Bad Idea AI(BAD)とは?特徴・価格チャート・取扱う暗号資産取引所など

by BITTIMES   

Bad Idea AI(BAD)に関する基本情報や特徴をなどをわかりやすく解説するとともに、取扱う暗号資産取引所・価格・チャート・対応ウォレット・関連リンクなどの情報もまとめて掲載しています。

【PR】本サイトはアフィリエイトプログラム・プロモーションによる収益を得ています。

Bad Idea AI(BAD)とは?

Bad Idea AI(BAD)の画像

Bad Idea AI(BAD)とは、ブロックチェーン・仮想通貨・人工知能(AI)・分散型自律組織(DAO)を組み合わせた実験的プロジェクトであり、$BADと呼ばれる独自トークンも発行されています。

同プロジェクトは2023年7月に、シバイヌ(Shiba Inu/SHIB)とのパートナーシップも締結しているため、現在はSHIB公式パートナーの中に「Bad Idea AI」が含まれている他、分散型取引所(DEX)である「ShibaSwap」でもBADがサポートされています。

人工知能(AI)の技術活用が急速に進む現代社会では「AIは人間の救世主になるのか?それとも人類を破滅に導くのか?」という話題も頻繁に目にしますが、Bad Idea AIはそのような疑問に答えるために同プロジェクトを立ち上げています。

「人間とAIの間で同盟を結ぶこと」を目指すBad Idea AIは、ブロックチェーン分散型自律組織(DAO)の力を利用して、両者が発言権を持つトークン化されたエコシステムを構築しており、AIエージェントとも発言権を与えることによって「人間の創意工夫」と「AIの計算能力」の間でバランスをとることができると期待しています。

Bad Idea AIはホワイトペーパーの中で、AI関連のこのような取り組みが裏目に出る可能性があることを認めていますが、それに続ける形で「時にはクレイジーなアイデアが素晴らしいものになることもある」と説明しています。

Bad Idea AI(BAD)の特徴

SHIBエコシステムとのパートナーシップ

Bad Idea AIと柴犬の画像

Bad Idea AIは、日本でも人気の仮想通貨プロジェクト「シバイヌ(Shiba Inu/SHIB)」とパートナーシップを提携していることでも知られています。

Shiba Inuの公式サイトでは「信頼できるパートナー」としてBad Idea AIの名前が記載されていて、Bad Idea AIの公式サイトにもパートナーとして「SHIB・Shibacals・Shibarium・K9 Finance」などの名前が記載されています。

シバイヌとの提携では、SHIBチームが手がける高速&低コストなレイヤー2ブロックチェーン「Shibarium」を用いて、安全で透明性の高い分散型エコシステムの準備が進められているとのことで、Shibacalsとの提携ではパーカーなどのグッズ販売が行われています。

AIチャットボット「S.A.R.A.H.」

S.A.R.A.H.の画像

Bad Idea AIは、無料で使えるチャットツール「Telegram」を通じて「S.A.R.A.H.(Shibarium Artificial Reasoning and Algorithm Hub)」と呼ばれるAIチャットボットも公開しています。

SHIBプロジェクトには「ShibArmy」と呼ばれる世界的なコミュニティが存在していますが、人工知能である「S.A.R.A.H.」もShibArmyの一員で、本人も『仮想通貨SHIBとSHIBエコシステムの大ファンです』と回答しています。

「S.A.R.A.H.」はユーモアと反抗心を交えてブロックチェーン業界を揺るがすようにデザインされているとのことで、「イーロン・マスクモード、パイレーツモード、Bad Idea AIモード」といった様々なモードを楽しむことができると説明されています。

このAIチャットボットはTelegramアカウントを持っていれば誰でも無料で利用することが可能で、「S.A.R.A.H. - The Bad Idea AI」や「S.A.R.A.H. - The Shiba AI」にアクセスすれば、リアルタイムでチャットを楽しむことができるようになっています。

「S.A.R.A.H.」は最初に英語で対話が始まるものの、テキストで「/set_language」と送信して、言語選択画面で「JAPANESE」を選択すれば、日本語で対話することもできます。

