当選したら「毎月1,000ドル分のビットコイン支給」Jameson Lopp氏、大統領選出馬を検討

by BITTIMES

暗号技術を用いて権力に抵抗し、自由を獲得することを目指している「Cypherpunk(サイファーパンク)」のJameson Lopp(ジェームソン・ロップ)氏は2019年8月24日、2020年米国大統領選挙への出馬を検討していることを明かしました。同氏は『もし当選したら、全ての市民に毎月1,000ドル(約10万円)相当のビットコインを提供する』と語っています。

こちらから読む:TelegramでBTCなどの取引が可能に「仮想通貨」関連ニュース

Jameson Lopp(ジェームソン・ロップ)氏について

Jameson Lopp(ジェームソン・ロップ)氏は、米国で仮想通貨のカストディサービスを提供している企業「CASA(カーサ)」でCTOを務めている人物でありながら、仮想通貨業界を代表するインフルエンサーとしても知られる人物です。

同氏は、社会や政治を変化させるための手段として"暗号技術"を幅広い分野で利用していくことを推進している活動家「Cypherpunk(サイファーパンク)」の一員としても知られており、Twitterのフォロワー数は記事執筆時点で20万人を超えています。

資本主義市場経済の機能を重視し、経済への政府の介入を否定する"無政府資本主義"を提唱しているロップ氏は、昨年末に「現在主流の中央集権的サービスが"ソフトウェアエージェント"に取って代わられることによって、自己統治を行う無政府資本主義が誕生する」との考えを語っており「その最初のステップがビットコインである」と説明していました。

ビットコイン「10万円相当」を全市民に

ビットコイン(BTC)が無政府資本主義のステップになると考えているロップ氏は、2019年8月24日のツイートで「米国大統領選挙に立候補することを検討している」と発言し、もし当選したら米国全ての市民に毎月1,000ドル(約10万円)相当のビットコインを提供すると語りました。

シングルイシュー(*1)で米国大統領に立候補しようかと考えています。もし当選した場合には、全ての市民に対して1ヶ月に1,000ドル相当のビットコインを提供します。私たちが米ドルを使い果たすことは決してないのでこれは実現可能です。最終的にはほとんどがBTCを持つことになるため、米国経済に長期的な利益をもたらすでしょう。
(*1)シングルイシュー:1つの重要な分野または政策に基づく政治形態のこと

同氏のツイートは記事執筆時点で1,600以上の「いいね」を獲得しているものの、コメント欄には懐疑的な意見も多く寄せられており「実際にこの計画を実現するためには毎年3.9兆ドル(約412兆円)の資金が必要になり、1期目の任期が終わる頃には37兆ドル(約3,913兆円)の借金を米国が抱えることになる」と指摘する意見も出ています。

米大統領選には「複数の仮想通貨支持者」が出馬

2020年の米国大統領選挙には、仮想通貨・ブロックチェーンを推進している複数の人物が出馬する意思を語っており、最近では民主党候補者でありながら、仮想通貨による寄付を受け入れていることでも知られるAndrew Yang(アンドリュー・ヤン)氏が「ブロックチェーン技術を投票に活用していくこと」を公約として掲げています。

"ベーシックインカム(*1)を導入すべきだ"と考えているヤン氏は、ロップ氏と近い考えをもっており『米国の全ての大人に毎月1,000ドル(約11万円)の普遍的な基本所得を配布すべきである』と主張している本を執筆しています。
(*1)ベーシックインカム:すべての国民が最低限の生活を送るために必要なお金を政府が定期的に支給する政策

また、仮想通貨業界で広く知られているJohn McAfee(ジョン・マカフィー)氏も以前から大統領選に出馬することを語っており『仮想通貨の重要性を伝えていく』と語っています。

