仮想通貨の時価総額「2024年末までに5兆ドルまで倍増する」リップル社CEO

by BITTIMES

需要増&供給減で仮想通貨の時価総額が倍増

Ripple(リップル)のCEOであるブラッド・ガーリングハウス氏が「仮想通貨全体の時価総額は2024年末までに5兆ドルまで倍増する」との予想を示したことがCNBCの報道で明らかになりました、

時価総額倍増の理由としては「ビットコインの半減期」と「現物ビットコインETFの登場」が挙げられており、『仮想通貨業界全体の時価総額はこれらの全てのマクロ要因の影響を受けるため、2024年末までに時価総額が2倍になるのは容易に予想される』とコメントされています。

私はこの業界に長い間携わっており、このようなトレンドが来ては去っていくのを見てきました。私は非常に楽観的です。マクロトレンドやETFなどが初めて本物の機関投資家の資金を動かしていると思います。

需要が増加するのと同時に供給量が減少しています。供給が縮小して需要が増加した時に何が起こるかは、経済学を専攻していなくてもわかるでしょう。

半減期とは、ビットコインのマイニングで得られる報酬額が半分になるタイミングのことであり、2024年4月20日頃には次の半減期が到来すると予想されています。

現物ビットコインETFは、現物ビットコインの裏付けを持つ上場投資信託であり、今年1月に米国で現物ビットコインETFの取引が開始されて以降は巨額の資金流入が続いています。

米国の仮想通貨規制にも変化?

ブラッド・ガーリングハウス氏は、仮想通貨市場を押し上げるもう一つの要因として「米国における仮想通貨規制」を挙げています。

米国では2024年11月に大統領選挙が行われますが、仮想通貨業界関係者は「次期政権は仮想通貨業界に対してより有効的な政策をとるだろう」と楽観視しているとのことです。

Ripple社は仮想通貨XRPの有価証券性について米国証券取引委員会(SEC)と争っている状態にありますが、ガーリングハウス氏は今後は今後は米国でも仮想通貨規制がより明確になると予想しているとのことで、『米国は仮想通貨に敵対的だが、それも変わり始めると思う』とコメントされています。

米国は依然として世界最大の経済大国ですが、残念ながら仮想通貨に最も敵対的な市場の一つでもあります。しかし、それも変わり始めるでしょう。

「2024年に仮想通貨市場で大幅な価格上昇が起きる」と予想する専門家は多く、ARK InvestのCEOであるキャシー・ウッド氏からは『現物ビットコインETFのローンチを受けて、投資家たちは金からビットコインへと移行し始めている』との報告もなされています。

>>リップル関連の最新記事はこちら

CNBC報道

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

関連のある仮想通貨ニュース

【Cardano/ADA】Goguen期の「ロードマップ」公開|ERC-20コンバーターなどの紹介も

【Cardano/ADA】Goguen期の「ロードマップ」公開|ERC-20コンバーターなどの紹介も

GMOコイン:1日に最大1億円の日本円を出金できる「大口出金」サービス提供開始

GMOコイン:1日に最大1億円の日本円を出金できる「大口出金」サービス提供開始

Googleクラウドグループ「Web3.0(分散型ウェブ)専門チーム」設立へ=報道

Googleクラウドグループ「Web3.0(分散型ウェブ)専門チーム」設立へ=報道

LINE BITMAX「PayPay連携サービス」提供開始|暗号資産の購入方法・出金方法も

LINE BITMAX「PayPay連携サービス」提供開始|暗号資産の購入方法・出金方法も

$SHEB(SHEboshis)Web3求人サービス「LaborX」が決済手段として採用

$SHEB(SHEboshis)Web3求人サービス「LaborX」が決済手段として採用

【日本初】実在する公園に命名できる「命名権NFT」販売へ:山形県西川町×HEXA

【日本初】実在する公園に命名できる「命名権NFT」販売へ:山形県西川町×HEXA

注目度の高い仮想通貨ニュース

リスク(LSK)大規模エアドロップ「HodlerDrop」実施へ|参加条件と今後の予定

リスク(LSK)大規模エアドロップ「HodlerDrop」実施へ|参加条件と今後の予定

国内XRP保有者の声を反映するバリデータに|SBI VCトレード「XRPLのノード運用」開始

国内XRP保有者の声を反映するバリデータに|SBI VCトレード「XRPLのノード運用」開始

「アメリカを仮想通貨業界のリーダーに」トランプ前大統領が様々な支持発言

「アメリカを仮想通貨業界のリーダーに」トランプ前大統領が様々な支持発言

ミームネーター:可能性を秘めたミームコイン、満を持して5月29日に上場

ミームネーター:可能性を秘めたミームコイン、満を持して5月29日に上場

DEX(分散型取引所)とは?特徴・使い方・注意点などをわかりやすく解説

DEX(分散型取引所)とは?特徴・使い方・注意点などをわかりやすく解説

TradingViewが「仮想通貨/日本円チャート」を拡充|BNB・SOL・ADA・SHIBなど

TradingViewが「仮想通貨/日本円チャート」を拡充|BNB・SOL・ADA・SHIBなど

ジャック・ドーシー率いるBlock社「ビットコイン毎月購入計画」を発表

ジャック・ドーシー率いるBlock社「ビットコイン毎月購入計画」を発表

最新SolanaコインSEALがプレセールで300万ドル達成間近、次のBOMEになれるか

最新SolanaコインSEALがプレセールで300万ドル達成間近、次のBOMEになれるか

カルダノ分散委任ツールのAtrium「2回目の報酬付きテスト」6月から実施へ

カルダノ分散委任ツールのAtrium「2回目の報酬付きテスト」6月から実施へ

アナリストたちがLearn-To-Earnトークンである99BTCの今後に期待、プレセールはまもなく100万ドル突破へ

アナリストたちがLearn-To-Earnトークンである99BTCの今後に期待、プレセールはまもなく100万ドル突破へ

ビットコイン:ブレイクアウトのタイミングは2024年10月?著名アナリストの価格予想

ビットコイン:ブレイクアウトのタイミングは2024年10月?著名アナリストの価格予想

ワールドコイン(WLD)新SMPCシステムへの移行で「古い虹彩コード」を削除

ワールドコイン(WLD)新SMPCシステムへの移行で「古い虹彩コード」を削除

仮想通貨ニュース | 新着記事一覧

仮想通貨まとめ一覧

仮想通貨ビットコインの買い方をわかりやすく解説|取引所と販売所の違いなども紹介

仮想通貨ビットコインの買い方をわかりやすく解説|取引所と販売所の違いなども紹介

DEX(分散型取引所)とは?特徴・使い方・注意点などをわかりやすく解説

DEX(分散型取引所)とは?特徴・使い方・注意点などをわかりやすく解説

Flare基盤のDeFi・DEX「BlazeSwap」とは?機能・使い方などを解説

Flare基盤のDeFi・DEX「BlazeSwap」とは?機能・使い方などを解説

ビットコイン「第4回目の半減期」完了|価格への影響や仕組みをわかりやすく解説

ビットコイン「第4回目の半減期」完了|価格への影響や仕組みをわかりやすく解説

WoofSwapとは?Shibarium基盤トークンを売買できる分散型取引所(DEX)を紹介

WoofSwapとは?Shibarium基盤トークンを売買できる分散型取引所(DEX)を紹介

K9 Finance(KNINE)とは?Shibarium基盤のDeFiプラットフォームを紹介

K9 Finance(KNINE)とは?Shibarium基盤のDeFiプラットフォームを紹介

人気のタグから探す