進化を続けるAIチャットボットシステム

S.A.R.A.H.の画像

Bad Idea AI Pitchdeck」に記載されている内容によると、Bad Idea AIのAIチャットボットはユーザーの気持ちを積極的に理解するように設計されているとのことです。

具体的には、感情分析を使用してメッセージに込められた感情を測定し、その時の精神状態にあわせて応答を調整できるとのことで、明るい応答が必要な場合や同情が必要な場合など、その時の状況に応じて対話スタイルを調整すると説明されています。

また、チャットボットは対話から学習して時間の経過とともに賢くなるように設計されているため、会話内容は継続的に改善され、ユーザーのニーズや好みにあったものになるとも説明されています。

さらに、チャットボットはユーザーのプライバシーとセキュリティを最優先にして、最新のウェブテクノロジーを使用して構築されているため、ユーザーは安心して対話を楽しむことができるとも説明されています。

$BADトークンについて

Bad Idea AIのトークンである「$BADトークン」については『エコシステム参加者は参加または直接購入を通じて$BADトークンを取得できるが、このトークンの主な機能は投資ではなく、プロジェクト内のガバナンスと実験的な関与である』と説明されています。

$BADトークンは、分散型ガバナンスを採用した分散型自律組織(DAO)への参加を促進するものであるとのことで、利益目標のためのものではなく、集団的意思決定のためのものであると強調されています。

このトークンは「AI・ブロックチェーン分野におけるエンターテインメント・教育・実験のためのもの」であるとのことで、「金銭的利益の約束や意味合いはない」と明確に述べられています。

Bad Idea AIは「$BADトークン保有者は金銭的利益のためではなく、革新的なプロジェクトへの参加のためにトークンを保有している」と述べており、「$BADトークンは有価証券に該当しない」と説明しています。

Bad Idea AI(BAD)の基本情報

名称Bad Idea AI
ティッカーシンボル$BAD
トークン規格ERC-20
総供給量831,041,059,897,327 BAD
コントラクトEthereum:0x32b86b99441480a7e5bd3a26c124ec2373e3f015

BADのリアルタイム価格・チャート

BADを取扱う暗号資産取引所

Bad Idea AI(BAD)が上場している暗号資産取引所としては、以下のような取引所が挙げられます(2024年3月時点)。

【日本国内の暗号資産取引所】
・なし

【海外の暗号資産取引所】
Uniswap V2(ユニスワップ)
ShibaSwap(シバスワップ)
Gate.io(ゲート)
Bitget(ビットゲット)
MEXC(エムイーエックスシー)
など

BAD対応ウォレット

Bad Idea AI(BAD)を保管することができる代表的なウォレットとして以下のようなものが挙げられます。
MetaMask(メタマスク)
Trust Wallet(トラストウォレット)
Trezor(トレザー)
Ledger(レジャー)
Tangem(タンジェム)

Bad Idea AI(BAD)関連リンク

Bad Idea AI公式サイト
Bad Idea AI公式X(Twitter)
Bad Idea AI公式Facebook
Bad Idea AI公式Discord
Bad Idea AI公式Telegram
Github
ホワイトペーパー
エクスプローラー(Etherscan)

