暗号資産ATM「違法行為目的」で使用されている可能性|資金洗浄などに悪用か

by BITTIMES

ビットコインATMの設置台数は年々増加しており、最近では世界中に設置されている仮想通貨ATMの台数が8,000台を突破したことも報告されていましたが、その一方では『仮想通貨ATMで購入された暗号資産の多くは資金洗浄などの違法行為に利用されている可能性がある』とも報告されています。

こちらから読む:香港ディズニーの自販機、匿名通貨Ghostに対応「暗号資産」関連ニュース

高リスク取引所への資金移動「指数関数的に増加」

ビットコインATMの設置台数は過去数年間で急速に増加しており、暗号資産ATM関連のデータを公開している「Coin ATM Redar」によると、2020年6月29日時点では世界中に8,460台の暗号資産ATMが設置されているとされています。

(画像:Coin ATM Redar)(画像:Coin ATM Redar

仮想通貨ATMは「暗号資産を現金などで簡単かつ迅速に購入できる手段」として利用されていますが、ブロックチェーン関連のセキュリティ企業である「Cipher Trace(サイファートレース)」が今月初めに公開したレポートは、これらの仮想通貨ATMが"不適切な目的"で使用されていることを示唆しています。

「Cipher Trace」はレポートの中で『2019年の平均で見ると、米国のビットコインATM利用者はリスクの低い取引所よりもリスクの高い取引所へと資金を移動している』と述べており、『リスクの高い取引所に送金された資金の割合は指数関数的に増加し、2017年以降毎年倍増している』と報告しています。

レポートでは『米国のビットコインATMで取引されたビットコインの74%が2019年中に"米国外"へと送金された』と推計されているため、ビットコインATMで購入されたBTCの一部はマネーロンダリング(資金洗浄)などの違法行為に使用されている可能性があると懸念されています。

ビットコインATMの設置台数は世界的に増加しており、最近ではナイジェリアなどといった"これまでビットコインATMが設置されていなかった地域"にも導入されてきていますが、それと同時に仮想通貨ATM関連企業には顧客確認(KYC)などが求められており、昨年末には米国内国歳入庁(IRS)の犯罪捜査局長が『ビットコインATM及びキオスクによって引き起こされる潜在的な財務問題を調査している』と語ったことなども報告されているため、今後は仮想通貨ATM関連の規制・調査はさらに強化されていく可能性があると考えられています。

>>「Cipher Trace」のレポートはこちら

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

関連のある仮想通貨ニュース

英金融規制当局「Binance Group」について消費者に警告

英金融規制当局「Binance Group」について消費者に警告

SBI VCトレード:満18歳・19歳にQuoカードプレゼント「新成年応援キャンペーン」開始

SBI VCトレード:満18歳・19歳にQuoカードプレゼント「新成年応援キャンペーン」開始

Morgan Stanley子会社「ビットコイン投資」検討か=Bloomberg報道

Morgan Stanley子会社「ビットコイン投資」検討か=Bloomberg報道

メタバース内の文化都市開発を推進「MetaTokyo株式会社」設立|アソビシステムなど3社

メタバース内の文化都市開発を推進「MetaTokyo株式会社」設立|アソビシステムなど3社

2020年、最も需要が高いスキルは「ブロックチェーン技術」=Linkedin調査報告

2020年、最も需要が高いスキルは「ブロックチェーン技術」=Linkedin調査報告

PHILIPP PLEIN「合計15銘柄の仮想通貨決済」に対応【ファッションブランド初】

PHILIPP PLEIN「合計15銘柄の仮想通貨決済」に対応【ファッションブランド初】

注目度の高い仮想通貨ニュース

American Express × Abra「仮想通貨報酬機能付きクレジットカード」発行へ

American Express × Abra「仮想通貨報酬機能付きクレジットカード」発行へ

Chiliz&Socios:メキシコの「CDグアダラハラ」と提携|CHVSファントークン発行へ

Chiliz&Socios:メキシコの「CDグアダラハラ」と提携|CHVSファントークン発行へ

OKCoinJapan:販売所・取引所で「ステラルーメン(XLM)」取扱いへ

OKCoinJapan:販売所・取引所で「ステラルーメン(XLM)」取扱いへ

Chiliz&Socios:ポルトガル初「SLベンフィカ」と提携|公式ファントークン発行へ

Chiliz&Socios:ポルトガル初「SLベンフィカ」と提携|公式ファントークン発行へ

HashLink:NFTコレクション「Tokyo Mongz Hills Club」の販売概要を発表|AMAも開催予定

HashLink:NFTコレクション「Tokyo Mongz Hills Club」の販売概要を発表|AMAも開催予定

Mastercard:カード払いで「NFT購入」可能に|複数のNFTマーケットプレイスと協力

Mastercard:カード払いで「NFT購入」可能に|複数のNFTマーケットプレイスと協力

OpenSea:新たなNFT売買プロトコル「Seaport」に移行へ

OpenSea:新たなNFT売買プロトコル「Seaport」に移行へ

The Sandbox:イーサリアム→ポリゴンの「ブリッジ機能」提供開始

The Sandbox:イーサリアム→ポリゴンの「ブリッジ機能」提供開始

暗号資産取引所「BTCBOX」ポルカドット(Polkadot/DOT)取扱いへ

暗号資産取引所「BTCBOX」ポルカドット(Polkadot/DOT)取扱いへ

カルダノ開発企業「米国下院小委員会でのスピーチ内容」公開|規制・技術活用などにコメント

カルダノ開発企業「米国下院小委員会でのスピーチ内容」公開|規制・技術活用などにコメント

Huobi Japan「Huobi Ennosuke NFTプレゼントキャンペーン」開始【200枚限定】

Huobi Japan「Huobi Ennosuke NFTプレゼントキャンペーン」開始【200枚限定】

ランサーズ「メタバース領域のスキル出品」を開始|VR・3DCG・NFT・仮想通貨など

ランサーズ「メタバース領域のスキル出品」を開始|VR・3DCG・NFT・仮想通貨など

仮想通貨ニュース | 新着記事一覧

仮想通貨まとめ一覧

アバランチ(Avalanche/AVAX)とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

アバランチ(Avalanche/AVAX)とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

ポリゴン(Polygon/MATIC)とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

ポリゴン(Polygon/MATIC)とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

エバードーム(Everdome/DOME)とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

エバードーム(Everdome/DOME)とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

Unstoppable Domainsとは?基本情報・特徴・使い方などを解説

Unstoppable Domainsとは?基本情報・特徴・使い方などを解説

ボバネットワーク(Boba Network/BOBA)とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

ボバネットワーク(Boba Network/BOBA)とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

コスプレトークン(Cosplay Token/COT)とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

コスプレトークン(Cosplay Token/COT)とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

人気のタグから探す