ブロックチェーン・仮想通貨を用いたベーシックインカムアプリ「Circles」公開

by BITTIMES

イーサリアム(Ethereum/ETH)のブロックチェーン技術を活用したベーシックインカムアプリ「Circles(サークル)」がドイツでリリースされたことが明らかになりました。このサービスは利用者に「Circles Token(サークルトークン)」と呼ばれる暗号資産(仮想通貨)を付与することによって人々に無条件で新しい収入を提供することを目指しています。

こちらから読む:価格予想で10万円が当たるキャンペーン開催「暗号資産」関連ニュース

分散型ベーシックインカムアプリ「Circles」公開

ドイツの首都ベルリンを拠点とする「Berlin Basic Income Lab」が手掛けている分散型のユニバーサルベーシックインカム(UBI)プラットフォーム「Circles(サークル)」は、2020年10月16日に同アプリが正式にリリースされたことを発表しました。

皆さんこんにちは。「Circles」をローンチしたことをお知らせします。「https://circles.garden」に今すぐサインアップしてブロックチェーンベーシックインカムにご参加ください。

「Circles(サークル)」は、POA Network(ポアネットワーク)を利用したEthereumのサイドチェーンである「xDai」を活用した分散型のベーシックインカムアプリであり、利用者に「Circles Token(サークルトークン)」と呼ばれる仮想通貨を付与することによって人々に無条件で新しい収入を提供することを目指しています。

このアプリの利用者は、サインアップした時点で「100Circles」を受け取ることができるようになっており、その後は毎週「約14Circles」を受け取ることができると伝えられています。現時点では1Circlesの価格は不明となっているものの、理論的にはネットワークを利用する人が増えるにつれてその価値は増加すると報じられています。

「Circles」のアカウントは誰でも作成することができるものの、公式サイトのFAQによると『最低3人からの招待を受けなければアカウントの承認を得ることができない』とされています。ベーシックインカムのような仕組みを提供しようとすると「アカウントを複数作成して1人で数人分の報酬を得ようとする人々」が出てきてしまう傾向があるため、Circlesは招待制を含めた複数の対策をとることによってそのような問題に対処しているとのことです。

「Circles」の具体的な使用方法は?

「Circlesの使用方法・価格決定に関するガイドライン」では、Circlesの目的について『Circlesは人々が自分の仕事の成果に対していくら請求したいかを自由に決定できる、決済手段・交換手段になることを目指している』と説明されています。

具体的な使用方法の例としては「ミラーリング・自己負担型・寄付型・ギフト・非生産的なものに対する支払い」などが挙げられており、以下のような様々な使用例が挙げられています。

  • 実際の商品価格をCirclesに反映させて支払う
  • 店舗側が自己負担できる金額分だけ「Circles」を請求し、残りを通常通りの現金で受け取る
  • 日常生活で感謝の気持ちを示したい場合にギフトとして送る
  • アーティスト支援・愛する人への気持ち・笑顔をくれた人への贈り物など、様々な形での使用

ベーシックインカム制度を国が導入しようとした場合には"その財源をどのように捻出するか"が重要な問題となるため『現実的ではない』という意見も多く出ていますが、ブロックチェーン技術や仮想通貨が誕生してからはこれらの技術を用いてベーシックインカムを実現しようとするプロジェクトが多数立ち上げられているため、そのようなプロジェクトの今後にも注目です。

>>「Circles」の公式サイトはこちら

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

関連のある仮想通貨ニュース

ブロックチェーン技術の導入で世界をリードするシンガポール航空

ブロックチェーン技術の導入で世界をリードするシンガポール航空

ブロックチェーン基盤の「チケットアプリ」を試験導入:オランダサッカー協会(KNVB)

ブロックチェーン基盤の「チケットアプリ」を試験導入:オランダサッカー協会(KNVB)