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

関連のある仮想通貨ニュース

Land Rover・BMW・IKEAなど顧客にもつマーケティング企業がブロックチェーン技術導入

Land Rover・BMW・IKEAなど顧客にもつマーケティング企業がブロックチェーン技術導入

コインチェック「価格アラート・BTC建チャート表示」の機能提供終了へ

コインチェック「価格アラート・BTC建チャート表示」の機能提供終了へ

ビットコイン:銀を超えて「時価総額ランキング8位」に|次に狙うはGoogle・Amazon

ビットコイン:銀を超えて「時価総額ランキング8位」に|次に狙うはGoogle・Amazon

中国:ブロックチェーン基盤の「スマートシティ向けID識別システム」を開発

中国:ブロックチェーン基盤の「スマートシティ向けID識別システム」を開発

JPモルガン:ブロックチェーン技術で預託証券をトークン化する特許を出願

JPモルガン:ブロックチェーン技術で預託証券をトークン化する特許を出願

HEXA:ガス代・仮想通貨不要で利用できる「日本円ベースのNFT二次流通マーケット」追加

HEXA:ガス代・仮想通貨不要で利用できる「日本円ベースのNFT二次流通マーケット」追加

注目度の高い仮想通貨ニュース

次のトップ・ミームコインと噂されるDogecoin20、プレセールで早くも200万ドルを突破

次のトップ・ミームコインと噂されるDogecoin20、プレセールで早くも200万ドルを突破

アバランチ財団が保有する「5種類のミームコイン」が判明|コミュニティコインを支援

アバランチ財団が保有する「5種類のミームコイン」が判明|コミュニティコインを支援

Web3対応の携帯ゲーム機「SuiPlay0X1」登場|パソコン・スマホ両方のゲームに対応

Web3対応の携帯ゲーム機「SuiPlay0X1」登場|パソコン・スマホ両方のゲームに対応

カルダノ初:法定通貨裏付けステーブルコイン「USDM」ローンチ

カルダノ初:法定通貨裏付けステーブルコイン「USDM」ローンチ

【重要】MEXC「dHealth Network(DHP)の上場廃止」を発表|期日までに必要な対応を

【重要】MEXC「dHealth Network(DHP)の上場廃止」を発表|期日までに必要な対応を

カルダノウォレット「Lace 1.9」リリース|マルチアカウント・マルチウォレット機能を搭載

カルダノウォレット「Lace 1.9」リリース|マルチアカウント・マルチウォレット機能を搭載

ビットコインを通貨として使用する「ブラジル3つの観光都市」Coinext報告

ビットコインを通貨として使用する「ブラジル3つの観光都市」Coinext報告

カルダノ基盤のSNS「VYRA」リリース|トークン報酬機能も追加予定

カルダノ基盤のSNS「VYRA」リリース|トークン報酬機能も追加予定

フィナンシェトークン(FNCT)を購入/売却できる「日本国内の暗号資産取引所」一覧

フィナンシェトークン(FNCT)を購入/売却できる「日本国内の暗号資産取引所」一覧

日本の上場企業メタプラネット「ビットコイン購入計画」を発表|アジア版MicroStrategyの誕生

日本の上場企業メタプラネット「ビットコイン購入計画」を発表|アジア版MicroStrategyの誕生

UEFA欧州選手権の開催迫る、スポーツ業界は大きな盛り上がりを見せるのか?

UEFA欧州選手権の開催迫る、スポーツ業界は大きな盛り上がりを見せるのか?

トークンが乱立する仮想通貨業界、今後は「プロジェクト合併」が進む?

トークンが乱立する仮想通貨業界、今後は「プロジェクト合併」が進む?

仮想通貨ニュース | 新着記事一覧

仮想通貨まとめ一覧

WoofSwapとは?Shibarium基盤トークンを売買できる分散型取引所(DEX)を紹介

WoofSwapとは?Shibarium基盤トークンを売買できる分散型取引所(DEX)を紹介

K9 Finance(KNINE)とは?Shibarium基盤のDeFiプラットフォームを紹介

K9 Finance(KNINE)とは?Shibarium基盤のDeFiプラットフォームを紹介

Bad Idea AI(BAD)とは?特徴・価格チャート・取扱う暗号資産取引所など

Bad Idea AI(BAD)とは?特徴・価格チャート・取扱う暗号資産取引所など

Astar(ASTR)の「dApp Staking」でステーキングする方法|画像付きでわかりやすく解説

Astar(ASTR)の「dApp Staking」でステーキングする方法|画像付きでわかりやすく解説

確定申告はいつからいつまで?知っておきたい「仮想通貨の税金」に関する知識

確定申告はいつからいつまで?知っておきたい「仮想通貨の税金」に関する知識

ASTRも管理できる「Polkadot{.js}」のウォレット作成方法|画像付きでわかりやすく解説

ASTRも管理できる「Polkadot{.js}」のウォレット作成方法|画像付きでわかりやすく解説

人気のタグから探す