行へ

Chiliz&Socios:世界初「サッカーアルゼンチン代表」のファントークン($ARG)発行へ

コインチェック「Enjin Coin/ENJ」取扱い開始|積立・貸出サービスでもサポート

コインチェック「Enjin Coin/ENJ」取扱い開始|積立・貸出サービスでもサポート

マスターカードは中銀発行の仮想通貨の受け入れを検討

マスターカードは中銀発行の仮想通貨の受け入れを検討

注目度の高い仮想通貨ニュース

Coincheck NFT:デジタルファッションハウス「Joyfa」のNFTスニーカー取扱いへ

Coincheck NFT:デジタルファッションハウス「Joyfa」のNFTスニーカー取扱いへ

Bitget「AFKDAOによる初の上場投票」を開始|BGBをさらに強化するための一歩

Bitget「AFKDAOによる初の上場投票」を開始|BGBをさらに強化するための一歩

OKCoinJapan:IOST保有者に対するDONエアドロップ「日本円付与」を完了

OKCoinJapan:IOST保有者に対するDONエアドロップ「日本円付与」を完了

エルサルバドル:ビットコイン価格急落時に「80BTC」買い増し

エルサルバドル:ビットコイン価格急落時に「80BTC」買い増し

米証券取引委員会(SEC)BINANCEの独自トークン「BNB」の違法性について調査か=報道

米証券取引委員会(SEC)BINANCEの独自トークン「BNB」の違法性について調査か=報道

GMOコイン:カルダノ(Cardano/ADA)の「ステーキングサービス」提供へ

GMOコイン:カルダノ(Cardano/ADA)の「ステーキングサービス」提供へ

BAYC・OthersideのDiscordグループで「フィッシング攻撃」145ETH以上が被害に

BAYC・OthersideのDiscordグループで「フィッシング攻撃」145ETH以上が被害に

ビットポイント:ディープコイン(DEP)の入金が可能に「Play to Earnの日」の登録申請も

ビットポイント:ディープコイン(DEP)の入金が可能に「Play to Earnの日」の登録申請も

イーロン・マスク氏:訴訟後も「ドージコイン」を強く支持|DOGE価格も反応

イーロン・マスク氏:訴訟後も「ドージコイン」を強く支持|DOGE価格も反応

Coincheckつみたて:BTCが必ずもらえる「キャッシュバックキャンペーン」開催へ

Coincheckつみたて:BTCが必ずもらえる「キャッシュバックキャンペーン」開催へ

BAYC開発企業Yuga Labs「フィッシング詐欺が行われる可能性」について注意喚起

BAYC開発企業Yuga Labs「フィッシング詐欺が行われる可能性」について注意喚起

ビットバンク:国内初上場「ポリゴン(Polygon/MATIC)」取扱いへ

ビットバンク:国内初上場「ポリゴン(Polygon/MATIC)」取扱いへ

仮想通貨ニュース | 新着記事一覧

仮想通貨まとめ一覧

アバランチ(Avalanche/AVAX)とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

アバランチ(Avalanche/AVAX)とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

ポリゴン(Polygon/MATIC)とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

ポリゴン(Polygon/MATIC)とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

エバードーム(Everdome/DOME)とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

エバードーム(Everdome/DOME)とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

Unstoppable Domainsとは?基本情報・特徴・使い方などを解説

Unstoppable Domainsとは?基本情報・特徴・使い方などを解説

ボバネットワーク(Boba Network/BOBA)とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

ボバネットワーク(Boba Network/BOBA)とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

コスプレトークン(Cosplay Token/COT)とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

コスプレトークン(Cosplay Token/COT)とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

人気のタグから探す