イーサリアムトークンで予測ゲームに「報酬機能」追加へ:NBAサクラメントキングス

イーサリアムトークンで予測ゲームに「報酬機能」追加へ:NBAサクラメントキングス

Brave:暗号資産取引所「Gemini」と提携|ブラウザ上にウィジェット機能を追加

Brave:暗号資産取引所「Gemini」と提携|ブラウザ上にウィジェット機能を追加

身体的危害を示唆する脅迫メールで「仮想通貨送金」を要求|Ledger購入者から報告

身体的危害を示唆する脅迫メールで「仮想通貨送金」を要求|Ledger購入者から報告

Chiliz Exchange:アトレティコ・マドリードの公式ファントークン「ATM」本日上場へ

Chiliz Exchange:アトレティコ・マドリードの公式ファントークン「ATM」本日上場へ

注目度の高い仮想通貨ニュース

米SECの次期委員長、仮想通貨にも詳しい「ゲンスラー氏」に決定か=ロイター

米SECの次期委員長、仮想通貨にも詳しい「ゲンスラー氏」に決定か=ロイター

ビットポイント:取扱う暗号資産全6種類で「即時出金」に対応|送金手数料も無料

ビットポイント:取扱う暗号資産全6種類で「即時出金」に対応|送金手数料も無料

仮想通貨を「ギャンブル用口座」に送金する技術で特許取得:カジノ機器製造大手IGT

仮想通貨を「ギャンブル用口座」に送金する技術で特許取得:カジノ機器製造大手IGT

暗号資産取引のBakkt:合併を通じて「新規株式公開(IPO)」の可能性=Bloomberg

暗号資産取引のBakkt:合併を通じて「新規株式公開(IPO)」の可能性=Bloomberg

Flare Networks「ステラ(XLM)」と「ドージコイン(DOGE)」のサポートを示唆

Flare Networks「ステラ(XLM)」と「ドージコイン(DOGE)」のサポートを示唆

Coinbaseユーザー「有価証券XRPを販売し、手数料で利益を得た」として取引所を提訴

Coinbaseユーザー「有価証券XRPを販売し、手数料で利益を得た」として取引所を提訴

Bakkt:2021年第2四半期に「NY証券取引所」上場へ|消費者向けアプリの続報も

Bakkt:2021年第2四半期に「NY証券取引所」上場へ|消費者向けアプリの続報も

XRP投資家:米地裁に「リップル訴訟の内容修正」求める|今のXRPは証券ではないと主張

XRP投資家:米地裁に「リップル訴訟の内容修正」求める|今のXRPは証券ではないと主張

ビットフライヤー:最大7万円相当のビットコインが当たる「2つのキャンペーン」開催

ビットフライヤー:最大7万円相当のビットコインが当たる「2つのキャンペーン」開催

【BITMAX推し暗号資産アンケート】ビットコインを抜き「XRP」が1位ランクイン

【BITMAX推し暗号資産アンケート】ビットコインを抜き「XRP」が1位ランクイン

ビットコインのサイドチェーンプロジェクト「RSK(RIF)」がバイナンスに上場|数百万ユーザーがビットコインに基づくDeFiエコシステムへアクセス可能に

ビットコインのサイドチェーンプロジェクト「RSK(RIF)」がバイナンスに上場|数百万ユーザーがビットコインに基づくDeFiエコシステムへアクセス可能に

SBIホールディングス「米SECによるRipple社への訴訟提起」ついてコメント

SBIホールディングス「米SECによるRipple社への訴訟提起」ついてコメント

仮想通貨ニュース | 新着記事一覧

仮想通貨まとめ一覧

暗号資産「エンジンコイン(Enjin Coin/ENJ)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「エンジンコイン(Enjin Coin/ENJ)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「ポルカドット(Polkadot/DOT)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「ポルカドット(Polkadot/DOT)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「ステラ(Stellar/XLM)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「ステラ(Stellar/XLM)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

ステーブルコインとは?「種類・特徴・違い」などを初心者向けにわかりやすく解説

ステーブルコインとは?「種類・特徴・違い」などを初心者向けにわかりやすく解説

日本国内取引所「XRP関連サービス一時停止」に関する発表まとめ【随時更新】

日本国内取引所「XRP関連サービス一時停止」に関する発表まとめ【随時更新】

暗号資産「テザー(Tether/USDT)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「テザー(Tether/USDT)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

人気のタグから探す