サムスン製の仮想通貨マイニング用チップ(ASIC)に期待

by BITTIMES

世界一の半導体メーカー SAMSUNG(サムスン)が、仮想通貨マイニング用チップ(ASIC)の開発を終え、量産体制に突入したと一部で話題になっている。

サムスンは、中国のマイニング関連企業とのファウンドリ(foundry)事業の一環として仮想通貨マイニング用チップである「ACIC」の製造に取り組んでおり、1月あたりから量産体制に入ったとされ現在生産されているチップは中国のマイニング業者に供給されるものであり、関連事業が開始初期のため、全体ファウンドリに占める収益規模はまだ微々たるものだとされています。

世界一となったサムスンの仮想通貨業界への参入をうけて業界では期待が寄せられています。

世界最大採掘会社「ビットメイン」との競合なるか

世界最大のマイニングメーカーである中国のビットメイン(Bitmain)は、現在のマイニング市場をほぼ独占していると言われています。
マイニングには莫大な量の電力が必要なため、電気代が安い中国はかなり有利な立場でもありました。

そんな中国でビットメインは、ビットコインマイニングに特化した“ASIC”を開発し、ビットコインマイニングの世界をほんの数年のうちに変えてしまいました。

ASIC 採掘機

ASIC 採掘機はビットコインマイニングに特化しており、それまで使われていた FPGA・GPU・CPU よりも遥かに高性能なもので、 FPGA の 100倍の速度を誇る上、消費電力も少ないです。ビットメインは自社製 ASIC である「アントマイナー(Antminer)」を運用しています。

ビットメインは自身が運営する マイニングプールである、アントプールと BTC.COM を通して世界全体の取引検証作業量のうちの29%を握り、その結果、趣味でマイニングを行う人たちも市場から出て行くことになりました。
その後は、ビットメインの独占状態と言われており、その期間が長く続いていました。

そんな現状に、半導体製造業で世界一となった SAMSUNG(サムスン)が革命を起こしてくれるのではと期待が高まっているようです。

Intel を超えて世界一になった SAMSUNG

SAMSUNG(サムスン)は、昨年の総売上高が約7兆円となり、これまで25年も半導体業界トップだった Intel を抜き、世界最大の半導体メーカーとなりました。

そんなサムスンに寄せられた期待は多く、家電で有名なサムスンのマイニング用ASICチップは、消費電力が低く、性能の高いものになるだろうと予想されています。
さらにサムスンは、アルトコイン採掘に特化したGPUマイニングチップも開発していると言われており、それが事実ならばイーサリアム等のマイナーにとっては良い知らせになるかもしれませんが、そこについては真相が明らかになるまで発表を待つ必要があるでしょう。

また、ASICマイニング機への強い需要を考えると、多くの有名なテック企業もサムスンに続くかもしれないとも言われており、そうなることで今の独占状態が崩れ価格競争となる事で、その他の多くの企業や個人にも浸透していくだろうという意見もあります。サムスンのような有名企業の参入は、仮想通貨に対する認識が変わる一つのきっかけになるのかもしれません。

世界一となったサムスンが、今後どのような立ち位置で仮想通貨業界に関わっていくかによりますが、仮想通貨に参入する企業が増えている事を考えると、独占の状態が変わることも大いにあり得ると考えられます。
もしそうなれば、それだけ大きな変動も起こり得るので、今のうちにしっかりと見極めていくと良いかと思います。バランスを取りながらしっかりとした知識をつけ、本当に良いと思えるプロジェクトに投資して、理想的な通貨の形が出来上がると嬉しいですね。

ビットコイン(BTC)はだいぶ一般的に知られる言葉になりましたが、マイニングという言葉を知らない方はまだまだ多いです。
もしまだ知らないという方がいたら、そちらも面白いので勉強してみて下さい。大切な知識も多いのでしっかりと身につけましょう!

マイニング(Mining)とは?

正式名称は PoW(Proof-of-Work/プルーフオブワークス)取引検証作業を手伝うことを意味します。 ビットコイン(bitcoin/BTC)におけるマイニングとは、専用のソフトウェアでネットワーク上の仮想通貨の ブロックチェーン上の取引が正しいものであるかという検証作業を手伝うことで、その報酬として新規発行されたビットコインを受け取ることができるというシステムです。

仮想通貨の基本用語をもっと勉強したいかたはこちらをどうぞ!
>> 仮想通貨専門用語集

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

関連のある仮想通貨ニュース

ビットコイン分裂がほぼ確定、BIP91ロックインと今後のシナリオ

ビットコイン分裂がほぼ確定、BIP91ロックインと今後のシナリオ

ビットコイン「ショート」に中国人マイナーも参加|下落相場でのリスクヘッジ

ビットコイン「ショート」に中国人マイナーも参加|下落相場でのリスクヘッジ

カカオ子会社「Ground X」仮想通貨プラットフォーム開始に向けて本格始動

カカオ子会社「Ground X」仮想通貨プラットフォーム開始に向けて本格始動

イーサリアムの今後にハードフォークは必要か?