次回の米国大統領選挙は「2020年11月3日」に実施予定となっているため、今後は仮想通貨業界でもより多くの話題が出てくることになると予想されます。

ビットコイン(BTC)などの購入は豊富な仮想通貨を取り扱っている仮想通貨取引所Coincheckからどうぞ。

仮想通貨取引所Coincheckの画像 仮想通貨取引所Coincheckの登録ページはこちら

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

関連のある仮想通貨ニュース

仮想通貨取引所FCoin「サービス再開」に向けた方針を発表

仮想通貨取引所FCoin「サービス再開」に向けた方針を発表

銀行に仮想通貨取引を許可するように強制|イスラエル最高裁

銀行に仮想通貨取引を許可するように強制|イスラエル最高裁

ブロックチェーン・仮想通貨ニュース週間まとめ|2019年11月3日〜9日

ブロックチェーン・仮想通貨ニュース週間まとめ|2019年11月3日〜9日

日本銀行「中央銀行デジタル通貨(CBDC)の連絡協議会」を設置|民間事業者も参加

日本銀行「中央銀行デジタル通貨(CBDC)の連絡協議会」を設置|民間事業者も参加

ブロックチェーンを活用した「現金処理装置」の特許出願|バンク・オブ・アメリカ

ブロックチェーンを活用した「現金処理装置」の特許出願|バンク・オブ・アメリカ

UUUM子会社:NFTマーケットプレイス「HABET」公開へ|人気YouTuberも多数参加

UUUM子会社:NFTマーケットプレイス「HABET」公開へ|人気YouTuberも多数参加

注目度の高い仮想通貨ニュース

ブロックチェーン・暗号資産ニュース週間まとめ|2021年9月26日〜10月2日

ブロックチェーン・暗号資産ニュース週間まとめ|2021年9月26日〜10月2日

BINANCE「南アフリカ」でも一部サービスに利用制限

BINANCE「南アフリカ」でも一部サービスに利用制限

米銀行・金融機関で「ビットコインの売買・保有」が可能に|Q2・NYDIGがソリューション提供

米銀行・金融機関で「ビットコインの売買・保有」が可能に|Q2・NYDIGがソリューション提供

SBINFT:仮想空間Cryptovoxelsで「nanakusaのNFTギャラリー」を開催

SBINFT:仮想空間Cryptovoxelsで「nanakusaのNFTギャラリー」を開催

イラン政府:禁止されていた仮想通貨マイニングの「再開」を許可

イラン政府:禁止されていた仮想通貨マイニングの「再開」を許可

Chiliz&Socios:NBAチーム「Miami Heat・San Antonio Spurs」と提携

Chiliz&Socios:NBAチーム「Miami Heat・San Antonio Spurs」と提携

Moonstakeウォレット「トロン(Tron/TRX)のステーキング」に対応

Moonstakeウォレット「トロン(Tron/TRX)のステーキング」に対応

Decentraland:音楽イベント「Metaverse Festival」明日開催|著名アーティストも多数参加

Decentraland:音楽イベント「Metaverse Festival」明日開催|著名アーティストも多数参加

Chiliz&Socios:NBAチーム「Brooklyn Nets(ブルックリン・ネッツ)」と提携

Chiliz&Socios:NBAチーム「Brooklyn Nets(ブルックリン・ネッツ)」と提携

ビットコイン価格が一時「8,200ドル」まで急落|BinanceUSでフラッシュクラッシュ

ビットコイン価格が一時「8,200ドル」まで急落|BinanceUSでフラッシュクラッシュ

Huobi Japan「レバレッジ取引の申し込み受付」再開へ|第一種金融商品取引業の登録を完了

Huobi Japan「レバレッジ取引の申し込み受付」再開へ|第一種金融商品取引業の登録を完了

米決済アプリStrike「給与をビットコインに即時変換できる新機能」追加

米決済アプリStrike「給与をビットコインに即時変換できる新機能」追加

仮想通貨ニュース | 新着記事一覧

仮想通貨まとめ一覧

暗号資産「リスク(Lisk/LSK)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「リスク(Lisk/LSK)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「シンボル(Symbol/XYM)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「シンボル(Symbol/XYM)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産取引所「Bitgate(ビットゲート)」とは?基本情報・特徴・メリットなどを解説

暗号資産取引所「Bitgate(ビットゲート)」とは?基本情報・特徴・メリットなどを解説

暗号資産「オントロジー(Ontology/ONT)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「オントロジー(Ontology/ONT)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「コスモス(Cosmos/ATOM)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「コスモス(Cosmos/ATOM)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「パレットトークン(PLT)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「パレットトークン(PLT)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

人気のタグから探す