仮想通貨市場に影響力のある重要人物 5選

by BITTIMES   

仮想通貨市場に特に影響力のある人物たちの中から、特に有名な数名を簡単に紹介します。
アイコン画像の下には、ツイッターのリンクも付けているのでそちらも活用してみて下さい。

Vitalik Buterin(ヴィタリック・ブテリン)

Vitalik Buterin@VitalikButerin

Ethereum作成者です。1994年にロシアで生まれ、カナダのトロントで育った彼は、19歳の時にイーサリアムのホワイトペーパーを書きました。現在はスイスに住んでいます。
「Bitcoin Magazine」を共同設立し、イーサリアムをリードし、プロトコルのアップグレードを進めています。

「bitFlyer」ならイーサリアムの他にイーサリアムクラシックも購入できます。
ビットコイン取引量高 No.1 の仮想通貨取引所 bitFlyer(ビットフライヤー)の画像イーサリアムが購入できる仮想通貨取引所 bitFlyer はこちら

Charlie Lee(チャーリー・リー)

Charlie Lee@SatoshiLite

Litecoinの創作者です。以前は「Coinbase」のエンジニアリングディレクターでした。彼は「ビットコインが金とすると、ライトコインは銀という立ち位置である」と述べており、2種類の通貨が共存できる事を目指しています。

ライトコインを購入するなら「GMOコイン」がおすすめです。
GMO FX 取引の画像ライトコインがお得に買える仮想通貨取引所 GMO はこちら

Gavin Andresen(ギャビンアンドレセン)

Gavin Andresen@gavinandresen

Bitcoin Coreの開発者の一人であり、リード開発者に任命されています。
自らをオールラウンドのGeek(オタク)と紹介する彼は、これまでビットコインの開発と保守に尽力しつづけてきました。

Zaifならビットコイン積立に尽力できます。
仮想通貨取引所 Zaif の画像ビットコイン積立ができる仮想通貨取引所 Zaif はこちら

Jihan Wu(ジハン・ウー)

Jihan Wu@JihanWu

マイニング業界最大手「BITMAIN」の共同設立者であり、ASICチップ技術を世界中のビットコイン鉱夫に販売しています。「BITMAIN」は現在世界のビットコイン採掘機の約70%を生産しているビットコイン鉱業部品の世界最大のメーカーです。
業界内での発言力も非常に高く、常に動向が注目されている人物です。

Nick Szabo(ニック・スザボ)

NickSzabo@ NickSzabo4

ブロックチェーンと暗号通貨の先駆者です。
1998年に「Bitgold」という分散型通貨のアイディアを提案しており、これがビットコインのベースになったとも言われています。『Szabo』は『Ether』の単位の一つにもなっています。
彼はスマートコントラクト という概念や名前を考案した人物として有名です。

最後に

仮想通貨市場は年々拡大しており、様々なニュースが飛び交うようになってきました。そんな現代で仮想通貨の今後を見極めるためには、業界の中でも強い影響力のある人物を正しく認知し、そこに向けてアンテナをはっておく事が大切です。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

関連のある仮想通貨ニュース

アメリカ最古のワインショップ「仮想通貨決済」対応へ|BTC・ETH・DOGEなど7銘柄

アメリカ最古のワインショップ「仮想通貨決済」対応へ|BTC・ETH・DOGEなど7銘柄

ブロックチェーン・暗号資産ニュース週間まとめ|2021年1月24日〜30日

ブロックチェーン・暗号資産ニュース週間まとめ|2021年1月24日〜30日

ブロックチェーンゲームの資産価値が確認できる「アセットアナライザーβ版」公開

ブロックチェーンゲームの資産価値が確認できる「アセットアナライザーβ版」公開

ブロックチェーン・暗号資産ニュース週間まとめ|2021年7月11日〜17日

ブロックチェーン・暗号資産ニュース週間まとめ|2021年7月11日〜17日

CARDANO:スマートコントラクトが複数の言語に対応「IELE」テストネット公開

CARDANO:スマートコントラクトが複数の言語に対応「IELE」テストネット公開

日本国内初「SBI暗号資産ファンド」設立へ|個人投資家向けに夏頃から提供開始

日本国内初「SBI暗号資産ファンド」設立へ|個人投資家向けに夏頃から提供開始

注目度の高い仮想通貨ニュース

リミックスポイント「横浜F・マリノス」とパートナー契約|NFT・トークン発行も模索

リミックスポイント「横浜F・マリノス」とパートナー契約|NFT・トークン発行も模索

BINANCE:本人確認(KYC)なしユーザーの出金限度額を「0.06BTC」に引き下げ

BINANCE:本人確認(KYC)なしユーザーの出金限度額を「0.06BTC」に引き下げ

Socios.com:イタリア・プロサッカー「Inter(インテル)」とスポンサー契約か

Socios.com:イタリア・プロサッカー「Inter(インテル)」とスポンサー契約か

PayPal(ペイパル)暗号資産の購入限度額「5倍」に引き上げ|年間限度額は無制限に

PayPal(ペイパル)暗号資産の購入限度額「5倍」に引き上げ|年間限度額は無制限に

Coincheck NFT:The Sandboxの仮想空間土地LAND「7月30日」に追加販売

Coincheck NFT:The Sandboxの仮想空間土地LAND「7月30日」に追加販売

パラグアイのRejala議員「ビットコイン関連法案」2021年7月14日提出へ

パラグアイのRejala議員「ビットコイン関連法案」2021年7月14日提出へ

Chiliz&Socios「Arsenal FC(アーセナルFC)」と提携|$AFCファントークン発行へ

Chiliz&Socios「Arsenal FC(アーセナルFC)」と提携|$AFCファントークン発行へ

資産裏付型STOで「SBI証券・野村證券・三菱UFJ信託銀行・ケネディクス」の4社が協業

資産裏付型STOで「SBI証券・野村證券・三菱UFJ信託銀行・ケネディクス」の4社が協業

BINANCE:トラベルルール遵守体制強化に向け「CipherTraceのTraveler」導入

BINANCE:トラベルルール遵守体制強化に向け「CipherTraceのTraveler」導入

財務省「デジタル通貨関連の人員体制強化」に向け予算要求へ=ロイター報道

財務省「デジタル通貨関連の人員体制強化」に向け予算要求へ=ロイター報道

Bybit(バイビット)「KYCルール」導入へ|2BTC以上の出金で本人確認が必須に

Bybit(バイビット)「KYCルール」導入へ|2BTC以上の出金で本人確認が必須に

グレイスケール:DeFi銘柄の投資信託「GrayScale DeFi Fund」提供へ

グレイスケール:DeFi銘柄の投資信託「GrayScale DeFi Fund」提供へ

仮想通貨ニュース | 新着記事一覧

仮想通貨まとめ一覧

暗号資産「オントロジー(Ontology/ONT)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「オントロジー(Ontology/ONT)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「コスモス(Cosmos/ATOM)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「コスモス(Cosmos/ATOM)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「パレットトークン(PLT)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「パレットトークン(PLT)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「オーケービー(OKB)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「オーケービー(OKB)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「クアンタム(QTUM)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「クアンタム(QTUM)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「オーエムジー(OMG Network/OMG)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「オーエムジー(OMG Network/OMG)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

人気のタグから探す