イーサリアムの今後にハードフォークは必要か?

BITMAINは仮想通貨から人工知能(AI)に?|マイニング業界に変化

BITMAINは仮想通貨から人工知能(AI)に?|マイニング業界に変化

もう止まれない!韓国の仮想通貨バブルの裏側で…政府は慌てて規制を解除する

もう止まれない!韓国の仮想通貨バブルの裏側で…政府は慌てて規制を解除する

注目度の高い仮想通貨ニュース

日本国内の「ブロックチェーン普及促進」に向け業界団体が連携|参加企業500社を目指す

日本国内の「ブロックチェーン普及促進」に向け業界団体が連携|参加企業500社を目指す

仮想通貨取引所Bitrue:リップル(XRP)基軸市場に「4つのペア」を追加

仮想通貨取引所Bitrue:リップル(XRP)基軸市場に「4つのペア」を追加

Kraken:リップル(XRP)とビットコインキャッシュの「証拠金取引」を開始

Kraken:リップル(XRP)とビットコインキャッシュの「証拠金取引」を開始

【鹿児島県】仮想通貨が使えるキャッシュレス対応店舗一覧

【鹿児島県】仮想通貨が使えるキャッシュレス対応店舗一覧

ウズベキスタン「セキュリティトークン・STO」を調査|新たな仮想通貨投資の可能性へ

ウズベキスタン「セキュリティトークン・STO」を調査|新たな仮想通貨投資の可能性へ

人気のDAppsゲーム「EtherGoo」がトロン(TRON/TRX)ブロックチェーン上に移行

人気のDAppsゲーム「EtherGoo」がトロン(TRON/TRX)ブロックチェーン上に移行

2018年「リップルニュース」総まとめ:RippleNet拡大・XRP取引所上場や価格推移

2018年「リップルニュース」総まとめ:RippleNet拡大・XRP取引所上場や価格推移

ブラジルのスーパーマーケットチェーンが「仮想通貨決済」の受け入れを開始

ブラジルのスーパーマーケットチェーンが「仮想通貨決済」の受け入れを開始

イーサリアム(ETH)時価総額ランキングでリップル(XRP)から「2位」を奪還

イーサリアム(ETH)時価総額ランキングでリップル(XRP)から「2位」を奪還

ブロックチェーン支持者と「延命治療」の深い関わり|人体冷凍保存を支援する著名人

ブロックチェーン支持者と「延命治療」の深い関わり|人体冷凍保存を支援する著名人

TRON(TRX)時価総額ランキング「4位」目指す|2019年掲げる2つの野望:Justin Sun

TRON(TRX)時価総額ランキング「4位」目指す|2019年掲げる2つの野望:Justin Sun

大手食料品店で「ビットコイン購入」可能に|米国のキオスク数千台に対応

大手食料品店で「ビットコイン購入」可能に|米国のキオスク数千台に対応

仮想通貨ニュース | 新着記事一覧

仮想通貨まとめ一覧

貿易産業を変革するブロックチェーン技術「分散型管理」で輸入・輸出の問題改善へ

貿易産業を変革するブロックチェーン技術「分散型管理」で輸入・輸出の問題改善へ

ポルシェ:ブロックチェーンを活用した「次世代スマートカー」計画

ポルシェ:ブロックチェーンを活用した「次世代スマートカー」計画

トヨタ(TOYOTA):ブロックチェーンや最新技術で「モビリティ社会」の新時代へ

トヨタ(TOYOTA):ブロックチェーンや最新技術で「モビリティ社会」の新時代へ

航空業界×ブロックチェーン「安全・安心・低価格」を実現する分散型の業務改革

航空業界×ブロックチェーン「安全・安心・低価格」を実現する分散型の業務改革

【保存版】ブロックチェーン総合まとめ:各業界や企業・世界各国の活用事例

【保存版】ブロックチェーン総合まとめ:各業界や企業・世界各国の活用事例

ブロックチェーンが「農業」の未来を変革 ー トレーサビリティで食品管理をスマートに

ブロックチェーンが「農業」の未来を変革 ー トレーサビリティで食品管理をスマートに

人気のタグから探す